ラグビー日本‼

第9回ラグビーワールドカップ予選プールの組み合わせ抽選会

このエントリーをはてなブックマークに追加

**
3強と同組でなく、C(死)のプールでもないことにほっとした。

たぶん、アイルランド、スコットランド、ルーマニア、トンガになるでしょう。

開催国ということで開幕戦スタートとなり、日程に余裕が出るので、

恐らく中3日の過密スケジュールではなくなるはず。

そして開幕戦は、トンガあたりと対戦か。

前回は、イングランドとフィジーだったことを考えるならそう期待したい。

開幕戦で上位2チームと戦うのはプレッシャーありすぎかも。

とにかくヨーロッパチームと3試合するので、傾向と対策がやりやすい。

偶然にも、6月のテストマッチはルーマニアとアイルランドである。

対戦がほぼないアイルランドと早いうちにやれることは、

さい先が良い。今回はアイルランドに主力が抜けているが、

発展途上の日本代表にとってちょうどよいかもしれない。

何より、対アイルランド対策の第一歩になる。

それにしても、スコットランドとは縁がある。

ジェイミーが来る前のテストマッチで2度対戦し、惜敗した。

いつになったら勝てるのだろう。何かこれという秘策を練らなければならない。

あの独特の深いBKライン、背の高さで優位に立つラインアウト、

見えないところから走り込み、オフロードパスの連続でトライを取りきるスキル、

フロントローの強さとずるさ、何よりシックスネーションで鍛えられた勝負強さ、

接戦をものにするためにここぞというときに、ドロップゴールや

インターセプトを決めてくる。スコットランドは、BKに注意が必要だと思う。

とにかく次こそは、スコットランド対策を十分に練って、W杯で勝つべきだ。

あとは日本が下位のチームに番狂わせを食わないようにしたい。

(ルーマニア、トンガ)

今行われているARCでも、香港や韓国が予想以上に

強かったことからも気を付けたい点だ。

ラグビーワールドカップ2019年大会は9月20日に

東京の味の素スタジアムでの日本戦で開幕する。

その時までにどんな準備をし、心を強く定めて臨めるか、そして

日本大会をどのように成功に導くか、選手・コーチ・全スタッフ・ボランティアの

ハードワークにかかっている!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

装蹄師が一口馬主クラブの馬を一頭両断!斬新な企画「一口馬主のおはなし」【競馬のおはなし】

2019ラグビーW杯組み合わせ決る【スポーツ えっせい】

日本開催、ラグビーワールドカップ2019 組み合わせが決定! 日本代表は恵まれた組み合わせか…!?【0 to zeroのhorizon】

ブロガープロフィール

profile-iconbigtuck

  • 昨日のページビュー:1005
  • 累計のページビュー:72319

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本代表ラグビーについての偏った報道
  2. 田村・茂野ら移籍組が出てきたことについて
  3. サンウルブズ2017 NZツアーとジェイミージャパン韓国戦
  4. サンウルブズ2017NZツアー大成功!とその他のラグビー雑記
  5. ラグビーについてメディアに惑わされないで
  6. ラグビー選手の移籍問題、プロ化の波をどうするのか
  7. ジェイミージャパン サマーツアー2017を終えて
  8. 6/17エコパスタジアム アイルランド戦
  9. サンウルブス「大敗」と書く記事について
  10. 号外 世界選抜メンバーがすごいことに!!

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss