秋田SV‐ハピネッツ "SportsVolunteer"

プロバスケbjリーグで6年目のシーズンを迎える秋田ノーザンハピネッツの運営サポートSV(スポーツボランティア)のフィールド風景や、ホームゲームの周辺の表情を綴る活動日記。

bjリーグの時代が過ぎ、新たにBリーグが開幕した年に「秋田SV-ハピネッツ」は団体としての活動を終え、SV(スポーツボランティア)は球団会社興行部門の管理運営体制に移行しました。スポーツボランティアの登録を希望される方は秋田ノーザ もっと見る
  • 昨日のページビュー:12
  • 累計のページビュー:912463
  • (11月20日現在)

最新の記事

99

引っ越しシーズン、 SV(スポーツボランティア)の中にも県外に転出した方がいます。 自分は古いノートPCから新しいノートPCへと、データや設定を引っ越し。 それが終わると、お預かりしている会員の連絡先はお名前ベースで 「99」になっていました。 昨年のオフには80余りでしたから数字としては増えている格好ですが、 戦力が増しているという実感はありません。 メールを配信して......続きを読む»

assist

序盤のスコアをリードした#11キアース選手。 今日(25日)に能代で行われた対埼玉第2戦でのMVPの一人です。 もう一人は#24ウッズ選手。 ところで、 個人記録の項目にある「アシスト」は、パスがシュートにつながり、 直接得点に結びついたこと、を意味する数字ですが、 今日(25日)#24ウッズ選手がアシスト「11」を記録、 得点は「20」ですから、得点とアシスト......続きを読む»

能代

残り5秒、1点差。 以前ハピネッツに在籍した選手を敵としてホームで迎え撃つ、 というのは澤口選手以来2人目でしょうか。 菊地選手のシュートチェックに入る北向選手、双方能工OB。 スワンストン選手は30得点、彼の安定感はもはや欠かせません。 25得点のロケットマン、ドレイトン選手。そのうちフリースローが 11本中11本成功。かなり練習したのでしょう。 ......続きを読む»

finally.

【finally】 [副] 1 ついに,とうとう,やっと. ▼文頭にくることがある. 2 最終的に,これを最後に. 3 ((文頭で))最後に,終わりに当たって. (eプログレッシブ英和中辞典より) 今日のMVP、#11マイカル・キアース選手。 プレータイムが少ない時期が続いていましたが、 司令塔として21分をプレー、18得点、10リバウンド。 プレータイムが少......続きを読む»

ダンコたる

まずは連敗ストップ。 秋田83-64長野 さあ明日、明日が肝心。 さらに上へ。 という「ダンコたる決意」を、カタチにして示す機会です。 とは言え、勝利の喜びに浸っていたい気持ちももちろんあるのですが。 MVPは庄司選手。 調子が悪くて辛い毎日だったが、サポートしてくれる仲間と、 試合に出して使ってくれたHCに感謝している。とのこと。 今......続きを読む»

第4Qに、

運営の展望を測りながら進めているからでもありますが、 チームが3連敗中ということによる焦りのせいかもしれません。 「あと何試合。」とか、幾度も数えてながらやってきたこのブログ。 今日も今日とて数えれば、 全52試合中、残り12試合。今季公式戦全体の1/4をきりました。 いわば2011-2012シーズンの第4クォーターに入った。 序盤、好調に白星を積み重ね高度を上げながらも......続きを読む»

311

一年目の今日、bjリーグの各試合は復興祈念ゲームとして開催され、 今回のチームの遠征先である滋賀でもチャリティ企画が行われているほか、 http://www.lakestars.net/news/detail/id/482 試合のない秋田でもパブリックビューイングに「復興支援」の冠がついて メニューには復興支援プレートとして被災地に因んだ料理になっていたり、 http://www.......続きを読む»

まだこれからも

今季、残り14試合。うち6試合がホーム。(カッコ内は会場) 信州ブレイブウォリアーズ(秋田県立) 信州ブレイブウォリアーズ(秋田県立) 埼玉ブロンコス(能代市総合) 埼玉ブロンコス(能代市総合) 横浜ビー・コルセアーズ(秋田県立) 横浜ビー・コルセアーズ(秋田県立) さらにこのうちの4試合分の、試合運営ボランティアの募集案内を昨日、 会員に向け配信しました。 出だしはまずま......続きを読む»

green, green

試合開始直後、#24ウッズ選手のダンク。 105点を挙げ勝った翌日は104失点で敗戦。 1点勝ってるよ、へへーんだ。と、無理やり思い込んで 悔しさを和らげようとしてみるものの、やっぱり、 一勝一敗で良しとするか、それ以上を貪欲にモノにするのか、 いまだその壁と対峙する過程にいるということでしょうか。 “ゲームメイク役がもっと、スワンストン選手や菊地選手の ノーマ......続きを読む»

northern

好天のもと、SVバスは大館へ。 大館樹海ドームが見える、 樹海体育館は開場前の準備中。 全体のミーティングのあと、各持ち場ごとに打ち合わせを行います。 今回は、大館市バスケットボール協会をはじめとした 地元の皆さんが約半数という布陣で臨みます。 開場。堰を切ったように入場されるお客様。 去年も書いたと思うのですがきれいな体育館ですね。 ......続きを読む»

catalyzer

昨日と同じく、スワンストン選手が中央で煽りながら、 円陣を揺さぶらせ、気勢をあげていく。 次第に中央に集束しながら伸び上がり、 キモチをひとつに。 まるでスワンストン選手を触媒とした化学反応のような。 試合は惜敗でしたが、全般を通じて追いかける展開。 連勝が「4」で途切れただけ。ずっと勝ち続けられるほど簡単ではない。とか、 新潟や仙台......続きを読む»

vatting

名ブレンダー中村HCが選んだのはまだ若い原酒。 両軍ともスリーポイントシュートの成功がわずか2本ずつ、という リーグでも稀に見る、空中戦ならぬ「地上戦」を制したこの試合、 前半、劣勢でシステムがうまくかみ合わない中、 ビハインドで迎えた第3クオーター、 指揮官が投入したのは石井秀生選手。 試合後の中村HCの談話では、 「なかなか(打開策が)思いつかなかったが、リズムが悪......続きを読む»

マゲナデ

(前回に続き、) その「麗奈」さんから楽曲を提供して頂きました。タイトルは、 「GO!GO!HAPPINETS ~マゲナデハピネッツ~」 スポーツボランティア、秋田SV-ハピネッツの公式テーマソングとして末永く大切にします。 前回書いた通り、麗奈(LEYNA)は秋田のバンド、 ボーカルの井川さんご自身もアリーナで観戦する熱烈なハピネッツブースター。 Let's Go Happ......続きを読む»

奇跡を

この世界に 生まれてきた 奇跡を この言葉、秋田のアマチュアバンド「麗奈」のオリジナル曲の歌詞でありタイトルでもあって、 地元テレビ局(AKT)の「いのちを大切に」キャンペーンソングになっているので 秋田に住んでいる方なら、きっと一度は耳にしているフレーズだと思われます。 http://www.akt.co.jp/pc/info/inochi.html http://www.akt.c......続きを読む»

See Far Miles

高さよりも高く。 「小さいチームになったことで仕事(役割)が変わった。」 「リバウンドを頑張る」(ドレイトン選手のコメント) どうか上の写真を前日のものと見比べてみて下さい。 ディフェンス。 「ハートでたたかう、とHCに何度も言われた。」 (ドレイトン選手のコメント) ボックスアウト。 「(チームの身長が)低い分......続きを読む»

before the dawn

The darkest hour is always just before the dawn. (夜明け前が最も暗い) イギリスの諺(ことわざ)だそうです。 変化を遂げ、結果を出す直前が、最も苦しい。 と、とれます。 変化を遂げようとするハピネッツの苦闘。 春までを戦う布陣がようやく固まりつつある、その新戦力たち、 彼らが初のホームに見参。 マイ......続きを読む»

カクリツ

ゴーリングの直径(内径)が45cm、ボールの直径が24.5cm、 ボールの投影面積を1とすると、ボールが通過するリングの面積は約3.37でしょうか。 設営や撤収の際などに、下げたゴールリングに触れてみると、意外に広く感じます。 ここをボールが通過するか、しないかでゲームの行方が決まります。 野球では三遊間に転がった打球でランナーがセーフになったり、アウトになったり、 こ......続きを読む»

フシメ

対長野(信州)第一戦に勝利。 これで千葉、横浜、長野、新規参入3チームに対するアウェイシリーズ 6試合を3勝2敗とし、この6連戦での負け越しは消えました。 あとは明日も勝って、貯金を2つ増やして秋田に帰ってきてほしいものです。 (負けてもイーブン、ですが勢いは削がれますね。) 横浜からの連敗は残りますが、借りはこのあとホームでキッチリ返せばいい。 こういった背景抜きにしても今......続きを読む»

ひろがるかたち 2

先日の横浜戦の観戦のため横浜国際プールに行った当SVメンバー(男性)さん。 配置に就いている横浜のSVさんに話しかけると 反対に秋田のSVのことも質問され話し込んでいたら、 チケットを見せながら目の前を通る人に思わず、 「こんにちは。」 「はい、どうぞ。」 と、反射的に言ってしまいそうになった、とのこと。 習慣とはおそろしいものです。 昨シーズンに当SVに参加し始めて今......続きを読む»

なりつづける

プロバスケットボール選手として何ヶ国かを渡り歩いた彼が、 ハピネッツに入団して戦力となり、 しばらくの時間が経過したある日。 「そうだったのか・・!」 と、このチームがなぜ「Happinets」という名前なのかが実感として解る。 Japanという島国の北方、首都Tokyoから離れたAkitaという土地の名前と、 Northern"Happinets"と......続きを読む»

前半戦を終えて、

きのう今日の対千葉2連戦に連勝して「17勝9敗」、 シーズン52試合のうち、ちょうど半分の26試合を終えたことになります。 ここで、?・・。 と思って昨年の記録を見直すと、前年同期は「9勝17敗」、 いわゆる借金8で折り返していたのが今季は貯金8。 今週に報道された件もあって、最も声援が必要なタイミング、 かつ、最も勝利が必要な情勢下を乗り切っている、 と言えるのではな......続きを読む»

ど根性ガエル

二回目を失敗したときの彼の心境は果たして如何ほどのものだったのか。 さいたまスーパーアリーナにおけるダンクコンテストの大舞台、 プレッシャーを想像するとたまらない気持になります。 三回目、体勢を崩して着陸に失敗しながらもダンクは成功。 これでかえってインパクトを残せたのかもしれませんが、 引き換えに全治三週間のケガを負ったビッキーさん。 参入初年度の開幕直後も苦労しながら......続きを読む»

三年後のスピーチ

義を見てせざるは勇なきなり 先日の新年パーティーの様子をSVメンバーの藤田英博さんから伝え聞いたとき、 頭に浮かび、思い出したのが冒頭の言葉です。 中国の諺(ことわざ)だそうですが、自分が耳にしたのはちょうど三年前の1月、 現、球団会長※の佐野さんから発せられたスピーチの一部でした。 (※秋田プロバスケットボールクラブ株式会社代表取締役会長) それはbjリーグ参入を目......続きを読む»

3Q

「みんなで守って、みんなで勝ち獲った。」 「外から(シュートが)入っていない分、ディフェンスをしっかりやろうと思った。」 試合終了後の水町主将のコメント。 このとき自ら「隙間産業(プレー)・・」 と、言いかけてやめたのは、 現時点において平均得点で上回り東地区トップクラスの得点力の相手を 抑えて勝った。ということを手応えとして感じたからでしょうか。 逆転されて前半......続きを読む»

年の初めの(2)

昨日(7日)の今年初のホームゲームを写真で振り返ります。 朝、初参加の方を拍手でお迎えしてからミーティングに入ります。 開場5分前。会場のあちこちでは、 いたるところで「ことしもよろしく。」が飛び交いました。 寒い中、たくさん並んで頂いた上に会場でもたくさんのご挨拶を頂戴しました。 ありがとうございます。こちらこそ今年も宜しくお願い致します。 ビッキーが「......続きを読む»

年の初めの(1)

今年初めての試合に勝ち、連敗を3で止めた上に首位奪還となった今日の試合。 その前にお詫びです。 秋田駅に向かうシャトルバスの乗車地点について、 SV会員が観客の方から尋ねられた際、対応の不行き届きにより 観客の方にご迷惑をお掛けしたとの内容のご指摘を頂きました。 誠に申し訳ありませんでした。今後、このようなことが無いよう ミーティングの議題にするなどして対応を図ってまいります。 ......続きを読む»

2012

新しい年を迎えました。 どんな一年になるのか。きっと例年、年頭に展望してきたそれとは格段に未知の 未体験が待ち受けていることと思います。たぶん、 そんな中、私たちSVは「スポーツボランティア」として できることをやっていくことでしょう。 震災後の東北スポーツボランティアサミットでの宣言、 「スポーツで笑顔を未来に」 を、より具現化していくこと。そして今季、球......続きを読む»

12/(26+α)

ホームゲーム26試合のうち、12試合を年内に終えました。 次節1月7日の試合を終えた時点で13試合を消化して、 ここでSV(スポーツボランティア)による試合運営としての活動は 折り返し地点を迎えます。 去年もこのあたりで「五合目にて」というタイトルで書き残していました。 6位だったんですね。 秋の訪れとともに開幕 シーズンの折り返し地点は真冬 終盤に向かうとともに......続きを読む»

幹(みき)

今季開幕戦から現在までを通して在籍している外国人は、ただひとり。 今日の京都戦、彼はミスをしてしまいましたが、 チームハイの21得点、9リバウンド(速報値)、あと少しでダブルダブル。 胸を張ってほしい、と思いながら過去のスタッツを見返すと、 月/日 10/15(開幕戦) 10/16 10/23 11/06 11/12 11/19 11/27 12/11 12/18 ......続きを読む»

伍してなお

きれいな体育館です。 「いい試合」だったと思います。 勝ちきれませんでしたが・・。 大阪のリン(ジェネラル:将軍)ワシントン選手が試合開始早々に退場。 荒れるかも、 との予感はハピネッツ選手の切り替えと集中力、そして力強いブースト、 歓声によって秋田ペースの試合に、 しかし試合終了直前に逆転を許しての敗戦。 もちろん残念ではありますが西の強豪の一角か......続きを読む»

1 2 3 5 7 8 9 19 20

このブログの記事ランキング

  1. 再起動
  2. 大塚裕土選手
  3. 0(ゼロ)ファイター
  4. 有明決定
  5. こころをこめて(2014-15 ホーム開幕節 点描)
  6. プレイオフ ファーストラウンド 岩手戦(1)
  7. sky is limit. /プレイオフ ファーストラウンド 岩手戦(2)
  8. 由利本荘開催にて
  9. 一新
  10. 新潟(夕方)HOLD ON ME

このブログを検索

月別アーカイブ

2014
10
09
06
05
02
2013
12
10
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
2000
01

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss