life is ball play

夢は2校に託す(白河の関を越えるか、夏の甲子園)

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰が言ったか「夏の甲子園はベスト8の試合が面白い」。 たしかにベスト8、準々決勝は熱戦が多い印象があるが、ベスト8進出を目指した今日の高校野球はドラマティックな展開が多く、なんだか夢のような心地でいる。 夢のような心地とは、いい試合を見た、といううれしさと、ひいきのチームが負けてしまった、というさみしさだ。

第3試合、聖光学院対広陵。 自分の地元である、福島は聖光学院は、先制しては次の回に逆転され、再逆転してはまた次の回に追いつかれる。 苦しい試合展開にもかかわらず、針の糸を通すような勝つチャンスはあった。

好試合というには、あまりに悔しい試合展開。 守備では、6回表二死1、2塁からのピッチャーゴロのエラー。 攻撃では、8回裏無死1塁からのバント失敗。

ミスをしていては、やはり甲子園は味方せず、野球の神様も微笑んでくれなかった。 野球の神様が選んだのは、3試合連続本塁打(この大会4本目)を放った広陵・中村のヒーローとしての活躍だ。 とにかくもったいないの一言。 残念ながら白河の関を超えることは、他の東北の県に任せるしかない。

甲子園初となる両チームの満塁本塁打を含む、5本の本塁打の打ち合いを延長で制した盛岡大付(岩手)。 9回裏二死1,2塁での、一塁手のベースの踏み外しミスを逆転サヨナラにつなげた仙台育英(宮城)。 (大阪桐蔭の一塁手は、トラウマにならなければよいが…) 仙台育英の勝利は東北の夢を乗せて、大阪桐蔭の敗北は春夏連覇の夢が破れることにもつながった。 かくも甲子園は、ドラマを求めているのか、という試合展開だった。 どちらもしっかりチャンスの女神を引っ張りこんだ、という点では勝者にふさわしい。

毎年願う東北勢の優勝。 盛岡大付(岩手)は花咲徳栄(埼玉)と、仙台育英(宮城)は広陵(広島)とどちらも強敵が相手となる。

ひと夏に賭ける高校球児の夢も挫折も虫眼鏡で拡大してしまうような熱戦は、明日以降も続く。 開幕から雨で順延続き、という波乱から始まったこの大会だけに、最後までドラマが待っている予感がする。 あと7試合しか見れない、という寂しさとともに、明日以降の熱戦も期待したい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球全般
タグ:
仙台育英
盛岡大付
聖光学院
甲子園
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

甲子園。「強いチーム」とはどんなチームか?【猫と観るスポーツ】

全国高校野球選手権大会 明日からベスト8が激突【Kaipopo】

1点を争う拮抗した白熱の好ゲームは、大事に行き過ぎた守備力が勝負のアヤを生んだのか?【ぷかちょの、野球はツーアウトから。】

ブロガープロフィール

profile-iconballgame

小さなころから球技を始める。
海の近くに生まれたのに泳げず。
なので水球以外は一通りやりました。
感じたことをそのままに書いてます。
好きなスポーツライター
:木村浩嗣、宇都宮徹壱など。

彼らのような興味深い文章で、いろいろな
スポーツの魅力を少しでもお伝えできればと
思います。
よろしくです。

ご連絡はこちらからどうぞ。
hakohit*gmail.com
(*は@)
  • 昨日のページビュー:21
  • 累計のページビュー:2983369

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. イチローの日米通算安打記録よりも、すごさを感じる2つの記録とは
  2. 鉄壁対盤石、最強の盾と矛の戦い、世界最高の組み合わせの結末は(ウィンブルドン男子決勝、ジョコビッチ対フェデラー)
  3. 完敗の先に見えるもの(マイアミオープン決勝、錦織対ジョコビッチ)
  4. 脈々と続いていくゴルフの系図(全英オープンのフィルミケルソンと松山)
  5. 日本が逃した魚は想像以上に大きかった(サッカーアジア杯決勝、オーストラリア対韓国)
  6. 杞憂がすべて現実となった一日、日本サッカーの転換点となる「アレナ パンタナウの惨殺」(W杯、日本対コロンビア)
  7. 羽生の強さと、採点の妙(フィギュアスケート中国GP)
  8. 悲願は悲願のまま(全仏オープンテニス決勝、ジョコビッチ対ワウリンカ)
  9. みんなで創り上げる幸せな空間 ~テニスの魅力がすべて詰まった4時間の熱闘(ウィンブルドン、男子決勝戦ジョコビッチ対フェデラー)
  10. フィギュアスケートエキシビジョンで思うこと(魅せた町田樹、伝える浅田真央、そして不在のプルシェンコを思う)

月別アーカイブ

2017
08
2016
10
08
07
05
04
03
01
2015
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2009
11
10
09
08
07
06
04
03
2008
10
09
08
07
06
2007
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss