バンザイサッカー

幻想を捨てろ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のオーストラリア戦で、やっとW杯本大会用のベース骨格みたいなものが示せたんじゃないだろうか。とにかく勝ってくれて良かった。なにしろ日本はW杯行けないorそれに準ずる成績では監督はクビになる。それはどんな名監督であってもだからだ。

ある意味、ハリルホジッチは日本サッカー文化と真っ向勝負していたと言っても過言ではないし、自身の唱えてきたサッカーを結果で示せた安堵感は何にも代えがたいものだったと思う。そして、息つく間もなく価値のあるマッチアップが続く。日本にとっては様々なトライができて、対戦相手はガチ、しかもアウェーという….これも何かの縁なのだろう。

次戦の重要なテーマは、気候の違いや戦術の濃淡はあれ、オーストラリア戦を踏襲できるかどうか、それに伴いセレクションが始まるという事。たった1回うまく勝ったからと言って、サポーター選手監督解説者、誰も次戦で同じパフォーマンスが出せると思っていない、と信じたい。ガチの勝負でなければ気付けない穴も出てくることだろうし、今までみたいな「うまく行く幻想」は、ここでさっぱり捨てておきたい。

オーストラリア戦で使った選手を可能な限り入れ替えて、それぞれ与えられた役割を頭脳で理解した上でトライしているか確認しておきたいところだ。完璧にプレーに反映されていなくても「頭の切り替え」が出来ていれば現時点では問題無いんだろうと思う。このセレクションで一番危険なのは、ブラジルW杯までのほどほど成功体験が記憶に残ってしまっている選手だ。

まずはブレずに継続、この1点。そしてあわよくば失点0を実現して欲しい。

[余談] 現状、大迫のポテンシャルはまだ50%も引き出せていない。これについて有効な手立てを体現できる選手がいるなら、ポジション取りに先行するだろう。もちろん前戦を踏襲した上での話だが。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【侍青の風】オーストラリア戦 各選手の採点【サムライブルーの風】

Ben Woodburnと久保健英に見る、欧州と日本における若手有望選手への評価の相違を検証する。【POOH - San の蹴球見聞録】

サウジアラビア代表戦、日本代表のモチベーションは高いと見た【当てtoto】

ブロガープロフィール

profile-iconbanzai

いろんな視点から日本代表を考えていきたいと思っています。
  • 昨日のページビュー:18
  • 累計のページビュー:10173

(09月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本の亡霊
  2. ハリルホジッチ vs 日本サッカー
  3. 香川 - 求められること
  4. 今からではあるが、同時に耐える時

月別アーカイブ

2017
09
08
2016
10
09
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss