Armar know Jack Bigwild

今回は強いニッポン柔道

このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な意味で注目の今大会ですが、私は、前回からのルール変更で、一つの階級に1カ国複数の選手が出られることが及ぼす影響について注目しています。

今のとろこ、男女とも好成績で、ロンドン・オリンピックの成績とは大きく違います。
選手層が厚いので、いつも全力で戦う必要がある日本と、オリンピックの翌年で、多少力の入れ方が緩い外国との差もあるでしょう。その他の要因もあるでしょう。
けれども、同じ階級に代表が複数いるということが、特に日本人選手にとっては良い影響があるように思えてなりません。

ひとつ目・・・

どの国の選手も、国や所属チームなど、所属する集団から受けるプレッシャーは当然あるはずです。
責任感が強い日本人選手が、そのプレッシャーに負けてしまったと思われる場面をいくつも見てきました。
だから、チームと言うより、プレッシャーを分担してくれる同僚がいるということは、プレッシャーに負けずに普段の力を出しやすくなるということになります。

ふたつ目・・・

確かに、一人でやるよりチームでやるほうが個人のパフォーマンスも上がるように思えます。
尚且つ、日本人は、スポーツにかぎらず色々な場面で、『みんなで力を合わせて』っていうことが大好きです。
まず集団ありき。個人を犠牲にする美学。
だから、一緒に戦う仲間がいるということが、普段以上の力を出させることも起こります。


このような日本の特性は、反面、選手が集団に依存しすぎてしまう面もあります。(柔道界が今抱えている問題の根底にはこれもあるような気がします)
ひとり代表でも力を出せるようにするためには、選手へのチームや指導者の関わり方を考えなおし、個人の欲求、権利、責任などの意識をもっと高める必要があるように思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツの話題から
タグ:
柔道世界選手権

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【世界柔道リオ雑感③】ジュードーから柔道へ・3日連続金メダル【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

【世界柔道リオ雑感②】海老沼が続いた!メダルラッシュだ!【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

【世界柔道リオ雑感①】出直しとなる世界選手権【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-iconbigfield

・自然体研究家
・スポーツトレーナー
・ダンサーのトレーナー、コンディショニング
・スポーツの指導、指導者育成
 「特定非営利活動法人YTKスポーツコミュニケーション」
 事務局長
  • 昨日のページビュー:309
  • 累計のページビュー:1650983

(03月31日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 良い選手である前に良い人間であれ
  2. 確かに3強だけど
  3. 誰かが選ぶんじゃなく、自ずから決まっていくもの
  4. 色々な好条件を味方にして、空気を気にせずサラッと勝っちゃえば?
  5. 激戦必至
  6. ここで勝たなきゃどこで勝つ?
  7. 素人の付け焼き刃的能書きに振り回されないようにしましょう
  8. 1強多弱? どこかの政界みたいな…
  9. ダチョウ倶楽部の「じゃあオレがやる…」のギャグで選手を決める?
  10. あるところではかっこいい姿も、その場を離れると変

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月31日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss