僕の中の大投手 諭

2017年ドラフトを対抗に集中してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年になったわけですが、この時期ではプロ野球スカウト達の間では勿論、野球ライターや一般のドラフトマニアたちの頭の中ではある程度2017年秋に実施されるNPBドラフト会議の有力候補たちが既に出揃っているものなのです。 そこまでの玄人層でなくとも野球ファンの方々であれば、2017年のドラフト候補として清宮幸太郎とか宮台康平ぐらいであれば多くの人が存在を知っていることでしょう。
このブログでは、そんなふうに多くの人から既に認知されている有名ドラフト候補選手、つまり本命的な選手に注目するのではなく、本命と同期であったりポジションやチーム内での立ち位置がほとんど同じであったり等々共通点がいくつかある選手でありながらマスコミ等に取り上げられる機会が比較的少なく、しかしながら潜在能力は本命とさほど遜色なく対抗馬に成り得る!と個人的に思った選手たちを上げていこうという企画をここ数年やってきておりますが、今年もやっていこうかなと。 あくまで個人的に…ということで今年も私の独断と偏見100%で、世間がどう言おうと俺はこいつが好きなんだぁ!という選手を上げていきます。

本題に入る前にまず昨年版であげた対抗選手達について、本命選手とともに結果はこのようになりました。
本命:寺島成輝(ヤクルト1位指名)    →対抗:高橋昂也(広島2位指名) 本命:田中正義(5球団競合で福岡1位指名)→対抗:生田目翼(指名無し、日本通運へ) 本命:佐藤拓也(指名無し、JR東日本へ)  →対抗:笹川晃平(プロ志望を出さず東京ガスへ) 本命:山岡泰輔(オリックス1位指名)   →対抗:谷岡竜平(讀賣3位指名)
本命と指名順位が逆転した対抗はいませんでした。プロ志望を出さなかった分も含めて指名無しも多く、ちょっと対抗及び本命においても選手の選出が甘かったですか。 高橋昂也は最後の夏に見事、最速150km突破し、レベルの高い埼玉大会で無双投球を何度も披露し、そして日本代表に選ばれたU-18でも活躍と春先は停滞気味だった評価を見事覆し、自身をトップクラスのドラフト順位まで引き上げましたね、本当に見事なものでした。 え?甲子園での惨状??一体何の事だかわかりませんなぁ。
生田目翼については怪我が痛かったですね、それさえなければドラ1指名もあり得た人材だったのですが。 彼の師匠・玉田淳氏(流通経済大学投手コーチ)の古巣である日本通運へ進路が決まっているようなのでそこで出直しとなります。 …翼、ここで野球に飽きなきゃいいけどな 
笹川晃平はドラフト直前にして大学野球最後のシーズンにおいて自身最高、そして2016ドラフト指名された他の大学野手たちほとんどを凌駕するほど至高の成績を上げました! …で、そのときはプロ志望を上げず既に東京ガスへ進路を決めた後だったんですよね、本当にこの野郎(苦笑)。
谷岡竜平は正直なところ2016年シーズンにおいてさほど成長が見られませんでしたが、かといって大きな落ち度もなくドラフト順位もこんなもんですかね。ある意味本命・山岡とともに期待通りの順位に落ち着いたと言えなくもないですか。
昨年上げた対抗メンバー達はそれぞれこんな感じでした。そして今年のドラフト有名候補、本命たちに対してはこんな面々を対抗にあげてみました。
清宮幸太郎(早稲田実業 一塁・外野手)→岡田悠希(龍谷大平安高 外野手)
2017年ドラフトにおいて玄人素人問わずもっとも注目されている選手であり既にスターの輝きを持つ選手。それゆえに2017年ドラフトの中心となるであろう存在・清宮幸太郎。 その清宮と同じ世代の高校生には彼に影響されてか、それともこの国に野球が伝来してきて以来伝統的に不得手だった強打者の養成技術がようやく日本球界においても成熟してきたのか、何にせよ近年まれに見るほど個性的なスラッガーが何人も台頭してきており、いわゆる“清宮世代”を形成。その中でも清宮を本命とするならば、横浜高の増田珠や履正社高の安田尚憲らを彼に匹敵するライバルとして持ち上げる傾向が各方面で強く、私もその見方に異論はありません。 が、この記事ではあえて増田でも安田でもなく清宮の対抗には龍谷大平安高が誇るスラッガー岡田悠希を上げます。
岡田は高校野球において名門中の名門・龍谷大平安高へ進学するやいなや数多のエリート選手たちをおしのけて1年春からさっそくベンチ入りを果たすと、公式戦にも早くから登場してレフトの定位置に座り、そしてバットの方でも強打を発揮。東の清宮・西の岡田と評する向きもあったぐらい高校1年時からその名を世間に知らしめます。 選手層が分厚い名門校でとても早くからレギュラーを奪取したことからもわかるように彼の才能は折り紙つきで、とくにパワーとテクニックを兼ね備えた打撃技術はすばらしく、甘く入った真っ直ぐをスタンドに叩き込んだかと思えば難しいコースの変化球を逆方向へヒットにして見せるなど、バットコントロールであれば同じ右投左打の清宮をも凌ぐのでは?と評価されたこともあるほど。 肩も強く、外野守備も年々成長していてまずまずの水準に達するなど総合的にみても悪くない外野手なのです。
ですが岡田といえば高校野球ファンの方々の間では、その選手として素晴らしい才能と同じくらい、いえ下手をしたらそれ以上にヤンチャな部分が話題になってしまう選手でもあります。 彼は練習態度の悪さや忘れ物の多さなど生活態度を理由に平安高の名将・原田監督より敢えて背番号を剥奪されスタメン落ち、ボールボーイをやらされるなど厳しい状況にもおかれたことが何度か報道されました。 ま、それが逆にこのブログで彼を清宮の対抗に上げた大きな理由の一つなんですがね(笑)。 過去にこのブログで安樂智大(現東北楽天)の対抗に立田将太(現北海道日本ハム)を、昨年版でも田中正義(現福岡)の対抗に生田目を持ってきたのも、私が優等生的な本命選手とのキャラの違いも重視したからですね。優等生的な清宮に対し、岡田は非常に魅力的なキャラクターと私が感じたわけです。
それに彼が今ヤンチャしているのも必ずしも悪いことばかりでもないと思うんですよ。 学生の頃は野球一筋で真面目で優等生的な選手は必ずしも全員が全員、それが自分のためと自覚して自分の考えや判断でやっているわけではなく、ただ先生や親や監督が怖くて大人しく従っていただけの選手もいます。 そういう選手に限っていざ学生から世間に飛びだして社会人やプロへ行くと、ハメを外し過ぎてとりかえしのつかない大変なことを起こすものです。それよりも今のうちから色々怒られて、痛い目を見て、そして自分でこれは自分のためにならないということをきちんと体で学んでいる選手の方がずっといい。 岡田は今まさにそんな勉強をしているところであり、この経験を経て野球的にも、そして人間的にも大きく反映させてもっと大物となることを期待したいですね。

宮台康平(東京大 投手)→渡辺佑樹(横浜商科大 投手)
今年のドラフト候補たちの中で、話題性や知名度だけで言えば清宮に匹敵する存在である宮台康平。 東京大学という環境においてこのクラスの、しかも希少な“左腕”が登場すると言うのは十年に一度あるかないかのことで、そういう意味で彼は大変稀有な存在です。 ただ意地悪い見方をすれば、宮台の能力のみ純粋に評価するならばとくに突出した存在では決してなく、つまり彼が仮に東大ではなくどこか別の私立大学野球部にでも所属していれば、それでも活躍したりドラフト候補の俎上に上がったりはするでしょうが、少なくともここまでの話題や人気を得ることは無かったはずです。 そこで、今年のドラフト候補で宮台と同じ大学左腕投手かつ同じ関東圏で活躍し、能力的にも比較的近いランクにありながら知名度という一点において宮台よりずっと劣るという、まさに宮台が“普通の”強豪校にいた場合を体現している横浜商科大の渡辺佑樹を紹介がてら、このブログでは彼を宮台の対抗馬に上げます。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ドラフト会議
タグ:
岸潤一郎
松田知希
田嶋大樹
松田進
京田陽太
吉川尚輝
下石涼太
宮本丈
渡辺佑樹
宮台康平
岡田悠希
安田尚憲
増田珠
清宮幸太郎
谷岡竜平
笹川晃平
玉田淳
生田目翼
高橋昂也
ドラフト会議

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

2017年ドラフトを対抗に集中してみる

nobさん

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

笹川はまぁ…アレですから、もう2018年に期待するしかないですね。
岡田もまぁ…仰る通りアレですが(笑)。ただやっぱり彼のキャラが好きですし、バットについては文句ない選手なのでなんとか原田監督に仕上げてもらいたいところです。

渡辺佑樹についてもボクが好きだから!ということと、本文でも語っているのですが彼は調べれば調べるほど妙に色々な面で宮台とシンクロしていたので、こうなるとどうしても上げたくなったのですが、仰る通り彼はまずチームのエースを目指すところからでしょうね。
某誌はホント、なぜ下石を有力候補のごとく取り上げていたのか…よっぽど下石を気にいっていたのか?と思いましたが、それはさておき宮本本命で間違いないでしょう。問題は確かにプロ入り後ですね…。

松田はまぁ…そもそもドラフト候補クラスでは無いという選手でありますが(苦笑)、仰る通り西武ぐらいしか目をつけなさそうな(笑)。でも今年の社会人は現時点であまりパッとしない印象なんですよね。
田嶋も希少属性持ちということを除けば意外に大したことない、といったら言い過ぎかもしれませんが思ったより伸び悩んでいますしね。

2017年ドラフトを対抗に集中してみる

フリッカーさん

あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

岡田については素行についても外野守備についても、まあこれぐらい雑だった過去の名選手はいくらでもいるから、むしろ大物感があっていいかな?(笑)と思ったんですよね。
仰る通りクソガ…もといヤンチャだったダルとか中田翔も相当でしたし…でふと思ったのですが、東の清宮・西の岡田と発言したのは日ハムの大渕ディレクターなんですよね…これは岡田ファイターズ指名のフラグ??

宮台は本命候補として外すわけにはいかなかったんですよ。で、宮台の対抗としてはフリッカーさんの上げられた齋藤大将や高橋遥人の方がふさわしいのはわかるのですが、ボクが渡辺佑樹好きなので(笑)。後、本文でも語っているのですが調べれば調べるほど妙に色々な面で宮台とシンクロしていたのでどうしても上げたくなったんですよ。確かに彼はプロ以前にまず自分のチームでエースを目指せレベルなんですけれどね(苦笑)。

小豆澤はいいですね~遊撃守備だけなら宮本も上回りますしね。そうか、そういう方向もありましたな。
そして社会人は人材不足でしてね…田嶋にしても希少価値を除けば結構伸び悩みの感がありますしね…松田についても無理やりぶち込んだだけで、渡辺と同じく本来ドラフト候補とすべきではないクラスなんですよね(汗)

フリッカーさんが上げられた候補の中で岡林はいいですよね!
180cm最速150kmを達成していていながら控え投手というロマンの塊にして高校も菰野というタレント製造工場と(笑)。彼のような選手が爆発してくれれば高校野球もドラフト的にも面白くなってくれますよね~

2017年ドラフトを対抗に集中してみる

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

毎年恒例のアレですね(笑)。こういうのは当たる当たらないよりも予想するのが楽しいですし、その選手を1年追っていくのが面白いので。まあ、笹川みたいに本当にこの野郎(苦笑)を見るのはちょっと悔しい感あるので、できればプロ行ってくれって感じなんですけどね。

本題ですが、岡田を選ぶ所はさすがですね。どこのサイトも雑誌も上位に挙げていますが、私的には何度もピンと来る所がなくメンタル面が改善されない限りはポジション柄ボーダーなのかなという印象です。捕らえた時の打球、スイングスピード、足は申し分ないんですけどね。チーム自体は下級生中心ですし、もう少し自覚持ってプレーしてもらえたらなと思いますけど、そこは原田監督次第でしょうね。プロは早いと本人にも伝えていた高橋奎二(ヤクルト)も結局高卒プロ入りしましたし、夏までに目を見張るような内容を示せるかでしょうね。

渡辺佑樹はまずチームでエースになれるかどうかでしょうね。左沢というお手本を見ながら最後の1年どう過ごしていくかでしょう。何となく彼もJX行っちゃいそうな予感が・・(笑)。

下石と宮本ですが、去年二人とも見ましたがポテンシャルは圧倒的に宮本ですし、プロ好みするのも宮本なのは言うまでもありません。田中俊太でも大卒で行けなかったのに、それより劣る下石が劣ってないとするとキャプテンシーくらいで彼もほぼほぼ社会人行きなのではという見方していませんね。ただ、宮本が不安な所は奈良学園大からプロで活躍した選手がほぼ皆無という所でしょう。それも全日本常連ですから問題はないでしょうが、世代によって良い世代悪い世代はあるので・・。

そして、松田ですね・・。ホントフムフムさんは渋い所狙ってくるなぁ(笑)。松田自体もそこそこ投げていますし、都市対抗で目立てば勝手にスカウトが寄ってくるでしょう。でも、JR四国って基本下位指名が多いので、お眼鏡にかかる所はあるのかどうか・・。西武とか怪しいですけどね(笑)。挙げられた田嶋でも私は即戦力になれるかというと・・、?で入っても2,3年目あたりからやっと出てくるのではという印象を去年2試合くらい見て思ってるので、投手受難なドラフトになりそうなのは去年から変わりませんね・・。

2017年ドラフトを対抗に集中してみる

新年おめでとうございます。本年も何卒よろしくお願いいたします。

毎年恒例のドラフト対抗記事ですね。元旦早々からたいへんお疲れさまです(苦笑)
確かに巷の報道では、清宮幸太郎(早稲田実)の対抗を安田尚憲(履正社)とする傾向が強いですけれど、そんな中で敢えて岡田悠希(龍谷大平安)の名前を挙げるあたり、フムフムさんの姿勢は2017年もまったくブレていませんねー。何だかうれしいです(笑)
記事内にもある通り、岡田は素行と忘れ物の多さがかなり残念な選手ですよね。おまけに、個人的には外野守備も相当雑すぎるかな?とも。外野手がイージーゴロを何度も後ろへそらし、単打を長打にしちゃってはいけませんわー(汗)。岡田の緩い守備を見ていると私、時々谷田成吾(JX-ENEOS)を連想するくらいですから(←これは褒め言葉…ではありませんよ~、爆)
まぁそう言いながらも、素行に難のある選手もプロで矯正(もとい)精神的に鍛え上げて一本筋の通った選手へ生まれ変わったら…という期待は私も持っています。むしろそんなタイプの方が大きくブレイクしそうだな、とすら。思えば、現在超一流として活躍するダルビッシュや中田翔だって、高校時分は結構なクソガキ(もとい)ヤンチャでしたもんねー(笑)

宮台康平(東京大)は意外にもプロ志望のようで、早くも一部球団から注目情報が出始めておりますが…私としては今でも「本当にそれで良いの?」という複雑な思いがあります。どうもねぇ、プロ入りまではできるとしてもその後の宮台、弱肉強食の世界で活躍するイメージがわかない(暴)んですよ。
対する渡辺佑樹(横浜商大)も確かに好投手ですが、こちらもプロ?と言われるとピンと来ず、社会人で活躍する印象なのです。今のところ。1年先輩の左澤優みたく、有力社会人チームへ進む姿が私にとっては一番しっくり来ます。
その一方で「じゃあ代わりに、2017年ドラフトの大学生左腕候補を挙げてみろ」と言われても、にわかに困るんですけれども(爆)。…う~ん…私が思うのは現状で本命・齊藤大将(明治大)-対抗・高橋遥人(亜細亜大)でしょうかねぇ?(悩)

下石涼太(東海大)が大学生野手一番手だとぉ!仕事ぶりがぬる過ぎるわ!!ちゃんと足使って取材せんかい、野球雑誌(←和訳)社!!!…と、私も便乗(もとい)同調して怒ってみます(苦笑)。
下石ねぇ…良い選手ではあるけれど、下級生時に比べると年々印象が薄くなっていますし。仰る通り、遊撃のポジションも1年生の杉崎成輝にあけ渡しつつありますし。ただ下石のセンスは抜群なので、何か一つのきっかけで大きく変われる予感もしますけどね。もしかしてそれ込みでの高評価なのか、野球雑誌(←和訳)社!?
フムフムさんが宮本丈(奈良学園大)の名前を挙げられるのは何とな~く予想してはおりました(笑)。プレーに華があって、スピードもある好遊撃手。ただ下石の対抗としては少し背丈に差があるかな?とも感じるので、個人的には下石の対抗には、小柄な小豆澤誠(上武大)をぶつけてみます。

2017ドラフトでは、社会人左腕候補が一番難しいカテゴリーかもしれませんねー(苦笑)。いやぁ本当に、田嶋大樹(JR東日本)1人だけが実績でも存在感でも突出し過ぎていると言いますか。こうしてちゃんと対抗の名前を挙げられるフムフムさんのことを尊敬してしまうくらい、それだけ具体的な選手名が私にはまったく思いつけなかったですよ。
ぶっちゃけ、松田知希(JR四国)のことは全然知りませんでした。いやぁ私もま~だまだ、勉強不足ですね。今年は彼にも注目してみます。


2017年、個人的な本命‐対抗はこんな具合でしょうか。

・快速高校生右腕(その1)きっとプロスカウト好みのタイプ。細身で柔らかい腕の振り、投球センスを感じさせる長身投手
  → 石川翔(青藍泰斗)×宮原大樹(宇治山田商)

・快速高校生右腕(その2)制球難はお約束、とにかくボールが高めに抜ける抜ける。だけど低めに決まればあの球威、高校生打者では攻略困難だろうなぁ
  → 古屋敷匠真(八戸工大一)×岡林飛翔(菰野)

・左の長距離砲、飛距離とパワーは文句なし。打席によってムラがあり、打てるコースにもばらつきがあるのは伸びしろか。守備位置でも少々悩みそうかな
  →安田尚憲(履正社)×寺西建(星稜)

・こちらも飛距離とパワーは充分。しばかれるボールが気の毒。良い時と悪い時の落差がちょっと大きいけれど、右の長距離砲は高い希少価値。大事に気長に育てたいもの
  →正木智也(慶應義塾)×若林将平(履正社)

こんな記事も読みたい

17.1.1 CSへの持論 in 2017【巨人を見る】

明けましておめでとうございます【光散らし空へ】

金本が監督では2017年も阪神が優勝するのは難しい 明るい材料は星野、岡田、真弓、和田と2年目は優勝か2位【やっぱり“T-1”は悪球打ちby23(フタミ)】

第93回箱根駅伝区間エントリー ~予選会組編~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第93回箱根駅伝予想順位&1~5区区間賞予想【北のお部屋】

第93回箱根駅伝区間エントリー ~シード校編~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

ライバル校は対青山学院シフトをどのように敷いてくるか【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

9位:それぞれの天皇杯  -超私的!2016年:Jリーグ&日本サッカー10大ニュース-【マニアではなくオタクです】

ブロガープロフィール

profile-iconb96077

ブログの目的は第一に自分の備忘録なのでアマ野球観戦の記録が主になりますが、一応ドラフト会議や北海道日本ハムファイターズ中心にプロの記事もあげます。

心に残ったヒロインは飯山プロ初本塁打時の「打ったら走るのが基本ですから」
ちなみに好きなヒロインはマクロスFのシェリル・ノーム(Fつながり?)

でも一番美人なのはアルト姫(笑)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5141753

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 島袋・一二三世代の彼らをおぼえていますか目と目が合ったときを
  2. 近田怜王も加入!JR西日本、着々と…
  3. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2015
  4. 皆イチローの凄さをわかっていないんじゃないのか?
  5. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブ&ポジティブシンキング!2016
  6. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2014
  7. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!
  8. ライアン、マリナーズやめるってよ
  9. 知られざる2013年ドラフト候補たち
  10. ファイターズスカウト会議で意外な名が

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss