二つの歓喜をもう一度!

ジョンソン復帰を九里が締める。 え?九里? 広島 12-3 楽天

このエントリーをはてなブックマークに追加

遂にジョンソンが復帰しました。首位を走るチームに、絶対的エースが復帰。 こりゃほかのチームにとって、驚異以外の何物でもありません。

復帰後の先頭打者には打たれましたが、しっかり後続を断つと、 2回と3回には打線が協力援護で一挙6得点。 欲を言えば、3点取って尚も1アウト満塁でしたので、 一気に試合を決めたかったというのがあります。 石原も會澤同様打撃は好調で、今日もこの併殺打以外は3打数2安打1四球。 チャンスで1本が欲しかったです。

逆にヒヤッとしたのが4回。四球から連打を浴びノーアウト満塁。 ここをなんとか2失点で終えたのが大きかったですね。 ちょっとこの回だけは、まだ本調子のジョンソンではないように思えました。 押せ押せの場面で犠打を選択してくれたのは、 逆にジョンソンを助けてくれたかもしれません。

結局ジョンソンは6回2失点、2か月以上1軍から離れていた復帰戦としては まずまずとうところでしょう。 7回は中崎がしっかり抑えると、カープ得意の打線大爆発。 8回には2アウトランナー1塁からの4連打で4得点。 もはや誠也は満塁機ではヒットを打てないのではないかと思っていた今日この頃でしたが、 しっかり4番の仕事をしました。これで再び打点ランク1位タイです。 さらに調子が下降気味の安部が続いたことにも意義があります。

8回の裏、記録には残りませんが、実質天谷のエラー、あれはいただけないです。 野間が視界に入ったという言い訳は通用しませんよ。 守備要員として試合に入って、あの落球エラーしてたらいつまでもスタメンで試合出れませんよ。

9回にも新井さんの鮮やかなライナーヒットから西川がタイムリースリーベース。 これも相手守備のもたつきに助けられましたが、よく走りました。 これが広輔の犠飛にもつながり2得点。完全に試合が決まりました。

いつもの流れだと、ここは一岡かなと思った9回、出てきたのはなんと九里。 ベンチのプランは7回中崎、点差が広がらなければジャクソン・今村。 余裕ができれば中田・一岡とういつものパターンにはまる継投だと思ったんですけどね。

これで、九里は先発ローテから外れることがほぼ決まりました。 九里はあまりたちがありが良くないので、リリーフ向きだとは思いませんが、 現状の先発はジョンソン・野村・岡田・大瀬良が確実で、残り2枠。 これを中村祐、薮田、九里、下で先発調整中のヘーゲンズ、戸田で争う形になってます。 中村はなんだかんだで結果を残していますし、薮田も先発2試合で適性を見せています。 九里が5月頭の不調から立ち直りつつあることや、開幕からローテを守り続けたことは評価できますが、 現状ピッチングスタッフ内では7番目の評価となってしまうのは仕方ないのかなと。

しかし、薮田も中村もいつまでも好投できるとは限りませんし、戸田とエーゲンズ次第では 先発とロングリリーフ要因が入れ替わる可能性も十分あります。 与えられたポジションでしっかり結果を出してください。

しかし、ヘーゲンズ先発とした場合、どう起用するんでしょうか? ヘーゲンズと入れ替わりでバティを下げる。 翌日ヘーゲンズ抹消し、ペーニャをあげる。 ヘーゲンズ再登録時にペーニャと交代。 翌日ヘーゲンズとバティを入れ替え。これを繰り返すんでしょうか? 下でヘーゲンズは好投したようです。しかし、現状1軍の4外国人選手で抹消できる選手はいません。 なんとも悩ましい悩みを抱えたものです。ジョンソンとバティのおかげですけどね。 そう考えると、メヒアの支配下登録勝ち取りとブレイシアの1軍登板は今季はないのかもしれませんね。

ほんの2週間前、先発の頭数が足りないと大騒ぎをしていたのに、 今では余剰気味で、中継ぎに回せるなんて、贅沢な悩みですね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
カープ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ジョンソン復帰を九里が締める。 え?九里? 広島 12-3 楽天

コメントありがとうございます。

まず驚いたのは、九里がリリーフに回ったこともそうですが、
先発ローテを守ってきていた選手を、9点差の9回に起用したことです。
リリーフに回した段階で、一度楽な場面で
起用しておきたかった、ということなんでしょう。

仰る通りロングリリーフには九里か薮田しか回せる投手がいませんので、
結果、九里が選ばれた、ということでしょう。

九里は開幕前に結果を残したうえで開幕ローテに入りました。
止むを得ずではなく、自分で勝ち取った先発の座です。
しかし、中村と薮田が苦しい時に先発で結果を出しましたので、
この点において九里の場合は脱落と考えます。
きっと本人も与えられた場所で結果を残すだけと思いつつも、
出来る限り先発ローテを守っていきたいと思っていはずです。

勿論ロングリリーフに適性がある投手もいますし、
中継ぎに適性がある選手もいますので、
ロングリリーフ=先発落ちとは捉えてませんが、
九里の場合は先発落ちだと思います。
実際、結果で判断すると、一番安定感がないわけですし。

逆に、元々今季先発でスタートしていない薮田がロングに回ったら、
元いた場所に戻っただけという評価をします、
戸田が先発に回ると、薮田がロングにいく可能性もありますので。

「力のある選手が一軍(先発)で、そうで無い選手が二軍(リリーフ)」
の件はよくわかりません。
力のある選手が1軍でない選手が2運、その部分は当然ですよね?
今の外国人選手の中で、ブレイシアにまたチャンスがある可能性は低い、
おかしいですかね?
なんでも屋のヘーゲンズが復活している今、かなり厳しいと思いますけどね。
ただs、所詮は素人目での感想です。
首脳陣がブレイシアを重宝する可能性はもちろんありますが。

シーズンはまだ長いですし、勝負の夏場には当然入れ替えが起ります。
九里に先発を頼まないといけないときが来るかもしれませんし、
ブレイシアに1軍でリリーフを頼まないといけないかもしれません。
プロですから与えられたところで最善の準備をしつつ、
チームの連破の為に仕事をしてくれると信じています。

「ジョンソン復帰を九里が締める。 え?九里? 広島 12-3 楽天」へのコメント

ジョンソンを登録し、ブレイシアを抹消したのですから、先発ローテから一人を外し、リリーフを一人増やす必要がありましたね。

また、これまで九里や薮田を先発ローテに入れていたことで、ロングのできるリリーフが不在の状況が続いていました。

管理人さんは、九里のリリーフに驚かれたようですが、リリーフの増員を想定してなかったのでしょうか?。増員を想定していたとすれば、誰であれば驚かなかったか。

ジョンソン登録時に、九里か薮田をリリーフに回すことは既定路線だったと思います。逆の言い方をすれば、ロングのできる九里や薮田を、これまでは止むを得ず先発ローテに回していたということ。

管理人さんは、先発ローテから脱落したピッチャーがリリーフに回るものとお考えのようですが、それは少し違うのではないでしょうか。ここは、ジョンソンの登録で九里をロングのできるリリーフに回すことができたと考えるべきでしょう。

一軍、二軍の役割についても同様で、二軍はその時々の状況に応じて必要な選手を一軍に供給する役割を持ちます。「今季のブレイシアの一軍登録は無いかもしれない」とするご意見は、「力のある選手が一軍(先発)で、そうで無い選手が二軍(リリーフ)」という考えに基づいたものに聞こえます。

「ジョンソン復帰を九里が締める。 え?九里? 広島 12-3 楽天」へのコメント

管理人さん返信ありがとうございます。

先発投手の失点で初回の失点が多くなるのはジョンソンや菅野といったエース級にも見られる兆候なので、

先週みたいに初回炎上を繰り返すとかでなければ特別立ち上がりが悪いとは私は考えてないので、

その意味で「九里立ち上がり悪いですか?」とコメントしました。

先発だと長いイニング投げるために、
初回はその日の状態確かめるような投球になるので打たれやすいです。

まあレベル高い投手だとすぐに感覚掴めたり、
そもそも探りながらでも抑えれたりするんですけどね。

ジョンソン復帰を九里が締める。 え?九里? 広島 12-3 楽天

kansaibenisyouga さん、コメントありがとうございます。
九里は今季、初回と2回の失点はかなり多いと思います。
決して立ち上がりが良い方ではないと思うのですが、どうでしょうか。

こんな記事も読みたい

広島12-3楽天。カードの頭を取りました。【青木寝具店のブログ。】

【天邪鬼の宴】『“巨人連敗脱出おめでとう”なんて言わないよ絶対。』【©カープ狂の宴】

今日もロメロが決めた☆【春の夜の夢 ~オリックス・バファローズ応援ブログ~】

お帰り!ジョンソン!【カープ一筋40年の独り言】

○ カープ 12-3 イーグルス@宮城【2017/06/09】【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

広島5-3日本ハム。当カード3連勝となりました。【青木寝具店のブログ。】

頑張れ、セ・リーグ【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

* マエケン、カープに戻っておいで。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ブロガープロフィール

profile-iconbakabon2234

  • 昨日のページビュー:9036
  • 累計のページビュー:2942854

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. セリーグのベストナインとMVPと新人王予想。
  2. カープの戦力外予想。~投手編~
  3. 中田に勝ちを付けてあげたっか。しかし、そのバカヤローの矛先はいかに? 広島 14-3 阪神
  4. ベテランの去就(梵・永川)と戦力外(3+1)とコーチ退団(タクローと河田コーチ)情報のまとめ。
  5. カープの戦力外予想。~2017:投手編~
  6. カープの戦力外予想。~2017:野手編~
  7. 禁じ手解禁?でソフトバンク3連戦イーブン。 広島 2x - 1 ソフトバンク
  8. 世の中そんなに甘くない。 いい夢見れたけどね。 広島 12-1 中日
  9. どう考えても負け試合でしょ? 広島 10 - 7 中日
  10. 今日の敗因は誠也。 を帳消しにした9回の連打。菊池のスーパープレイもありました。 広島 4x - 3 横浜

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss