Armar know Jack Bigwild

日本人が勝っちゃいけないことなんてないんだから、遠慮なく勝っちゃって

このエントリーをはてなブックマークに追加
今シーズンの全米オープンで2位になった松山英樹選手が、今月の全英オープンに向けて今週はアイルランド・オープンに参戦しているそうです。

ゴルフ発祥の地でのトーナメントだけあって、全英オープンはアメリカで行われる他のメジャー大会とは違って「野っ原で棒を振って球を打ってる」感を強く感じます。
気候は風が強かったり、急に雨が降ってきたり、寒そうだったりするし、コースは草ぼうぼうだったり、レンガで覆われたバンカーがあったり、用水路が横切っていたりします。「ポストマン・パット」が郵便配達をしているような田園風景の中でゴルフをしているように思うのです。
日本のきれいに整えられたゴルフ場でやっている人にとっては、恐ろしく厳しいコースのように見えるのですが、かえってそっちのほうが得意という選手もいたりしますので面白いものです。

さて、松山選手の今年のコース適性はどんなもんでしょうか?
松山選手は現在世界ランク2位。
メジャーで勝ったり、ツアーを連勝するような活躍がないにも関わらず2位ってことは、常に安定した成績を残している証でしょう。でも、やっぱりドカンと一発、メジャーを勝ちたいところでしょうね。

不思議なもので、スポーツの成績っていうのは精神的な壁に支配されています。
例えば、ウェイトトレーニングでベンチプレスなんかやっていて、100kgで10回を目標にやっているんだけど、これがなかなかできない。9回までは行けるのに、10回目になると「う~ん」なんてうなって上がらなくなっちゃう。
補助する人が回数を数えてあげるんですが、試しに「…ロク、ナナ、シチ、ハチ…」と数えてみると、「キュウ」(実際には10回目)でスッと上げちゃったりするんです。 あとで種明かしすると、次からは10回を普通にできるようになります。
陸上100mの日本人の9秒台とか、相撲のどうしても勝てない相手とか、松山選手や錦織選手のメジャー制覇とか、1回壁を越えてしまえば、その後は続々と言うことになるのかもしれません。

壁を越えることも、越えたあとの戦いも、世界の70億人のトップでのことなんですから、生半可なことではないでしょうけれども、運良くそのチャンスがあるわけですから、そのチャンスを生かさなきゃ。
がんばれ!松山選手!


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツの話題から
タグ:
全英オープン
松山英樹

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

父の死を乗り越え元全米アマチャンプが歓喜の初V【マイキャディ日記】

『GBB EPIC STAR』の快進撃続く!! レディースモデルの発売も決定!【マイキャディ日記】

ジョーダン・スピース、タイガーと肩並べる23歳で10勝目!【マイキャディ日記】

ブロガープロフィール

profile-iconbigfield

・自然体研究家
・スポーツトレーナー
・ダンサーのトレーナー、コンディショニング
・スポーツの指導、指導者育成
 「特定非営利活動法人YTKスポーツコミュニケーション」
 事務局長
  • 昨日のページビュー:15
  • 累計のページビュー:1716251

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 良い選手である前に良い人間であれ
  2. 確かに3強だけど
  3. 誰かが選ぶんじゃなく、自ずから決まっていくもの
  4. 色々な好条件を味方にして、空気を気にせずサラッと勝っちゃえば?
  5. 激戦必至
  6. ここで勝たなきゃどこで勝つ?
  7. 素人の付け焼き刃的能書きに振り回されないようにしましょう
  8. 1強多弱? どこかの政界みたいな…
  9. ダチョウ倶楽部の「じゃあオレがやる…」のギャグで選手を決める?
  10. あるところではかっこいい姿も、その場を離れると変

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss