Armar know Jack Bigwild

スポーツとしての競馬の見方

お世話になりました。ブログ引っ越しです

長い間お世話になった Sports NAVI Plus のブログでしたが、サイトが閉鎖ということになりましたので、下記に引っ越しいたしました。 今までご愛読いただいた皆様には、フォロー先の変更をお願い致します。 今後も新しいブログで、スポーツについて幅広く元気に発信していきますので、何卒よろしくおお願い致します。 新しいブログはこちら⇒「 天邪鬼が言いました 」 ...続きを読む»

余力を持って華々しく引退する方がカッコイイのは確かです

スポーツ選手であれば、いつかは競技から身を引く時が来ます。 自分でやめる決断をするのは辛いし、勇気が要るものです。 でも、人からやめた方がいいとか、止めなさいと言われるのも、また別の辛さがあることでしょう。 その昔、日本ではスポーツというものは「修行」または「遊び」と認識されていました。地域の代表とか日本代表とかになれば「粉骨砕身、本気で頑張れ!」なんて激励されましたが、いい大人になって続けている......続きを読む»

大学生が200人も走るんですよ、200人も。

も~いくつ寝ると~お正月~♪ お正月にはたくさんのスポーツイベント待ってます。 中でも最も盛り上がるのが箱根駅伝。 自分の出身大学が出ていれば、そりゃあもう自然と応援しちゃいますね。そうじゃなくても、出場選手たちは全国から集っていますので、関東の大学の大会ではありますが、オラが村の代表選手を応援したりします。また、読売グループとその下請けのレポーターたちが、全国を飛びまわて選手一人一人の情報を収集......続きを読む»

どんな形であれ人々の注目を集めることに快感を感じる人もいます

先週に続き、平昌オリンピックの話題です。 日本選手のメダルが期待される男子のフィギュアスケートは、優勝候補No.1の羽生結弦選手が、足の怪我で代表選考の全日本選手権大会にも出られるかどうか分からないってことで、スケート連盟も頭が痛いところでしょう。 羽生選手といえば、どこかの親方と同様、カマッテちゃんっぽいところがありますから、母性本能満タンな女性ファンから「ケガをしているのに頑張って、偉いわぁ」......続きを読む»

不確定要素が自分の中にもあるから、スポーツはドキドキするんです

平昌オリンピックに、ドーピングによる罰則でロシアが国として出られないことになり、沢山の優勝候補が平昌で見られなくなるかもしれません。残念ですね。 ここの記事でも、何度も何度もドーピングの無意味さや、周りに与える負の影響力の大きさなどについて語ってきましたが、これを機に、ロシアのみならずドーピングに関わる人達が心を改めてくれることを、そしてドーピングという言葉が過去のものになる日が来ることを強く強く願......続きを読む»

某有名私立W大学の教授なんつっても、たいしたことない人もいるんですよね。気をつけないと

先日の日馬富士の事件が、ようやく決着に向かっているようです。メディアは、大事な大事な金づるネタをこのまま離してなるものかと、専門家風の人ばかりでなく、家族や友達まで引っ張り出して、もう一稼ぎしようとしていますけどね。 某有名W大学のスポーツなんとか学の教授という人が、横綱は全人格的なものが求められるから強さよりも人格を見て推挙すべきだというようなことを新聞紙上でに述べていました。 「いや、でもさ、......続きを読む»

スポーツの熱い戦いを観てワーワーと大騒ぎしたい

最近、大相撲が話題になっています。 当事者じゃない人たちが、TVに映った嬉しさからか、さも自分がすべてを知っているみたいに話すから、昼間のワイドショーやゴシップ雑誌の恰好のネタですよね。アホらしいっつうかなんつうか……… そこへ持ってきて、白鵬関が、負けたあとの土俵下で1分間の抗議行動。何でもない時期で、白鵬全盛時代だったら、相撲通で鳴らすあの人なんかも白鵬を擁護したかもしれません。 しかし、今、......続きを読む»

本来、自分のことさえ考えてればいいはずなんだけど

GO GO 小平! 平昌へGO! これからの勝負は、平昌オリンピックに向けてのコンディションの持って行き方です。前哨戦で勝ちまくっても、オリンピックで調子悪かったら後悔することになるでしょうから、ピーキングを上手にやって欲しいと思っています。 競技のレベルの高くなればなるほど、ピーキングの重要性は増していきます。一発勝負で100分の1秒を争うような競技ならばなおのこと、その時に最も調子がいい人が......続きを読む»

あの人の子だから強いに違いないと思ったら大間違い

スポーツにおいては、人種による能力の傾向が見られます。 おおまかに言うと次の通りです。 日本人の属するアジア系は、身体が小ぶりで骨が細く筋肉量が少ないので、体重別でないパワー系の種目(陸上の投てき、ラグビーなど)は苦手です。その代わり、身軽なので自分の体を操ることが主体の種目(体操、フィギュアスケートなど)は得意です。またパワーよりも瞬間的な身体の動きが求められる種目(卓球、バドミントン)でも活躍......続きを読む»

「先に育っただけの僕」と呼ばれないといいですね

清宮選手 藤井聡太四段 二人に共通するのは、人生の早い時期に、その実力で脚光を浴びているということです。見た目も中身もぜんぜん違いますけどね。 私は将棋については門外漢ですので、以降はスポーツについて。 私は商売柄、10代の早い時期に活躍して、10代の終わり頃には消えていく選手をこれでもか!っていうくらい見てきました。 それには色々なタイプがいます。 ひとつは、単に生物学的に他の個体より成長が......続きを読む»

こんな時代だからこそ政治や思想はスポーツに持ち込むべきではない

政治とスポーツ トランプ大統領も、試合前の国歌斉唱で抗議のの意志を表す選手も、頭を冷やして、スポーツに政治を持ち込まないようにしていただきたいと、切に願います。 「スポーツは政治の舞台でも、政争の具でもあってはならない」というのが世界的な建前ではあると思います。とはいえ、国威発揚のために、わずか数人の選手に国を挙げて血税をたっぷりつぎ込んでいる国もありますし、国の威信をかけてドーピングに手を貸す......続きを読む»

命がけで走らせろ!

スポーツ庁がスニーカー通勤を推奨 鈴木大地長官が得意な顔してスーツにスニーカーでポーズを取っていました。国民の健康増進のためということなんですが、それって厚生労働省の管轄じゃないの?と思ってしまいます。 「スポーツ」に関わる官庁や国の機関は、文部科学省、厚生労働省、スポーツ庁、日本体育協会、JOC(日本オリンピック委員会)があり、そこに今は東京オリンピック関係の機関がいくつかありますので、正直言......続きを読む»

二つ名を覚えられたら一流です

気になる人は気になる清宮選手の行く先。 いきなりアメリカには行かないんですね。あ、英語がダメなのか… 松井選手はゴジラ、佐々木選手は大魔神、田中将大選手はマー君、斎藤佑樹選手はハンカチ王子など、人気者には、本人がどう思うかは別としてあだ名が付くことがありますが、清宮選手は何かありますか? ネット上では、そりゃちょっと傷つくだろうというような物も含めていくつか見受けられますが、定着しているものはな......続きを読む»

強くないのに人気と期待だけ大きいのは選手も辛い

6月17日、ラグビー日本代表 VS アイルランド のテストマッチが行われ、日本は22対50で負けました。 アイルランドは世界ランク4位の格上だとメディアは好意的に伝えていましたが、アイルランドの出場メンバーはほぼ2軍だったそうですから、日本の弱さが際立ったと言えるでしょう。 後半に盛り返したと言う人もいますが、前半で勝負ありの試合の後半で、勝っている側が全力で当たってくるとも思えませんから、いい練......続きを読む»

現実には少林サッカーみたいなハッピーエンドはない

先月、サッカーの下層のリーグで選手同士の接触により脚に大怪我をした選手が、相手の選手を相手に訴訟を起こし、その判決が出されたというニュースがありました。 スポーツに携わる人にとっては非常に注目すべき訴訟であり、判決です。 スポーツをするからには、ある程度の危険は承知の上で行うものというのがこれまでの常識というか不文律でした。競技団体によってはそれを明文化しているものもあるらしいです。 思いっき......続きを読む»

本気で燃えたことがなければ、自分が燃え尽きたかどうか分からないのかもしれません

ゴルフの宮里藍選手が今シーズン限りでの引退を発表しましたね。 最近は名前を聞く機会が少なくなっていたので、なんとなく予感をしていましたけれども、実際に決まるとやはり寂しさを感じます。強かったですもんねぇ…。 スポーツにおける引退といえば、もう本気の競技に出ないってことです。 競技する力があれば引退する必要はないわけですが、その競技する力っていうのは、身体の能力だけではなく、精神的なものもあります......続きを読む»

テキトウな美辞麗句を並べる人はダメですよね

あるスポーツの外国人スターへのインタビューで、日本の子供たちに一言と乞われ、その選手は " Believe in your possibilities. And try try try, any number of times you try." と言ったんですが、テレビ画面の字幕は 「夢を信じて、あきらめないで」 でした。 それを見て私は少しキレたんです。 キレイなウケの良さそうな言葉を並べる......続きを読む»

脳に電極をつけてスポーツしようと思います?

脳に電気刺激を与えて、スポーツなどの技術的トレーニングの効果を高める装置があるそうです。開発したのはアメリカのHALONEURO社(HP参照) なんでも、脳の運動野に直接微弱な電流を流し、脳を活性化させることで効果が発揮されるらしいです。 現時点では非常に眉唾ものなんですが、もし本当に効果があるとしたら、競技としてそれが許されのかどうかが問題になってきます。新たなドーピング問題です。 ま、たぶん......続きを読む»

勝ち上がってこそ価値があるんじゃないの

2019年に日本で行われるラグビーのワールドカップの組み合わせ抽選が、先日、京都で行われました。 早いですねぇ。 「え!? もう?」とか「あれ?今、何年だっけ?」と思った人は、天邪鬼な私だけではないはずです。 だって、まだ出場国も決まってないでしょ。 と思ったら、開催国の日本はもとより、前回のW杯で優秀な成績だった国は、すでに出場が決まっているそうです。 これまた早いですねぇ。ビックリしました。 ......続きを読む»

スポーツっていうのは思い通りにいかないものだけど、それを純粋に楽しもうよ

JリーグJ2の試合で、選手が試合中にボールボーイを小突いたとか(選手は謹慎処分)、サポーターがボールボーイに酒を引っ掛けたとか(犯人のサポーターが出入禁止)、ボールボーイの受難が続きました。 普通の街角で起きたことなら傷害罪で即刻逮捕されてもおかしくないような事案ですから、当事者への厳しい処分は妥当だと思います。 他方ではイデオロギー的な問題も起きています。 旧ナチスの旗に似た旗を掲げていたとか......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11

ブロガープロフィール

profile-iconbigfield

・自然体研究家
・スポーツトレーナー
・ダンサーのトレーナー、コンディショニング
  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:1721495

(01月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 良い選手である前に良い人間であれ
  2. 確かに3強だけど
  3. 誰かが選ぶんじゃなく、自ずから決まっていくもの
  4. 色々な好条件を味方にして、空気を気にせずサラッと勝っちゃえば?
  5. 激戦必至
  6. ここで勝たなきゃどこで勝つ?
  7. 素人の付け焼き刃的能書きに振り回されないようにしましょう
  8. 1強多弱? どこかの政界みたいな…
  9. ダチョウ倶楽部の「じゃあオレがやる…」のギャグで選手を決める?
  10. あるところではかっこいい姿も、その場を離れると変

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss