二つの歓喜をもう一度!

ファブリシオからの餞別で19冠目! 再び川崎の前に立ちはだかる。 天皇杯決勝 鹿島 2(EX)1 川崎

このエントリーをはてなブックマークに追加

6年ぶりの元旦の舞台、見事に19冠目を勝ち取りました。

初めて天皇杯の決勝に進んだ川崎、タイトルはこれで8度目?9度目?のチャンスでした。 が、再び鹿島の壁を越えられずに、鹿島が栄冠を手にしました。 2006年、川崎が序盤快調に首位を走っていたころ、鹿島に勝ってK点超えって イベントをしていたのを思い出しました。 以降、リーグ戦、特に等々力では川崎は鹿島をカモにしている部分があります。 でも、最後、絶対負けられない試合では常に鹿島が勝っています。 2006年にK点超えと声高に言うには早すぎたのではないでしょうか? ただ、間違いなく川崎は今強豪の仲間入りを果たしています。 未経験のタイトル一つが、劇的な変化をきっとチームにもたらすと思います。 そうすると、一気に勝ち癖がついて、タイトルをいくつも捕るのではないでしょうか? そうさせなためにも、何度も立ちはだからないといけないわけですが。

試合はいつもの通り序盤は防戦一方。ただ、それ自体ではもはや動じません。 そして解説の福西曰く鹿島の強み、セットプレーで山本が先制点。 (正直、あまりコーナーから直接のゴールって、今のカシマには少ない気がしているんですけど) 横浜戦での負傷が心配されましたが、それを払拭してくれる素晴らしいゴールでした。 前半は枠内シュート1本ながらそれがしっかり先制点になるというのも最近の流れですね。

ただ、やはり山本は痛みがあるようで、結局後半からはファンソッコと交代。 確実に守備を強化する作戦に出ましたが、 後半早い時間に、そのファンソッコが小林を抑えきれず同点弾を喰らいます。 ここで流れが一気に川崎に行きかけましたが、なんとか踏みとどまりました。 小林が再び同じ形でボールを収めたとき、パスではなくシュートを選択していたらと思うと・・・。

その後交代枠で両ベンチワーク如実に差が出ました。 鹿島は90分勝負に出て早い時間で3枚使い切ったのに対し、 川崎は後半開始時に1枚代えた以外交代はなく、 延長を見据えて2枚残したまま後半を終わらせました。

この段階でやや川崎有利になったと思ったんですが、やはり勝負事は分かりませんね。

再びコーナーからバー直撃のシュートを放つと、 そのこぼれ球がしっかりつながり、最後はファブリシオが 決勝ゴールを豪快に右上にけりこみました。あれはキーパーノーチャンスです。

その後、どちらのチームもボールにプレスがかけられなくなり、 ちょっと大味なまま試合が進みました。 両チームとも交代で出た選手がスピードで違いを出せなかったように見えました。 ファブリシオもフィジカルは強いんですが、前を向いたときに速さが足りないですかね。 1点はとってくれましたが、正直3点は取れるチャンスがあったので、 3点目を取って早く楽にしてほしかったように思います。

守備陣は最後までしっかり体を張ってまっもり、2-1で見事今季2冠、 リーグ戦とは違って文句なしのタイトルを勝ち取ることが出来ました。 2009年までなら、来年は金の星をつけたヤタガラスがユニについたんですけどね。 金崎不在で攻撃の迫力不足は否めませんでしたが、 それでも勝ちきれるところはチーム力が飛躍的に向上している証でしょうか。

ファブリシオは試合後、皆が分かっていながら声に出さなかった退団を 自ら公表する形となりました。 天皇杯のゴールで退団かと思いきや残留したダニーロの例もあるのですが、 今回は枠がしっかり他に3枠埋まりそうなので、やはり退団は確実ですね。 全体としては物足りなかったといわざるを得ませんが、 タイトルをもたらしてくれたことは忘れません。 次のチームでもまた頑張ってください、国内移籍なら鹿島戦以外で。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
アントラーズ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

もっとサッカーが楽しく観れる方法を審判目線で語ってみた【キキアシワアタマ】

空疎な誇り、宿れよ誇り ~名古屋グランパス’17初春【no title】

2017.01.01 天皇杯決勝 鹿島 vs 川崎 プレビュー【no title】

【鹿島】 vs 横浜FM デュエルを恐れない守備、そして決勝へ【常勝紅鹿】

勝負を分けた5分、6年ぶりの元旦決戦は川崎と。 鹿島 2-0 横浜FM【二つの歓喜をもう一度!】

【鹿島】日本は鹿島という存在をどれくらい評価できるか【常勝紅鹿】

ファンソッコが天津へ!天津泰達「本当によくご存知で」【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

19冠目まであと2勝。 天皇杯準々決勝 鹿島 1-0 広島【二つの歓喜をもう一度!】

ブロガープロフィール

profile-iconbakabon2234

  • 昨日のページビュー:6173
  • 累計のページビュー:2334746

(07月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. セリーグのベストナインとMVPと新人王予想。
  2. 中田に勝ちを付けてあげたっか。しかし、そのバカヤローの矛先はいかに? 広島 14-3 阪神
  3. カープの戦力外予想。~投手編~
  4. 禁じ手解禁?でソフトバンク3連戦イーブン。 広島 2x - 1 ソフトバンク
  5. どう考えても負け試合でしょ? 広島 10 - 7 中日
  6. 今日の敗因は誠也。 を帳消しにした9回の連打。菊池のスーパープレイもありました。 広島 4x - 3 横浜一転
  7. 野手再編成。
  8. ジョンソン復帰を九里が締める。 え?九里? 広島 12-3 楽天
  9. 緊急事態にYDK。ここでの抹消は本人が一番悔しい。 広島 3-0 横浜
  10. 自作自演が過ぎた2勝目。 広島 7-1 阪神

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss