競馬は世界中で行われている

2017 凱旋門賞全頭解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

 もはや日本馬が出走表に名を連ねるのが当たり前となっている凱旋門賞に、今年はサトノダイヤモンドが参戦。相変わらずこのレースが日本競馬の悲願であるようで、まぁそれに関して異論は無い。ここまで来た以上、勝つまでやるしかない。ということで参りましょう、凱旋門賞全頭解説。尚、オッズは例によってウィリアムヒルから現時点でのものを。そして、諸般報道を踏まえて馬場は悪いこと前提。バリードイルが Highland Reel を引っ込めちゃったし、フォレ賞連覇を目指していた Limato もそれを理由に回避しちゃったくらいだからね。

1番18枠 Zarak 18/1

 女傑 Zarkava の息子として、デビュー前から種牡馬入りは決まっていたようなもんだけど、価値を高める為に10ハロン以下に拘った結果、その路線ではタイトルを獲れず、12ハロンの前走サンクルー大賞でようやくGⅠ初制覇。問題は3ヶ月ぶりの復帰戦ということで、参戦表明も遅かったことを踏まえると、ここは叩き台で照準はBCターフという気がしないでもない。最下位に沈んだイスパーン賞の敗因として、シャンティの馬場を挙げていたのも気になる。仏ダービー2着があるとは言え、4戦未勝利だしね。

2番12枠 Doha Dream 100/1

 昨年のニエル賞3着馬。ということで、名前くらいは憶えている方が居るかもしれない。その後はショードネー賞を制して昨季を終えるも、今季は4戦して勝ち鞍無し。近2走は重賞で連続2着と調子は良さそうだけど、ここでどうこう出来るレベルの馬ではない。

3番11枠 One Foot In Heaven 100/1

 昨年の6着馬で、暮れの香港ヴァーズでは3着と好走した5歳馬。と言っても、上位2頭には7馬身離されたように、このクラスでは明確に力不足だろう。

4番1枠 Ulysses 7/1

 実績最上位の Highland Reel が回避したことで古馬の大将格に。まぁ、それが無くてもアンティポストは同馬より上だったけど。それはさて置き、3歳時から期待された素質が4歳を迎えた今年開花し、エクリプスSとインターナショナルSを制覇。ただ、この距離では実績に乏しく、キングジョージは2着入線も Enable に4馬身半千切られた。当時より斤量差が2kg弱縮まるけど、逆転まではどうかなぁ。昨年のような高速決着になってくれた方が或いは良かったかもしれない。あとは最内枠が吉と出るか凶と出るか。

5番3枠 Cloth Of Stars 33/1

 今春に重賞3連勝でガネー賞を制した4歳馬で、その辺りの事まではフォワ賞の時に書いたから良いとして、そのフォワ賞は1馬身半差2着。距離を意識してゲートをゆっくり出し、直線で脚を伸ばすという「本番は次」と言わんばかりの走らせ方で、内容は悪くなかった。今回はポジションを取りに行くと思うし、実際に行ける。あとは勝ちに行って脚を使えるかだけ。日本でどうなるかは分からないけど、このオッズなら買う価値は充分有り。何より良い枠に入った。馬場は堅すぎる方が寧ろ嫌で、全く気にしなくて良い。

6番16枠 Silverwave 66/1

 フランスに於けるこの路線の一流馬。昨年はサンクルー大賞を勝ち、フォワ賞も勝って挑んだけど13着。因みに一昨年はニエル賞2着から10着。この辺りが超一流じゃない所以。今年はサンクルー大賞2着、フォワ賞5着。上がり目は無いかな。

7番7枠 Idaho 33/1

 Highland Reel の全弟で、同馬をスケールダウンさせた感じ。キングジョージでは先着したけど。3勝全てが堅い馬場というのもよく似ている。高速決着になるようだったら、多少は怖さもあったんだけど、多分ペースメーカー役だろう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フランス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スプリンターズS、各馬短評【レッツゴーKEIBA~競馬の力を伝えたい~】

さすが【ペケマル指数】1位、馬券圏内率75%に復活! 新馬券part11もまあまあ健闘か?※追記アリ※【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

凱旋門賞 2017 出走予定全頭の各馬展望【レースをより楽しむブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconbaikinman

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:264940

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 ベルモントS全頭解説
  2. 2016 ドバイミーティング回顧
  3. 2017 凱旋門賞全頭解説
  4. 2016 クイーンエリザベスⅡ世C 海外有力馬ピックアップ
  5. 2016 ドバイミーティング展望 後編
  6. 2016 スーパーサタデー展望
  7. 2016 スーパーサタデー回顧
  8. Beholder 女王様は今季もご健在であそばせます
  9. 2017 フォワ賞全頭解説
  10. Werther 世代の壁を容易くぶち抜いた破壊的末脚

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
2016
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss