僕の中の大投手 諭

東都大学野球1部リーグ校 2017年新入部選手たち

このエントリーをはてなブックマークに追加

センター試験の時期に合わせてって訳でもないのですが、今年2017年も昨年同様、東都1部の新入部予定選手たちを並べていこうかと思います。 東都1部の新入生たちは今年も他の地方大学リーグに比べれば豪華な面子が揃い、何だかんだで東都ブランドは強いなと思いますね。全国から優れた高校生が集まってくる伝統は健在です。 そういいながら東京六大学と比べてしまうと急速に色褪せて見えてしまうのも例年通りですが(汗)。法政大の新入生の顔ぶれなど今年も凄まじいからねぇ…
それはさておき今回上げた1部六校中、昨年に引き続き日大についてはまだはっきりと面子がわからない状況でありますが、どうせ今年もオープン戦などが始まる季節にまでならんとわからんよなぁと見切りをつけ、とりあえず個人的に信頼できそうな新入生だけ上げてみました。 あくまでも私の主観で選んだ情報なのでしれっとガセだったりするかもしれませんが、その時はご容赦を。

日本大 投手 倉内凱之   札幌日大 樫村雄大   常総学院 中川真杉   日大三島 谷脇亮介   常葉学園橘
捕手
内野手 熊谷星南   花巻東 秋元凌    日大藤沢 有村恒汰   常総学院 伊藤雄大   前橋育英 大山涼    静清 馬越大地   滋賀学園
外野手 植村元紀   敦賀気比 徳留魁斗   滋賀学園
というわけで昨年秋季に久々のリーグ優勝を果たし名門復活の兆しを見せた日大についてのみ、ほぼ間違いないだろう、という新入生だけ記してみました。 とはいえこの一部の新入生だけでも興味深い選手ばかり集まっているところ、さすがは日大だなと思わせてくれます。 例えば花巻東・強打のセカンド熊谷星南などは目立つ存在ですよね、ここ数年日大は二遊間に良い選手が続いていますからその継続を担う存在になることを期待したいです。

東洋大 投手 村上頌樹   智辯学園 山下宏史郎  関西 内池翔    桐生第一 神田大雅   大商大堺 小林玲雄   佐久長聖 鈴木拓人   聖光学院
捕手 山崎基輝   愛工大名電 笹倉大輔   東洋大姫路 梶山直暉   浦和学院
内野手 大川直也   成田 諏訪賢吉   浦和学院 大堀智哉   千葉黎明 酒巻翔    成田 杉本勇    中京大中京 小林直輝   八戸学院光星
外野手 納大地    智辯学園 井奥泰誠   東洋大姫路 安田怜央   愛工大名電
昨季優勝争いをして名門復活の足掛かりを築いた東洋大ですが、センバツ優勝・智辯学園のメンバーから村上頌樹納大地のW取りをしてきましたね~智辯は近年、コンスタントに大型のタレント選手を輩出し続けていますからこの二人にも大きな期待をかけたいところ。 また、桐生第一の内池翔は彼憧れの大先輩・藤岡貴裕(現千葉ロッテ)と進学先も同じ選択をしたようで、藤岡と同じような成長曲線を描いてみせて欲しいですね。

亜細亜大 投手 遠藤稔    ふじみ野 井上仁裕   育英 石本大虎   九州国際大付 諸隈潤    佐賀商 高山大河   神村学園 内間拓馬   宜野座
捕手 天野雅和   自由ヶ丘 野中翔太   佐賀商
内野手 菊地陽介   東京学館船橋 斎藤尊志   上田西 赤井啓輔   常葉学園菊川 虎谷貴哉   星稜 堀本元太   神戸国際大付 神野虎太郎  神戸国際大付 矢野雅哉   育英 三上幹太   新田 平野友都   佐賀商
外野手 丸山大    鶴岡東 栗原健    常葉学園菊川 広瀬将    県岐阜商 土生敦弘   大阪偕星学園 真田康弘   新田
常葉菊川が誇るスラッガー・栗原健が亜大へ…進学先違っていないか? 常葉菊川・森下前監督下のバントをしないいわゆる“フルスイング打線”で育てられ、報道でも「大学でも打率を残せる打者になりたい。かといって小さくまとまらず、フルスイングは貫いていきたいです」とコメントしていた栗原。亜大野球より東洋大か専大の方が馴染みそうな発言ですよ、これ(苦笑)。 比べるわけではないのですが、星稜から進学してくる虎谷貴哉だと亜大っぽくて良いチョイスだなあ、と思えるんですけれどね。キャプテンシーが評価されていて、攻守ともに堅実で、守れるポジションも複数あって。 まぁ、かといって栗原が亜大野球に馴染む可能性も勿論ゼロではありません。チームにうまく適用できればどのようなプレーヤーになっているのか結構興味深いところなので、そういう意味で彼にも頑張ってほしいですね。

國學院大 投手 上出拓真   札幌第一 佐藤良亮   文星芸大付 高崎大幹   石岡一 日暮寛太   東京学館船橋 諸見里俊   沖縄尚学 渡辺悠    尽誠学園
捕手 大坪亮介   桐光学園 大野亮太   聖望学園 峯尾京吾   東海大市原望洋
内野手 小川龍成   前橋育英 久保田悠   龍谷大平安 戸堀敦矢   横浜 中村康汰   遊学館 中山遥斗   大阪桐蔭 米麦圭造   高松商
外野手 隈本達也   花咲徳栄 内藤諒一   中京大中京 森田涼雅   星稜
大阪桐蔭・中山遥斗が来ますね~最近の國學院、新入生はいいところ突いてくる印象が強いです。 試合の勝敗となると、昨年まではあと一歩というところでチームの勝利には届かなかった感もありましたけれど、そろそろ近年集めてきた優秀な選手達が爆発してくれるんじゃないでしょうか? 他に、この大学安定の北海道枠は上出拓真でしたか。ここの野球部なら道産子選手がどの学年でも安定して在籍しているのでホームシックにはならずに済むかな?

中央大 投手 黒木一貴   宮崎商 畠中優大   樟南 平沢文太   花巻東
捕手 内潟凌太   遊学館 坂巻尚哉   千葉経大付 佐藤佑亮   関東第一
内野手 五十幡亮汰  佐野日大 内山京祐   習志野 花輪直輝   常総学院 牧秀悟    松本第一
外野手 倉石匠己   東海大市原望洋 中林幹弥   前橋工
あのサニブラウン・アブデル・ハキームに勝った男、五十幡亮汰が来ます。 こういうアスリート系の選手を取ってくるというのがいかにも中大らしくて私、そんな伝統が大好きです。それが勝利に結びつかないのもここの伝統ですが。 とはいえ体制も変わったことだし、新しくなった中大の下で頑張ってほしい。時間はかかるかもしれませんが神宮でも彼のランニングホームランが見られること、そして久方ぶりの1部リーグ優勝に貢献する姿を願ってやみません。
ちょいと余談ですが五十幡は佐野日大高ということで彼の中大行きについて、何故中大に獲られた!いや五十幡は案外大したことないから無視して正解だ!などと日大ファンの間で不毛な争いの種になっているようで… 日大はなまじ系列校が多く、その上で東海大系列などと比べて締め付けが厳しくないというか、必ずしも有力選手は全て日大グループの大学へ進学しなければならないという空気があるわけでもないので系列校出身の有力選手でも日大以外へ流れるのはいつものことなのですが、それでもプロや社会人や他の大学リーグへ行かれてしまうのはともかくも、進路先がよりにもよって同リーグのライバル校となるとどうしても気になるんでしょう。 ボクだって駒大苫小牧高の某選手が亜大へ進学した時は、君らが進学していいのは駒大か苫小牧駒大だけだとわめいたからね(爆)、気持ちは分かります。

専修大 投手 上野南斗   大社 佐藤奨真   関東第一 佐藤優人   前橋育英 陣翔大    旭川実 高原健太朗  崇徳 谷村拓哉   鹿児島実 中津原元輝  富山第一 平安常輝   糸満
捕手 上原勇人   大島 大澤翔    木更津総合 桃原虎雅   糸満
内野手 安形将    栃木翔南 古谷凌平   秋田商 大庭樹也   明豊
外野手 白倉僚    文星芸大付 龍野瞳依   佐賀商
前にこのブログで陣翔大のことを書いた(ファイターズは北海道関係の有力選手達にどこまで関心を参照)のですが、そのとき漠然と、陣には東都へ行くなら例えば専修大のようにスケールの大きな選手に育てるのがうまいところに進学してくれれば、などと思っていたんですけれどまさにドンピシャでした! でも投手として入部なのか…日ハムドラ4で指名された某先輩のようにしれっと打者専任になってそうなんですけれど(笑)。 後、これまた私が注目していたアンダースローの谷村拓哉が東都に来てくれただけでも嬉しいのに、アンダースロー投手の系譜を代々伝えてきており、希少性が高いがゆえに指導が難しいアンダースロー育成のノウハウも持っていると思われる専大に入ってきたということで、こちらもドンピシャ。 最近は投手陣のやりくりが苦しい専大の救世主となるぐらいの成長と活躍を期待したいですね。

最後に、この記事を書くにあたって参考までに昨年記事を見てみたら1部校の面子が変わっていないことに今更ながら気づきました。私飽きっぽいのでもっと面子が変わってくれたほうが良かったんですけれどね。 もっといえば1部のみならず2部も含めて12校のメンバーが不動のまま。 2007年春季シーズンで大正大との入れ替え戦を制して拓殖大が2部に上がってきてから入れ替えが発生しておらず、私の記憶が間違っていなければ東都史上において2・3部入れ替えが発生していない最長記録を更新中のはず。 こんな安定状態のどこが“戦国東都”か?と、むしろ2・3部の入れ替えを早急に望むところですね。
私は今の東都1・2部校の中では東京農大、駒澤大、そして中央大を比較的贔屓にしているのですが、仮に1・2部は初めてか相当久しぶりというような学校が下から上がってきたのなら、入替戦で例え私の贔屓3校が相手だったとしても新鮮味のあるチームを応援しますね。 NPBが12球団で安定しているのが好き、東京六大学野球がずっと同じ六大学であるのが安心できる、という方々とは決定的に価値観を共有できない私なのです。 そんな私にとっては一部校より東都二部以下校の新入生たちの方がもっと重要かもしれませんね、ここまで書いておいて言うことではないですが。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
東都大学野球
タグ:
アンダースロー
谷村拓哉
陣翔大
サニブラウン・アブデル・ハキーム
五十幡亮汰
上出拓真
中山遥斗
虎谷貴哉
栗原健
内池翔
納大地
村上頌樹
熊谷星南
東都大学野球
亜細亜大
日本大
専修大
中央大
國學院大
東洋大

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

東都大学野球1部リーグ校 2017年新入部選手たち

nobさん

いつもどうもです!

東都二部でも地方大学から比べれば豪華な面子なんですが、やっぱり一部と二部の差は新入生から感じてしまいますよね。二部や三部でもっと豪華な高校生集めている学校があれば私が期待する下からの突き上げが出てくる可能性がもっと高まるんでしょうけれど…

日大はまだ新入生たちの全体像がはっきりしないとはいえ、これだけでも充分おいしい面子ですよね。なのに文句言う贅沢な日大ファンがいるんだからもう…って感じしますけれど(笑)。
京田の抜けたショートの穴は上川畑がコンバートされてくるという可能性もあるかな?と私は思っているのですが。

私も東洋大が智辯から二人とったというのが結構インパクトでしたね。あとふじみ野の遠藤なんか埼玉つながりで東洋大へ行くかなと思っていたら亜大でしたね。
その亜大は今年珍しく大人しかったですよね、最近退部する選手が目立ってきたから厳しい環境に耐えられそうな選手を選別してきたんでしょうか?虎谷なんかは星稜と亜大の強いつながりで亜大の環境は充分理解しているから選ばれたということかもしれないですし…でもそうだとすると栗原を選ぶってどうよ?ということになっちゃいますけれど(笑)。

國學院は野手をひたすら充実させてきましたよね…私的には高いレベルの競争でチームの戦力がアップする反面、試合に出られない勿体ない才能が増えることを惜しんでしまうのですが(苦笑)、それはそれとして昨年はまだブレイクしなかったこの学校。今年こそはリーグ優勝&全国制覇を達成できるかどうか注目ですね。

佐野日大と中大のつながりは澤村拓一の頃もあったのでまあそんな驚くことでもないのかもしれませんが、日大ファンの中では気になる人が結構いるようなんですよ。
五十幡が実際モノになるかどうかは私も正直簡単にはいかないかな?とは思っていますが(汗)。

専大は明らかにアンダースロー意識していますよね!桐光の中川颯も立教でなくてこっちにくればよかったのに…
谷村には凄く期待しています。先輩・高橋礼の伸び悩みだけは見習わないようにしてね(爆)。
そして陣はやっぱり野手だろうな、と。二刀流はさすがに無いと思うのですが…

東都大学野球1部リーグ校 2017年新入部選手たち

フリッカーさん

いつもどうもです!

國學院は昨年の新入生が投手粒ぞろいだったので今年は内野手を豪華に取りに来たんでしょう!とでも言おうと思ったら昨年も容赦なく取りまくっていたんですよね…こうなると競争がチームの戦力を押し上げる代わりに最後まで試合に出られないで泣く選手が何人も…とどうしてもそっちの方が気になってしまう私ですが、まあ来年以降の國學院には注目ですね。

専大はアンダースロー好きにとっては聖地のような大学です(笑)。それに気づいてから最近の私は専大ファンに傾きつつありますね。だからこそ中川颯にもこっちに来て欲しかったのですが東京六大行っちゃうもんなぁ…(溜息)
陣は北海道では元々強打の選手としても認識されていたので、魔改造されるとしたら東都リーグでDH使わず出場という二刀流になっちゃうかと(笑)。それはそれで見てみたいような見たくないような…

東洋大は優れた4年生が結構卒業して来年の戦力が微妙かな?という印象でしたが、新入生で的確に補強してきた感じですね。日大も目立つ選手を多く取ってきていますし、ここら辺はやはり名門校。ルート校も豊富なところが伺えます。それでもこの二校はファンにうるさ方も多いですから、これだけ贅沢な面子集めてもそれぞれやっぱり文句言う人いるんですよねぇ…
対して、亜大は今年地味目とやっぱり思いましたよね。
亜大の厳しい環境にも耐えられそうな選手を優先して選ぶようにしたんでしょうか?星稜の虎谷なんかは星稜と亜大の強いつながりで亜大の環境は充分理解しているから選ばれたということかもしれないですし…最近退部する選手も目立っていますからね…でもそうなるとやっぱり栗原をチョイスってどうよ?という気がしますが(汗)。

佐野日大は確かに元々中大とのつながりありますから、それほど不思議なことではないかもしれませんが、日大ファンとしては納得いかないところなんでしょう(笑)。
五十幡が実際に大成するかどうかは…まあ確かにどうかな?という程度の選手ではありますが(苦笑)。

東都大学野球1部リーグ校 2017年新入部選手たち

いつもどうもです。

東都2部は2部っぽい面子だなぁと思ったので、やはり1部は全然違いますね(笑)。日大はやはり勢いがあるというか骨のある面子が揃っていますね。日大系列からもくるでしょうから楽しみですが、京田の穴を1年目から埋めそうな選手は現状いないという所でしょう(熊谷はセカンドですし、今日相手が上川畑だと別ポジになるかなと)。誰がショートのレギュラーを掴むのか今年の日大の見所の一つですね。

東洋大はいつも通り浦学、姫路、名電といつも通りですが、六大学にいく印象も強かった智辯から二人来るというのも珍しいですよね。内池、梶山、諏訪は観戦もしましたので頑張ってほしいですし、諏訪なら強肩の守備といいシュアな打撃といい第二の藤岡裕大になれるかもしれません。サードは田中将也がいるので2年目以降になりそうですね。東洋の外野は笹川抜けたとはいえ、竹原や星、川本という激戦区になりそうですので納としては高橋さんに良いアピールできればいいですねぇ。

亜細亜はここ数年と比べ大人しいですが、星稜の系譜は途切れなかったと・・。毎度小技を使うチームなのに野中や丸山などスケール感のある打者を毎年のように取ってるのもやはり特徴ですね。そして栗原ですが・・・、亜細亜スタイルをどこまで理解できるか。特に振りまくっていた選手ですからねぇ。私が見た事あるのはふじみ野の遠藤なのですが、徳栄相手に9回途中3失点など実力的には去年の埼玉を代表する右腕でしたし、細いですが140㌔前後は出るスライダー投手なので2年後あたりに期待ですね。

國學院はさすがに投手は大人しいですけど(日暮は千葉でもかなり評判だったそうです)、野手はさすがですね。特に捕手は二人はスタメン漏れるとなると勿体ない印象ですね・・。内野は非常に競争が激しいですし、仰る通り去年かなり取っていて試合にも出始めている新2年生勢もいますので出るのは簡単ではないと思います。スケール感というか身体能力の高さなら戸堀あたり推したいなぁと思いますが。今年1年はさすがに山崎・諸見里の4年生二遊間になるのかなと思っていますが・・。大野、隈本は埼玉で何試合も見ましたので頑張ってもらいたいです。

中央はそうですね・・。高校の先輩でもある長沢のいる日大なのか、同じく高校時代の先輩で五十幡1年時の主将でもあった吉田のいる中央か迷ってもおかしくなかったですが・・、保坂、吉田と佐野日大出身が中央に普通に入ってるのを見ると特に不思議には感じなかったですね。その先輩の長沢のランニングホームランを去年の公式戦で見てしまったのですが(笑)、長沢と比べると打撃の弱さは歴然なのでまずは代走からスタートになってくるでしょうね。内野がファースト以外総入れ替えですし、1年生もチャンスはあるでしょう。

専修は糸満大好きだなぁと(笑)。なかなか今年も面白い陣容ですし、やはりアンダースロー取ってきましたね。やはりここら辺は意識してスカウトしてるのかなぁと思いますが、高橋クラスのスピードの投手は全国所かNPB含めても稀なので、谷村は谷村でしっかり自分らしさを貫いてほしいですね。陣は何となく野手なのかなと思いますが、二刀流やらせるんですかねぇ。その某先輩でもある森山も140㌔前後投げる投手でしたが、結局野手1本に替えましたし、しっかりこの1年で道筋を作りたい所です。しかし、この世代は1個上の世代が半数以上スタメンなので試合に出るのがかなり大変でしょうし、相当努力しないといけませんね。

東都大学野球1部リーグ校 2017年新入部選手たち

毎年のことではあるんですが、やはり新入生の一覧を見るとワクワクしますね。
不幸にして大学進学後に伸び悩んだり、野球をあきらめてしまう選手も一部にいるという厳しい現実が待っているとは言え、それでもこの中から将来の東都を背負って立つ選手が一人でも多く生まれてきてほしい、というのが私の率直な気持ちです。

さて。
今年の顔ぶれを見てみると、どうしても國學院大と専修大の豪華さが目を引きますねぇ(苦笑)特に國學院の内野陣、戸堀・中村・中山・米麦なんてNPB顔負けの充実ぶり。ちくしょう、うらやまし過ぎますわ!(←逆ギレ)
確か國學院は、昨年も伊藤・貞光・水木などの好内野手をガシガシ獲得しておきながら、ま~だ貪欲に獲りに行くのかぁ…と、感心するやら呆れるやら(汗)

一方で、専修大は投手が実に粒ぞろいだなと。右腕・左腕・上手投げ・スリークォーター・下手投げ・本格派・技巧派と各種とりそろえ、非常にバラエティに富んでいる印象です(笑)
アンダーハンドの系譜も脈々と受け継がれていますね。一昔前ならアンダー=國學院という感じでしたが、今では完全に専修大の専売特許に。日本代表・高橋礼先輩の姿を見ながら、後輩たちにはいろんなことを学んでほしいものです。
…(小声で)せっかくなら、本格アンダーの中川颯(桐光学園)にも来てほしかったけれどな~…(爆)
あとは、一応(?)投手として入学した陣翔大(旭川実)がどこまでやれるか。ふと気づけば魔改造されて、強打の外野手になってそうな予感もしますけれど(笑)

東洋大の顔ぶれもなかなか。センバツ優勝の村上・納の2人が最初に目につきやすいですが、他にも甲子園ではやや精彩を欠いた2人の左腕、内池翔(桐生第一)と鈴木拓人(聖光学院)には成長の余地を感じます。また、惜しくもあと一歩で甲子園に届かなかった2人、神田大雅(大商大堺)は球の角度と強いハートが魅力の長身右腕、そして山崎基輝(愛工大名電)は丁寧な守備と畳みかける強打が光る好捕手ですね。
ルート校である浦和学院組も含め、今年の新入生によって東洋大は、近い将来のチームの軸をひと通り確保できたんじゃないか?とすら感じているところです。

日本大も大型チームが作れそうで楽しみ。中川真杉(日大三島)&谷脇亮介(常葉橘)の静岡快速右腕コンビに加え、熊谷星南(花巻東)&馬越大地(滋賀学園)の右の長距離砲2枚は他校の脅威にもなりえそう。安定した守備とチャンスメイクができる有村恒汰(常総学院)、大型ながら身のこなしとスピード・強肩が魅力の徳留魁斗(滋賀学園)も個人的に好きなタイプなので、大学野球の舞台での成長を心待ちにしています。

亜細亜大は昨年に比べるとビッグネームが減ったかな?と感じましたが、せっかく入学しても早々に退部されてはお互いに不幸ですから、相当厳しい練習環境下でも簡単には音を上げない、根性が座った選手を優先して獲ったのかな?と勝手に邪推しております(苦笑)
最初に目に止まった野中翔太(佐賀商)の獲得、これでポスト頓宮裕真のポジションは首尾よく埋められましたかね。年齢差もちょうどいい感じ。…ただ、諸隈・平野も含めて佐賀商から仲良く3人そろって亜細亜大へ進むのに、ひとり龍野瞳依だけが専修大へ進むことに妙~な違和感を覚えるワタクシです(苦笑)
栗原健(常葉菊川)の亜細亜大入りに関しては、私も相当心配です。上下関係が緩い常葉菊川と、虎の穴的な(暴)亜細亜大とでは環境があまりにも違い過ぎて(大汗)。本当に大丈夫かなぁ…もしも佐野心部長が常葉菊川に残っていらしたら、しれ~っと専修大を勧めてくれたかもしれないのになぁ。

今年の中央大はおとなしめの補強ですかね。五十幡亮汰(佐野日大)の進学が一部で物議をかもしているようですが(苦笑)、私はごくごく単純に「あぁ、佐野日大→中央大だったら澤村拓一(讀賣)のルートに乗っかったんだな」程度に受け止めております。
ただ…個人的にはあんまり五十幡のことは買っていないんですよ…(爆)。むしろ、強い打球を打てる内山京佑(習志野)や内潟凌太(遊学館)の方に期待していますね。

こんな記事も読みたい

【16東京ベースボールスクール】第五回【ベースボールコミュニケーション 野球教室ブログ】

連載第59回・軟式野球部【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

理想の練習法、練習環境とは【倉俣監督BLOG】

第93回箱根駅伝チーム別統括~日本体育大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

強力FW頼みから万能型に進化した帝京ラグビー【スポーツ えっせい】

【湘南女子バレーボール部】山内主将率いるチームのラストゲーム 4年生が後輩に”繋ぐ”もの【東海スポーツ】

第93回箱根駅伝チーム別統括~中央学院大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

渡邊雄太 カリーの母校相手に14得点! 強豪リーグA-10で平均13得点&GWの中心の自覚!A-10とはどんなリーグ?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

ブロガープロフィール

profile-iconb96077

ブログの目的は第一に自分の備忘録なのでアマ野球観戦の記録が主になりますが、一応ドラフト会議や北海道日本ハムファイターズ中心にプロの記事もあげます。

心に残ったヒロインは飯山プロ初本塁打時の「打ったら走るのが基本ですから」
ちなみに好きなヒロインはマクロスFのシェリル・ノーム(Fつながり?)

でも一番美人なのはアルト姫(笑)
  • 昨日のページビュー:1827
  • 累計のページビュー:5087814

(08月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 島袋・一二三世代の彼らをおぼえていますか目と目が合ったときを
  2. 近田怜王も加入!JR西日本、着々と…
  3. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2015
  4. 皆イチローの凄さをわかっていないんじゃないのか?
  5. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブ&ポジティブシンキング!2016
  6. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2014
  7. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!
  8. ライアン、マリナーズやめるってよ
  9. 知られざる2013年ドラフト候補たち
  10. ファイターズスカウト会議で意外な名が

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss