競馬は世界中で行われている

2017 フォワ賞全頭解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1週前の段階では20頭くらい登録があったんだけど、蓋を開けてみたら6頭立て。まぁ、こんなもんです。昨年は4頭しか居なかったし、近10年で一番多かった年でも9頭。それが2013年で、つまりはオルフェーヴルが連覇した年なんだけど、これ程の大本命馬が居て、寧ろよく出てきたなと今さらながら思う。それでは馬番順に。尚、オッズはウィリアムヒルから現時点のものを拝借。

1番5枠 Cloth Of Stars 10/3

 今春に重賞3連勝でガネー賞を制した4歳馬。2歳時からGⅠ戦線に出てきてはいたんだけど、昨年まではもう一歩で、クリテリウムドサンクルー2着、パリ大賞3着。そこで見切りを付けたのが良かったのか、休養から復帰後の充実ぶりは先述の通り。ガネー賞制覇後、陣営から「2400mへ」という話が出たので、てっきりサンクルー大賞かと思ったら、4ヶ月休養してここへ。何処からでも競馬が出来る馬で、抜け出す際の切れ味は上々。それをこの距離でも使えるかが鍵。試金石の一戦だろう。

2番6枠 Talismanic 16/1

 前走のモーリスドヌイユ賞で重賞初制覇を成した4歳馬。同レースは2800mなので、ここは距離を短縮しての一戦だけど、2400mでは決め手不足。2走前のシャンティ大賞では次に紹介する Silverwave にきっちり差し切られた。クビという着差以上の完敗。ここではちょっと足りないかな。でも、Cloth Of Stars と同じゴドルフィンのA.ファーブル厩舎だけど、さすがにラビットってことはないと思う。因みに、同馬との見分け方は超簡単で、この馬は顔が真っ白なのが特徴。帽子も多分こっちが白だろう。

3番2枠 Silverwave 7/2

 昨年の勝ち馬で、同年のサンクルー大賞勝ち。今年の同レースは2着で、良血 Zarak の引き立て役に甘んじた。基本は好位追走から直線で脚を伸ばす堅実派で、本格化した4歳以降、地元では凱旋門賞13着以外崩れていない。因みに一昨年は10着で、見方を変えれば本番では通用しないってこと。昨年や2走前のシャンティ大賞が着差以上の完勝だったように、このクラスでは一枚上で、諸々含めて、サトノダイヤモンドにとっては格好の目標となる存在。

4番4枠 Dschingis Secret 10/1

 ドイツから遠征してくる4歳馬で、前走のベルリン大賞でGⅠ初制覇。その前走で Hawkbill 、2走前のハンザ大賞で Iquitos と、GⅠホースを撃破しており、ドイツ調教馬がフランス重賞を勝つなんて珍しくもないことを併せると、ここで通用しても不思議ではない。尚、先述した2レースは共に番手からの抜け出しで、3走前のバーデン経済大賞5着は、スタート直後に寄られて最後方待機を余儀なくされたもの。度外視して良い。

5番1枠 Satono Diamond 10/11

 日本国内に於いて現役最強クラスの1頭サトノダイヤモンド。個人的には Cloth Of Stars か Dschingis Secret が衝撃的なパフォーマンスを披露しない限り、本番で通用する馬は居ないと思ってる。要はここで負けてる場合じゃないよって話。それだけ。

6番3枠 Satono Noblesse 33/1

 帯同馬として渡仏中のサトノノブレス。この馬に関しては勝った負けたではなく、どういった使い方をされるのかに注目。まぁ、本番とは頭数が違いすぎるから参考にはならないと思うけど。精々、道中の風除けか、直線で進路を譲るくらいだろう。

以上。いやぁ、今回は少し無理した。でも、日本馬が遠征してるレースくらいはね。頭数も少なかったし。次は凱旋門賞かな。その前に何か書けると良いけど。では、何れまた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フランス
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017 セントウルS・京成杯オータムハンデ【ホースレース・ロマネスク】

2017 紫苑S レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

紫苑Sの【ペケマル指数】が確定! はてさて、秋競馬の“ペケマル予想”はどんなモンでしょう?【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

ブロガープロフィール

profile-iconbaikinman

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:264745

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017 ベルモントS全頭解説
  2. 2016 ドバイミーティング回顧
  3. 2017 凱旋門賞全頭解説
  4. 2016 クイーンエリザベスⅡ世C 海外有力馬ピックアップ
  5. 2016 ドバイミーティング展望 後編
  6. 2016 スーパーサタデー展望
  7. 2016 スーパーサタデー回顧
  8. Beholder 女王様は今季もご健在であそばせます
  9. 2017 フォワ賞全頭解説
  10. Werther 世代の壁を容易くぶち抜いた破壊的末脚

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
2016
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss