Armar know Jack Bigwild

本来、自分のことさえ考えてればいいはずなんだけど

このエントリーをはてなブックマークに追加

GO GO 小平! 平昌へGO!

これからの勝負は、平昌オリンピックに向けてのコンディションの持って行き方です。前哨戦で勝ちまくっても、オリンピックで調子悪かったら後悔することになるでしょうから、ピーキングを上手にやって欲しいと思っています。

競技のレベルの高くなればなるほど、ピーキングの重要性は増していきます。一発勝負で100分の1秒を争うような競技ならばなおのこと、その時に最も調子がいい人が、その0.01秒を制することになるでしょう。

一言にコンディションといっても、実際には様々な要素を含んでいます。 一般的に最初に思いつくのは体調。体の調子ですね。でも、これも筋肉や運動神経などの運動器系だけでなく、呼吸循環器系、消化吸収、代謝系のコンディションも考えなくてはなりません。 次に精神的な状態。やる気満々はいいけど興奮状態が長く続きすぎると疲れちゃいますし、注意力が散漫になるお恐れもあります。期待を重圧と感じてしまうと、ネガティブな神経の高ぶった状態になり、身体が硬直してしまったりします。試合に向けてハッピーな状態を作るのはけっこう難しいものです。 あと道具のコンディションも忘れてはいけません。当日「壊れちゃった!」じゃ後悔しきれませんからね。

以上は自分自身の問題ですが、他に、自分ではコントロールしにくい外部のコンディションもあります。試合会場の施設、設備、会場までのアクセス、宿泊環境、サポートスタッフの量と質、仲間、応援してくれる人々、マスコミ・・・・。 数え上げたらキリがないんですが、そこにキリをつけて、「自分にできることを精一杯やる」という心境になることができれば強いと思います。

小平選手や、スキージャンプの高梨選手など、世間の期待の大きな選手は気楽に競技に臨むことが難しいでしょうけれど、どんな結果になろうとも、本人が「ベストを尽くせた」と思える準備が出来ることを願っています。

明日はマイルチャンピオンシップ

競馬でも、トップクラスの馬たちは目標とする大レースに向けて調子を合わせていくわけですが、何しろ言葉の分からない馬のことですから、調教師や厩務員は大変です。そこにスポーツを指導する者として、非常に参考になるものがあるのです。

さて、このマイルチャンピオンシップは、鉄板の大本命で決着することが少なく、荒れることで有名です。 ならば、せっかくですから本命どころをはずして予想していきたいと思います。

前日オッズ7番人気 5番 サトノアラジン マイルG1は香港も含めて6回目。今年の安田記念のチャンピオンがこの人気。前走の天皇賞(秋)が負けすぎってことなんでしょうか? マイルCS的に美味しいポジションですね。

11番人気 9番 レーヌミノル 今年の桜花賞馬。オークスも秋華賞もいいとこありませんでしたが、血統を見ればどう見たってマイルまでの馬です。もっと距離が短ければ牡馬相手だろうが本命にあげてもいいくらいだと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツとしての競馬の見方
タグ:
高梨沙羅
小平奈緒
マイルチャンピオンシップ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

東スポ杯2歳S、アンドロメダSの予想【中穴馬券研究所】

いただき東京スポーツ杯2歳S【けいばフレンズ】

【新馬戦予想】11/18(土)の新馬戦 京都5Rに注目です。超簡易版で。【人生は競馬と共に】

ブロガープロフィール

profile-iconbigfield

・自然体研究家
・スポーツトレーナー
・ダンサーのトレーナー、コンディショニング
  • 昨日のページビュー:416
  • 累計のページビュー:1718365

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 良い選手である前に良い人間であれ
  2. 確かに3強だけど
  3. 誰かが選ぶんじゃなく、自ずから決まっていくもの
  4. 色々な好条件を味方にして、空気を気にせずサラッと勝っちゃえば?
  5. 激戦必至
  6. ここで勝たなきゃどこで勝つ?
  7. 素人の付け焼き刃的能書きに振り回されないようにしましょう
  8. 1強多弱? どこかの政界みたいな…
  9. ダチョウ倶楽部の「じゃあオレがやる…」のギャグで選手を決める?
  10. あるところではかっこいい姿も、その場を離れると変

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss