僕の中の大投手 諭

北海道 横浜創学館まつり 第9回明治神宮野球大会北海道地区代表決定戦~星槎道都大×函館大 第2戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

星槎道都大 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 函館大   1 1 0 0 0 0 0 0 1 0 3
10月13日:円山球場
星槎道都大 細川、渕上、福田 - 塚原洲 函館大   福岡、高橋 - 沼上

秋も深まり寒さも日々厳しくなる北海道の10月。 木々や山々の紅葉も色づく美しい円山球場にて、北海道にある二大リーグ・札幌学生野球リーグと北海道学生野球リーグのそれぞれ今年1部秋季リーグ優勝校同士が激突するという、今年の北海道地区大学野球の頂点を決める大会とも言うべき、明治神宮野球大会北海道地区代表決定戦が行われました、平日ど真ん中に。 第2戦が開催されるこの日、その日の分の仕事を無理やり前日に片付けて、職場に無理言って休み取って行ってきましたよ、ええ行ってきましたとも! …社会人にとって平日野球の試合は辛いものがありますなぁ。

秋の円山球場



前日行われた第1戦は札幌学生リーグ代表の星槎道都大が大量得点で快勝という結果でしたが、その道都自慢の攻撃力の余韻がこの試合の立ち上がりも残っていたのか1回表、道都大打線いきなり集中打。 道都大のトップバッター・1番セカンド大保優真(4年)がフルカウントまで粘ったところで甘く入った球を逃さず二塁打とすると、続く2番ライト大西主将(3年)が初球スクイズ決めてこちらも出塁。ノーアウトでランナーが溜まったところで打席には、道都重量打線の中の更にクリーンナップに座る姿がすっかり板に付いてきた3番ファースト生田目忍(2年)。

生田目忍


生田目は初球を捉えてレフト前へ軽々と、という感じに運んだタイムリーツーベースヒット!道都大が早速先制点を上げます。
更にランナーがまだ溜まった状態で、この試合は6番サード出場、秋季リーグ戦で1年生ながら打率4割を超えるハイアベレージにてリーグ首位打者&ベストナインそして新人賞をも受賞した川﨑進也(1年)が打席に入ります。

川﨑進也


ホント、道都の打線は強打者が途切れないなぁ。と私が思うか思わないかの瞬間、この川﨑も初球を捉えてスイングすると、打球はセンター前に落ちる2点タイムリーヒット! 道都大が昨日の勢いそのままにいきなり3点をリードします。

昨日負けて後が無い上にいきなり3点を先制されるという逆境に立たされた北海道学生リーグ代表の函館大でしたが、こちらもすかさず反撃します。 1回裏、ツーアウトながら3番サード西谷圭祐(4年)がセンター前二塁打を放つと、続く4番ファースト福田優人(2年)もレフト前ヒットで続きます。 そこでランナー西谷がホームへ直行、ボールはバックホームされるも間一髪ホームイン!西谷の好走塁で1点を返します。
更に2回裏の函大は、このイニング先頭打者の6番キャッチャー沼上仁哉(2年)がセンターオーバーの大きな二塁打を放つと、7番セカンド出場の田中俊貴(3年)が送りバントを決めて得点圏に沼上が進んだところで打席には秋季リーグより函大の新主将を務める8番センター小林俊己(3年)。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
北海道学生野球
札幌学生野球
タグ:
岩見昂
石黒凌
高橋侑也
福田俊
渕上佳輝
竹原滉太
三浦悠太郎
細川悠士
小林俊己
田中俊貴
沼上仁哉
西谷圭祐
川﨑進也
生田目忍
大西主将
大保優真
函館大
星槎道都大
北海道学生野球
札幌学生野球

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

北海道 横浜創学館まつり 第9回明治神宮野球大会北海道地区代表決定戦~星槎道都大×函館大 第2戦

nobさん

いつもどうもです!

昔の代表決定戦は東北地区と一緒に1枠でしたから…全国出るためには東北福祉大に勝てと!?という時代でしたからねぇ(苦笑)。
でも今の道都だったらその福祉大相手にも普通に勝負できる戦力ですから、ここまで強いチームを作り上げたのは見事だと思います。
確かに東京新の創価大などと比べても純粋な戦力なら道都の方が上である気がします。全国大会での勝敗はまた別物でしょうが。

川﨑って高校時代そんなに大物だったんですね…
生田目弟もそうなんですけれど川﨑は1年の頃から相手投手を良い意味で見下しているのが感じ取れるんですよ、こういう強打者が毎年途切れない道都のスカウティング力と育成力は全国でもかなりの位置に来ているのでしょうね。

函館大は好きなチームなのでこちらも頑張ってほしかったのですが…正直道都と比べちゃうと戦力的に苦しいですね。
高橋侑也もいい投手なんですが、新日鐵住金鹿島へ行った山内武や吉田雅貴といった歴代函大エースの先輩たちと比べるとまだちょっと弱い存在で、道都打線を抑えるには未熟かな?という感じでしたし、道都より横浜創学館出身選手への依存度が高いのも戦力的に苦しい現れという気がしました。

横浜創学館は神奈川という過酷な環境にいるからこそあそこまで鍛えられる伝統が出来上がったんでしょうけれど、同時にその神奈川にいるからこそ甲子園に行けないという…ジレンマですねぇ(苦笑)。

北海道 横浜創学館まつり 第9回明治神宮野球大会北海道地区代表決定戦~星槎道都大×函館大 第2戦

いつもどうもです。

気づけばこの決定戦も9回目なんですねぇ。北海道単独で出ること自体が昔は難しかったですから、今はホントに良いモチベーションで野球できているでしょう。平日真ん中にやるのもどうなのかと思いますが・・(笑)。

道都はこう見るとやっぱりタレント揃いですね。正直、東京新のチームより数段強く感じるなぁと・・。この中で首位打者を取った川崎ですが、実は2年前北関東選抜の一員でしてその時に練習試合見ているんですよね。途中出場ではありましたが、他の面子が岡崎大輔(花咲徳栄→オリックス)や山本拳輝(作新学院→東洋大)、諏訪賢吉(浦和学院→東洋大)、宮本隆寛(健大高崎→法政大)など各県5人ずつ選出された中の一人としてですから、茨城の中でも屈指の選手だったんですねぇ。こう見るとレギュラーを取るのも必然だったのかもしれません。道都は北海道で当時見て以来ずっと見てないので、そろそろ見たいなぁとは思っていますが・・。神宮は組み合わせ次第ですね。投手陣は割と楽しみにしています。

函館大も佐藤将太郎の世代以来に勝ち上がれるかなと思いましたが、そうは上手くいかず・・。高橋侑也が柱だと思うので、彼が崩れてしまうと中々厳しいのかなと。しかし、創学館ってチームはこんだけタレント輩出してるのになぜ甲子園出れないんだと嘆いてしまいますが・・。沼上にしても福田俊にしても創学館がもし神奈川以外の高校なら甲子園に出て道外以外の大学に行ってたかもなんて想像してしまいます。それでも試される大地北海道にやってくる名門の選手たちもきっと野球じゃなくても一度は北海道に住んでみたいのでしょうね(笑)。

こんな記事も読みたい

【湘南陸上競技部駅伝チーム】出雲全日本大学選抜駅伝競走【東海スポーツ】

10/12 東都大学野球 東洋大-國學院大、専修大-青山学院大【井戸掘り野球観戦記】

硬式野球部・東都大学野球秋季リーグ戦 対亜大2回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

野球で生きるヒント探し・・・【倉俣監督BLOG】

第94回箱根駅伝予選会~10枠を巡る争いを勝ち取るのは?~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

軟式野球部・東都学生軟式野球秋季リーグ戦 対国学大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

サッカー部・関東大学サッカーリーグ戦2部 後期第5節 対青学大戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

【硬式野球部】首都大学秋季リーグ戦 第6週 日体大1回戦【東海スポーツ】

ブロガープロフィール

profile-iconb96077

ブログの目的は第一に自分の備忘録なのでアマ野球観戦の記録が主になりますが、一応ドラフト会議や北海道日本ハムファイターズ中心にプロの記事もあげます。

心に残ったヒロインは飯山プロ初本塁打時の「打ったら走るのが基本ですから」
ちなみに好きなヒロインはマクロスFのシェリル・ノーム(Fつながり?)

でも一番美人なのはアルト姫(笑)
  • 昨日のページビュー:263
  • 累計のページビュー:5256779

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 島袋・一二三世代の彼らをおぼえていますか目と目が合ったときを
  2. 近田怜王も加入!JR西日本、着々と…
  3. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2015
  4. 皆イチローの凄さをわかっていないんじゃないのか?
  5. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2017
  6. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブ&ポジティブシンキング!2016
  7. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2014
  8. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!
  9. ライアン、マリナーズやめるってよ
  10. 知られざる2013年ドラフト候補たち

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss