僕の中の大投手 諭

こけるどころか、チャンピオンに 第88回都市対抗野球大会 決勝~日本通運×NTT東日本

このエントリーをはてなブックマークに追加

NTT東日本 0 2 1 0 1 0 3 0 3 10 日本通運  1 0 3 0 0 0 0 0 0 4
7月25日:東京ドーム
NTT東日本 大竹、野口、渡邉 - 上田 日本通運  高山、庄司、阿部、生田目 - 木南
本塁打: 越前2号、伊藤1号、加藤1号、下川1号(NTT東日本)

第88回都市対抗野球大会の決勝戦、「都民一塁手」と憑かれたように叫び続けることで有名な小池東京都知事の始球式で始まった日本通運(埼玉県さいたま市代表)とNTT東日本(東京都代表)との1戦をテレビ観戦しました。 この組合せも私がたまたま今季観戦していたチーム同士でしたね。 それはよかったんですけれど、毎日新聞主催の都市対抗クイズ、決勝戦の組合せを当てるあれに今回私も応募してみて、私の予想は日通とトヨタ自動車だったんですよ。 日通は当てることが出来たけれど、NTT東日本が来るとは思わなかった。 ここは近年いつも強力な戦力を揃えておきながら肝心なところでこけるという印象が個人的に強かったので、戦力は高いものを持ってはいて優勝候補の一角として上げることならば躊躇しないけれど、それでいながらベスト8かベスト4止まりの決勝までは来ないチームと考えていたんですよ。 …こけるどころか、チャンピオンになりましたな、相変わらずボクの予想は当たらない。

ところで近年の日通は投手力の高いチームとメディアに評されることが多い気がするんですけれど、その度に私違和感を覚えていたものです。 (野手の)守備力が高いチーム、という表現なら私も諸手を上げて賛成するところですが、個人的にここ数年の日通は、好投手ではあるがエースというほどではない、悪い言い方をすると小粒な投手が数ならば多く揃っているので、そこから調子のよさそうな駒をいくつか選んで継投でやりくりするチームだと思っています。
この大会ではたまたまノーヒッターの阿部良亮高山亮太も先発で好投して勝てた試合が続いたので投手力のチーム日通、ということをメディアがますます声高に言ってくる気がしたんですけれど、阿部ならば準決勝、そして高山ならこの決勝でのピッチングが、本来の彼らの基本的な姿じゃないかな? 投げさせてみないとわからない、短いイニングなら良い仕事をするが長いイニングとなると少々怪しい、といったところがですね。

試合の展開は、1回裏に日通1番ショート大谷昇吾が出塁して後続がつなぎ、そして5番ファースト関本憲太郎がタイムリーを放って先制というところはまず日通の形。 スラッガー関本の放った打球が豪快なものではなく外野の前にポトリと落ちるヒットだったのがちょいと日通のよくあるパターンと違ったぐらいですか?
そして今度は2回表、先制されたNTT東日本がすかさずこの大会打撃好調なNTT東日本4番ファースト喜納淳弥がヒットで出塁したところで5番ライト越前一樹の豪快な実に彼らしい2ランホームラン! 更に3回表にも畳みかけるように9番センター伊藤亮太も豪快な1発で更に1点追加。 今大会は逆転の連続でここまで勝ち上がってきたNTT東日本らしい得点の入れ方ともいえましたか。
しかし日通側もここで気落ちせずに3回裏、このイニング先頭の2番セカンド浦部剛史のツーベースヒットが飛び出し、4番サード北川利生のタイムリーツーベースヒットで1点を返し、更に日通の看板打者・関本もセンター前タイムリーヒットで続けて1点を返し同点。 NTT東日本がたまらず先発・大竹飛鳥をマウンドから降ろして早くも2番手、鷺宮製作所からの補強選手・野口亮太にスイッチ、打者の木南了を内野ゴロに打ち取るもエラーでランナーホームインと日通が再び勝ち越し。 余談ですが、決勝まで駒を進めた今大会の日通は、1番大谷・2番浦部・4番北川・5番関本とこの辺りの打者が毎試合安定して仕事をしているのは実に大きかったですね。上位打線が働くって当たり前といえば当たり前のことなんですけれど。
ですが5回表にNTT東日本が、これまた補強選手・明治安田生命から来たスラッガー・加藤孝紀(←そういや前もNTT東日本は補強選手に彼を選んでいたな、加藤を熱愛な模様)も豪快な1発で、NTTが同点に追いつく息もつかせぬ展開。 完全な結果論になってしまうんですけれど高山はもっと前に交代した方がよかったですね、この試合の彼は明らかに怪しい方の彼でしたから。 対照的に、NTT東日本側は先発で大ベテラン&大きな実績もあって簡単には変えづらいはずの大竹を(この試合では制球不安定だったとはいえ)割とあっさり諦めていますから、この決断の差も勝敗に影響した面はあると思います。

その後、両チームともNTT側は野口、日通側は準決勝に続いてこの試合も好リリーフの庄司拓哉らの奮闘もあり、チャンスを潰し合いながら同点のまま迎えた7回表。 ここで日通側のマウンドに上がっていた連投の阿部よりNTT東日本打線は、まず加藤が出塁、そして伊藤が四球で出塁したところで打席には1番セカンド下川知弥

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
社会人野球
タグ:
生田目翼
下川知弥
加藤孝紀
木南了
野口亮太
大竹飛鳥
北川利生
浦部剛史
越前一樹
喜納淳弥
関本憲太郎
大谷昇吾
高山亮太
阿部良亮
NTT東日本
日本通運
都市対抗

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

こけるどころか、チャンピオンに 第88回都市対抗野球大会 決勝~日本通運×NTT東日本

ダイナマイトプリンスさん

コメントありがとうございます!

西村はこの大会、不完全燃焼で残念でしたよね。
私も(自分のブログやTwitterで散々ネタにしているのは彼への愛(笑)ということで)帝京大時代から応援していた彼には是非とも名を世間にとどろかせて欲しいと思っているところなので、都市対抗での経験を生かして今年10月開催BFAアジア選手権の日本代表に是非選ばれるよう頑張ってほしいところですし、更に11月の社会人日本選手権、それとドラフト指名されてからのプロ野球でもですか、そのどれにおいてももっと暴れ回ってほしいものです。
彼が本領発揮すれば相手が手も足も出ないような球を投げられる投手であるはずなので。

都市対抗は、アマチュア大会の割に規模の大きさを誇るイベントでありながら、応援席で応援する義務を履行する気があればタダで観戦できる(笑)財布にやさしい大会でありますし、ちょっと高いけれどそれでもプロ野球のチケットよりはずっと安い入場料を払って特別席に行けば、プロ野球ではなかなか座れないような東京ドームの座席にもゆったりと座りながら観戦できるのが魅力ですよね~
厳しい一部の野球ファンから苦々しく思われている面も無きにしも非ずですが、コラボしている全国のゆるキャラ大会も楽しいですし。

私の拙い文章でも都市対抗観戦のきっかけに少しでも影響を与えたのなら、これほど嬉しいことはありません。こちらこそありがとうございました。

こけるどころか、チャンピオンに 第88回都市対抗野球大会 決勝~日本通運×NTT東日本

ブログ自体は以前から拝読させていただいていましたが、今回初めてコメントさせていただきます。

フムフムさんやほかの方々のブログやTwitterを見ていて一度都市対抗を観戦したいと思い、今回優勝したNTT東日本の初戦だった対三菱重工神戸・高砂の試合を見に行ってきました。観に行けそうな試合の中では、守安見れるし、西村も見れるかもしれないし(もちろん関わりはないですけど一応大学の先輩にあたるので)という思惑があったので。

結果的には、西村の投球も見れたのですが、打ち込まれて帝京大学のさらに先輩に救援を仰ぐ姿を見ることになるとは思いませんでしたが(苦笑)

ですが、都市対抗の応援団含めた独特の雰囲気は楽しかったですし、自分も人込みは苦手ですが都内住みの大学生で少なからず時間はあるので、8月にオープン戦観戦ができるなら見に行ってもいいかな~、なんて思いました。

このように実際に観戦に行くきっかけを作ってくださりありがとうございました。
自分は筆不精なのでなかなか記事にコメントすることはないと思いますが(苦笑)、これからもブログの更新楽しみにしています。

長文駄文失礼いたしました。

こんな記事も読みたい

私立と公立の差とは?【倉俣監督BLOG】

ボクの知らない阿部になったらどうしよう 第88回都市対抗野球大会 準決勝~日本通運×MHPS【僕の中の大投手 諭】

【2017年 第38回全日本クラブ選手権 3日目】【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

ブロガープロフィール

profile-iconb96077

ブログの目的は第一に自分の備忘録なのでアマ野球観戦の記録が主になりますが、一応ドラフト会議や北海道日本ハムファイターズ中心にプロの記事もあげます。

心に残ったヒロインは飯山プロ初本塁打時の「打ったら走るのが基本ですから」
ちなみに好きなヒロインはマクロスFのシェリル・ノーム(Fつながり?)

でも一番美人なのはアルト姫(笑)
  • 昨日のページビュー:698
  • 累計のページビュー:5236851

(11月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 島袋・一二三世代の彼らをおぼえていますか目と目が合ったときを
  2. 近田怜王も加入!JR西日本、着々と…
  3. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2015
  4. 皆イチローの凄さをわかっていないんじゃないのか?
  5. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2017
  6. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブ&ポジティブシンキング!2016
  7. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2014
  8. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!
  9. ライアン、マリナーズやめるってよ
  10. 知られざる2013年ドラフト候補たち

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss