アナグラム的分析ラボラトリ

月別アーカイブ :2014年09月

最初から最後まで同じパターン

Season 141 L 002 010 000 3 F 002 000 20× 4 ○ 矢貫 2勝1敗 S 白村 1S ● 増田 3勝4敗 HR 稲葉③ 先制しながら直後に追いつかれ 終盤に逆転され逃げ切られる 今年のハム戦を象徴するような試合展開に代行も嘆くしかない まあこの期に及んで順位の事を気にする事もないけれど 藤原については西川への入りが良かっただけに ヒットを打た......続きを読む»

7勝7敗2分け

Season 140 L 100 000 000 1 F 110 000 20× 4 ○ 斎藤 2勝1敗 S 増井 5勝6敗21S ● 野上 8勝10敗 HR 浅村⑭ 陽㉔ 表題のタイトルはハム戦でライオンズが先制した試合の数字 22試合中16回取っているにもかかわらず これだけ負けてしまっているのだからどうしようもない 今夜も浅村のホームランで先手を奪ったが すぐ裏に陽のホーム......続きを読む»

同じパターンになったのも

Season 139 E 130 002 000 6 L 000 002 300 5 ○ 濱矢 1勝 S ファルケンボーグ 3勝5敗20S ● 誠 2敗 HR 松井稼⑧ 今夜の試合は誠が序盤で壊してしまったのが敗因ではあるが 私自身は誠の状態よりもなぜまた森君と組ませたのかが 疑問でしょうがない おかわりが昨夜の試合中の負傷で欠場するのはわかっていた 5番に森君を入れる意味もよく......続きを読む»

今年を象徴する試合

Season 138 L 300 001 000 4 E 100 020 000 3 ○ 増田 3勝3敗 S 高橋 2勝1敗27S ● 横山 1勝2敗 HR 脇谷② 中村㉝ 先制点を奪いながらもすぐに失点し 打線が三振ばかりで停滞している間に追いつかれる まさに今シーズンのライオンズを象徴している展開 そんな中でリリーフした武隈と岡本篤志が上手くピンチを凌いで競り勝てた とくに6......続きを読む»

可能性のある攻撃力

Season 137 L 012 032 010 9 Bs 300 000 012 6 ○ 牧田 8勝9敗 ● 比嘉 7勝1敗 HR 中村㉜ 森⑥ 川端② 打てるキャッチャーと言うのは失点を自らのバットで取り返す事が出来る 今夜の試合で森君はその資質を証明したように思えた 初回の牧田はコントロールが悪く 際どいコースは全てボールに外れる苦しい投球 糸井には釣り球のストレートをヘル......続きを読む»

逆マジック点灯の執念

Season 136 L 100 000 000 1 Bs 100 000 01× 2 ○ 佐藤達 6勝4敗1S S 平野佳 1勝5敗38S ● ウィリアムス 5勝4敗 8回表の攻撃終了後京セラドームのスコアビジョンに ソフトバンクビハインドの情報が流れると 会場の空気がものすごい盛り上がりを見せていた その勢いにウィリアムスが気圧されたのかもしれない しかしつぶさに試合を見ていく......続きを読む»

2度のチャンスの結果

Season 135 L 000 000 000 0 Bs 000 000 10× 1 ○ 金子 15勝5敗 S 平野佳 1勝5敗37S ● 菊池 5勝10敗 投手戦になったこの試合 お互い2度のチャンスを迎えて その一回をオリックスが奪ったと言う内容 まずは初回ヒットと死球で無死1、2塁のピンチ ここで糸井をセカンドゴロ併殺、ペーニャ三振で切り抜ける するとその裏メヒアと森を金......続きを読む»

バッテリーの集中力で競り勝つ

Season 134 L 001 001 000 2 Bs 000 000 000 0 ○ 岸 13勝4敗 ● 西 12勝10敗 HR 栗山③ 今夜は岸と炭谷の集中力が高く 全体的に締まった試合になった まず岸に関しては4回のピンチのペーニャに対して アウトローギリギリのストレートから続けて甘い高めのストレートを振らせた三振 このアウトが一つ試合の流れを決めた その前の糸井にホ......続きを読む»

シーズン最後の移動日

2月のオープン戦から追いかけて7ヶ月余り 残すところあと2週間でレギュラーシーズンは終了する それに先立ってライオンズは来季に向けての戦略を始めているようだ まず20日付でレイノルズ、ボウデン、アブレイユとの契約終了を通告 同時に台湾代表の大学生郭俊麟を渡辺SDが視察したとの事 レイノルズに関してはこのラボで再三書いた通り カーブの配球比率が低い事でバッターにとって見やすいピッチャーにな......続きを読む»

ルーキー揃い踏みも白星ならず

Season 133 H 100 100 100 3 L 000 000 100 1 ○ スタンリッジ 11勝7敗 S サファテ 6勝1敗37S ● 野上 8勝9敗 HR 吉村⑤ メヒア㉝ 昨日、一昨日の殊勲者の森君と山川君がスタメン 久しぶりにワクワクした試合だったけれど 結果は首位ソフトバンクが自力の差を見せつけた ただ全体的に緊迫感ある試合で二人共にフル出場は 来年以降のチ......続きを読む»

シーズン終盤らしい展開で連勝

Season 132 H 310 001 000 0 5 L 001 102 100 1 6 延長10回 ○ ウィリアムス 5勝3敗 ● 五十嵐 1勝2敗2S HR 李大浩⑱ 今宮③ 浅村⑬ 山川② 今までの流れならソフトバンクが快勝する展開だろうが 優勝が懸かっている状況では守りの気持ちが強くなるので こういう流れになる事もある 今日の場合は6回裏の岩嵜の投球だった 5回からマウ......続きを読む»

型にはめて快勝

Season 131 H 000 011 001 3 L 010 401 00× 6 ○ 牧田 7勝9敗 ● 中田 11勝6敗 HR 森⑤ 柳田⑭ メヒア㉜ 序盤から中盤に長打で点数を重ね 終盤以降の反撃を最小限に食い止める 今のライオンズの勝ちパターンでカード初戦を制した 2回の先制点まではバントミス、併殺、ボーンヘッドと 嫌な流れで進んでいただけに森君、秋山で奪った1点は ......続きを読む»

来年の地図を見ながら

今朝のスポーツ誌から急転直下で楽天星野監督の今季限りの退任が決まった 受理した当日と言う事で具体的な後任人事は不明なようだが 「人事異動に手を加えればいい」と呑気にタカをくくっている球団社長よりは 迅速に固めてくるのではないかと思う さて今夜は試合展望ではなくライオンズの来年以降について書きたい まず噴出しているのが炭谷のFA問題 中日が獲得調査に乗り出している記事が出ていたり 先週か......続きを読む»

調子と結果は真逆

Season 130 F 200 101 001 5 L 000 000 000 0 ○ 木佐貫 1勝2敗 ● 小石 2敗 HR 陽㉒ 小谷野④ 稲葉② 序盤の投球内容を見たら小石の方がリズムが作れていたとは思うが 結果として逆になったのはピンチの場面での制球だったと思う 初回1死2塁でバッターは陽 岡田君は3球インサイドを続けて要求し 3ボール1ストライク カウントが苦しい場......続きを読む»

二ヶ月ぶりの三連勝

Season 129 F 000 000 000 0 L 002 130 00× 6 ○ 菊池 5勝9敗 ● 中村 7勝1敗 HR 秋山④ 浅村⑫ 投打ともにかみ合った展開で今夜も快勝 シーズン終盤に来てようやく形になるゲームが増えてきた 雄星は休養十分を示す通り150キロ越えのストレート連発 初回の三連続三振でリズムに乗れたと思う ただ毎回ランナーを出してしまうあたりはまだまだ......続きを読む»

初ヒット初アーチが起爆剤

Season 128 E 000 010 000 1 L 011 002 50× 9 ○ 岸 12勝4敗 ● 辛島 8勝12敗 HR 山川① 初回、死球から1死1、3塁とチャンスを作るも 4番、5番で点が入らない 9月の重苦しい試合展開を予感させる嫌な流れだったが それを振り放ったのは山川君の一振りだった 真ん中に入ったストレートをバックスクリーン右へ 初ヒットが初アーチ こ......続きを読む»

胎動しているのかな

Season 127 E 000 000 002 2 L 162 100 10× 11 ○ 野上 8勝8敗 ● 菊池 3勝1敗 HR 中村㉛ 浅村⑪ ジョーンズ㉒ 今朝のスポーツ紙では一斉に次期監督は潮崎二軍監督に一本化したとの報道 それを裏付けるかのようにファームから山川君を昇格し スタメンには森君が昨日に引き続きマスクを被った 誠の登板からライオンズも来季への戦力を作る為の努力......続きを読む»

一球からリズムが崩れてしまった

Season 126 E 211 002 011 8 L 020 000 010 3 ○ 則本 12勝9敗 ● 誠 1敗 HR ジョーンズ㉑ メヒア㉛ 立ち上がりの2アウトまでは相手も力んで打ち損じ いい流れで滑り出したと思っていた しかし岡島に投げたフォークを三塁線に長打されたことで 誠に警戒感が出てしまったように思う 降板後に「もっと制球を磨きたい」と語ったのは恐らくこの1球......続きを読む»

2年目の初登板

昨日の袴田コーチから示唆された通り 明日の楽天戦で誠がプロ初登板を迎える ファームではプロ初勝利を含む3勝 前々回では完投勝利をマークするなど謹慎処分明け後は素晴らしい成績を残し 実力でつかんだチャンスだ 1月のブログでは指名責任について記事に書いたけれども 今の誠は挨拶も含め以前とはかなり変わってきているとの事 後は一軍でどの位のポテンシャルを発揮してくれるか 大きな期待を頂かずに......続きを読む»

これから必要な事

今夜のロッテ戦は昼過ぎに雨天中止 里崎の引退発表を受けすぐの判断と言う事は まあ興業あっての決定なのだろう(横浜は予定通り開催) 一部スポーツ紙の予想では10月1日に組み込まれるとか 確定した場合は最終戦まで11連戦に 大阪→仙台→所沢→札幌→千葉→所沢→仙台 こんなハードな移動するならせめて10月4日にしていただく方がありがたいのだが さてこの10連戦を3勝6敗としてしまったことで ......続きを読む»

想像の翼を広げて出来れば

Season 125 L 000 010 002 3 M 100 003 00× 4 ○ 石川 8勝7敗 S 益田 7勝2敗1S ● 岡本洋 2勝6敗 HR 炭谷⑦ クルーズ⑯ クロスゲームと言うよりもお互いが似たような攻撃を繰り返した展開 ホームランとフェンス直撃で点差がついたという結果になった 石川君の出来も岡本洋介の内容もいい状態で 締まった試合ではあったのだけれど 今夜の......続きを読む»

3人の捕手で動いた試合

Season 124 L 000 000 002 00 2 M 000 001 001 01 3 延長11回 ○ 益田 7勝2敗 ● 増田 2勝3敗 HR 森④ 今江⑨ 今夜の牧田に対して岡田を初めてスタメンマスクで組ませた試合 この起用が試合全体を動かす流れになるとは思っていなかった ここ数年左打者に対して強いスイングされる機会が多かったのだが 初球に外角のカーブを使う事でま......続きを読む»

遅まきながらのいい兆し

Season 123 L 300 121 0x 7 M 000 000 ** 0 7回表1死降雨コールド ○ 岸 11勝4敗 ● 藤岡 6勝10敗 HR 中村㉚ 前回は強引さが目立ち攻略できなかったが 今夜は初回の攻撃から逆方向の打撃を見せて7得点 藤岡を完全に沈めたと言っていい 初回の栗山の二塁打と4回のメヒアの二塁打でチャンスを作り 浅村は2本のタイムリー共センター返し ......続きを読む»

来シーズンに思いを馳せながら

Season 122 L 000 110 031 6 H 001 100 100 3 ○ 野上 7勝8敗 S 高橋 2勝1敗26S ● 五十嵐 1勝1敗2S HR 細川⑤ メヒア㉚ 松田⑮ 昨日の試合で6年連続V逸が確定し 今朝のスポーツ紙では次期監督を示唆する記事が掲載される 来年への移行モードが加速しだした訳だが それでも残り試合を懸命に戦わない限り 来年の展望も見えて来ない......続きを読む»

三振と与四死球

Season 121 L 200 000 000 2 H 112 002 00× 6 ○ 中田 10勝5敗 ● 小石 1敗 17三振を喫し逆転負けで今季ワーストの借金15 連日ホークスの先発陣に対し中盤以降の攻撃が淡白で 主導権どころか防戦一方の試合ばかりだ なぜこういう原因になっているのか それは初球のストライク率が高くなっている点だと思う どんなピッチャーでもボールから入る......続きを読む»

やれる事を割り切る

今日はソフトバンクとのデーゲーム 予告先発が中田と小石になった このローテ入れ替えは来週の日曜に誠を投げさせる事情と 先週岸が120球近い球数を投げたので間隔をあけたかった この2つが理由になっていると推測する 確かに小石の力量を知っていると不利な戦いなのだけれども 変則タイプでコマンドがアバウトと言うのは 初見でハマればスイスイ投げてくれることもあるので 一分の望みをここに賭けたい......続きを読む»

同じシーンの繰り返し

Season 120 L 000 000 100 1 H 002 000 00× 2 ○ 飯田 2勝4敗 S サファテ 6勝1敗34S ● 菊池 4勝9敗 HR メヒア㉙ 先月の大隣に抑えられた時と同じで 序盤はストレートのボール球に手を出してフライアウトを連発 中盤は変化球で2ストライクを簡単に追い込まれ タイミングを合わせられない ライオンズの打線を見て思うのは ベンチか......続きを読む»

一つ勝ってそれから

Season 119 M 000 000 100 1 L 000 100 03× 4 ○ ウィリアムス 4勝3敗 S 高橋 2勝1敗25S ● 石川 7勝7敗 HR メヒア㉘ 苦しみながらもメヒアの3ランで連敗ストップ 今月初勝利をマークした ただ試合後のコメントはどちらが勝者かわからないほど 真逆のことを言っていたのが印象的だ 岡本洋介の投球内容は石川を上回っていたけれども ......続きを読む»

つまらない試合で連敗

Season 118 M 040 011 000 6 L 000 100 000 1 ○ 涌井 6勝11敗 ● レイノルズ 3勝7敗 HR 中村㉙ 2回のビックイニングで全体的にだらけた締まりのないプレーが目立ってしまった これでは反撃も出来ないし一方的な展開になってしまう レイノルズは本人も意識していたようにカーブの使い所を考えれば もっと相手のタイミングを外せるピッチャーであ......続きを読む»

一つ一つの組み立てかた

今夜もロッテとの対戦 予告先発はレイノルズと涌井になった 前回の登板でハムの左打者に外のカウント球を逆方向に打たれる徹底され 大量失点を喰らった訳だが 今回楽しみなのは マスクが森君で行くと言う所 前回の雄星とのバッテリーで感じていたのだが 炭谷のリードと違い打者のタイミングを外す事を優先する姿勢がある 特にペーニャに対する攻めがはっきりと出ていて 見逃し三振に取った打席は完全に狙......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconbenhou4e77

40代突入のおっさんです

ラジオが好きで未だに文化放送ライオンズナイターはお供

基本スポーツ以外でもアニヲタだったり声ヲタだったり

mixiでライオンズ試合実況やる人だったりします
  • 昨日のページビュー:2142
  • 累計のページビュー:2739728

(12月11日現在)

関連サイト:なるこぷれしぃ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中島復帰は絶対命令
  2. 投手事情と補償選手の話
  3. 3年連続Bクラスが調子に乗るな
  4. 理想的な補強戦略
  5. 政治とパリーグは一強時代 ホークスを止めるには?
  6. 常勝西武を懐かしみ今の戦力を考えてみる
  7. 若いでは片づけられない痛いミス
  8. 各球団のFA事情
  9. フロントの失態だから責任は取るべき
  10. 死者に鞭を打つFA動向

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2015
10
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss