Armar know Jack Bigwild

月別アーカイブ :2016年08月

ひそかにオリンピックで熱い戦いをしていた物たち

リオデジャネイロ・オリンピックが終了しました。なんだか心に穴が空いた気分です。 でも、次の4年間はあっという間に過ぎそうな気がします。 さて、競技については様々なところで語られていますので、ここではちょっと違う角度で見たオリンピックについて語ってみたいと思います。 ジャマイカの陸上チームのウエアはPUMAでした。もうずっとPUMAですね。ただ、サッカー以外で他の国の選手がPUMAを使っているの......続きを読む»

次の戦いが始まった………

リオデジャネイロ・オリンピック 体操の競技が全て終わりました。 種目別、男子床の白井選手は残念でしたね。世界中が驚いたんじゃないでしょうか。 優勝確実と言われて勝つのが本当の強さなんでしょうから、また一つ宿題をもらったと思って、「無敵」を目指して頑張って欲しいと思います。 チャレンジャーとして挑んだ跳馬では3位。跳馬は、世界中に化物のような選手がいっぱいいるので、種目別で優勝するのはかなり難しい......続きを読む»

キング&クイーンは王座を降りず

リオデジャネイロ・オリンピック 体操個人総合が終わり、体操は小休止に入っています。 男子は期待通り、内村選手が優勝しました。 期待通りではありますが、オリンピック、世界選手権連覇の中で一番危うかった試合でした。 ほとんどノーミスで2位のVerniaiev選手と0.99点差。もう一回やったらどっちが勝つかは運と言えるような点差です。 オリンピック前からVerniaiev選手が強敵になるだろうと予......続きを読む»

メダルはなくても、それ以上の価値がある4位でした

リオデジャネイロ・オリンピック 女子体操団体総合が終わりました。 日本女子は4位! すごい! 多くの人は「な~んだ、メダル取れなかったんじゃん」と言うかもしれませんが、4位っていうのはすごいと思います。さらに、2位ロシア、3位の中国との差は約2点にまで近づいているんですから、大したもんです。よく頑張りました。 今回は塚原監督が病気で日本に残ったそうです。 まったく悪意はありませんが、それがかえ......続きを読む»

次々に現れる試練を乗り越え、5人の勇者は頂上に至る

リオデジャネイロ・オリンピック 男子体操・団体総合が終了しました。 終わってみれば日本の圧勝でしたね。 今、思えば、やはり予選は抽選が悪すぎたということのようです。「金メダルに至る道は甘くない」と天が与えた試練だったんでしょう。 予選の結果が悪かったことで、鉄棒最後の演技者・内村航平の演技を固唾を呑んで見守り、伸身の新月面の着地がビタッ!と止まった瞬間歓喜するという日本チームのみんなが思い描いて......続きを読む»

輝け!かぐや姫たち

リオデジャネイロ・オリンピック 体操女子の予選、日本は7位で通過しました。 日本チームは、今までの女子体操チームにはなかったような陽気な雰囲気と、集中と弛緩のメリハリがあって、とても良いチームだと思います。 寺本選手はチームの重し的な貫禄があります。まだ二十歳なんですけどね。みんなが陽気にできるのも、きっと要がしっかりしているからなんでしょう。 村上選手は、さすがに少し絞れましたね。でも、存在......続きを読む»

自分達の最高の演技を世界に向かって魅せてやれ!

リオデジャネイロ・オリンピック、体操男子予選が終了しました。 団体で、日本は中国、アメリカ、ロシアに次いで4位。イギリスが5位。6位ブラジルは審判が点数を出し過ぎの感があるので、イギリスまでが優勝争いということになりそうです。予選の点数と順位は決勝には持ち越されないので、決勝で1等賞になれば金メダルです。 予選ではどのチームもミスが多く、3人の点数を揃えるのに苦労していたようです。 決勝でも同......続きを読む»

オリンピックの開会式に余計な演出は必要なくなってきたかも…

リオデジャネイロ・オリンピックが始まりました。 毎度のことですが、開会式は感動しました。 演出とかは、もう色々やりつくされた感があり、何をやっても二番煎じなわけです。時間も長くなりすぎてダレるようになってきていると思います。 それでも、やはり定番の開会宣言や、選手宣誓や、聖火の点火、選手の入場行進などは、何の演出がなくても感動的ですね.。加えてオリンピック名誉賞の表彰も感動的でした。 選手の入......続きを読む»

街で試合結果を言っちゃいけない法案を提案します

いよいよ リオデジャネイロ・オリンピック が開幕しますね。 地球の真裏でのオリンピックですから、観戦するのも大変です。ライブ中継を録画しておいて、あとで観るという人は多いんじゃないでしょうか。 観戦すると言っても、多くの場合は誰かを応援していて、だからこそ興奮するし、面白さが大きいわけですが、それはライブだからこそなわけです。 友達とも試合のことを話題にしないようにし、街のディスプレイには目を向......続きを読む»

意味分からないけど、前時代からの伝統だから続けて行きましょう

高校野球で、女子部員が練習にも参加させてもらえなかったことについて話題になっています。 ルールでは「試合でグラウンドに出られるのは男子だけ」と書いてあって、それを、練習も「試合に準じる」と判断して適用したそうです。 朝日新聞はこのことについて、8月4日の紙面で「安全に配慮して」ということを一生懸命訴えていますが、本当に新聞社か?と思うほどまったく説得力がありませんでした。可哀想に。現場の判断につい......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconbigfield

・自然体研究家
・スポーツトレーナー
・ダンサーのトレーナー、コンディショニング
  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:1721477

(01月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 良い選手である前に良い人間であれ
  2. 確かに3強だけど
  3. 誰かが選ぶんじゃなく、自ずから決まっていくもの
  4. 色々な好条件を味方にして、空気を気にせずサラッと勝っちゃえば?
  5. 激戦必至
  6. ここで勝たなきゃどこで勝つ?
  7. 素人の付け焼き刃的能書きに振り回されないようにしましょう
  8. 1強多弱? どこかの政界みたいな…
  9. ダチョウ倶楽部の「じゃあオレがやる…」のギャグで選手を決める?
  10. あるところではかっこいい姿も、その場を離れると変

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss