Armar know Jack Bigwild

今年活躍の選手の何%が残っていくのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月にモントリオールで行われる体操世界選手権の代表選手が決まりました。 体操でモントリオールと言えば、オリンピックでの団体総合の死闘が連想されますが、今回は団体はなくて個人総合と種目別だけの試合になります。 選手にとっては、予選からギューギューのプレッシャーを感じるチーム戦がない分、かなりノビノビとできるんじゃないでしょうか。個人総合で代表になった白井選手も「責めます」と言っていました。楽しみです。

床は谷川選手。白井選手とは全く違う持ち味を活かした、玄人をうならせる圧巻の演技です。着地をビシっとキメて新しい潮流を作って欲しいです。

鞍馬は亀山選手。6月の全日本種目別の予選で落っこちてガ~ッカリしましたが、候補選手に拾ってもらって、もう1回もらったチャンスを活かしたわけです。4年前の世界チャンピオンが、世界の舞台で予選・決勝2本の完璧な演技を揃えられるか。楽しみです。

跳馬は安里選手。今年の春までは無名のダークホースでしたが、メキメキと頭角を現し、とうとう代表を射止めました。三重県の相好体操クラブの方々もさぞや喜んでいることでしょう。

鉄棒は宮地選手。内村選手とは一味違う迫力のある演技で代表入り。内村選手がいる以上、迫力だけでは勝てませんので、減点の少ない美しい演技を作り上げていって欲しいと思います。

奇しくも代表6人は全員違うチームの所属です。そしてなんと、コナミ所属の選手がいません。近年では非常に珍しい決着となりました。 でも、これはとてもいい傾向なんじゃないかと思います。特定のチームが一人勝ちみたいな状況では、奢りとか、妬みとか、とかくネガティブな感情ばかりが起こりがちで、下手すると足の引っ張り合いになったりする恐れもありますが、複数のチームが同レベルで拮抗していれば、お互いに対抗心を燃やしながら切磋琢磨して、国内のレベルがドンドン上っていくものだと思うからです。

ただ、他の種目でも、世界的にも言えることですが、オリンピックの翌年というのは超一流選手は休んでいたり、引退してしまったりで、競技レベルが落ちるんです。次のオリンピックが近づくに連れて、実績のある超一流選手が戻ってきたり、新たなスターが現れたりするので、今年目覚ましい活躍をしたからと言ってウカウカしていると、次のオリンピックのときには忘れられてるなんてことになりかねません。 コナミもすぐに巻き返してくるでしょう。

今回代表に選ばれた選手たちにとっては長い長い戦いになりますが、世界選手権はもちろんのこと、その後にも正念場が続くと思って頑張って欲しいと思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツの話題から
I love Olympic !
タグ:
体操世界選手権
世界体操

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第35回世界新体操選手権大会レポート4【日本体操協会公式ブログ】

第35回世界新体操選手権大会レポート3【日本体操協会公式ブログ】

【関係者】第72回全日本体操競技選手権大会出場資格者情報【日本体操協会公式ブログ】

これから3年頑張り続けるって、けっこうしんどいですよ【Armar know Jack Bigwild】

運も、人気も実力のうち【Armar know Jack Bigwild】

夢はリヴァプールの主将! アレクサンダー=アーノルドがド派手な欧州デビューを飾る。【Walk On With Sports!!】

2017年7月度 新村選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

補強とは?開幕週にコウチーニョを放出し、戦力は強化されていない問題児リヴァプール。【Walk On With Sports!!】

ブロガープロフィール

profile-iconbigfield

・自然体研究家
・スポーツトレーナー
・ダンサーのトレーナー、コンディショニング
  • 昨日のページビュー:26
  • 累計のページビュー:1717950

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 良い選手である前に良い人間であれ
  2. 確かに3強だけど
  3. 誰かが選ぶんじゃなく、自ずから決まっていくもの
  4. 色々な好条件を味方にして、空気を気にせずサラッと勝っちゃえば?
  5. 激戦必至
  6. ここで勝たなきゃどこで勝つ?
  7. 素人の付け焼き刃的能書きに振り回されないようにしましょう
  8. 1強多弱? どこかの政界みたいな…
  9. ダチョウ倶楽部の「じゃあオレがやる…」のギャグで選手を決める?
  10. あるところではかっこいい姿も、その場を離れると変

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss