バンザイサッカー

今からではあるが、同時に耐える時

このエントリーをはてなブックマークに追加

過渡期ですね。

「昔の方が強かった」そんな声が聞こえて来ます。実際その通りなんだろうと思います。かつての代表とは違い、今は世界に散って且つ個々のミッションで手一杯、代表チーム構築とは真逆にいるように思います。更にコンディションが悪ければ連携などにも影響がでて、もっと個々がフォーカスされてしまい悪循環です。

逆にアジアの下位チームは、これから強引にでもきっちり合宿して整えれば、日本、オーストラリアなどのチームを困らす事もできる、、なぜならそれがチームスポーツだから。

下からの突き上げもくらって、厳しい状況はこれからも続いていくでしょう。

現状を打破し、世界で戦えるチームになるには個々の能力を高めていくしかありません。このタイミングでデュエルを進言する監督に出会えたことは喜ぶべきことです。全員が個々の責任において戦う。出来るか出来ないかは置いといて、今の代表がきっちりその姿勢を見せれば、次世代含めて2-3年後には効いてくるはずです。

多かれ少なかれ世界の強豪もチームとして機能する前の状態で戦いを重ねていきます。日本もやっと世界レベルの一番底に片足を突っ込んだのかもしれません。

「確かに前の代表は今よりも強かったが、同様にどこまで勝ち進めるのか限界も見えてしまった。その先を目指すために一旦壊し作り直す」この途中なわけでもあります。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

オーストラリアをぶちくらせ~チーム戦術編~【キキアシワアタマ】

【侍青の風】イラク戦の各選手採点と次戦のオーストラリア戦の展望【サムライブルーの風】

イラク戦選手評価 【 岡崎慎司。清武弘嗣。原口元気。本田圭佑。柏木陽介。長谷部誠。 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-iconbanzai

いろんな視点から日本代表を考えていきたいと思っています。
  • 昨日のページビュー:388
  • 累計のページビュー:14025

(09月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 幻想を捨てろ
  2. 日本の亡霊
  3. ハリルホジッチ vs 日本サッカー
  4. 香川 - 求められること
  5. 今からではあるが、同時に耐える時

月別アーカイブ

2017
09
08
2016
10
09
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss