Armar know Jack Bigwild

草の根が丈夫で広いほど、茎は強く花は大きく咲く

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワールド・ベースボール・クラッシックが絶賛開催中です。
日本は1次リーグB組で3勝0敗、1位通過を決めました。まずはホッとしたところじゃないでしょうか。練習試合ではポロポロ負けていましたので心配しましたが、やる時はやるっていうか、きっちり本番に合わせるっていうか、さすがはプロだなと思いました。

同時に感じたのは、外国勢のレベルが高くなっていること。
以前は、アメリカとその周辺の国と東アジアの一部の国だけって感じで、他の地域は残念なレベルでしたが、今やオランダ、オーストラリア、それにイスラエルもかなり戦えるようになって来ました。
と言っても、それぞれの国の自前で選手が育ってきたというより、メジャーリーグの広がりの一部という感じですので、まだまだですね。

野球はサッカーと違って道具が色々必要だったり、ルール(というか最初のやり方)が複雑だったりするので、草の根的に広がりにくいと以前から指摘されています。
日本でも、かつてはそこいら中に子供たちが遊べるような空き地があって(ドラえもんに出てくるような)、やっと買ってもらったグラブを持って集まり『草野球』をするという文化がありましたが、現代はそんな空き地はないし、あっても立入禁止。公園でバットを持っているだけで通報され、キャッチボールも禁止。ガラの悪いおじさんが威張ってる少年野球チームは敬遠されるということで、子供の競技人口は減る一方です。
そうなってくると、かつてはなんであんなに人気だったのか? と考えちゃいますよね。
おそらく、新聞社を中心としたキャンペーンが功を奏していたということなんでしょう。

かつては日本の男子のうち、運動能力の高い上から何人かはみんな野球に取られて、その残りが他の競技をするという構図でした。そりゃあ外国kと戦ったって強いはずですよね。
今はそうは行きません。いろいろな競技が優秀な人材の取り合いです。
でも、日本が豊かになったおかげで、子供たちは様々なチャンスに触れることができて、本来の才能を発見し伸ばしやすい状況だとも言えます。その才能を見出し育てることの出来る優秀な指導者が、日本中の地域にくまなくいるかどうかが、その競技が強くなるかどうかに大きく関わってくるということなのです。


1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツの話題から
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

WBC各国選手紹介15 セバスティアン・バレ(メキシコ)【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

中国戦【カープ一筋40年の独り言】

2017WBC観戦記(日本対オーストラリア)【千葉県旭市生まれのロッテ好き。】

ブロガープロフィール

profile-iconbigfield

・自然体研究家
・スポーツトレーナー
・ダンサーのトレーナー、コンディショニング
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1718365

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 良い選手である前に良い人間であれ
  2. 確かに3強だけど
  3. 誰かが選ぶんじゃなく、自ずから決まっていくもの
  4. 色々な好条件を味方にして、空気を気にせずサラッと勝っちゃえば?
  5. 激戦必至
  6. ここで勝たなきゃどこで勝つ?
  7. 素人の付け焼き刃的能書きに振り回されないようにしましょう
  8. 1強多弱? どこかの政界みたいな…
  9. ダチョウ倶楽部の「じゃあオレがやる…」のギャグで選手を決める?
  10. あるところではかっこいい姿も、その場を離れると変

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss