僕の中の大投手 諭

BCリーグ 2016年ドラフト会議

このエントリーをはてなブックマークに追加

栃木ゴールデンブレーブスに滋賀ユナイテッドと更に2球団が新加入して10球団と拡大の一途をたどる野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの2016年ドラフト会議が行われました。 その結果は以下の通り。

栃木ゴールデンブレーブス
新球団優先枠 板倉寛樹 (外野手 香川オリーブガイナーズ)        山崎貴之 (内野手 TOKYO METS) 地元枠    野崎新矢 (内野手 千葉工業大)        岩井敦  (外野手 コットンウェイ硬式野球倶楽部) 通常指名1巡 スコット・ハーキン (投手  フロンティアリーグ(米独立リーグ))

滋賀ユナイテッド
新球団優先枠 保田拓見 (投手  相生学院高)        渡辺明貴 (投手  山梨球友クラブ) 地元枠    なし 通常指名1巡 三木田龍元(投手  ウィン北広島)        中瀬祐  (投手  福島ホープス)

富山GRNサンダーバーズ
地元枠    なし 通常指名1巡 和田康士朗(外野手 都幾川倶楽部硬式野球団)     2巡 鈴木悠史 (投手  コンコーディア大)     3巡 長尾駿  (内野手 カナフレックス)     4巡 林崎龍也 (捕手  国士舘大)     5巡 丸岡駿介 (内野手 中央学院大)

武蔵ヒートベアーズ
地元枠    なし 通常指名1巡 李祗瑁  (投手 ロッテジャイアンツ(KBO))

信濃グランセローズ
地元枠    小林峻  (外野手 千曲川硬式野球クラブ)        漆戸駿  (投手  京都学園大) 通常指名1巡 浅見修兵 (投手  新波)     2巡 朴世俊  (外野手 漣川ミラクル(韓国独立リーグ))

新潟アルビレックスBC
地元枠    前川恒  (外野手 上越高) 通常指名1巡 金姃厚  (投手  尚武フェニックス(KBO))     2巡 筑間透  (投手  NPO法人ルーキーズ)

福井ミラクルエレファンツ
地元枠    なし 通常指名1巡 中島健介 (捕手  徳島インディゴソックス)     2巡 楊鑄真  (投手  日本経済大)

福島ホープス
地元枠    齊藤裕大 (外野手 青森大) 通常指名1巡 川口瑞貴 (投手  青森大)     2巡 秋吉龍二 (投手  福岡ベースボール倶楽部)     3巡 鍵政祥太 (投手  札幌ホーネッツ)     4巡 溝上裕樹 (投手  希望が丘高)

石川ミリオンスターズ
地元枠    なし 通常指名1巡 有吉弘毅 (投手  福岡大)     2巡 金山開  (内野手 金沢学院大)     3巡 アートゥロ・アマヤ・マドリガル(投手  メイターデイカトリック高)

群馬ダイヤモンドペガサス
地元枠    荻野恭大 (投手  桐生西高) 通常指名1巡 笠井聖寿 (外野手 駒大苫小牧高)     2巡 東屋宏明 (捕手  関西国際大)     3巡 梶原直景 (外野手 東京学芸大)

各球団、昨年より指名者の頭数は少ないのですが、なんつーか入力しにくいというか、アメリカや韓国からくる選手が多くて、これなんて発音するんだ!?とか、この漢字変換できるのか!?とか、昨年より圧倒的にこの文章を入力するのが大変でしたわ(笑)。
んで、面子を確認していて驚いたのが新球団・滋賀ユナイテッド1巡目指名の三木田龍元と、福島ホープス3巡目指名の鍵政祥太

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ドラフト会議
タグ:
ドラフト会議
群馬ダイヤモンドペガサス
石川ミリオンスターズ
鍵政祥太
福島ホープス
福井ミラクルエレファンツ
新潟アルビレックスBC
信濃グランセローズ
武蔵ヒートベアーズ
富山GRNサンダーバーズ
三木田龍元
滋賀ユナイテッド
栃木ゴールデンブレーブス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

BCリーグ 2016年ドラフト会議

フリッカーさん

いつもどうもです!

三木田は四国にも指名されているのでどっちに行くのかわからないのですが、どちらにせよ彼は北大医学部というブランドをひとまず置いてまで(笑)野球を選んだわけですから、本人が納得いくところまで頑張ってほしいですね。

林崎の時代の浦和学院タレント軍団。言われてみたらまだNPB入りを誰も果たしていないですねぇ~フリッカーさんに言われるまで私、気付きませんでしたよ~おかしいなぁ~(しれっと)
それはさておき、林崎も東都ではなく、案外東京新あたりに行っていればまた違った可能性もあったかもしれないなと、彼の名前を見てつい思ってしまいましたよ、私(苦笑)。

漆戸なんかにもやっぱり同じような感想をもってしまうんですよね、愚にもつかない思いであることは重々承知の上で。
そういう意味で、大学の選択というのはかなり重要だなとつくづく思いますね~

BCリーグ 2016年ドラフト会議

三木田龍元と鍵政祥太、どちらもBCリーグドラフトで指名されたとは。これはフムフムさんにとって感慨深いニュースですよね。
一般的には北海道でのクラブ野球を続ける方が、今後の生活とか財政基盤を考えるときっと有利で安定しているとは思うのですが、より高いレベルの野球環境に身を置いて成長したい!という強い気持ちがもし本人にあるのなら、BCリーグへ進む方が良いのかもしれませんね。

北海道出身者では、他にも中島健介が福井から指名されていますね。稚内大谷→北海道教育大函館という経歴は間違いなく道産子のものですが、現在の所属は徳島インディゴソックスということで。
…う~ん、どちらも独立リーグで同じプロなのかぁ…。
前述の三木田や鍵政のケースと違って、こういう場合はどちらへ進むべきかの判断が難しいですよねぇ(悩)まぁ、リーグレベルや出場機会などをいろいろ勘案して最終的に本人が決めれば良いことなんですけど、この手のニュースって私には時折「独立リーグ同士の選手引き抜きバトルロイヤル」に聞こえてしまい、思わずドキッとさせられます。仁義も容赦もないなぁ…と勝手に(←これは私の誤解かもしれません)

私が気になる指名選手は、林崎龍也(富山4巡)・漆戸駿(信濃地元枠)・荻野恭大(群馬地元枠)あたりでしょうか。
林崎はやはり、浦和学院時代の超・超豪華なラインアップの一員という印象がめちゃくちゃ強いです、私。佐藤拓也(現立教大)とバッテリーを組んでいて、スタメンは1番・竹村春樹(現明治大)、2番・林崎、3番・佐藤、4番・山根佑太(現立教大)、5番・笹川晃平(現東洋大)、6番・高田涼太(現立教大)…って、こんなん絶対に強いに決まってますやん!!(逆ギレ)もちろん全国制覇するに決まってますやん!!(…あれ??)とね(爆)
当時から強肩と好打が光る、実に良い捕手でした。が、国士舘大進学後はあんまり噂を聞かなかったなぁ…そう言えば。
今回のBCドラフトで心機一転、さらなる成長のきっかけにしてほしいですよね。超豪華すぎる浦学メンツ!とか上で私言ってたもののよくよく考えれば、当時の浦学メンツの中でNPB入りを果たした選手なんて実はまだ誰一人いないわけですしー?(←しれっと・暴)。林崎がその第1号となる可能性だって当然あるはず。

漆戸も地球環境高のエースとしてセンバツに出場、初戦で当たった履正社との試合を現地へ観戦に行ってましたので、特に思い入れは強いです。後半に沖田勝俊(現専修大)に勝ち越し本塁打を許すものの、伸びる速球を駆使して試合中盤まではまったくの互角でしたねー。ちなみに、投げ合った履正社の先発は東野龍二(現駒澤大)でしたよ。
林崎同様、大学進学後の印象に乏しい漆戸ではありますが、地元球団へ進むことで良い意味でのリスタートを切れるような気がします。

私は直接荻野を観たことはなく、もっぱら野球太郎を読んで妄想をたくましくしているところなんですが(苦笑)、完成度は低いながらも素材としては結構鍛えがいがありそうな雰囲気をビシビシ感じています。
また今年の桐生市には、内池翔(桐生第一)や東宮諒(桐生南)といった好投手が荻野の身近にいたわけで、強い上昇志向を持つ彼ならそういう環境下では「絶対に負けられない!」という闘志を一層燃やすと思うんですよね~。それが今後の彼の成長を大きく促すのではないか?そういう期待を抱かずにはいられません。

こんな記事も読みたい

【北海道キャンパス硬式野球部】明治神宮大会一回戦対日本文理大(○3‐2)【東海スポーツ】

【2016年1部リーグ第10節福山大会~全6試合の結果と感想、および雑談】【銀猫の女子ソフトボール観戦記】

考えられる子が伸びる!【倉俣監督BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconb96077

ブログの目的は第一に自分の備忘録なのでアマ野球観戦の記録が主になりますが、一応ドラフト会議や北海道日本ハムファイターズ中心にプロの記事もあげます。

心に残ったヒロインは飯山プロ初本塁打時の「打ったら走るのが基本ですから」
ちなみに好きなヒロインはマクロスFのシェリル・ノーム(Fつながり?)

でも一番美人なのはアルト姫(笑)
  • 昨日のページビュー:983
  • 累計のページビュー:5139870

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 島袋・一二三世代の彼らをおぼえていますか目と目が合ったときを
  2. 近田怜王も加入!JR西日本、着々と…
  3. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2015
  4. 皆イチローの凄さをわかっていないんじゃないのか?
  5. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブ&ポジティブシンキング!2016
  6. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2014
  7. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!
  8. ライアン、マリナーズやめるってよ
  9. 知られざる2013年ドラフト候補たち
  10. ファイターズスカウト会議で意外な名が

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss