Armar know Jack Bigwild

いつ、どこで、何をすればいいのか分からなかったら、頑張れませんよね

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、日本陸上競技連盟が、2020年東京オリンピックマラソンの代表選考の方法を公表しました。
一番の目玉は、「選考委員会で勝てる選手を選ぶ」という、いわば密室の選考過程がなくなったということでしょう。大変喜ばしいことです。

近年、あらゆる競技で代表選考の方法は変化してきました。
嘘みたいな話ですが、一昔前は、○○連盟とか▽▽協会の偉い人の眼鏡に適わなければいくら強くても代表になれない競技がたくさんあったんです。 代表選考試合と銘打った大会で優勝したって代表に選ばれないなんて言うことがざらにあったわけです。しかし、選手が提訴したり、民衆が意義を唱えたりすると同時に、お偉いさんが選んだ選手が期待したような成績が残せなくて、さすがのお偉いさんも責任を追求され、例の記者会見で頭を下げさせる「謝らせブーム」に尻込みした結果、誰もが納得する形へと変更されてきたのです。

体操は私が現役だった頃から客観的な規則に則った選考を行っていました。残念ながら私にはあまり関係ありませんでしたが…。
水泳は大変な時期を経て「一発選考」に変更されました。かなりの厳しい基準に、最初は「大丈夫か?」「誰も代表になれないかもしれないぞ」と危惧されましたが、数年たってみれば明らかに以前よりレベルアップすることになり、大成功でした。
柔道も紆余曲折を経て、特定の誰かの意図が働くことのないポイント制になりました。結果も上々だったのではないでしょうか。

難しいのはサッカーとか野球などのチームプレーの競技です。
個人競技のように何をすれば代表になれるっていうのがはっきりしません。選考の責任者(多くは監督)の目に止まれば選んでもらえる可能性は生まれますので、とにかく自分に出来るベストのプレーを続けるしかないんですね。だけど、誰もが認めるいい選手だとしても、チームの戦略にはまらなければ選ばれません。なんとも辛いもんですね。
ただ、どのようなチームを作りたいか、そしてそのためにどんな選手が必要かという選考者の考え方が明確になっている競技は、結果も上々のようです。要するに、勝つための戦略があり、選手は勝つために(選ばれるために)何をするべきかが分かっているということですから、強くなるのは当たり前ですよね。

個人、団体を問わず、選手が「何をすれば良いか」という努力すべき方向を理解しているということは非常に重要なことなのです。それは多くの良い結果をもたらすことは明白です。(どんな効果があるかは、また別の機会に)

マラソンは、アフリカ勢の台頭以来、日本と世界のトップレベルとの差は開きこそすれ縮むことはありません。
でも、水泳も少し前まではそんな感じだったんです。
マラソンも今回の改革によって、レベルが上っていくといいですね。


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツの話題から
I love Olympic !
タグ:
東京オリンピック

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【第256回日体大記録会】(10000m)試合結果【駅伝狂の詩】

日体大記録会10000m(2017年4月22日)結果【日本大学駅伝部を応援しています!】

【湘南校舎陸上競技部】四大学対校陸上競技大会【東海スポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconbigfield

・自然体研究家
・スポーツトレーナー
・ダンサーのトレーナー、コンディショニング
・スポーツの指導、指導者育成
 「特定非営利活動法人YTKスポーツコミュニケーション」
 事務局長
  • 昨日のページビュー:35
  • 累計のページビュー:1662883

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 良い選手である前に良い人間であれ
  2. 確かに3強だけど
  3. 誰かが選ぶんじゃなく、自ずから決まっていくもの
  4. 色々な好条件を味方にして、空気を気にせずサラッと勝っちゃえば?
  5. 激戦必至
  6. ここで勝たなきゃどこで勝つ?
  7. 素人の付け焼き刃的能書きに振り回されないようにしましょう
  8. 1強多弱? どこかの政界みたいな…
  9. ダチョウ倶楽部の「じゃあオレがやる…」のギャグで選手を決める?
  10. あるところではかっこいい姿も、その場を離れると変

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss