ブラッサム・ウェイダーの戯言。

* 「サンキュー、仙チャン。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ってのは

オレの知り仲の 爺サンが

さっき 珍しく 電話をよこして 言った その台詞ね。

ドラゴンズの 監督サンを辞めて タイガースに 移った時

爺サンの言葉を そのまま書けば “この裏切り者”

楽天の 監督サンになった時には “ただのバカ野郎”

ん?

オレ個人的に 思うに

あの爺サンが 悪態をつきたくなる ぐらいに

“仙チャン”は ドラゴンズの人だった って そういうこと なんだわね(笑)

って

まー オレ個人的には 生粋の っていう その気持ちは 分からんよ(笑)

でも

決して 人に弱みを見せない あの爺サンが

知り仲のね(笑)

その爺サンが 電話の向こう側で やけに 淋しそうだったのよ。

たった ただそれだけで

星野仙一 っていう プロ野球人が

“偉大” っていう言葉に 届いているんだな

ってね

そいつを思う “土曜日の黄昏” ってわけね(笑)

って

星野サン

色んなことがあった けれど オレ個人的には “全てチャラ”さ(笑)

落ち着いたら 先ず 土井サンと キャッチボール して下さいな。

勿論 一三サンともね(笑)

きっと 皆が 労ってくれる ことだろうよ。

そうして 最後には

村山サンね。

村山サンなら きっと

あの人にしか 口にできない言葉で

“何か”を

収まらせてくれる ことだろうよ。

そう

とても小さなことに “囚われていた” その奥に 備わっていた “答えのようなモノ”

村山サンは とても優しい からね(笑)

って

最後に

あの爺サンが言った その台詞を オレも 言わせてもらいますよ。

そう

サンキュー ってね。

って

星野サン お疲れサンでした。

色んなことを ありがとうございました。

そんじゃ、また今度。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
rain
タグ:
星野仙一サン
ドラゴンズ

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

* うめドラさんへ

多分
おはようサンです。

直ぐに返信が
できなくて
ごめんなさい。

オレのエントリーにある
“チャラ”ってのは

中継最中に
星野サンが
中村捕手をぶん殴った
あの件ですよ(笑)

本当に
人を思いやるんなら
ベンチ裏でやればいい
ってのが
オレ個人的な感覚
なので(笑)

ですが
コミッショナーにでも
なりたかったのか

荒木選手の2,000本の時
といい

最後まで
自分を“売り続けた”
っていう
“変わらなさ”

そうなってしまう
“何か”が
きっと
心の奥に
あったんでしょうね(笑)

オレに
言わせてもらえば

ある種の
“弱さ”

そいつを
見せ続けてくれた
っていうことに

今となっては

オレ個人的に
“サンキュー”
っていうわけ
ですね(笑)


コメントありがとうございました。

* すっとこどっこいサンへ

多分
おはようサンです。

返信が遅れて
ごめんなさい。

星野サンの
訃報の直後

この地方のテレビの
あちらこちらで
特集って言いますか
枠が組まれていましたから

“忘れてはいない”
ってことで
そいつは
良かったですよ(笑)

星野監督の頃

調子の上がらない
落合サンが
送りバントした
ってことがありました。

ナゴヤ球場だったと
思います。

とても驚きました(笑)

でも
チームが勝つために
不調の
自分ができることを
試みた落合サンを

星野サンは
叱ったそうですね。

その思い

プライドだとか
重さだとか?

人の中に入ろうとする
言葉は悪いですが
“押し付けがましさ”(笑)

そいつが
落合サンの
監督時代にも
ちょっとだけ
表れていましたね(笑)



コメントありがとうございました。

* 「サンキュー、仙チャン。」

コメント失礼します。

星野仙一さんについては、管理人様のご友人(爺サンと呼ばれる方?)と全く同じですね。
「監督できないって言ったのに、阪神かよ!」みたいな思いはありました(笑)。

星野さんは名古屋を離れても、ドラゴンズを気にかけてくれていたようで、
その一端は20年前に亡くなった奥様の影響が大きいようです。
「(野球人としては)名古屋で育ち、中日ファンに大きくしてもらったのだから、
名古屋から動いてはダメ…」、
と言われ、NHK解説者時代に東京に引っ越すことを拒まれたそうです。

NPB全体、プロ-アマ野球界全体のスケールでの活動をするようになりながら、
「根は中日」であり続けてくれたのは、そういうところから来ているのかも知れませんね(笑)。

私もここ数日の記事に接して、今までのことは置いといて「サンキュー」って気持ち、
分かるような気がします(笑)。


* 「サンキュー、仙チャン。」

関係者・ファンの年代が変わったというのが一番大きく、次いで監督を辞めてからの名古屋との接点が殆ど無くなったのが大きいとは思いますが、星野さんの名古屋地区での存在感は、最近、無かったと言っても良いのでは?

色々、身の回りに気になる話があったのかも知れませんが、亡くなってみると、中日のように大人しい選手ばかり揃ってしまった球団では、星野さんとか、落合さんとか、近藤さんとか、強烈な個性を持った人が監督をやらないと強くならないという感ありです。

残念なのは、如何に功労者であろうと、名古屋を出てしまうと、どこか、よそ者扱いになってしまう地域の特性でしょうか。
それにも関わらず、昨年末、テレビか、ラジオの番組で「中日は元気が無い。元気になってお客さんを集めなきゃいかん」と星野さんが檄を飛ばされたようですね?
おやっと思いましたし、疎遠になった中日のことを今でも思ってくれているのだと感動しました。

生きられる時間が限られていることが分かっていたからこその本音トークだったのだろうと、今朝のニュースを見て思わされました。

今年こそ、中日は星野さん始め多くの関係者に恩を返さなくてはいけません。
頑張って、火事場の力を発揮して欲しいものです。

(個人的に、ご免なさい。
折角、名古屋国際ホテルのスナックで戴いたサインボール。引越しの際か、何かで無くしてしまいました。
もう、2度と手に入らないものでしょうに残念なことをしました)

こんな記事も読みたい

星野仙一さんにはプロ野球コミッショナーを務めて欲しかった【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

訃報【カープ一筋40年の独り言】

巨人・畠、新人で6勝!過去巨人で6勝以上の新人投手と「2年目のジンクス」【プロ野球個人成績の話。マニアというよりフェチなんです!】

大野の実力と影響について雑に考察【関東からドラゴンズを応援】

* 続・今年も「ヨ・ロ・シ・ク!!」、プロ野球。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

中日ドラゴンズの健闘に期待して【春夏秋冬ドラ応援】

もう今年もあと数時間。【燃えドラ】

ドラゴンズの飛躍を願って【I like Dragons】

ブロガープロフィール

profile-iconbaseballforever

ただのオッサン。
  • 昨日のページビュー:459
  • 累計のページビュー:7026084

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. * カープはこのまま走れるのか?
  2. * ジャイアンツよ、非常事態だろ?こうなったら非常識野球で現状を打開せよ。
  3. * そんで実際、ジャイアンツは来年優勝できるのか?
  4. * カープの次に勢いづくのはどこか?
  5. * カープよ、満塁だよ?(笑)
  6. * ザワついているけれど(笑)
  7. * ジャイアンツの高橋監督よ、取りあえず坊主頭になれ。
  8. * カープは何故、勝ち抜けできなかったのか?って、そこから見える今の“座標”。
  9. * ジャイアンツは巻き返せるか?
  10. * ちょっと勝手に総括させてもらいますよ(笑)

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
2011
11
06
03
02
01
2010
12
05
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss