二つの歓喜をもう一度!

主にカープ、時々アントラーズのことを書きます。 2016年、カープは25年ぶりにリーグ制覇を成し遂げました。 アントラーズはあわや世界一に迫りました。 あれだけの歓喜は最低25年はこないことになりますが、 それ同等のダブル歓喜をまた期待して今日も観戦します。

bakabon2234

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:3035218
  • (01月18日現在)

最新の記事

最終投稿、カープ編。これで本当の最後です。

いよいよここでの最終投稿です。 すでに2本立てのアントラーズ編は書いたので、本当の本当の最後です (ここから) 移転の予定はないので、これでブログは終わりのつもりです。 初めてブログを始めたのは2007の冬で、転々としながら3か所目となりました。 最初はアントラーズのことだけを書いていましたが、 途中からカープのことも書くようになりました。 2016、スポーツ観戦史上最大の歓喜の年となりました......続きを読む»

最終投稿、アントラーズ編。

いよいよここでの最終投稿です。 移転の予定はないので、これでブログは終わりのつもりです。 初めてブログを始めたのは2007の冬で、転々としながら3か所目となりました。 最初はアントラーズのことだけを書いていましたが、 途中からカープのことも書くようになりました。 2016、スポーツ観戦史上最大の歓喜の年となりました。 カープは25年ぶりにリーグを制し、日本シリーズにも出ました。 アントラーズは棚......続きを読む»

連覇か、初タイトルか。2017、J1最終節。今までにない嫌な予感。

いよいよ日付変わった本日、2017、J1の覇者が決まります。 そして、勝者と敗者の間には、今年は栄冠以外にも 3年かけて5億円以上の分配金差が出ます。 さて、いまさらですが、川崎逆転優勝の条件をおさらいします。 まず、川崎は勝利が唯一の逆転優勝条件。 この時に、鹿島が勝たなければ川崎の初タイトルが決定します。 逆に、川崎が引き分け以下もしくは鹿島が勝利で鹿島の逃げ切りになります。 いつもならな......続きを読む»

2007年以来のホームでタイトル獲得ならず。柏戦はスコアレスドロー。しかし、リーグ全体で微妙なハンド見逃し判定が続きますね。

昨晩の出来事には触れません、鹿島には関係ないので。 で、久々に、ホームでのタイトル獲得を信じて疑わなかった一戦。 セレモニーを見届けるには最高の位置での観戦でしたが、 残念ながら期待した結末は待っていませんでした。 前半は縦パス一本で左サイドを破られるシーンが目につきましたが、 後半はそのシーンは皆無、立て直しましたね。 攻めは前半のレアンドロ、後半の昌子の バーを叩いたヘディング、レアンドロの......続きを読む»

日韓戦を見てて戻ってきた2016.9.10の記憶。あの位置でのオーバーリアクション。

基本、感情移入が出来ないので、代表戦はあまり見ません。 それ以上に見るもののない日曜夕方、ならばと見ていました。 主に西川しか見ていませんので、試合内容そのものは割愛。 ただ、西川はこのレベルだと別格かな、と思ってしまいまいました。 セカンドライナーも捉えたあたりでしたしね。 リップサービスとは言え、菅野に天才と言わせた瞬間にホームランを打つあたりも持ってますね。 守備はまだまだ不安な部分を今日も......続きを読む»

大方の予想通り、ベストナイン発表。2年連続5人選出の偉業達成。ついでに新人王とMVP予想。

ゴールデングラブ賞、見事に予想を的中させました。 いくつか予想されたものを拝見しましたが、完全一致はなかなかなく、 審査員の傾向を見事に読み切れたのでは?(特にサード鳥谷)と自負していたりします。 その勢いそのまま?に、ベストナインも予想しようと思っていたら、 発表日を間違えており発表されてしまいました。 予想をすると、全員あのまんまだったわけですが、一応予想の体で自分の考えを書いてみようと思いま......続きを読む»

セリーグ、2017、ゴールデングラブ賞予想

2017、三井ゴールデングラブ上の発表がいよいよ11月8日に迫ってきました。 (11月9日でした、訂正します。) ちょっとだけカープの選手を贔屓目に、今年の予想をしてみようと思います。 まず投手。有資格者は36人ですが、ほぼ議論の余地がありません。まったく喜べませんが菅野でしょう。 次に捕手。有資格者は7人で、カープだけ二人です。 このポジションが多分一番難しく、票が割れますね。 會澤、小林、中......続きを読む»

CS敗退後から今日までのことで言いたいことをだらだらと。

CS敗退が決定し、9日間ほぼ予定を空けていたため、空虚な日々を過ごしていました。 見まい見まいと決めていた日本シリーズも、やっぱりついつい見てしまいました。 流し見で、毎日夜9時からとかで、しっかりは見ませんでしたけどね。 で、言いたいこと、思ったことをダラダラと書き綴っていきます。 ・優勝の意味とは 今回、カープはレギュラーシーズンで勝率が1割も違うチームに日本シリーズへの出場権を奪われました......続きを読む»

ベイスターズが19年ぶりに日本シリーズ進出、マツダで4連勝締め。 広島 3-9 横浜

初戦を勝利で飾り、アドバンテージも含め2勝。 マツダで開催していることを考えれば、日本シリーズ進出は時間の問題だと思ってました。 しかし、ノムスケで負けてしまい、ジョンソンも1失点ながら無得点で連敗。 失った流れを取り戻せることなく、まさかの4連敗で今シーズンが終了しました。 全体的な流れは去年の日本シリーズの再現のようでした。 最終戦が徐々に引き離され、絶望的な展開に進んで行ったことも含めて。 ......続きを読む»

絶体絶命、奇跡は起こるのか? 広島 2-6(5回途中) 横浜

初回に鮮やかに先制、昨日は喜びましたが、 昨日の二の舞にななるまいと、ドキドキしながら観戦継続。 そしたら次々に横浜が加点。 筒香のトドメに近い2ランがバックスクリーンに突き刺さり、4点差。 ほぼ体勢が決してしまっています。 大瀬良、泣いちゃダメだ、泣くならベンチ裏に下がりなさい。 しかし、攻撃はまだ5イニング残ってます。 まだ可能性は残されています。 意地を見せてくれ! ...続きを読む»

初回に流れをかえたんじゃないんですか? ☆☆ 広島 3-4 横浜 ☆☆☆

2日試合が流れ、初回に3得点。 打線も繋がり、流れが変わったと思ったのもつかの間、 筒香に反撃の狼煙を食らうと、5回には一気に3得点で逆転。 しかし、6回にはノーアウト満塁の大チャンス。 どう考えても1点さえ取れば良い場面で、なんと無得点。 岩本、小窪が連続三振、ボールを前に飛ばせません。 併殺打でも1点が入ればOK,そんな野球をしてきたんじゃなかったでしたっけ? 9回の代打天谷といい、この代打......続きを読む»

見応えのある好ゲーム。 鹿島 2-3 横浜

試合としては見応えのある良いゲームでした。 が、あくまでもサッカーをエンターテイメントとして楽しむ場合の話。 ファンとしては勝利に勝るもにはないので、悔しい敗戦でした。 立ち上がり久々出場の伊藤にあっさりヘディングを決められ失点。 これは仕方ないにしても、痛かったのは植田のミス。 イージーな場面のバックパスからの失点。 これが大きく試合を難しくしてしまったのは疑いの余地がありません。 そこからの......続きを読む»

これで追い込まれたのは間違いなくカープですね。 ☆☆ 広島 0-1 横浜 ☆☆

昨日と今日、今季の投手の相性で考えれば、 まさか連敗するとは思ってもみませんでした。 ジョンソンが良くない中、なんとか粘って5回1失点で試合は作りました。 昨日も今日も、投手に打たれて主導権を握られているのも問題ではありますが。 しかし、それ以上に打線がチグハグ。 あえて松山を5番に下げてまでジグザグ打線にしたかったのでしょうか? 短期決戦で、うまくいかない時、動くべきか、 動かずにシーズンの形......続きを読む»

ノムスケが踏ん張れず、王手は持ち越し。 ☆☆広島 2-6 横浜☆

カープ戦では好投しながら後半に捕まり、 結局勝てない濱口と、ノムスケとの投げ合い。 自分の中での星勘定は勝ちだったんですが、やはり甘くないですね。 ノムスケはいい時ならここだけは抑えないといけない、 という場面はある程度抑えられるんですが、 今日に関してはダメでしたね。 決して打線も濱口攻略の糸口がなかったわけではありませんが、 4回の同点機で追いつけず。 それでも西川がしぶとくレフト前に落とし......続きを読む»

雨に振り回されるCS。 まずはカープが先勝し、トータル2勝。 広島 3(5回雨天コールド)0 横浜

まず今日の試合に行く前に2つ。 1つは松山のMVP。 誠也離脱の危機を、彼一人が振り払ってくれたような大活躍でした。 9月半ばにはもう松山で間違いない!という気持ちになっていましたが、 レギュラーシーズンが終わり、カープの公式戦がなくなったことで ちょっと頭からいなくなってしまっていました。 文句なしの月間MVPです。 もう一つは世間で騒がれた、甲子園での試合の是非。 日程的な問題は再考の余地があ......続きを読む»

ベテランの去就(梵・永川)と戦力外(3+1)とコーチ退団(タクローと河田コーチ)情報のまとめ。

秋らしい情報が沢山出た1週間でした。 自分のメモに近い振り返りを。 (書いた時点で支配下登録人数を間違っていたようです。今季は69人でした。) まずベテランの去就。 驚いた人、驚かなかった人、様々居たようなのが梵の自主退団。 地元出身ですし、暗黒期の功労者。勝手にカープで終えてコーチになると思っていました。 ところが、選んだ答えは他球団での現役続行を目指す、というもの。 もちろん納得のいくまで、......続きを読む»

一足先にファームが日本一。 ファーム日本選手権:広島 5-2 巨人

カープの試合はよく見ますが、二軍戦となるとさっぱり。 しかし、今日は26年ぶり2度目のウエスタンを制覇したカープが、 初のチャンピオンの座をかけて、日本選手権を戦う日。 そういう試合なら見ようじゃないかと、J SPORTSを録画して観戦。 しっかり全部は見ていませんが、ざっと流してみた感想。 まず、金曜に登録選手数の違いにびっくり。 巨人は既定の条件を満たしている選手全員を登録したんですかね? ......続きを読む»

タイトルを最優先しないラミレス監督に感謝。

今日で横浜も最終戦。 3位を確保した横浜は、筒香の最高出塁率とロペスの最多安打をほぼ手にしていました。 ロペスに関しては2試合残して丸とタイ、2試合で1安打打てば単独での獲得。 が、昨日、筒香はフル出場をし、4打数1安打で率を下げ、田中に抜かれる結果となりました。 筒香は全試合出場はしていないので、第1打席の安打の後は、 3度打席に立たせずに交代させる手もあったはずなのに。 で、本日筒香は第1打......続きを読む»

カープの戦力外予想。~2017:野手編~

投手に続いて野手も予想してみます。 去年は中村亘、松浦、上本、木村、中東、岩本、高橋大  の7人とあほな予想をしています。 まず当たらない低レベルな予想と思ってください。 実際に戦力外となったのは中東だけです。 投手は現在の33人が30人と予想しました。 支配下登録を68人、ドラフトで6人と仮定すると、支配下選手を32人にする必要があります。 育成契約3年目松浦は多分契約満了で、木村はそこそこで......続きを読む»

カープの戦力外予想。~2017:投手編~

今週中に第1次戦力外通告の発表があると思われます。 今年はどうなるのか、自分なりの予想をしてみようと思います。 ちなみに、去年は西原、今井、江草、小野、久本、佐藤の6人を予想しました。 実際には西原と久本だけでした。まあ、当たるわけありませんが、勝手に予想。 去年はこの段階でフェニックスリーグのメンバー発表があり、 その人たちは除外できるはずという前提がありましたが、今年はありません。 で、ま......続きを読む»

最後の最後でこの試合かぁ。 広島 7-13 横浜

広島対横浜にふさわしい、ノーガードの殴り合いの試合になりました。 数年前まで、浜スタでこういう試合はカープのものだったんですが、 最近は負けてしまいますね。 で、CSのローテ入りをかけて登板したはずの岡田、最悪の出来でした。 打たれた球はど真ん中だったり、高めに抜けた失投だったり。 打った相手を褒めるようなものではなく、打たれるべくして打たれた球でした。 打線はよく4点差を一時期は逆転しましたが......続きを読む»

勝敗は二の次、調整試合のはずが、収穫の多い試合に。 広島 5-1 横浜

見ているものはレギュラーシーズンではないので、 既に勝利は二の次となっているカープです。 今日に関してはジョンソンの状態を見るのが最大のポイントでしたが、 文句なしの投球。 出会い頭の一発をくらいましたが、それだけでした。 シーズン真っ只中なら間違いなく5回降板はなかったはずです。 しかも、石原抹消中で多分翼がマスクは初ですよね? バレの脳震盪事件の時に一回ありましたっけ? 翼でも問題ないことを証明......続きを読む»

薮田の初タイトル確定。

昨日の公示を見ていませんでした。 今日見たら、薮田が抹消になっていましたね。 これで薮田の最高勝率タイトルが確定しました。 田口があと2勝でタイ、3勝で逆転できますが、どちらも現実的ではなく、 あり得たとしても同率までですからね。 結局、菅野が勝って最多勝の可能性が消えたことと、 田口が勝って薮田に負けが付くとタイトルがなくなることが決め手なんでしょう。 推測ですが、ここまで頑張ったんですから、タ......続きを読む»

ホーム最終戦で大瀬良が10勝目。 広島 3-1 ヤクルト

ラストチャンスで、大瀬良がしっかり投げ、 規定投球回に到達し10勝目を挙げました。 初回以外は毎回走者を出しましたが、 三振にしろ内野ゴロにしろ、欲しいところで欲しいアウトが取れたのが勝因ですかね。 他の投手も起用したいし、5回投げて勝利投手の権利があれば 規定投球回にも達するので、長くて6回だと思ってましたが、 7回まで投げましたね。 その7回で一発をくらいましたが、これを首脳陣はどう捉えるんで......続きを読む»

残り2枠の先発と、一岡の抹消と、あの2人の進退と。

明日の予告先発は大瀬良です。 これで、カープに残ったレギュラーシーズンの先発枠は二つ。 一枠はジョンソンのようですので、残りは一つです。 今日、菅野が17勝目を挙げました。 これで実質薮田の最多勝は無くなりました。 もしもう一つ投げて、敗戦投手になってしまうと、 手にしている最高勝率のタイトルを逃すことになるので、 薮田はもう投げなくていいと思います。 すると、ノムスケが二桁のラストチャンスを掴む......続きを読む»

ロスタイムの逆転劇で、2位と勝ち点差8。 鹿島 2-1 G大阪

まず先制点を奪われた場面について。 色々な意見があると思いますが、自分はソガのミスだと思っている側です。 確かにあの状況でシュート打ってくることは想定外だったかもしれません。 でも、コースとしては防いで当然のコースだったと思います。 昌子もしっかりついており、あのコース以外では決まる場所はなかったと思います。 打ったほうをほめるべきだというのも認めつつ、ソガだからこそ、あれは防いでほしかったです。 ......続きを読む»

敢えて作った負け試合。 広島 2-3x 中日

阪神、横浜、巨人は熾烈なCSへの戦いを繰り広げています。 ならば、その3チームに対しては平等に全力で向かうのが筋なんでしょう。 逆に、中日やヤクルトは順位がほぼ確定している状況ですので、 どんな選手起用であっても問題ないのかなと。 で、出てきたのが今日の打順。遂に松山さえ休養が与えられ、 メヒア、小窪、西川に内野陣。 完全に勝敗度外視の戦力見極めになっています。 そんな中、ノムスケの二桁勝利もか......続きを読む»

薮田が15勝目で、タイトル獲得へ前進。 残塁1の3得点で勝利。広島 3-2 巨人

今日で今季のレギュラーシーズン巨人戦終了。 結果、18勝7敗の大差で終えました。 巨人が広島に年間7勝しか出来なかったのも、18敗もしたのも初めてだそうです。 さて、試合は丸がお得意様畠から先制弾。 追いつかれた直後の4回にはノーウト1.2塁からしっかり打線が機能して2得点。 これ以外、カープは四球でのランナーが一人、 そのランナーも併殺打で消えてしまい、 終わってみれば3安打ながら3得点で勝利を......続きを読む»

先発4枠目は中村で決定か? 広島 5-0 巨人

面白いほどマイコラスはカープに勝てません。 CSで対戦する際、ぶつけるかどうかは悩まないといけないほど相性悪いですね。 今日も初回から自らの暴投で先取点をくれました。 気負うものがあるんですかね、ここまで結果が出ない相手だと。 試合ですが、中村が今日も好投。 ノーアウト1・2塁から併殺の間に3進された場面はありましたが、 7回を被安打3の好投でシーズン5勝目。14登板での数字です。 マツダに関して......続きを読む»

始まったサバイバル、本日アピール成功者なし。 広島 5-7 阪神

優勝後、6選手の入れ替えがあり、 いよいよ、日本一へ登りつめるために、戦力分析が始まります。 レギュラー組じゃない選手は、数少ない起用に応えないと、 CSそして日本シリーズへの出場が叶いません。 初回、いきなり2本のアーチであっさり5得点。 これで優勝報告の地元凱旋試合は勝てるはずだったんですが、 阪神戦は本当にあっさり追いつかれますね。 この5得点も、今月の月間MVPへひた走る松山と、 長打力は......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 12 13

このブログの記事ランキング

  1. セリーグのベストナインとMVPと新人王予想。
  2. カープの戦力外予想。~投手編~
  3. 中田に勝ちを付けてあげたっか。しかし、そのバカヤローの矛先はいかに? 広島 14-3 阪神
  4. ベテランの去就(梵・永川)と戦力外(3+1)とコーチ退団(タクローと河田コーチ)情報のまとめ。
  5. カープの戦力外予想。~2017:投手編~
  6. カープの戦力外予想。~2017:野手編~
  7. 禁じ手解禁?でソフトバンク3連戦イーブン。 広島 2x - 1 ソフトバンク
  8. 世の中そんなに甘くない。 いい夢見れたけどね。 広島 12-1 中日
  9. どう考えても負け試合でしょ? 広島 10 - 7 中日
  10. 今日の敗因は誠也。 を帳消しにした9回の連打。菊池のスーパープレイもありました。 広島 4x - 3 横浜

このブログを検索

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss