アナグラム的分析ラボラトリ

出来うる限りの形は作ったが

このエントリーをはてなブックマークに追加

74/143

東京ドーム 観衆46735人

13回戦 ソ7勝4敗2分

埼玉西武 000 100 000 1 030 000 00× 3 ソフトバンク

勝 武田 7勝2敗 S サファテ 3勝18S 敗 牧田 4勝6敗

ヒット ソ9 西7 エラー ソ0 西0 盗塁 柳田(14) ボーク 武田(2回)

バッテリー

埼玉西武 ●牧田(6.1/3)→武隈(1.0/3)→田中(2/3)ー岡田、炭谷

ソフトバンク ○武田(6)→H寺原(2)→Sサファテ(1)ー高谷、細川

得点経過

2回H:今宮、レフト前タイムリーヒット 2回H:福田、ライトオーバーの2点タイムリー二塁打 4回L:鬼崎、ライト前タイムリーヒット

ソフトバンクは先制点を奪った試合が今夜の勝利で16連勝になったそうだ

ここ数年は先制点の比重が高く

相手に先手を取られるとどうしてもチャンスで後手後手に回ってしまう

3点と言う点数を取られたショックもあったが

同時に4回で1点しか返せなかったこともゲームとして大きかった

お互い中5日の登板と言う事で調子はいまいちだったけれど

武田はここぞのボールに投げミスがなく

牧田は尽く抜けて甘いコースに入ってしまう

両投手の差がそのままランニングスコアに直結した形

ライオンズが流れを掴む最大のチャンスは4回の1死満塁

岡田の打席だったのかな

6回に代打を送って勝負をかけたけれど

勝負をかけるのであれば同点のチャンスで投入しても良かったのではないか

幸い、この試合森君がライトに入っていると言うのもある

いざとなったら非常事態でマスクを被らせることも出来ただけに

打つ手を見極めてほしかった

逆に言えば2点ビハインドの6回に鬼崎のバントと言うのも

ソフトバンクのリリーフ陣を考えると非常に可能性を感じない采配だったように思う

リリーフ陣相手に最悪同点

できればリードする展開にしなければなかなか勝機を見出すことは難しい

チームは厳しい連敗で6月を終えた

12勝8敗4分

この成績に何ら不満もないしいい形でシーズンを進めている

オールスターまで残り15試合

1つでも勝ちを重ねて迎えられるように

いい準備をして挑んでもらいたい



にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ライオンズ
NPB
タグ:
牧田和久
森 友哉
岡田雅利

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

本当に巨人に現れて欲しい、救世主とは・・・【近未来ジャイアンツ構想】

週末は夏の陣【とあるスポーツファンの妄想】

東京ドーム3連戦「臆せず戦え」【カープおやじのひとりごと】

悔やまれる6回の攻撃…。【どーも、ライオンズファンです】

力の無さを露呈する完封負け【アナグラム的分析ラボラトリ】

ついに貯金も二ケタに!【どーも、ライオンズファンです】

折り返し地点で貯金10に到達【アナグラム的分析ラボラトリ】

磨きがかかる【我が獅子を行く】

ブロガープロフィール

profile-iconbenhou4e77

40代突入のおっさんです

ラジオが好きで未だに文化放送ライオンズナイターはお供

基本スポーツ以外でもアニヲタだったり声ヲタだったり

mixiでライオンズ試合実況やる人だったりします
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2744978

(12月16日現在)

関連サイト:なるこぷれしぃ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 中島復帰は絶対命令
  2. 投手事情と補償選手の話
  3. 3年連続Bクラスが調子に乗るな
  4. 理想的な補強戦略
  5. 政治とパリーグは一強時代 ホークスを止めるには?
  6. 常勝西武を懐かしみ今の戦力を考えてみる
  7. 若いでは片づけられない痛いミス
  8. 各球団のFA事情
  9. フロントの失態だから責任は取るべき
  10. 死者に鞭を打つFA動向

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2015
10
07
06
05
04
03
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss