二つの歓喜をもう一度!

主にカープ、時々アントラーズのことを書きます。 2016年、カープは25年ぶりにリーグ制覇を成し遂げました。 アントラーズはあわや世界一に迫りました。 あれだけの歓喜は最低25年はこないことになりますが、 それ同等のダブル歓喜をまた期待して今日も観戦します。

bakabon2234

  • 昨日のページビュー:4747
  • 累計のページビュー:2736732
  • (09月24日現在)

最新の記事

薮田が15勝目で、タイトル獲得へ前進。 残塁1の3得点で勝利。広島 3-2 巨人

今日で今季のレギュラーシーズン巨人戦終了。 結果、18勝7敗の大差で終えました。 巨人が広島に年間7勝しか出来なかったのも、18敗もしたのも初めてだそうです。 さて、試合は丸がお得意様畠から先制弾。 追いつかれた直後の4回にはノーウト1.2塁からしっかり打線が機能して2得点。 これ以外、カープは四球でのランナーが一人、 そのランナーも併殺打で消えてしまい、 終わってみれば3安打ながら3得点で勝利を......続きを読む»

先発4枠目は中村で決定か? 広島 5-0 巨人

面白いほどマイコラスはカープに勝てません。 CSで対戦する際、ぶつけるかどうかは悩まないといけないほど相性悪いですね。 今日も初回から自らの暴投で先取点をくれました。 気負うものがあるんですかね、ここまで結果が出ない相手だと。 試合ですが、中村が今日も好投。 ノーアウト1・2塁から併殺の間に3進された場面はありましたが、 7回を被安打3の好投でシーズン5勝目。14登板での数字です。 マツダに関して......続きを読む»

始まったサバイバル、本日アピール成功者なし。 広島 5-7 阪神

優勝後、6選手の入れ替えがあり、 いよいよ、日本一へ登りつめるために、戦力分析が始まります。 レギュラー組じゃない選手は、数少ない起用に応えないと、 CSそして日本シリーズへの出場が叶いません。 初回、いきなり2本のアーチであっさり5得点。 これで優勝報告の地元凱旋試合は勝てるはずだったんですが、 阪神戦は本当にあっさり追いつかれますね。 この5得点も、今月の月間MVPへひた走る松山と、 長打力は......続きを読む»

遂に連覇達成。 広島 3-2 阪神

長かった一週間、遂に二度目の連覇を達成しました。 巨人以外で2回目の連覇を経験するのはカープが初だそうです。 去年は泣いていたカープ坊やも、なんか今年はポップな感じです。 人生二度目の甲子園でした。 前回は8年位前?の9月? まだまだ外野席は直射日光がきつく、 二桁失点の悲劇を目撃した記憶しかありませんでしたが、 連覇を見届けた場所という、いいイメージが付きました。 毎回の得点圏を活かしきれず苦......続きを読む»

本当は今日決めないとダメだったよね。でも、忘れて甲子園へ行こう。 広島 4-5 ヤクルト

今日は朝からタブレットと睨めっこ。 某懐かしのゲーム機の予約に始まり(10分ほどで玉砕)、 以降はひたすら広島の天気チェック。 最初は雨天中止間違いないだろうとの見込みでしたが、 どうやら前線と台風の隙間にすっぽりはまる予想らしい。 で、自分の中で試合決行を確信したのが12時過ぎ。 この段階で急いで広島に向かってもスタジアム着は17:20くらい。 最悪胴上げすら終わって、監督のおめでとうございまーす......続きを読む»

今日の連覇は持ち越し。いよいよM1。広島 5-4 横浜

カープはジョンソン、巨人は菅野。 順当なら高確率で今日優勝。 立ち上がりは悪くなく、2回も芯では捉えらていなかったかなと。 で、アンパンチにバティスタのタイムリーで先制。 楽に試合を運べると思ったんですがね。 4回以降は立ち直り、6回を3失点。 7回まで続投で良かったんじゃないのかな? 変わった一岡はいきなりのスリーベースでは1失点はやむ無し。 さりに8回には今村がノーアウト満塁の絶対絶命状態。......続きを読む»

いよいよ明日、連覇が決まるのか? 猛打爆発でM2。 広島 12-4 横浜

初回から打者一巡の6得点。 ここで試合を決めたと思いましたが、じわりじわりと追い縋られ、 気付けばたったの2点差。横浜相手に2点差はないも同然。 中村は初回、3回、と3連打をくらいました。 それでよく3点で済んだな、と言った所でした。 リリーフの九里も3連打で4点目を奪われ、嫌な雰囲気になりましたが、 その流れを一変させたのは6回の、本日2度目のビッグイニング。 バティが出塁し、田中が見事なプッシ......続きを読む»

ちょっと小休止。負け自体は構わないんですが・・・・、M4に。 広島 1-3 横浜

シーズン2度目の二桁連勝、流石に簡単に出来る記録ではありません。 しかし、ノムスケが先発だったので、夢は見ました。 結果は5回3失点で、今日は打線がひっかり返せず、 ノムスケのシーズン二桁も連勝の二桁も達成できませんでした。 ノムスケは前回の阪神に続いて打たれてしまいました。 失点は2回だけ、ピンチは3回もありましたが、 そこを凌いで4・5回はいつも通りに抑えました。 らしいと言えばらしいのかもし......続きを読む»

止まらぬ松山と連勝、9連勝でM5、いよいよ指折りです。 広島 4-3 中日

阪神の結果を見届けてのエントリーです。 広島はグーで、阪神をチョキ、横浜はパーですね。 直近のホームでの対決です。いずれも3タテで、うち2試合以上はサヨナラ。 どこもホームで劇的に勝ち、ビジターで劇的に負けています。 観ているだけなんですが、非常に微妙な感じです。 個人的に巨人はBクラスでいてほしい(CS連続出場をとだえさせたい)ので、 今日は横浜の勝ちでいいやと思ってみたり、 どうせなら木曜に優......続きを読む»

3連勝で首位キープ。鹿島 1-0 大宮

ここ数年、ちょっと分が悪くなっていた大宮ですが、 今日は金崎の得点を守りきり、3連勝を飾りました。 が、降格圏に沈む大宮が相手でしたので、 もう少し圧倒する内容を期待したんですけどね。 前半、鹿島の右サイドに縦パスが入り、 相手の外国人選手と植田の見応え十分のマッチアップが数回。 はて?右サイドの伊東はどこに? 伊東がサイドで守備をしている姿を見た記憶がありません。 完封勝ちは納めましたが、大......続きを読む»

岡田と岩ちゃんと松山と8連勝。 広島 9-5 中日

久々に月間負け越しが決まった8月31日、 あの時、この8連勝を予見できた人っていませんよね。 阪神に尻尾を見せかけているのかと思いきや、 見えそうな時に一気に突き放しました。 高速道路で、目の前にスーパーカーが走ってて、 ちょっとゆっくりになったから近づいて見ようと思ったら、 国産車では出ないようなスピードで消えて行った感じじゃないでしょうか? 例えがわかりづらいかな。 岡田はこのままシーズン終......続きを読む»

薮田は凄いなあ。 9月は7連勝でM7に。 広島 3-0 中日

薮田は凄いなあ。予告通り、来季のユニは薮田で買います。 勿論3万円のプロ仕様モデルを。優勝エンブレム付きますので。 薮田は言うことなし。3度のピンチも動じず、 終わってみれば自身2度目の完封劇。 苦手ナゴヤでの、チーム連敗を5で止めました。 薮田自身の、ビジターでの先発は無敗というデータが、 チーム全体の鬼門というデータにまさりました。 打つ方も、なかなかスコアが動かない中、菊池の見事なHRで先......続きを読む»

カープの強さが際立った3連戦、最高の3連勝でM8。 広島 6-4 阪神

昨日が赤松の誕生日だった、試合前にカレンダーで確かめましたが、 試合終了後は忘れてました。 で、翼がウイニングボールを赤松に届けたというハートフルな話が聞こえてきました。 まさにチーム一丸、一体感のあるチームです。そりゃ強いですよね。 あの天候と雨雲の動き予報から判断すれば、 試合開始を遅らせればよかったのではないのでしょうか? 雨の中で難しいマウンドになった分、ジョンソンに同情の余地はあります......続きを読む»

チーム一丸で連夜のサヨナラ勝ち。気付けば5連勝でM10。 広島 4x-3 阪神

中村は良く投げました。7回2失点。 若鯉の躍動ですから、勝ちをつけてあげたいですよね。 しかし、7回までカープは無得点。 松山の当りが同点HRだったらなあ、と。 ここで、自分がルールを勘違いしていたことが一つ。 ポールと同じで、黄色い部分へのあたりはHRなんだと思ってました。 あそこに当たってフェアゾーンに跳ね返るとインプレーなんですね。 8回にはブレイシアが炎上寸前ながらなんとか1失点。 見て......続きを読む»

松山のボーンヘッドを帳消しにした野間の走塁も福留のHRで絶対絶命。最後は劇的サヨナラ2ランで首位攻防第1戦に勝利。M12! 広島 8x-7 阪神

雨の中幕を開けた首位攻防戦。ちょっと投手にはきつい天候でした。 初回、ノムスケは三者凡退。 逆にカープは絶好調4番松山が初球をライトポール際に運びあっさり2得点。 楽な試合になると思って見ていました。 しかし、2回以降、ノムスケが一変。 よくなる気配がない中、菊池の守備力も助けにならずあっさり逆転。 ただ、すぐに打線が逆転はしてくれましたが、それでも立ち直らず。 5回5失点、これがノムスケの精一杯......続きを読む»

バッテリーの大活躍で神宮3連勝。ちょっと余裕をもって首位攻防へ。 広島 9-2 ヤクルト

決して岡田の調子は良いようには見えませんでした。 が、なんとかゲームを作って6回を2失点。 球数としては余裕がありましたが、 点差もあってか?6回でマウンドを降りました。 以降は一岡、ジャクソン、ブレイシアのリレー。 6点差で一岡は必要ありますかね? そろそろベンチで空気となっている佐藤の出番があっていいと思うんですが。 確かに大差の負けはありませんが、6点差でも起用されない佐藤って・・・。 これ......続きを読む»

明暗を分けたレフトフェンス。今日も4番松山の活躍で連勝。 広島 3-1 ヤクルト

急遽神宮で生観戦。 諸事情で球場敷地内には試合開始前に着いていましたが、 球場に入ったのは2回から。 薮田は毎回ランナー、しかもやたらと先頭を出す苦しいようなピッチング。 が、毎回毎回得点圏にランナーをすすめるも、三塁は踏ませず。 それが出来るなら先頭打者からやってくれよ。 毎回毎回そこそこ球数がかかり、6回で110球越え。 しかも、6回は明らかにコントロールに苦しんでいたので、 当然6回で降板で......続きを読む»

1つのアウト部分以外は会心のゲームだったかと。 広島 3-2 ヤクルト

正直投げて見ないとまだ分からないジョンソン。 今日も3回までは1アウトで得点圏にランナーのいる苦しい立ち上がりでした。 しかし、いずれも無失点に抑えると、4回から7回は別人の完璧投球。 去年までのジョンソンで、チームに流れを持ってきます。 カープもチャンスは作りながらも中々得点が奪えませんでしたが、 6回に1ヒットと犠打・犠飛で1点を何んとか先制。 すると7回には昨日まさかの代打を送られた菊池が奮......続きを読む»

割り切ろう、面白くなってきたじゃないか。都合16ヶ月ぶりの月間負け越し。 広島 1-3 巨人

今年も去年同様あっさり優勝してしまうのではと、 つい1ヶ月前まで楽観視してました。 しかし、今月は都合16ヶ月ぶりの月間負け越し。悪夢の開幕直後大型連敗を喫した、 2015年の3・4月以来の負け越しですよ。 田口は本当に打てませんね。田口相手に3点先制されてはちょっと厳しい。 中村もいつも通りの投球でしたが、紙一重の四球二つで溜めたランナーを亀井に返された、 この場面だけが悔やまれます。 ベンチで......続きを読む»

自分の目を疑った8回表のベンチ前。 広島4-6 巨人

ピリッとしなさ過ぎる大瀬良。遂に、次回登板が白紙にまでなりました。 一度中継ぎに降格となるのでしょうか。 岡田もオールスター前に考えるという話が出ましたが、 結局抹消は登板間隔の理由だけでしたから、どうなることやら。 試合は初回に先制しました。これをどうにか守ろうとしていただかないと。 2回は1アウト満塁で投手にタイムリーを打たれたり、 サードゴロで併殺を狙ったら悪送球で併殺に取れなかったりと、 ......続きを読む»

相性で片付くのかな?内容は負けだと思うけど。 M18 広島2-1 巨人

今季まだ負けていない東京ドーム。 そもそもカープに勝てないマイコラス。 この2つを並べると、カープが有利なんでしょうけど、 でも、いつかは連勝は止まりますし、マイコラスは今日勝てば月間MVP確実。 チーム状態がそこまでカープが良くないことを考えると、 どうかな、という試合でした。 ノムスケは巨人にあまり打たれていないので、ある程度の投手戦は想定されました。 が、ノムスケがピリッとしない。 初回だけ......続きを読む»

折角の流れを断ち切るなよ、初回に。M19。 広島 5-6 中日

意気揚々と狙った、3連勝。 初回の、しかもツーアウトからの連打でいきなり試合を苦しくしては。 ブラッドが2ラン打ってもその後もまた離されてしまいました。 初回の2ランなんかど真ん中の完全な失投でしたし、 とても2桁勝っているとは思えない内容でした。 中々リズムに乗れないカープでしたが、流れを変えてくれたのは菊池の守備。 地味ですが、好判断の光る守備2連発。 7回は無失点で九里は切り抜けましたが、......続きを読む»

逆転ではないけど、遂に出た広輔の満塁ホームラン。M20に。 広島 6-2 中日

9時前にはスタジアムを出ないといけない日に、 8時半前に試合が終わるという奇跡。 今日は年に1回の縁日シリーズ。 満塁ホームラン見届けて席を立ち、つぎに戻った時は 7回表の三振ゲッツーでしたよ。 それでも、たまたま少し見てたときに四球、 次打者もスリーボールからカウントを取りに行った球を 見事にスタンドイン。ちょっとだけ心配になりました。 半分近く見れてませんが、安打はほとんど見れました。 両......続きを読む»

最良の薬=チーム一丸での完勝でM21再々点灯。 広島 9-1 中日

やはり、広島という絶対的な場所があるのは違います。 信じられない3連敗を喫しましたが、喫した場所は横浜にとって絶対的な場所。 考えようによっては割り切れる場所でした。 ただし、本当に割り切れるのかどうかは今日の試合次第。 マジック同様2度抹消されたジョンソンに命運を託します。 今季、ジョンソンが完ぺきな投球をしたのはオールスター前に1度だけ。 投げて見ないとわからないジョンソンでしたが、先頭打者を......続きを読む»

二度あることは三度ある。マジック消滅の3連敗。 広島 4-5x 横浜

負の連鎖はどこで切れるのだろうか。 中村は良く投げました。7回3失点は及第点です。 多分リリーフが盤石なら6回2失点だったと思いますが、 チーム事情が7回続投とさせてしまいました。 打つ方はどういうメンバーかと思いましたが、 新井さん、ブラッド、松山の併用。 少なくとも、新井さんは元々4番だった働きで、 誠也不在を感じさせない働きをしました。 しかし、8回に一岡が先頭打者を出したことが響き1失点......続きを読む»

悪夢は終わらない、むしろ酷くなっている。広島 6-7x 横浜

すでに書きましたが、誠也が離脱しました。 試合途中、松葉杖で球場を後にした模様です。 本人は大丈夫と言っているようですので、軽傷を期待しましょう。 その後、今までありがとうと言って去ったようですが、 前田が似たようなことを言っていたような。 2回までに5-0、今日こそ勝ったと思いましたが、 誠也の負傷離脱で流れが一変。 小刻みに点を返され、少しでも点差を広げようとすれば 誠也の代役岩本は得点圏で凡......続きを読む»

緊急事態発生!誠也は大丈夫か?

初回からかっ飛ばし、打点王へ突き進む誠也。 2回裏にファンプレーで魅せました。 が、立ち上がれない、まさかの担架投入。 ここ2年、本当に困る主力の長期離脱が少なかったのが首位の要因ですが、 まさかそれが誠也に起こるとは。 まだ詳細は不明ですが、長期離脱にならないことを祈るほかないです。 代わりの右翼手思い浮かびませんが、野間ですかね? 連覇に向け、最大の試練が訪れました。 今からハマスタに行......続きを読む»

信じられない幕切れ。クリーンナップ3連発。 広島 5-6x横浜

参った。まさかのクリーンナップ3連発。 球数、内容、そして少しでもリリーフを休ませたい、 全ての面でノムスケ続投は必然だったと思います。 強いていえば、8回に嶺井に打たれたことで、3点差になった時、 今村の起用を考えてもよくなったかな、というくらい。 前述の通り、今日はノムスケ続投で良かったと思うし、 筒香に特大2ランを打たれた段階での降板も必然でしょう。 悔やまれるのは今村ですね。 ロペスの際......続きを読む»

点差の信用出来ない阪神戦とヤクルト戦。 広島 6x-5 ヤクルト

阪神戦でカープが大量リードをしていても追いつかれます。 逆にヤクルト戦では、大量リードを追いつくことが出来ます。 この2カードは点差が信用出来ませんね。 岡田はそれなりの投球でしたが、悔やむべきはやはり満塁アーチ。 貯めたランナー二人が連続の四球だったのが勿体無い。 それでも、台所事情が厳しい中、7イニングは投げきり、 この満塁アーチ以外は試合を作ったことは大きかったです。 7回終わって1-5。......続きを読む»

山田の満塁アーチにやられました。M25変わらず。 広島 0-5 ヤクルト

薮田に、前回同様のピッチングを期待しましたが、 残念ながら今日は無失点には抑えられませんでした。 両投手ともまずまずの立ち上がりを見せた4回、 まず薮田が連打でピンチを招きましたが、併殺とゴロで難なく切り抜けました。 なんか、今の薮田だと、ノーアウト1・2塁でも そこまでやばいという感じがしないんですよね。 きっと抑えてくれるだろうとい風に見ていられました。 その裏、先頭の菊池がレフト線を破るツ......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

このブログの記事ランキング

  1. セリーグのベストナインとMVPと新人王予想。
  2. カープの戦力外予想。~投手編~
  3. 中田に勝ちを付けてあげたっか。しかし、そのバカヤローの矛先はいかに? 広島 14-3 阪神
  4. 禁じ手解禁?でソフトバンク3連戦イーブン。 広島 2x - 1 ソフトバンク
  5. 世の中そんなに甘くない。 いい夢見れたけどね。 広島 12-1 中日
  6. どう考えても負け試合でしょ? 広島 10 - 7 中日
  7. 今日の敗因は誠也。 を帳消しにした9回の連打。菊池のスーパープレイもありました。 広島 4x - 3 横浜
  8. ジョンソン復帰を九里が締める。 え?九里? 広島 12-3 楽天
  9. 野手再編成。
  10. 緊急事態にYDK。ここでの抹消は本人が一番悔しい。 広島 3-0 横浜

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss