Armar know Jack Bigwild

東京オリンピックは新設の男女混合種目が面白そうです

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京オリンピックでの開催種目が発表されました。
男性と女性の参加者数を同じにしたいということで、女子種目や男女混合種目が新設されたり、男子種目を減らして女子種目を増やしたりという変更がなされています。
柔道の男女混合団体とか、陸上、水泳の男女混合リレーなんかはすごく面白そうですね。
ここは、さすがのあの知事も関わる領域ではないので、変な不安を煽る戦略に巻き込まれることなくこの通りすんなり決まりです。

この問題で、私は常々気になっていることがあります。
今や男子しかない種目というのは殆どなくなってきましたが、シンクロナイズド スイミングとか新体操は女子しかありません。オリンピック意外の国際大会でも男子はやっていなくて、やっているのは余興的なものと日本くらいなものです。
これは逆に差別的といえば差別的な話なわけですが、今はまだそれを本気で指摘し、解決しようという人が少ないということなんでしょう。
かくいう私も、これらの種目で早く男子種目ができればいいと思っているわけではありません。そこで急いだってろくなことにならないのは目に見えてますからね。

オリンピックの人気を高めたい、特に若者の気を引きたい、ひいてはそれを喜ぶスポンサーを引きつけたいという思惑から、近年、若者に人気の種目がオリンピックに取り入れられ、逆に古代から行われているレスリングが外されそうになったりしています。
新しい種目には、まだ競技として成熟途上の種目が多く、選手のレベル差が大きかったり、何がいいのか悪いのか優劣がはっきりしないとか、実力よりもそのときの運次第とか、見ていて本気で応援できないものも少なくありません。
オリンピックで人気があるのは、やはり相当長い期間本気で争ってきた歴史があって、その歴史によって錬られたルールに則り、才能と努力と運を全部合わせた“実力”同志の白熱したぶつかり合いが見られる種目です。 新しい種目を採用するのはいいんですが、できれば世界大会でその種目の関係者意外が見ても「すごい」と思えるような成熟度になってからオリンピックに入れて欲しいものだと思います。

男子のシンクロナイズド スイミングとか新体操をやりたい、あるいは見たいという人が世界中に沢山いないと、一つの種目として成立することはないんでしょう。まずはそのハードルが超高そうです。
でも、だからといって、シンクロナイズド スイミングと新体操をオリンピック種目から外さないように願います。


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
I love Olympic !
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconbigfield

・自然体研究家
・スポーツトレーナー
・ダンサーのトレーナー、コンディショニング
・スポーツの指導、指導者育成
 「特定非営利活動法人YTKスポーツコミュニケーション」
 事務局長
  • 昨日のページビュー:61
  • 累計のページビュー:1700473

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 良い選手である前に良い人間であれ
  2. 確かに3強だけど
  3. 誰かが選ぶんじゃなく、自ずから決まっていくもの
  4. 色々な好条件を味方にして、空気を気にせずサラッと勝っちゃえば?
  5. 激戦必至
  6. ここで勝たなきゃどこで勝つ?
  7. 素人の付け焼き刃的能書きに振り回されないようにしましょう
  8. 1強多弱? どこかの政界みたいな…
  9. ダチョウ倶楽部の「じゃあオレがやる…」のギャグで選手を決める?
  10. あるところではかっこいい姿も、その場を離れると変

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss