Armar know Jack Bigwild

大人になってから種目を転向するのは難しいけど夢がある

このエントリーをはてなブックマークに追加
元NFL、ブロンコスやジェッツで活躍した、最近流行の走れるクオーターバック(QB)の文字通り“走り”となり、人気を博したティム・ティーボウ選手が野球に転向して、現在メジャーリーグを目指して奮闘中だそうです。
アメリカでは、最高の運動能力の持ち主はアメリカン・フットボールに集まると言われています。その中でも選り抜きのNFL選手で、しかも中心選手のQBとしてスターターを務めたとなれば、その運動能力は計り知れないものがあります。

が、しかし、まだバッティングに難があるようです。ピッチャーとキャッチャー意外のプレイヤーの“走る”“取る”“投げる”は、形こそ違えアメフトでもやっていることですから何とかなるとしても、“打つ”はかなり難しいみたいですね。
150km前後のスピードで尚且つ曲がったり揺れたりするボールですから、それをバットで打つとなりゃ、単に技術だけではなく永年の経験も必要と思われます。そこがなかなか追いつかないということなんでしょう。かつて、バスケットボールの神様マイケル・ジョーダン氏が野球に転向したことがありましたが、やはりバッティングに難がありましたもんね。

逆はあります。
現在シーホークスで活躍中のQBラッセル・ウイルソン選手は、一時メジャーの支配下球団に在籍してメジャーを目指していたそうです。それがアメフトに転向して大ブレイク。

要するに、野球のバッティングはクローズド・スキルといって技術的要素の占める割合が非常に高いので、そう簡単にはトップレベルには届かないということなんです。体力や、いわゆる「運動神経がいい」というだけではどうにもならない壁があるわけですね。
逆にQBなんかはオープン・スキルといって、他でやっていたっことが応用できる要素が多く、野球のバッティングほどの精度の高い技術は必要としません。
ゴルフなどの技術要素が100%近い種目から、ラグビーのフォワードやアメフトの第1列みたいに体力要素が高いポジションまで、スポーツには要求される要素も色々あるということです。

ティーボウ選手がどこまでやれるか分かりませんが、なんとなく応援したくなっちゃうのは私だけでしょうか?


明日はチャンピオンズカップ

競馬でも、芝、ダート、障害とコースと種目別に要求される能力が違うようです。と言っても、アメフトと野球ほどの違いはありませんけどね。爪の形や走るフォームや筋力のバランスなんかで適正が決まるみたいですが、判断が難しい馬もいるそうです。
クロフネやメイショーボーラーやアドマイヤドンなど、芝で頑張った後ダートに転向して成功した馬は多いですが、ダートから芝は少ないようです。これはスキルが云々ではなく、JRAでは芝のレースが主流なので、強い馬はみんな芝を主戦場としていて、そこで勝つのは容易じゃないということだと思います。

今回のレースで、芝からダートに転向して成功している馬といえば
2番 アウォーディー
芝では鳴かず飛ばずだったのが、ダートに転向して6連勝中。もっと早く芝に見切りをつけていればと思う人も少なくないでしょう。ジョッキーは先週キタサンブラックでジャパンカップを制した武豊騎手ですので、心強いですね。

このレースのもうひとつの見どころは
アメリカに嫁いだゴッドママ『ヘヴンリーロマンスの息子兄弟』
 VS
今やダート界のディープインパクトと言われてもおかしくない『ゴールドアリュール産駒』

アウォーディーと同じくヘヴンリーロマンスの息子
7番 ラニ
UAEダービーからアメリカの3冠レースを戦い抜いたタフさは大したもんです。3歳にしてかなり白い芦毛の馬体もスター性抜群。ここで一気に国内での地位も築くのか?

ゴールドアリュール産駒の親分格は
11番 コパノリッキー
実績も風格も充分。成績の波が激しいのはいつものこと。やるときゃやるっしょ。とはいっても、東京のフェブラリーSでは強くて中京のこのレースで弱っちいのは気になりますけど。ルメール騎手の手腕が不安を払拭するか?

続くは、まだ3歳の
12番 ゴールドドリーム
まだ4着以下になったことがない。前走は久々のレースで2着。中2週でも、若さで回復して来ていれば期待できますね。デムーロ騎手がキッチリとゴール板に合わせて持ってきそうです。

もう一つの勢力は外国産馬。

14番 アポロケンタッキー
前走みやこSを勝って参戦です。中央、地方合わせても初のG1挑戦ですし、ジョッキーも若い松若騎手ですが、それだけに楽しみも大きいと言えるでしょう。

15番 モーニン
今年のフェブラリーSを勝ちましたが、その後の成績がイマイチ。もしかして短い距離の方が良いのか?とも思えますが、そこはG1馬ですからちゃんと走れれば遜色ないはずです。

外国馬の参戦がないのは寂しいですが、外国で活躍した馬や外国産馬が有力馬に名を連ねるのはいいですね。

さて、そろそろ当てたい私の今週の一点勝負は
12 馬連
オッズは下手すると一桁?


<先週までの秋のG1 一点勝負の予想結果>
-700円↓
※1回につき100円の券を買ったと想定しての数字です。1シーズンでトントンを目指しています。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツの話題から
スポーツとしての競馬の見方
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

金鯱賞・ステイヤーズSの予想【サンチェス・ピスファン】

【グラスワンダー素人予想】ステイヤーズS&金鯱賞【競馬徒然日記 筆者:グラスワンダー】

12/3のレース予想【砂に魅せられて~ダートメインの単複予想~】

ブロガープロフィール

profile-iconbigfield

・自然体研究家
・スポーツトレーナー
・ダンサーのトレーナー、コンディショニング
・スポーツの指導、指導者育成
 「特定非営利活動法人YTKスポーツコミュニケーション」
 事務局長
  • 昨日のページビュー:50
  • 累計のページビュー:1694552

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 良い選手である前に良い人間であれ
  2. 確かに3強だけど
  3. 誰かが選ぶんじゃなく、自ずから決まっていくもの
  4. 色々な好条件を味方にして、空気を気にせずサラッと勝っちゃえば?
  5. 激戦必至
  6. ここで勝たなきゃどこで勝つ?
  7. 素人の付け焼き刃的能書きに振り回されないようにしましょう
  8. 1強多弱? どこかの政界みたいな…
  9. ダチョウ倶楽部の「じゃあオレがやる…」のギャグで選手を決める?
  10. あるところではかっこいい姿も、その場を離れると変

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss