Armar know Jack Bigwild

待ちに待ったレディー・ガガ! 奮い立て男たち

このエントリーをはてなブックマークに追加

<div style=”line-height: 130%;> NFLスーパーボールの出場チームが決まりました。
プレーオフは全試合放送なんて威張ってるもののNHKの放送が1週遅れなので、まだカンファレンスファイナルは見てません。試合を見る前に結果を知ってしまうこのつまらなさ…

プレーオフ進出の3rd~6thシードのチームは、みんなボロボロで、まともなメンバーで戦えていない状況でした。
中でも、今シーズン注目していたオークランド・レイダースはQBカー選手が離脱してしまい、尻切れトンボみたいなシーズン終了だったのが残念です。来年に期待したいと思います。
ケガの多い競技ですから、レギュラーメンバーが無事に仕事ができているということも、チームの実力のうちだということがはっきりと分かる今シーズンでした。
だからなのか、プレーオフなのに早い時間に趨勢が決まってしまうゲームが多いような気がしていました。

そんな中、グリーンベイ・パッカーズのカンファレンス・チャンピオンシップ進出は驚きでした。ディフェンスの第3列はことごとくケガで交代、専門のRBがいなくてWRのモンゴメリー選手をRBとして使うような状況で、ワイルドカード・プレーオフではエースレシーバーWRネルソン選手がケガと、まさに満身創痍。
でも、さすがの試合運びのしたたかさで、1stシードのダラス・カウボーイズを撃破。歴史的な名勝負でした。
敗れたとはいえ、カウボーイズのルーキーコンビQBプレスコット選手とRBエリオット選手は来年も楽しみですね。元エースQBロモ選手がどうするのか気になりますが。
パッカーズは選手が揃っていたら…と思うと残念ですが、意外とこういうチームは選手が揃っていても同じような結果になるんですよね。

ニューイングランド・ペイトリオッツは憎らしいほど強いですね。スキがない。どんなことをしても勝てる気がしないと相手に思わせてしまうところから、もうすでに優位に立っています。
アトランタ・ファルコンズは、QBライアン選手とWRジョーンズ選手のホットラインを中心としたハイパーオフェンスが武器で、ディフェンスは早くボールを取り返すことだけ考えているかのようです。
スーパーボールでは、近年守備が充実しているペイトリオッツのディフェンスと、ファルコンズオフェンスの得点力の勝負が楽しみです。ペイトリオッツQBのブレイディー選手の活躍は、もう見飽きた感がありますので…


スーパーボールのもう一つのお楽しみと言えばハーフタイムショー。ついにレディー・ガガの登場です。私にとってはマイケル・ジャクソンのハーフタイムショー以来のワクワク感です。


さあ、2月6日。最高の試合を、最高のエンターテイメントを、最高のドラマを期待しましょう。 </div>

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツの話題から
タグ:
スーパーボール

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

史上最多9回目のスーパーボウル出場!【パッツ サイクル カープ AND MORE】

スーパーボウルのカード決まる【スポーツ えっせい】

スーパーボウルを初めて見て40年【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconbigfield

・自然体研究家
・スポーツトレーナー
・ダンサーのトレーナー、コンディショニング
・スポーツの指導、指導者育成
 「特定非営利活動法人YTKスポーツコミュニケーション」
 事務局長
  • 昨日のページビュー:226
  • 累計のページビュー:1694216

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 良い選手である前に良い人間であれ
  2. 確かに3強だけど
  3. 誰かが選ぶんじゃなく、自ずから決まっていくもの
  4. 色々な好条件を味方にして、空気を気にせずサラッと勝っちゃえば?
  5. 激戦必至
  6. ここで勝たなきゃどこで勝つ?
  7. 素人の付け焼き刃的能書きに振り回されないようにしましょう
  8. 1強多弱? どこかの政界みたいな…
  9. ダチョウ倶楽部の「じゃあオレがやる…」のギャグで選手を決める?
  10. あるところではかっこいい姿も、その場を離れると変

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss