秋田SV‐ハピネッツ "SportsVolunteer"

プレイオフ ファーストラウンド 岩手戦(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加

プレイオフファーストラウンド対岩手戦

前日の第一戦を落とし、あとがない第二戦も
残り1分をきって4点のビハインドというところ

アンダーソン選手のスリーポイントと2点の連続加点で逆転、
bbakita-399878.jpg

決定戦に持ち込み気勢を上げベンチに戻る。
bbakita-399879.jpg

決定戦も追いかける展開から追い着き、さらに5分の延長戦へ。
bbakita-399880.jpg

ポイントゲッター、ブラウン選手は肩の脱臼も癒えぬまま
なお足を何度も攣っては処置するような状況。
bbakita-399881.jpg
気力。プライド。

あきらめてしまいそうな戦況、それでもあきらめない。
bbakita-399882.jpg

50分戦ってまた5分の延長戦。

2点差を追いかけて終了間際、スリーポイントのシュート体勢から
ファールを得たブラウン選手。時計は残り0.1秒。

フリースローを3本とも決めれば逆転勝利という場面。
1本はずして2本なら同点で再延長。
2本はずせば敗退=シーズン終了。

スコアボードは、岩手24-22秋田。
bbakita-399883.jpg
そこに立っているのは「修羅」でした。

彼のおばあさんが亡くなったときだったか、
彼のフリースローで落とした試合があり、
そのあとそれを教訓のようにフリースローを確実に決め
勝った試合もありました。

そしてここで3本とも決める。
bbakita-399884.jpg

試合終了、瞬時に沸き立つピンク。
bbakita-399885.jpg

勝った・・。有明への道は途切れていない。

コートに駆け寄る選手たち。
bbakita-399886.jpg

bbakita-399887.jpg

bbakita-399888.jpg

bbakita-399889.jpg

bbakita-399890.jpg

bbakita-399891.jpg

bbakita-399892.jpg

bbakita-399893.jpg

bbakita-399894.jpg

アウェイですから青空の下でいわゆる「ぶらさがり」での会見。
bbakita-399895.jpg
もはや「出待ち」という言葉があてはまらないぐらい
大勢のブースターさんの列がバスまで伸びています。

決定戦につないだ立役者、アンダーソン選手。
bbakita-399896.jpg
終了間際の逆転のシュートについては、
「オープンだったのでノーマークだとわかったときに自分を信じて撃つしかなかった。」
(アンダーソン選手)

そしてブラウン選手。
bbakita-399897.jpg
「何から話していいかわからない。」(ブラウン選手)
「何度も足が攣って最後までできると思わなかった。」(同) 
「ファン・神様・チームメイト・スタッフ、みんなの助けで
最後までプレーさせてくれた。」 (同)

最後の3本のフリースローについては、
「こうったシチュエーションは初めてではなかったので
まず落ち着いてシュートを決める事だけを考えていた。」
(ブラウン選手)

湘北の安西先生風に言えば、「君がいて良かった。」

ここからバスまで長い道のり。
bbakita-399898.jpg
選手はすでに乗り込んで彼を待っています。

文字どうり「花道」。
bbakita-399899.jpg
(それも桜木)

岩手と秋田、戦力にどれほどの違いがあったのかはわかりません。

センター(ケント選手)もケガで欠いていますし、

そんな中、ブースターとSVのチカラがどれほどの後押しになったのか、
bbakita-399900.jpg
これは計り知れません。

きっとこの日の試合もそれが勝利につながったはず。
bbakita-399901.jpg

すみません。盛岡でのエピソード、次回に続きます。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
公式戦
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

プレイオフ ファーストラウンド 岩手戦(1)

通りすがり様

前回のコメントではご理解頂けなかったようで残念です。
極めて不本意ではありますが本文表現を改変致しました。
これにてご了承くださいますようお願い申し上げます。

プレイオフ ファーストラウンド 岩手戦(1)

シーズン終了した岩手ブースターの気持ちを思うと全国に発信されるスポナビブログでは、あの表現は避けてほしいなと思います。

敗退すればシーズン終了のプレーオフ、岩手でもやったのかは分かりませんが、新潟では勝っても負けてもアルビレックスコールを最後にやって、エールを送ってほしいものです。
秋田の活躍を期待してます。

プレイオフ ファーストラウンド 岩手戦(1)

シーズン終了した岩手ブースターの気持ちを思うと全国に発信されるスポナビブログでは、あの表現は避けてほしいなと思います。

敗退すればシーズン終了のプレーオフ、岩手でもやったのかは分かりませんが、新潟では勝っても負けてもアルビレックスコールを最後にやって、エールを送ってほしいものです。
秋田の活躍を期待してます。

プレイオフ ファーストラウンド 岩手戦(1)

他所者さま

時間差投稿でした。ありがとうございます。
ぜひアリーナでもお声かけください。

東北カップが今年もあるといいですね。
青森が入ります。

秋田が有明に行けたとしたら、その時に得たものを東北に持ち帰ってフィードバックさせたいものです。

そのうちファーストラウンドではなく、カンファレンスセミファイナルや有明で東北勢が対戦するときがくるでしょう。

今後とも宜しくお願い致します。

こんな記事も読みたい

【NBA】レブロン、通算4度目のシーズンMVP受賞! 満場一致にあと1票。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【男子バスケットボール部】東日本大震災復興支援チャリティーマッチ(会場:東海大学湘南校舎総合体育館)【東海スポーツ】

【男子バスケットボール部】関東トーナメント展望【東海スポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconbbakita

bjリーグの時代が過ぎ、新たにBリーグが開幕した年に「秋田SV-ハピネッツ」は団体としての活動を終え、SV(スポーツボランティア)は球団会社興行部門の管理運営体制に移行しました。スポーツボランティアの登録を希望される方は秋田ノーザンハピネッツのオフィシャルサイトから登録ページへお進みください。なお、このブログは予告なく削除される可能性があります。以下は従来の記述をそのまま残しています。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
プロバスケbjリーグ新規参入決定を期に「つくる会」から発展的に生まれた運営支援団体。「SV」はスポーツボランティア【SportsVolunteer】の意。バスケを通して子どもたちに「夢」と「感動」を、そして県民が「誇り」と「愛着」を持てるチームづくりを目指し日々活動中。

SV会員随時募集中!!
お名前、ご住所、生年月日、携帯電話番号と件名に「ボランティア希望」と記載の上、下記アドレスに連絡ください!
sv◎happy.odn.ne.jp
※スパム対策のため「@(アットマーク)」を「◎」と表記しています。
ご連絡の際は上記の「◎」を「@」に置き換えて下さい。
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:911415

(08月17日現在)

関連サイト:秋田ノーザンハピネッツ オフィシャルサイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 再起動
  2. 大塚裕土選手
  3. 0(ゼロ)ファイター
  4. 有明決定
  5. こころをこめて(2014-15 ホーム開幕節 点描)
  6. プレイオフ ファーストラウンド 岩手戦(1)
  7. sky is limit. /プレイオフ ファーストラウンド 岩手戦(2)
  8. 由利本荘開催にて
  9. 一新
  10. 新潟(夕方)HOLD ON ME

月別アーカイブ

2014
10
09
06
05
02
2013
12
10
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
2000
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss