僕の中の大投手 諭

力があり余った壁要員

このエントリーをはてなブックマークに追加

長井涼って捕手がいまして。

長井涼


高校時代からその道では高名なエリート選手ですが、私が彼を見たのは昨年、中央学院大で最終学年4年生になってからでした。 ただ見た瞬間から、あぁ良いキャッチャーだなぁ、と一目で好きになりましたね。 そうなると大学卒業後も野球を続けるのか?だとしたら進路はどこだろうと彼のことが気になっていたんですが、最近になって新しい社会人野球チームの三菱日立パワーシステムズ(以下MHPS)へ入団するらしいということを知ったのです。
へぇ~MHPS入りかぁ~… … … いや、いや、いや、いや! MHPSって新規チームのくせに捕手過剰なんだよ!そこへ長井取ってどうする気だよ、彼ほどの人材を腐らせる気か!? …というわけで、私自身全くの予定外だったのですが当ブログでは前回記事に引き続いて社会人野球MHPSの話題、二連投です。

まず話を整理しまして、このブログの前記事の復習。 MHPSってチームがそもそも三菱重工長崎とMHPS横浜という三菱グループ隷下2チームの統合によって生まれたチームでして、結果、元ふたつの球団の選手がひしめきあい、選手総数もそうですが各ポジションレギュラークラスがあふれた状態になっております。↓
MHPS成立
とくに捕手がですね。 元三菱長崎の正捕手・平野に大卒2年目冨里。元MHPS横浜からは正捕手を争っていた前田対馬にこれまた大卒2年目の小野寺と、MHPS捕手陣はスタートから既に5名体制の上に全員一定以上のレベルに達している捕手ばかり。
そして↓が報道された、MHPS新入団選手たちです。
投手 田中宏章(愛媛大) 荒川一輝(城西国際大) 浜屋将太(樟南高) 捕手 長井涼 (中央学院大) 佐々木玄(横浜国立大) 内野手 二橋大地(東日本国際大) 成田昌駿(中央学院大) 矢野幸耶(北陸大) 外野手 龍幸之介(白鷗大)
捕手に長井と、後もう一人横浜国大から佐々木玄とこれまたなかなかいい捕手を入団させるとのことで。 これがですね、二軍とかマイナーリーグとかがよく整備されていて末端選手にも(一軍ではないにせよ)試合出場機会が豊富にあるプロ野球の世界ならこれぐらい増やしても問題無いですよ。 あとですね、新人を追加するにしても、数年は下積みが必須のためしばらく試合に出せない&出す必要ない的な高卒新人だったならそれもまだわかる。 でも、練習試合を含めてプロより圧倒的に試合数が少ない社会人野球の世界であって、チーム内も完成度の高い選手たちの供給過多状況へ既にあり、更にそこへある程度完成されていると思われる大卒捕手2名追加ってチーム編成は…あくまで個人感想ですけれど、今年のMHPSで誰が競争を勝ち上がって正捕手の座を掴むかな?という楽しみより、キャッチャーではなく力のあり余った要員が4~5名もできてしまうんだなという考え方にどうしても向かってしまいます。 この考え方について、単におまえが少数精鋭主義趣味だからだろう?自分の趣味をチームに押しつけるな!と指摘されればそれまでなんですがね。

他のポジションにも目を向けてみましょうか。 捕手と比べてバッテリーを組む相手方ポジの投手陣については、少数精鋭主義趣味の私の目から見てもこれぐらいならギリギリ許せるかな?という感じです。 元々多くの頭数を必要とするポジションということもあってこの人数でも捕手ほどは過密と感じない。 それでいて新人3名のうち一人浜屋将太は高卒かつ貴重な左腕でもあるから、年齢層に幅を持たせることや左右のバランスの強化にもなりますしね。 そういえば、昨年の大学野球界における“国立の星”として輝いていた田中宏章はここへ来るんですね、競争は厳しいだろうけど頑張ってほしい。

内野手について、ここも供給過多になって結構な数の選手が塩漬けされそう!と個人的にどうしてもそっちの方が気になってしまいます。 新人では、長井のチームメイトで同じく中央学院大で強打のセカンドとして活躍していた成田昌駿はMHPSでは実力に見合った適切な出場機会を与えてもらえるだろうか?

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
社会人野球
タグ:
江越海地
二橋大地
成田昌駿
田中宏章
浜屋将太
対馬和樹
三菱日立パワーシステムズ横浜
三菱重工長崎
三菱日立パワーシステムズ
長井涼

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

力があり余った壁要員

フリッカーさん

いつもどうもです!

そうなんですよ、今季のJR九州やNTT西日本レベルなら競争が楽しみだといえるんですけれど、今のMHPSへは元々過密なのに更に新人加えてどうするの?勿体ないだろ??と言いたいんですよね。
フリッカーさんが仰る通り、会社は長崎の選手がもう少し引退か別チームへの移籍をするかと見こしていたのに思ったより横浜転属を希望する選手が多かったと困惑しているのかもしれませんね、見通しの甘さがこの飽和状態につながったのかもしれません。

二橋や龍は良い選手で間違いないんですよ。でも彼らレベルだったら他の企業からも誘われているだろう?内野や外野が手薄なチームへ行けばよかったのに…と思ってしまうんですよね。(苦笑)
MHPSの選手と出番を食い合うのかと思うと、やっぱり勿体ないですよ。

そういえば鶴岡は鹿児島・樟南高から三菱横浜へ行った選手でしたね。そう考えると九州の高校出身とはいえ浜屋は三菱長崎採用からMHPS採用に流れたと必ずしも言い切れないですね。
何にせよ彼の場合であれば身体つくりが落ち着くであろう数年後にはこのチームの選手層も落ち着いていると思われるので、そのときに台頭するとちょうどいい。フリッカーさんが前にご指摘されていた、高卒左腕の育成を得意とする三菱長崎伝統の力を新チームも引き継いでいることも期待して、彼をきっちり育てて欲しいですね。

力があり余った壁要員

現在の正捕手がすでにドラフト候補だっつーのに、大学球界屈指の好捕手・牛島将太や山野雅之が加入するという、JR九州やNTT西日本の今年のポジション争いが非常に胸アツだなぁ…と思っていた私でしたが、まさかそれをはるかに凌駕するレベルのチームがあったとは!恐るべしMHPS横浜!!
1つしかないポジションなのに、これだけ好捕手が集中するなんて。まさに埼京線のラッシュレベルだなー(苦笑)
選手層の厚さが豪華すぎるというか、もったいなさすぎるというか…。もしサッカーだったら期限付きのレンタル移籍という選択肢もあったりするんでしょうけれど、社会人野球ではそういうわけにも行かないですし。
チーム合併を機に、引退や移籍選手がある程度の人数出ることを見越していたのに、予想外に多くの選手がMHPS横浜へ残ってしまってさぁどうしましょ??(困惑)ってな感じかもしれませんね、正直。

圓垣内学引退という寂しさを覚えたのも束の間、すかさず二橋大地・龍幸之介という長距離砲候補を補強してくるMHPS横浜の戦略、私は大好きです(笑)パワーシステムズの名前に恥じない、実にベタ(←もとい)わかりやすくてしかもロマンあふれる人選ですよねー。
二橋はやっぱり高3の夏、岩手県予選で大谷翔平から左翼ポール際へ本塁打を放った姿が今でも強烈に残ります。盛岡大付のチームメイトだった佐藤廉や出口心海も強豪社会人チームへ進むようなので、二橋との対戦がまた楽しみ。
龍も九州国際大付時代の印象が強いかなぁ。振りの鋭い左のロングヒッターですが、白鷗大では大山悠輔(阪神)や大下誠一郎の強烈な個性にやや埋もれがちに見えました。そんな龍のことも、MHPS横浜ならなんとかしてくれるでしょう(←願望込み)

昨夏の甲子園で切れの良い球を投げていた好左腕・浜屋将太もMHPS横浜入りですか。彼は鹿児島・樟南高校卒ですから、鶴岡慎也のルートに乗っかったのかな?と勝手に予想しています。
それから「俺の江越」…なんか「俺のフレンチ」みたいでいいですねー、この呼び方(笑)そう言えば昨年、オリックス戦で糸井が打席に入るたびに大声で「俺のよしおーー!!」と応援していた濃いファンがいたっけな、と(苦笑)
江越もある意味パラメータが振り切られたタイプの選手ですから、MHPS横浜でも活躍の場はありそうですよね。MHPSというチームの好みにハマる気がしますし、長崎時代の指揮官・後藤監督が変わらないことも江越にとっては良い方向に作用しそうです。

こんな記事も読みたい

【16 東京ベースボールスクール】最終回【ベースボールコミュニケーション 野球教室ブログ】

チーム選択の基準【倉俣監督BLOG】

目標の無い子はどうすればやる気になるのか?【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconb96077

ブログの目的は第一に自分の備忘録なのでアマ野球観戦の記録が主になりますが、一応ドラフト会議や北海道日本ハムファイターズ中心にプロの記事もあげます。

心に残ったヒロインは飯山プロ初本塁打時の「打ったら走るのが基本ですから」
ちなみに好きなヒロインはマクロスFのシェリル・ノーム(Fつながり?)

でも一番美人なのはアルト姫(笑)
  • 昨日のページビュー:940
  • 累計のページビュー:5015307

(06月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 島袋・一二三世代の彼らをおぼえていますか目と目が合ったときを
  2. 近田怜王も加入!JR西日本、着々と…
  3. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2015
  4. 皆イチローの凄さをわかっていないんじゃないのか?
  5. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブ&ポジティブシンキング!2016
  6. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2014
  7. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!
  8. ライアン、マリナーズやめるってよ
  9. 知られざる2013年ドラフト候補たち
  10. ファイターズスカウト会議で意外な名が

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss