僕の中の大投手 諭

本人公認のものであると信じて、都市対抗観戦の際には

このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人野球最大のイベントでもある第88回都市対抗野球大会の開催もいよいよ明後日に迫ってきましたが、同時に毎日新聞社出版の都市対抗野球公式ガイドブックが今年も発売されました。これが発売されると今年も都市対抗が始まるな、という気分になりますね。 今年の号は伊集院光の記事が見所でしょうか。
日本ハムファイターズのガチファンとしても有名(球団が東京から北海道に去ってからは以前ほど熱心では無くなったことを自身で認めてもいましたが、それでも同氏は現在においてもなお、ただ北の国からが好きなだけで真に日ハムファンでもないのにファイターズファンを公言しているような某お笑い芸人よりよっぽど深いファンです)なタレント・伊集院光。 叔父が電電東京(現NTT東日本)の主軸として活躍していた社会人野球選手であった話は昔ラジオか何かで聞いた記憶はあったのですが、本人が筋金入りの社会人野球ファン&都市対抗ファンでもあったとは、私この記事を読むまで恥ずかしながら知りませんでした。 しかもこの記事がまた本当に面白く、さすが伊集院は話のプロであると同時に、社会人野球にも相当に造詣深いことが伺えるんですよ、もし未読の野球ファンの方がおられるならこの記事のためだけでもガイドブック買う価値があるとお勧めしたいところですね。
そんなこの都市対抗ガイドブックは(都市対抗出場チームに限り)選手名鑑としても利用できるわけですが、社会人野球の選手名鑑といえば何と言っても小学館より出版される社会人野球のムックとして名高き「グランドスラム」でしょう。 その春号が毎年社会人野球の選手名鑑号であるのが通例なのですが、その中の項目のひとつに各選手の“ニックネーム”が掲載されているのもまた通例です。

グランドスラム№23 P64

グランドスラム№23(2004春号) 小学館 より


↑具体的にこんな感じです。 まだ書店等で売られているグランドスラムの抜粋の画をここに載せて小学館の商売の邪魔をしてしまうのもよろしくないかな?と思い、私の手持ちの古いグランドスラムより適当なページ抜き出して例を上げてみましたが、最新のグランドスラムでもこのような感じは全く変わっておりませんで…
…!?ホンダ時代のハッシーじゃん、久慈賞受賞して北海道日本ハムファイターズにドラフト指名される直前の橋本義隆じゃん! いやいやいやいや、それよりも、それよりもむあぁぁぁく、るんどぉぉぉる!!
甲子園に出るためにオーストラリアから単身来日して一般入試で入学した暁星国際高校で活躍し、その後駒大→ホンダと10年以上の長きに渡り日本のアマ球界で投げ続けたマーク・ランドルじゃないすか!? 俺の記憶が間違っていなければホンダでの現役晩年はアンダースローにも挑戦していたような。

おっと、マーク・ランドルの話だけでこのブログ終わりそうになりました。 本題に戻って、昭和の昔などであればプロ野球の選手名鑑にもこういう“ニックネーム”もしくはあだ名・二つ名の項目は定番のひとつでもあったものですが最近はめっきり少なくなっております。この記事の最初に述べた都市対抗ガイドブックにもこの項目はありません。 そんな状況下にあって、2017年の最新号においてもこの項目が存在しているグランドスラムの様式が今となっては逆に目新しく感じる方もおられるかもしれません。
それで今回のブログ記事のテーマは、来週から開催される社会人野球界最大の花型イベント・都市対抗に向けて、その第88回都市対抗野球大会に出場する選手たちが最新のグランドスラムではどのようなニックネームなのかほんのちょっとだけ抜き出してみよう!というものです。 まずこの大会の開幕戦、トヨタ自動車と九州三菱自動車なんですが、両軍の主戦投手のニックネームは
佐竹功年(トヨタ自動車 投手) →豆さん 谷川昌希(九州三菱自動車 投手)→子ブタ
と、なっていました。 都市対抗開幕マウンドを「豆さんと子ブタが投げ合う」可能性もあると思うと、緊張感高まるはずの都市対抗開幕戦の印象がなにやら変わってしまいますね。 こういう感じにちょっと別の角度から都市対抗参加選手を見ていこうかと。
ところでそんな都市対抗大会といえば“補強選手”が名物の大会です。 前回優勝で予選免除のトヨタ側にはいませんが九州三菱自動車側はその補強選手をJR九州より3名獲得しており、そのうちのひとり吉田奈緒貴のニックネームは東京ラブストーリー。ちなみにこの吉田の特技の項目には僕は死にましぇん。 なんてバブリーな選手なんでしょうか。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
社会人野球
タグ:
齋藤祐太
加美山晃士朗
笹川晃平
本間篤史
オコエ瑠偉
渋谷ロバート
宮台康平
宮谷陽介
木南了
大前将吾
濱田祥伍
若竹竜士
吉田奈緒貴
佐竹功年
橋本義隆
伊集院光
都市対抗

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

本人公認のものであると信じて、都市対抗観戦の際には

nobさん

いつもどうもです!

伊集院はプロアマ問わず野球全体に造詣が深いですからまさに“ガチ勢”ですね。
その上で(話のプロなのである意味当然なのですが)野球にとどまらず他にも幅広い趣味や知識を持っているので言葉そのものにも深みや説得力があってその能力を持って社会人野球を語っていたところが良かったです。

都市対抗出場縛りがなかったら鷺宮の怪鳥は真っ先に出すところだったんですけれどねぇ…補強選手にも選ばれなかったし…来年は是非とも都市対抗に登場して欲しいものです。
そして榮倉奈々はじゃなかった笹川は(笑)ホント公式のあだ名ですよね~
そしてロバートも実際にオコエと呼ばれていたんですね、実用されているニックネームだったんだなと何かホッとしました。

大前パスタは試合で出番無くてもベンチから声も出すし本当に良い選手なのでブルペン捕手のままでいるのが勿体ないですが、今年は木南の壁が一気に厚くなっちゃいましたからね…更に酒井だっているし、やはり今の時点では3番手捕手に過ぎないですよね。
ひとまず今年のドラフトで木南にはプロへ行ってもらい(笑)、その後酒井と正捕手争いしてもらうしかないでしょうか?大前パスタ、お~うまい♪を日通応援団に歌ってもらうためには。

本人公認のものであると信じて、都市対抗観戦の際には

いつもどうもです。

伊集院氏は割と前からガチ勢な感ありましたが、ついに公になった感じですね。流し読みしかしてないですが、あれは正しく本物でしょう。

13年前のグランドスラムを引っ張りだすとは、さすがですねぇ(笑)。マーク・ランドルとか橋本とかああいたなぁと懐かしさすら感じます。あだ名に関してはまあ多種多彩な顔ぶれで飽きないなと。笹川の榮倉奈々は結構前から知ってました。大学時代からか顔が似てていじられる内にそうなったらしく。水野鉄男のアイアンマンと本間の安藤なつはちょっとツボですね(笑)。パスタの方は昨日のOP戦で見たばかりですのでタイムリーすぎて何とも(苦笑)。このままだと永遠の三番手のブルペン捕手になってしまいますので頑張ってもらいたいですが・・。ロバートの方も実際に大学時代の神宮大会でも観客から「オコエだ、オコエ」と言われていたのを思い出します。ここに怪鳥・山原の名がないのが残念で仕方ありませんね。

本人公認のものであると信じて、都市対抗観戦の際には

北風さん

いつもコメントありがとうございます!

いやホント、このガイドブックで良いこと言っているんですよ伊集院。野球ファンであれば社会人や都市対抗に興味のない方々にも読んでいただきたいぐらい。

それにしてもファイターズの注目選手に今井順之助上げるあたりさすがですよね。
メディアでファイターズのファンとか北海道応援大使とか風潮し回っている某雨上がりの片割れは私どうしても好きになれなくてですね(爆)。
その某蛍原は、かなり昔、近鉄・鈴木啓示の投球フォーム模写のネタをしていたことがあってそれは好きだったんですけれど。

甲子園優勝投手でドラフト1位であっても名声が逆転するかもしれないのがプロ野球の魅力ですから、西武ファンには申し訳ないけれど今井達也の方を【今井じゃない方の今井】にしてやってほしいところですわ。

本人公認のものであると信じて、都市対抗観戦の際には

コメントを失礼します。

まさか都市対抗野球公式ガイドブックの見どころが伊集院光の記事だとは…。
伊集院光氏ですが、今年の春頃だかにファイターズの注目選手に「今井順之助」を挙げていて

「この人ガチだ!」

と改めて思ったものです。
ファイターズファンを自称する芸能人は多かれど、高卒ルーキーでしかもドラフト9位の2軍選手を「注目選手」に挙げるのはこの人だけでしょう。
ていうか北海道のファイターズファンだって今井に注目してる人は少数派でしょうね。

そしてファイターズの今井ですが、同世代に甲子園優勝投手の今井達也(現西武)がいるせいで去年の夏の時点で【今井じゃない方の今井】みたいな扱いをされてるのが気の毒で…。
Yahooニュースなんかでも『今井がプロ志望届を提出』という見出しの記事に「なんだ今井じゃない方かよ、紛らわしいな」というようなコメントが書かれてて…。
私なんかはそんなコメントを見て「いや、今井だよ!じゃない方ってなんだよ!」と憤慨していたものです。まさかそのときは後にその今井順之介がファイターズの一員になるとは露とも思っていませんでしたが。
今井にはいずれは【今井じゃない方の今井】なんて言わせないような活躍を見せてくれることを期待しています。

こんな記事も読みたい

公立、私立、どちらが良いのか?【倉俣監督BLOG】

すべては自分の意識次第?【倉俣監督BLOG】

【2017年、ソフトボール1部リーグ・前半戦珍プレー好プレー集!~その①珍プレー編】【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

ブロガープロフィール

profile-iconb96077

ブログの目的は第一に自分の備忘録なのでアマ野球観戦の記録が主になりますが、一応ドラフト会議や北海道日本ハムファイターズ中心にプロの記事もあげます。

心に残ったヒロインは飯山プロ初本塁打時の「打ったら走るのが基本ですから」
ちなみに好きなヒロインはマクロスFのシェリル・ノーム(Fつながり?)

でも一番美人なのはアルト姫(笑)
  • 昨日のページビュー:3049
  • 累計のページビュー:5060119

(07月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 島袋・一二三世代の彼らをおぼえていますか目と目が合ったときを
  2. 近田怜王も加入!JR西日本、着々と…
  3. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2015
  4. 皆イチローの凄さをわかっていないんじゃないのか?
  5. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブ&ポジティブシンキング!2016
  6. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2014
  7. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!
  8. ライアン、マリナーズやめるってよ
  9. 知られざる2013年ドラフト候補たち
  10. ファイターズスカウト会議で意外な名が

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss