アナグラム的分析ラボラトリ

月別アーカイブ :2014年07月

初の月間勝ち越しで1歩前進

Season 90 L 000 010 001 2 Bs 000 000 001 1 ○ 岡本洋 1勝3敗 S 高橋 2勝1敗18S ● 東明 2勝5敗 HR メヒア⑯ 中村⑰ ずっと相手に押されていた終盤を辛くも逃げきり 何とか目安にしていた月間勝ち越しをすることができた 今夜も岡本洋介の投球がチームを救ってくれたと言っていい 立ち上がりこそ連敗中のチーム状況に力んでスト......続きを読む»

ストレートのコントロールに意識

今夜は巨人が試合予定ないためようやく空調の効いた京セラドームでのオリックス戦 先発は中4日の東明と岡本洋介である この試合を分けるのは表題通りストレートのコントロールかなと データで楽しむプロ野球から見ると 吉田君とほぼ同じ比率でストレートの被打率が.300近い 前回の登板でも内川と細川にストレートが甘く入ってタイムリーを打たれている そういう意味ではストレートヒッティングが基本のライオ......続きを読む»

全てにおいて雑な認識

Season 89 L 000 000 010 1 Bs 010 002 50× 8 ○ 吉田 4勝1敗 ● 野上 4勝7敗 HR T岡田⑯ 試合後の田辺代行は打線が夏休みだと語っていたけれど 調子が落ちていることは前カードのロッテ戦から見えていた事 この試合でも感じるのは選手もベンチも事前準備を備えていたのかどうか サッカーで相手に合わせてプレーをするリアクションサッカーと言......続きを読む»

割り切って攻めていく

今夜も神戸でオリックスとの2戦目 先発は吉田君と野上である 岸と牧田で連敗し相手は前回7回途中までパーフェクトと調子の上がっている吉田君 ワンチャンスあるかどうかの試合になるのではないかと思う ポイントはストレートを打つにしてもコースまでしっかり絞り切ったうえで打席に入れるかどうか 2度目の対戦になるメヒア頼みで得点パターンを作っていく以外に 起点となる選手が欲しい そう考えると栗山の......続きを読む»

今年も夏場に弱いのか

Season 88 L 100 100 000 2 Bs 000 000 41× 5 ○ 松葉 6勝1敗 S 平野佳 1勝1敗30S ● 牧田 5勝6敗 HR メヒア⑮ ペーニャ㉒ 6回まで74球散発2安打 内容を見れば安定した投球だったけれど実際はオリックス打線の元気のなさに助けられていた 7回先頭の鉄平にフルカウントから2塁打を打たれると 5連打一挙4失点でノックアウト 原因はいろ......続きを読む»

天王山の奪い合い

先週末は試合の裏に色々と大きな出来事があった まず金曜日の二軍の全体練習に骨挫傷でリハビリを続けている鬼崎が参加したとの事 ツイッター情報ではあるが全力疾走を行っているのでファームの試合に出れる可能性もあるかと言われていた 渡辺直人の負担が大幅に減るので希望としては走れるのであれば一軍で見てみたいと思う 森友哉君の一軍昇格は既に既報であるので飛ばして 昨日コーディー・ランサム内野手に契約解......続きを読む»

チームの弱点が浮き彫りに

Season 87 M 000 003 002 5 L 300 000 000 3 ○ 松永 4勝3敗 S 西野 1敗22S ● 岸 8勝4敗 HR 金沢① 良くも悪くも脇が甘いチームである事は自覚しているが 今夜の試合で色濃く出てしまった 成瀬から序盤は攻め立てていたにもかかわらず 意識のある打撃ではなくただフリーに打たせて追加点が奪えない 岸がホームラン以降変化球が高めに浮い......続きを読む»

流れの中で繋げる意識

今夜はロッテとの三戦目 5月2日以来の岸と成瀬が対決する この二人の対決の場合はホームランが印象的で 打線が繋いで点を奪うシーンが少ないイメージなのだが 果たして今夜はどうなるか 岸はオールスター前の登板で安定した投球内容を見せ 先週の1戦目では150キロを計測しセリーグの外国人打者三人を三者三振に切って捨てた 中8日と十分にあけたマウンドになる 状態がいいだけにハフマンとクルーズの......続きを読む»

迷いなき一飛びに復帰初猛打賞

Season 86 M 000 300 000 3 L 000 113 00× 5 ○ レイノルズ 1勝5敗 S 高橋 2勝1敗17S ● 涌井 3勝9敗 HR 中村⑯ 浅村が先日のサヨナラから昨日がマルチ 今日は猛打賞に5回のファインプレーと攻守に存在感を示してくれた 4回のヒットはハフマンの見事な返球で三塁封殺になってしまったが 6回は逆転のきっかけになったヒット 7回......続きを読む»

間合いの取り方が流れを作る

今日はロッテとの二戦目 レイノルズと涌井の予告先発で始まる 両投手とも数字が思わしくないのだが決してボールが悪いとは思わない ただピンチになると間合いが自分の感覚より変わってしまい リズムを取れないからカウントを不利にしてヒットを打たれてしまっている レイノルズの場合は間合いが早くなる テンポ自体はもともと早い部類の投手ではあるがピンチの場面になると より投げ急ぎが目立ち2ストライクか......続きを読む»

消去法で勝てるほど甘くはない

Season 85 M 030 000 000 3 L 020 000 000 2 ○ 藤岡 6勝5敗 S 西野 1敗21S ● 藤原 2勝4敗 HR 今江⑤ メヒア⑭ ラジオ中継の石井丈投手コーチが話していた内容から今夜の岸の登板は初めからなかったのだろう オールスター前の情報から想像するに本来は十亀が投げる予定ではなかったか しかし股関節の違和感と言うデリケートな部分なので......続きを読む»

攻め手を緩めず守りは堅く

今夜から2年目になるライバルシリーズ 西武ドームでロッテとの三連戦 藤原と藤岡の予告先発になった お互いの対戦防御率から殆どのユーザーが点の取り合いになると思われているけれど 打線の状態を考えると打ち合いと言うより 凌ぎ合いの展開になるような気がしている 藤岡攻略はストレートに振り負けないかどうか 相性のいいおかわりと浅村の前にランナーを溜める展開を作る この二つを軸に考えていくのが......続きを読む»

声の大小かかわらず

7月21日信濃グランローゼスから獲得を発表 7月22日入団会見後に支配下登録 7月23日二軍戦登板1回2安打1失点 7月25日一軍登録予定 小林宏之に対して一部ネットユーザーから「廃品回収」と言われているけれども 一軍の数字を出していない段階で評価を決めてしまうのは もはや誹謗の類である 小林宏之以外の選択肢があったのではないかと言うのは一つの考察としてあると思うが 私的な話になるが......続きを読む»

5度目のサヨナラが復帰初ヒット

Season 84 E 000 010 000 1 L 000 000 011 2 ○ 野上 4勝6敗 ● 金刃 1敗 5回から毎回得点圏にランナーを置いて エンドランでライトフライ併殺→満塁から三者三振→2死2塁からヒットもホーム憤死 続けてチャンスが潰れていたから今夜は松井君の日なのかなと思っていた しかし8回に斉藤が高めに抜けたフォークをセンター前に返して同点 そして9......続きを読む»

低めと高めの意識付け

試合の展望の前に今日の二軍戦で謹慎解除された誠が先発 5回1失点と実戦復帰を見事な投球内容で飾ってくれた 同期の佐藤勇君がフォームを崩し最近の登板がないけれども 個人的には渡辺久信、工藤公康のように競い合ってエースの座を狙ってほしい さて今夜は楽天との三戦目 松井裕樹君が1ヶ月ぶりの先発登板 ライオンズは岡本洋介が先発 まずライオンズは松井君に対して春先のイメージを捨てる事から始めなく......続きを読む»

欠けた戦力の結果

Season 83 E 000 000 000 0 L 000 000 20× 2 ○ ウィリアムス 2勝2敗 S 高橋 2勝1敗16S ● 青山 1勝2敗 HR 中村⑮ 昨夜が増田不在で狂った逆転負けなら 今夜はラッツ不在で拾った勝利と言う所かもしれない しかし0-2からぶつけたのだからすっぽ抜けとはいえウィリアムスもなと思う さてトラブルは今夜も続き雄星がマメを作り2回......続きを読む»

ストライク率で展開変わる

今夜も楽天との2戦目 先発は雄星と青山の投げ合いになった 両者の過去データを見ると極端なのは ストライク先行の投球とボール先行した場合が大きく変わるところ お互い前回登板までの直近2試合は好投 前回登板でノックアウトを食らっている なのでライオンズとしては雄星がいかにストライク先行の投球でゲームを締めるかではないか まず青山攻略に関してはボール先行の形を引き出せること その為には秋山......続きを読む»

4打点も失点と相殺

Season 82 E 040 000 131 9 L 102 130 100 8 ○ 斉藤 1勝1敗 S ファルケンボーグ 2敗11S ● 岡本篤 1勝1敗 HR 炭谷④ 西田⑥ 今夜は炭谷のプレーで乱戦になった試合だった まずは打撃 5回のスリーランはインサイドのストレートを上手く振りぬけた バットスイングがシャープになっているのでヘッドの返しもきれいな形になっている 7......続きを読む»

苦手払拭を果たすには

後半戦最初のカードは楽天との三連戦 先発は牧田と美馬の組み合わせとなった この二人は共通の特徴があって 二人共に西武ドームとの相性が悪い お互いルーキー時代の3年前にリリーフで勝って以来勝ちなし 仙台でのカードではそれぞれ抜群の投球内容を見せているのに こんなに極端な成績になるのは珍しい なので試合のポイントは両先発の出来ではないかと思っている 牧田は特に岡島、藤田、銀次の三人の攻め......続きを読む»

オールスターの裏で

今日の公示で増田とランサムの登録抹消になった一方で 森君が一軍の練習に初参加したそうだ まあ増田の所はボウデンと岡本篤志のどちらかになるのかな ウィリアムスを入れてどう再構築するかどうか 今日はパリーグ他球団の現在の戦力分析をしたいと思っている まず17年ぶりの首位ターンオリックス 3本柱の西とディクソンが調子を落としているが エース金子、交流戦からローテ入りを果たした松葉と東明が安定......続きを読む»

先発陣の整備が浮上のカギ

今日の日刊スポーツに21日からの楽天三連戦の先発が決まったとの事 牧田、雄星、岡本洋介の順番 25日からのロッテ戦は岸以外は流動的に考えていて 藤原、十亀、野上の中から3人を選んでいくらしい あの旭川のエラーをしてもランサムを使おうとする首脳陣は何かに脅迫でもされてるのではないか と初めからきつい書き出しだが この記事では後半戦の戦い方を改めて書きたいと思う まず今夜のオールスター第1......続きを読む»

前半戦総括

81試合36勝45敗 勝率.444 伊原在籍時 20勝33敗 勝率.377 田辺代行後 16勝12敗 勝率.571 3月、4月の借金9まで田辺代行が戻したと言うべきだろうか とにかく前半戦のライオンズは調子が上がらず苦しみ続けた キャンプの練習短縮や実戦練習の極端な少なさも一因ではあるけれど 3月、4月に限ればおかわりの離脱、坂田の右肩脱臼→手術とクリーンアップが2枚欠ける状態 これが慢......続きを読む»

痛かった追加点

Season 81 L 000 000 001 1 F 000 300 00× 3 ○ 大谷 9勝1敗 S クロッタ 3勝2敗4S ● 岡本洋 3敗 HR 斉藤② ハムのペースに持って行かれた典型的な試合 田辺代行がポイントに挙げた3回の1死1、3塁でおかわりの凡退は確かに痛い しかし大谷君とのゲームは我慢比べになるのは覚悟していた訳で 個人的なポイントは先制された直後の谷......続きを読む»

地の利を生かす攻め方

前半戦ラストゲームは昨夜に続き旭川での日本ハム戦 先発は大谷君と岡本洋介 前回対決の記事では足元を攻めるように打つと書いたけれど 今回は地方球場とあって視点が変わる 両翼95メートルのサイズ そして昨日の気象条件に近いバッターへの追い風と言うのであれば 攻略はいかにホームランバッターの前でランナーを置けるか そしてそのシチュエーションで高めの抜け球を引き出せる展開に持ち込めるのか こ......続きを読む»

バスターと送りバントの差

Season 80 L 002 100 000 3 F 000 100 100 2 ○ 岸 8勝3敗 S 高橋 2勝1敗15S ● 木佐貫 1敗 HR 陽⑬ 5試合連続1点差ゲームになって苦しくなったが 岸が危なげない投球を見せて逃げ切り連勝となった 今回のポイントは表題通り 3回の炭谷に送ったバスターで木佐貫を攻略し 6回の杉谷への送りバントが岸を立ち直らせた ただ送り......続きを読む»

リズムを作らせない

明日から日本ハムと旭川で2連戦 オールスター前最後のカードと同時に当面の敵相手だけに まずは初戦を取りたい 先発は木佐貫と岸のマッチアップ 怪我で出遅れ2軍戦でもなかなか調子が上がらなかったそうだが ツーシームを多投するようになってからライオンズは苦手としている ただこのピッチャーの攻略法は一つ いかにボール先行のカウントを多く作れるか 一昨年のオリックス時代と去年のデータを整理して......続きを読む»

取りあえず最低限クリア

Season 79 Bs 000 032 000 5 L 021 010 101 6 ○ 高橋 2勝1敗14S ● 佐藤達 1勝4敗1S HR 金子侑① メヒア⑫⑬ T岡田⑭ バトラー① オリックス戦は去年からクロスゲームが多く 今日も3点先行しながらも嫌な感じで推移を見ていた T岡田のホームランから流れが変わったと思われるけれど 伏線は3回の斉藤が犯したバント失敗からの三振......続きを読む»

ストレートの威力をどう捉えるか

今日はオリックスとの3戦目 雄星とマエストリの対決になった 雄星に関しては中10日の間隔があいているので立ち上がりの投球 特にストレートと変化球のコントロールがどの時点でハマってくるかがポイント ここまでの対戦成績でいうと相手打者の警戒するのは糸井とペーニャ そして昨日の殊勲者平野恵一かな この三人に対しての投球がどこまで有利に運べるかで展開が見えてくると思う マエストリに関して言うと......続きを読む»

交代のタイミングが悪く競り負け

Season 78 Bs 010 010 000 001 3 L 010 000 001 000 2 延長12回 ○ 比嘉 5勝 ● 藤原 2勝3敗 HR メヒア⑪ 昨夜のサヨナラ勝ちで安心した訳ではないだろうが 今日の内容は牧田以外いまいち集中力が感じられず 気が付くとゲームが進んでいた展開だった 特に松葉に対しての攻めがただファーストストライクから手を出しているだけ ......続きを読む»

ヤマノススメday

今日は埼玉が舞台になっているマンガ(TVアニメ)とのコラボ企画 クレヨンしんちゃん(春日部)→らきスタ(鷲宮)→あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(秩父) そして今年はヤマノススメ(飯能) 今回のゲストは主人公役の井口裕香さんと小倉唯さんが来場との事 コラボ企画で声優が来た試合は負けなしなのでそのジンクスを守りたい さて予告先発は牧田と松葉 先週の神戸での試合と同じ顔合わせとなった......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconbenhou4e77

40代突入のおっさんです

ラジオが好きで未だに文化放送ライオンズナイターはお供

基本スポーツ以外でもアニヲタだったり声ヲタだったり

mixiでライオンズ試合実況やる人だったりします
  • 昨日のページビュー:5887
  • 累計のページビュー:2470317

(10月20日現在)

関連サイト:なるこぷれしぃ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中島復帰は絶対命令
  2. 3年連続Bクラスが調子に乗るな
  3. 理想的な補強戦略
  4. 常勝西武を懐かしみ今の戦力を考えてみる
  5. 若いでは片づけられない痛いミス
  6. どんどんスケールダウンする超高校級
  7. 【戦略】ローテションから見る重要度とは
  8. 緊急提言 ライオンズ浮上策 その3 補強・編成
  9. 死者に鞭を打つFA動向
  10. 腑に落ちない策の理由

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
2015
10
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss