二つの歓喜をもう一度!

今日の敗因は誠也。 を帳消しにした9回の連打。菊池のスーパープレイもありました。 広島 4x - 3 横浜一転

このエントリーをはてなブックマークに追加

初回1アウト満塁から無得点(誠也とブラッド凡退) 2回2アウト1・2塁から無得点(菊池凡退) 3回ノーアウト2塁、新井さん進塁打で1アウト3塁で無得点(誠也とブラッド再び凡退)

5回にはノムスケが踏ん張れず3失点。本当にこの回だけだっただけに、 踏ん張れなかったのが勿体ないです。

その裏ノーアウト満塁も犠飛の1点止まり(誠也凡退、ブラッド犠飛、小窪凡退)

ここまで散々でしたが、5回点を取られた直後だっただけに、最低限中の最低限ですが、 なんとか1点もぎ取ったのが最後に響きましたね。

横浜もルーキーが投げていただけに、なんとか5回を投げさせた感じでした。 新井さんが最後チェンジアップを見送れていれば押し出しでしたので、 そうなればルーキーが勝利投手の権利目前で多分KOとなっていたんでしょうが、 最後まであと1本が出ず、ルーキーに権利を持たせて降板となりました。

ここまでは散々塁を賑わせていましたが、1点どまり。 ちょっと嫌な展開でしたね。

しかし、今日はここからがカープのゲームでした。 まずは6回、横浜が頬る無失点リリーバー二人の一人、砂田から 今季まだノーヒットだった下水流が右中間を破るツーベース。 これを足掛かりに1点返しました。砂田の無失点は9試合目でついえました。 そして新井さんのバットに同点打の期待がかかったんですが、まさかの丸飛び出しで 三本間に挟まれた菊池が挟殺されまさかの攻撃終了。

ちょっと嫌な流れで、7回も配置転換された山崎から1アウト2・3塁のチャンスを作りますが これも活かせず。試合は優勢にに進めながらも、後1本が出ず、 負ける時の典型的な流れのようにも見えました。

その流れを引き戻せてしまう力が今のカープにはあります。 8回、2アウトから倉本が放った本来ライト前ヒットという当たりを、 なんと菊池が芝の部分まで下がっいた場所でダイビングキャッチ。 まだ130試合近く残っている今季、 既にあれが最大のスーパープレーじゃないかと思えるような守備でした。

その勢いがやっと打線に火を付けたのが9回。 横浜が誇る無失点リリーバーの二人目、 オープン戦を含め14試合で未だ無失点の絶対的ストッパーパットン登場。 万事休すの場面でしたが、新井さんがまずセンター返しで出塁、 続けてこのままだと敗戦の主犯格としてやり玉に挙げられることが確実な 誠也が繋いで再びセンター前。 打席に向かう前、ベンチで目を通していた極秘ファイルに、 とっても有責な情報がきっと書かれていたんでしょう。 こうなってしまうと、マツダの雰囲気でビジターが逃げ切るのは至難の業かもしれません。 続けざまブラッドがセンターに運び同点。 (触れないわけにはいかないボーンヘッド。ブラッドの長打で1塁ランナーが2塁どまり。  結果勝ったので大問題にはなりませんが、ノーアウト1・3塁の形に出来なかったのは問題です。  誠也のミスかと思いましたが、中飛の可能性を考えた上本のミスでしょう。  解説でもどっちに火があるかは山本さんとノムケンさんでは見解が割れていましたが。  数なくとも、同点のホームを踏んだ瞬間、アナウンサーは「あー」と残念そうでした。)

小窪がしっかり送り一打サヨナラの場面を演出。 翼がストレートに強振空振りを2つ繰り返し、ストレートで三振を取れると思わせたところで コンパクトにセンター返しをしてし雌雄決しました。

3点先制されながら、相手の勝ちパターンを粉砕して勝ったのは称賛されるべきです。 横浜としては砂田、パットンともに打たれたのは後に響く負けかもしれません。 ただ、カープとしては3回までに5得点くらいとって前半で試合を決められた試合ですから、 勝ちながらも攻撃面では大いに反省の余地がある試合だったと言えます。 誠也も4打席が3三振1邪飛と全くタイミングが合っていなかった中で、 最後に結果を出したのはさすがとも言えますし、 それで満足されない選手になっているのでもっと期待してしまうとも言えます。 ちょっと本来のバッティングがいまだに出来ていないように見えるのが気がかりですが、 どこかできっかけを作ってくれると信じて待つしかありませんかね。 打率は.329で9位ですし、打点は11で6位ですから、本来十二分な成績なんですけどね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
カープ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「今日の敗因は誠也。 を帳消しにした9回の連打。菊池のスーパープレイもありました。 広島 4x - 3 横浜一転」へのコメント

9回の走塁は誠也のミス以外に考えられませんよ。
上本は打球落ちたのを見て帰ればよく、上本がホームに帰れたということは、誠也がすぐ後ろを走っていれば三塁に行けない訳がないのです。ノムケンの解説の通り。

こんな記事も読みたい

対ハム4連勝。。4月18日。【えんじょいブログ】

今は昔【言うはヤスシ】

勝手に恐れ、勝手に崩れる【鴎道を行く!】

1点を取る野球と何故薮田を回跨ぎさせるのか、2017/4/18【タコハチのカープ観戦記】

菊池涼介 闇を払う魔術師【4/18 対横浜1回戦】【及ばぬ鯉が滝登り】

○ カープ 4-3 ベイスターズ@マツダ【2017/04/18】【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

こんぱくと【カープ一筋40年の独り言】

勝ったから良いというものではない。【カープのことが好きだから】

ブロガープロフィール

profile-iconbakabon2234

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1935287

(05月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. セリーグのベストナインとMVPと新人王予想。
  2. カープの戦力外予想。~投手編~
  3. 禁じ手解禁?でソフトバンク3連戦イーブン。 広島 2x - 1 ソフトバンク
  4. どう考えても負け試合でしょ? 広島 10 - 7 中日
  5. 野手再編成。
  6. 今日の敗因は誠也。 を帳消しにした9回の連打。菊池のスーパープレイもありました。 広島 4x - 3 横浜一転
  7. 緊急事態にYDK。ここでの抹消は本人が一番悔しい。 広島 3-0 横浜
  8. 自作自演が過ぎた2勝目。 広島 7-1 阪神
  9. カープの開幕1軍25人+3人予想。
  10. 主審の問題とチケットの問題と。 CS 決勝 1st leg 鹿島 0-1 浦和

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss