ラグビー日本‼

サンウルブズ2017 NZツアーとジェイミージャパン韓国戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

**
サンウルブズ初のNZツアーが始まった。

大敗も覚悟していたし、そのなかでのAT/DFをどれだけできるかに注目していた。
クルセイダーズの堅いディフェンスは健在だった。
何もさせてくれなかった。南島のラグビーは、派手さはないものの堅実でFWが強い。
そして、ディフェンスのプレッシャーはSRでトップだろう。スクラムも強かったが、
水たまりができるほどのピッチでは、サンウルFWもこらえられなかったようだ。

でも、全く想定内。全然悲観する必要なし!NZ勢と体を当てて学んでゆくことが大事。今年のNZツアー後の試合や来年のオーストラリアカンファレンスに生かしてゆけば良いのだ。
NZツアー第2戦のハイランダーズ戦は、気を吐いた!
堅守のハイランダーズから2トライを挙げた。
CTBマット・ファデスには何度もやられたが、サンウルブズAT/DFが機能していた。
スコアーは15-40で負けたが、25点差とアグレッシブなプレーは合格点といえる。

サンウルブズは力を出し切り、次につながる敗戦となった。


一方で、韓国戦は全く対照的だった。
日本代表は韓国代表を47-29で下したものの、連係ミスや甘いタックルが目立ち、
韓国は後半のキックオフでボールを確保、つないでノーホイッスルトライ。
最後あと数十秒というところで、敵陣ゴール前から自陣ゴール前まで運ばれて
トライされるなど、目を疑うような試合内容だった。

韓国相手に1対1で負けてタックルやディフェンスの連携が弱かったが、

見落としてはいけないのは、韓国のオフロードやATとDFスピード、

ラン、フィジカルなどが去年よりグレードアップしていたこと。

秩父宮では、基本を修正して、代表というプライドを持って目指しているチームプレーを示してほしい。

あと、大学生やトップリグチーム一、二年目など「若手」のほうが
活躍していたので、サンウルブズに所属する選手やトップリーグ選手には
後輩やチームに励みとなるプレーを期待する。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第61回石巻ライノスラグビースクール【Dream Rider  西山淳哉】

春総体名南支部予選@名南工業【グラウンドから愛を込めて】

「ハイランダーズ×サンウルブズ戦」を見て【ラヴラグブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconbigtuck

  • 昨日のページビュー:333
  • 累計のページビュー:72651

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本代表ラグビーについての偏った報道
  2. 田村・茂野ら移籍組が出てきたことについて
  3. サンウルブズ2017 NZツアーとジェイミージャパン韓国戦
  4. サンウルブズ2017NZツアー大成功!とその他のラグビー雑記
  5. ラグビーについてメディアに惑わされないで
  6. ラグビー選手の移籍問題、プロ化の波をどうするのか
  7. ジェイミージャパン サマーツアー2017を終えて
  8. 号外 世界選抜メンバーがすごいことに!!
  9. 6/17エコパスタジアム アイルランド戦
  10. サンウルブス「大敗」と書く記事について

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss