僕の中の大投手 諭

松屋まで飛んだんじゃない 第99回全国高校野球選手権大会南北海道大会札幌支部予選~北海高×札幌南高

このエントリーをはてなブックマークに追加

北海高  0 1 0 0 0 4 0 3 3 11 札幌南高 0 0 1 0 1 3 0 0 0 5
7月2日:札幌麻生球場
北海高  多間、阪口 - 佐藤 札幌南高 井澤 - 三戸
本塁打:井上1号・2号、鈴木大1号、川村2号・3号
私、この日に岩見沢へ行って社会人野球クラブ選手権北海道予選の準決勝&決勝戦を観戦しに行こうと思っていたんですよ、でも寝坊してしまいましてねぇ…北海道でおきた最大震度5弱の地震で深夜に叩き起こされなければ、そして職場に緊急出勤するべきかどうか確認しなければ、こんなこともなかったのですが。 朝起きたときにはもう間に合わないと思って日曜日は野球観戦以外のことでもしようかと一瞬迷ったところでふと、札幌でやっている高校野球なら間に合うんじゃないか?と気付き、社会人野球の代わりに高校野球を観に行くことにしました。

札幌麻生球場


そういうわけでほぼ思い付きで、札幌麻生球場にて実施されている南北海道大会の札幌支部予選Fブロック決勝戦、北海高校と札幌南高校との1戦に足を運んだのですが…ぶっちゃけこの試合って夏の甲子園の予選の予選なわけじゃないですか?それなのに観客満員で座ることも出来なくてずっと立ち見だったという… ホント高校野球って球場へ観に行くもんじゃねぇな(暴)、俺にはやっぱり観客が健全?な大学野球や社会人野球の方が性に合っているよと思っちゃいましたわ。 私は未経験ですけれどこれが神奈川や大阪や、清宮ブームに沸いている西東京大会だったらもっと大変なんでしょうね。ましてや甲子園なんて…考えただけで震えあがりますわ(笑)。

先に得点を上げたのは、昨年夏の甲子園で準優勝の快挙を成し遂げながら昨年秋&今年春は(この名門高にしては)低調な結果に終わってしまい、そのため札幌支部予選もノーシード。しかしながらそこからひとつひとつ勝ち上がってきた北海高校。 2回表、ランナー無しツーアウトの状況から打席に入った7番レフト出場の井上雄喜(3年)。 井上はフルカウントになったところで甘く入った球を逃さずフルスイングすると打球は一気にレフトスタンドに叩き込まれるホームラン! 井上の恐るべきパワーが発揮されました。
そして素人目にも北海打線は井上以外にも1番から9番まで強打者をずらりと揃えており、この井上の目の覚めるような一発をきっかけに爆発するのか?と思ったのですが、そんな北海打線の前に立ちはだかったのが札幌南高校のエース井澤駿介(3年)。

井澤駿介


井上に一発を浴びたものの全体的な制球は安定しており、何より右打者の内角をえぐるように膝元にくる球が素晴らしく、北海打線は何度も前のめりになって投球をかわした瞬間ストライクをコールされるという場面が目立ちました。 またカーブですかね?ブレーキのよく効いた緩い変化球もよく混ぜており、これもスラッガーの揃う北海打線に結構効いていました。 そして彼は牽制やフィールディングも巧みで、送りバントを自ら捕球して素早く二塁へ送球し進塁を潰すことも二回ほど成功するなど、ただ投げるだけのピッチャーでないところも示してみせます。 試合前半の失投は井上に投じた1球ぐらいで、強打の北海打線相手に5回まで1失点と試合を作ります。

エースの好投に応えたい札幌南打線。 北海先発・多間隼介の打たせて取るピッチングに序盤は苦しめられていましたが3回裏、多間の制球が荒れた隙を捉えます。 その3回裏、このイニング先頭打者・7番サード伊藤雅紘(3年)が死球で出塁すると、送りバントで二塁へ進塁したところで、札幌南9番キャッチャー三戸創世(2年)はここでもバントを敢行。 多間をそこまで打ち崩す自信がないのかな?と思いましたが三戸はツーバント失敗してしまい、これで得点の芽は無くなったかもと私が思った瞬間に多間が暴投、ランナー伊藤は三塁まで進塁。 この暴投にバッテリーが動揺したのか、そして打席の三戸が既にツーバント失敗していたということもあってかスクイズへの警戒がやや緩んだ隙を突いて三戸がスクイズ敢行! これが見事に決まって札幌南がすかさず同点に持ち込みます。
更に5回裏、伊藤が今度は170cmの小柄な体ながらパワフルなスイングで左中間を破るツーベースヒットを放ちまたも出塁。 伊藤が送られたところで打席にはまたも三戸。 三戸も多間の投球に対してスイングするも伊藤とは違いこちらは力負けしたような打球でしたが、それが逆に幸いしてフラフラと一塁手とライトの間かつ一塁線ギリギリにポトリと落ちるタイムリーヒット! 伊藤と三戸、とくに三戸がこの試合において札幌南打線のラッキーボーイ的な存在でしたね、彼ら二人の活躍が中心となって札幌南が逆転に成功します。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
川村友斗
阪口皓亮
鈴木大和
多間隼介
井澤駿介
井上雄喜
北海

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

松屋まで飛んだんじゃない 第99回全国高校野球選手権大会南北海道大会札幌支部予選~北海高×札幌南高

中大か國學院はいいですね~!道産子投手育成の実績もありますし。
仮に中大へ進学するとまさに鍵谷二世ですね。素材的には高校時代の鍵谷より今の阪口の方が上でしょうか?そうなると鍵谷よりも更にワンランク上、中大時代の澤村拓一の再来ぐらい期待できるかもしれません。

道都大となれば彼は関西出身だけど、もう身も心も道産子と認定していいでしょうかね(笑)。

「松屋まで飛んだんじゃない 第99回全国高校野球選手権大会南北海道大会札幌支部予選~北海高×札幌南高」へのコメント

阪口が甲子園での評価を受けてプロ志望届を提出するか、それとも進学を選ぶのかわかりませんが、超・個人的な進路予想を。

①中央大学
北海高校の先輩にして現在プロでも活躍している鍵谷投手の出身大学。北海高校とのパイプを考えても割と可能性は高そう。本格派投手の育成にも優れている印象。

②國學院大学
「北海道枠」があるんじゃないかと思うくらい毎年北海道の高校球児を獲得している大学。決して無理をさせず、長い目で見た投手育成に長ける印象。道産子・杉浦投手をドラフト1位指名を受けるまでに鍛え上げた実績あり。

③道都大学
大穴。阪口は関西出身ですが高校3年間で育まれた「道産子魂」で道内の大学を選ぶなら是非この大学に。道内の大学でありながら道外から進学してくる選手も多く、適度な競争の中での成長を望むなら割とアリなのでは?本格派投手の育成に関しては道内屈指の大学なのは間違いないはず。

…とまぁ「進路予想」と言っておきながら単なる「進路希望」ですが(笑)

松屋まで飛んだんじゃない 第99回全国高校野球選手権大会南北海道大会札幌支部予選~北海高×札幌南高

北風さん

いつもどうもです!

そうなんですよね、甲子園しか見ていない方々の間では阪口がやたらもてはやされているのですが、私もあまり彼を持ち上げすぎるのも…とちょうど思っていたところです(笑)。
彼は札幌支部予選&南北海道大会において投げてみないと分からないところがあるピッチャーでしたから…個人的には外野手兼任の左腕・多間隼介の方がより北海投手陣を支えていた印象が強いです。
甲子園では多間の方が打たれちゃいましたけれど(汗)。

そういうわけで私も彼は進学タイプだと思いますね。
ドラフト候補としては時期尚早…その代わりというわけではないですけれど、彼ならば東京六大か東都か大学野球の最高峰へは行けると思うので、そこで完成度を高めて堂々と2021年有力ドラフト候補としてドラフトファンの前に姿を現してくれる方が私的には理想です。

松屋まで飛んだんじゃない 第99回全国高校野球選手権大会南北海道大会札幌支部予選~北海高×札幌南高

こちらの記事でも紹介されてる北海高校の阪口ですが、甲子園での好投でスカウトやドラフトマニアの間で評価が急上昇しているようですね。
ただ、自分としては甲子園での好投は正直なところ「出来過ぎ」かなって気がしてしまいます。
よく聞く話ではありますが、甲子園という舞台は選手に普段以上の力を発揮させる魔力があります。
あの大観衆に囲まれてのプレーでアドレナリンなんかも全開になるでしょうしね。
正直、北海道民としては阪口の評価急上昇には若干の違和感というか、ここまで評価が高まるのは果たしてプラスなんだろうか?という危惧も抱いてしまいます。余計なお世話ですが。
北海高校のチーム内の事情はよくわかりませんが、阪口がエースではなく「背番号10」なのにもそれなりの理由があるでしょうし。
…なんか散々こき下ろしてるみたいな感じになってしまいましたが、自分としてももちろん阪口は好投手だと思っています。ただ甲子園での評価急騰に「ちょっと待って」と思ってしまいまして。
個人的には阪口は進学タイプかなと思っていましたが、最終的に阪口本人がどのような決断を下すのか注目していきたいと思います。

こんな記事も読みたい

2017選手権代表校一言展望(6)九州【野球傍目八目】

2017選手権代表校一言展望(5)中国/四国【野球傍目八目】

2017選手権代表校一言展望(4)近畿【野球傍目八目】

市神港が閉校とは【スポーツ えっせい】

高校野球・福岡県予選組み合わせ決まる【スポーツ えっせい】

【高校バスケ】2017' 宮崎インターハイ予選 男子 決勝リーグ 小林○88-56●延岡学園。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【高校バスケ】2017' 福岡インターハイ予選 男子 決勝リーグ 福岡第一○80-79●福大大濠。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

【高校バスケ】2017/6/10 能代工業、全国大会初優勝から50周年メモリアルイベント 現役 vs OB。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconb96077

ブログの目的は第一に自分の備忘録なのでアマ野球観戦の記録が主になりますが、一応ドラフト会議や北海道日本ハムファイターズ中心にプロの記事もあげます。

心に残ったヒロインは飯山プロ初本塁打時の「打ったら走るのが基本ですから」
ちなみに好きなヒロインはマクロスFのシェリル・ノーム(Fつながり?)

でも一番美人なのはアルト姫(笑)
  • 昨日のページビュー:1105
  • 累計のページビュー:5141753

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 島袋・一二三世代の彼らをおぼえていますか目と目が合ったときを
  2. 近田怜王も加入!JR西日本、着々と…
  3. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2015
  4. 皆イチローの凄さをわかっていないんじゃないのか?
  5. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブ&ポジティブシンキング!2016
  6. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2014
  7. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!
  8. ライアン、マリナーズやめるってよ
  9. 知られざる2013年ドラフト候補たち
  10. ファイターズスカウト会議で意外な名が

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss