life is ball play

キーワードは打「線」のつながり、そして「当たり前」の大切さ(夏の高校野球決勝、花咲徳栄対広陵)

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の高校野球決勝、花咲徳栄対広陵。 日本で一番最後まで公式戦を行う2チームの戦いは、今日が笑っても泣いても最後である。 試合の流れは目に見えるように明らかで、それを決定付けたのは2つの違いだった。 試合内容を追っていこう。 ――― 花咲徳栄が先攻で始まる初回に、早くも試合は動く。 無死2、3塁から、三番西川は高めの球を打ちあげる。 前進守備のセカンドと定位置に守るセンターの間にポトリと落ちるタイムリーヒット。 花咲徳栄の打者はスイングに迷いがない。 迷いのない思い切ったスイングは、いい結果に結びついている。

広陵は初回に早くも守備のタイムを取り、落ち着きを取り戻すことに必死だ。 無死1塁から、四番野村にバントをさせる。 これは、広陵は助かったのではないだろうか。 一気呵成のエンドランなど、勢いを付ける手もあったかと思うが。 広陵のエースは、五番を歩かせるが、六番はセカンドゴロゲッツーに抑え、追加点を許さなかった

花咲徳栄が初回に2点を奪う展開。 今日の試合も、一筋縄ではいかなそうである。

――― 初回裏、広陵も負けていない。 二番吉岡がレフト前ヒットで、注目の三番中村。 ファールで粘り、サードの頭を超える痛烈な二塁打。 打球の速さが、他の打者とは違うのがすごい。 一死2、3塁となる。 本塁打ではなく、打点につながらなかったということでもよし、とすべきだろう。

四番加川は外のスライダーで三振。 五番大橋もスライダーをひっかけてピッチャーゴロ。 このチャンスを抑えた花咲徳栄は素晴らしい。 そして、広陵は痛い。 今日のカギを握るのは、中村ではなく、その後の打者かもしれない。

――― 2回表、花咲徳栄の攻撃。 先頭打者が出塁するが、牽制でランナーをアウトにする。 無失点で抑える。

――― 2回裏 広陵は二死2塁から、9番平元が一塁線を破るタイムリー二塁打。 投手がタイムリーヒットとは、投球にも勢いが増すだろうか。 花咲徳栄2-1広陵。

――― 3回表 タイムリーヒットを打った広陵の投手平元は、リズムに乗れない。 先頭打者に四球を出してしまう。 二死2、3塁から、センター前にタイムリーヒット。 花咲徳栄は2点を追加する。

タイムリーヒットが出る前に、一塁ランナーの盗塁が生きる形となった。 花咲徳栄は打つ手がハマっている。 序盤は花咲徳栄が流れを引き寄せている。 花咲徳栄の捕手が打つことで、ここまでは捕手対決でも試合の主導権も握っている。 花咲徳栄4-1広陵

――― 3回裏 一死ランナー無しで中村に回る。 花咲徳栄は思い切って勝負に行ける展開だ。 初球にゆるいカーブ、2球目、3球目にスライダーで追い込む。

花咲徳栄のエースは緩い球をうまく使っている。 100キロを切るスローカーブ、130キロ後半のストレート。 2球続けたストレートはボールとなり3-2 最後は外角のスライダーで三振に取る。 ここまで24打数17安打と化け物の打率を残している中村を三振に取るとはあっぱれである。

四番村上がセンター前ヒットを放ち、盗塁。 二死2塁とチャンスを作る。 五番がセンターオーバーの二塁打で1点を返す。 難しい外角低めのスライダーに上手くついていった技ありのヒットだ。

取られた後に取り返す。 意気消沈してしまう展開にもなってしまうところだが、広陵は中村一人だけのチームではない。 花咲徳栄4-2広陵

―――

4回表。 この試合初めて、先頭打者を打ち取り三者凡退。 無失点に抑える。

――― 4回裏 広陵も三者凡退。

――― 5回表。 一番太刀岡からの好打順。 フルカウントから四球を選ぶ。 この試合一番太刀岡はすべて塁に出ている。 二番千丸がエンドランを決めて、無死2、3塁。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球全般
タグ:
広陵
花咲徳栄
甲子園
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

甲子園。100回記念大会への提言。【猫と観るスポーツ】

第99回全国高校野球選手権~総括【北のお部屋】

三連発被弾サヨナラ敗戦と甲子園【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

ブロガープロフィール

profile-iconballgame

小さなころから球技を始める。
海の近くに生まれたのに泳げず。
なので水球以外は一通りやりました。
感じたことをそのままに書いてます。
好きなスポーツライター
:木村浩嗣、宇都宮徹壱など。

彼らのような興味深い文章で、いろいろな
スポーツの魅力を少しでもお伝えできればと
思います。
よろしくです。

ご連絡はこちらからどうぞ。
hakohit*gmail.com
(*は@)
  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:2983349

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. イチローの日米通算安打記録よりも、すごさを感じる2つの記録とは
  2. 鉄壁対盤石、最強の盾と矛の戦い、世界最高の組み合わせの結末は(ウィンブルドン男子決勝、ジョコビッチ対フェデラー)
  3. 完敗の先に見えるもの(マイアミオープン決勝、錦織対ジョコビッチ)
  4. 脈々と続いていくゴルフの系図(全英オープンのフィルミケルソンと松山)
  5. 日本が逃した魚は想像以上に大きかった(サッカーアジア杯決勝、オーストラリア対韓国)
  6. 杞憂がすべて現実となった一日、日本サッカーの転換点となる「アレナ パンタナウの惨殺」(W杯、日本対コロンビア)
  7. 羽生の強さと、採点の妙(フィギュアスケート中国GP)
  8. 悲願は悲願のまま(全仏オープンテニス決勝、ジョコビッチ対ワウリンカ)
  9. みんなで創り上げる幸せな空間 ~テニスの魅力がすべて詰まった4時間の熱闘(ウィンブルドン、男子決勝戦ジョコビッチ対フェデラー)
  10. フィギュアスケートエキシビジョンで思うこと(魅せた町田樹、伝える浅田真央、そして不在のプルシェンコを思う)

月別アーカイブ

2017
08
2016
10
08
07
05
04
03
01
2015
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
04
03
2008
10
09
08
07
06
2007
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss