僕の中の大投手 諭

ファイターズは北海道関係の有力選手達にどこまで関心を

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日10月11日に北海道日本ハムファイターズは札幌市内で今年5回目、ドラフト会議直前のスカウト会議を行い、投手を1位指名する方針を確認したと報道されました。 って、報道されんでもわかるわ!野手不作の今年のドラフトで、投手以外を1位指名方針だったら逆に驚きだよ!?
…まぁそれはともかく、他に最終的に指名候補は約90人をリストアップし、1位指名で他球団と競合して抽選となった場合は栗山監督がくじを引くことになったようで。
2月 200人    ↓ 6月 120人    ↓ 10月 90人
とドラフト候補を順調に絞ってきて、くじ運の悪さに定評のある栗山監督に任せるということですか。今まで外れてきたから今度は当たり目がでるよ!という考え方でもするしかないですねぇ(苦笑)。 んで、北海道にも古谷優人(江陵高)という全国的にもビッグな投手が出てきたのですが、ファイターズが1位指名する可能性のある投手というのは田中正義(創価大)、寺島成輝(履正社高)、今井達也(作新学院高)の3名のうちのいずれかでほぼ間違いないようで、ファイターズの古谷指名の可能性に言及している報道はあまり無いみたいです。今年も何かしら北海道関係選手の指名はあるんでしょうか?

近年、北海道の学生野球は昔と比べて随分レベルが上がった感があり、北海道地区の選手もしくは北海道出身で道外の学校やチームに所属する選手たちがNPBドラフトにかかり、プロ野球選手になっていくケースが昔よりもコンスタントに発生するようになった気がします。
日本ハムファイターズというプロ集団が北海道に移転し、様々な活動をしながらこの地に根付いてきている影響もあるでしょう。 情報化社会の恩恵で全国どこにいても指導者や選手自身が、最新のトレーニング法や野球技術の情報を受け取れるようになったのも大きいです。 古谷優人という存在の出現は必然ともいえます。
これまでファイターズは地元北海道の選手を取らない球団とよく揶揄されてきましたが(というかそもそもこのブログでネタにしていましたが)、それはファイターズ目線で北海道に見込みのある人材がそれだけ少なかったせいであり、これからこの状況は変わってくるのではないでしょうか。ファイターズの採用欲をもっと刺激するぐらい北海道地区アマチュア野球のますますの発展を期待したいところです。
といったところで先の疑問に戻って、今年のファイターズは北海道関係の有力選手達にどこまで関心を抱いているんでしょうか? ふとそんなことを思い、自分なりに今の北海道地区でドラフト候補として取り上げられたことのある有力選手をいくらかまとめてみました。 過去にドラフト候補として話題になったことがあれば今年プロ志望を出していない選手も上げてみました。また、進路の記述は10月現在で私が把握している情報です。
紹介ついでに、個人的に日ハム注目度や、道産子度・知名度・実績度・俺思い入れ度の5項目について評価してみました。 日ハム注目度が今回のテーマに沿った中心項目ですね、これは各スポーツ紙等の記事を参考に私の独断と偏見でファイターズスカウトがその選手の獲得に熱心かどうか?という点を評価してみました。あくまで私の独断と偏見が基準ゆえ、この項目が低い選手でもファイターズがドラフト指名する可能性は普通にあるのでそこはご了承のほどを。 道産子度は北海道にいる期間が長いほど得点が高くなります。生まれからずっと北海道という選手は高く、道外出身者で進学のため北海道へ来た選手は低めになるわけです。 知名度や実績度もあくまで私の独断と偏見基準です。実績に関しては硬式野球経験年数が多くなる大学生の方が高校生より高めにしております。ただ大学生より更に硬式野球経験年数を経た社会人選手なのに実績が低い選手も登場しますが、そこはお察し下さい。 俺思い入れ度は俺の愛ですね。 これらを更にレーダーチャートにしてみました。
…え?各選手のパワーとかスピードとかテクニックとか、もっと重要な項目を作ればいいのに、とくにオマエの思い入れとか知りたくない、しかもそんな分けわからん項目をレーダーチャート化ってますます意味分からん、ですって!? まともな評価が知りたい方は野球太郎とか雑誌アマチュア野球でもお読みください

生田雄也 (旭川大 右投左打 捕手 プロ志望届提出)

7ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ドラフト会議
北海道日本ハムファイターズ
タグ:
吉田雅貴
大谷翔平
山根大幸
水野滉也
松本桃太郎
玉熊将一
河村説人
陣翔大
二階堂誠治
岩田巧
瀬川隼郎
今崎淳次郎
池沢佑介
樋越優一
生田雄也
古谷優人
栗山英樹
ドラフト会議
北海道日本ハムファイターズ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ファイターズは北海道関係の有力選手達にどこまで関心を

北風さん

コメントありがとうございます、そして情報ありがとうございます!

私大雑把な人間なもので、今年星槎道都大を観戦していながら全然気づきませんでした(汗)。
北風さんのコメント読ませてもらって、今慌てて星槎道都大のHPチェックして、あっ河村いるわ(苦笑)と…本当に教えて頂いてありがとうございます!!
北風さんのコメントなかったら多分、河村が道都大の試合でマウンドに上がるまで私全く気付かなかったと思います(笑)。
1年春から道都大のレギュラーを奪取して活躍している白樺学園の後輩・橋本球道とはまさかの同期になったわけですね河村。

河村と亜大との経緯について、本当に北風さんの仰る通りで、河村はどこまで亜大のことを知っていたのか、また、亜大進学について河村自身の意志がどこまであったのか…等々気になるところですね。
まぁ、今となっては過去ということで、彼も故郷北海道に戻りつつ、道内では最も本格派投手の育成に定評のある道都大入りできたことで彼の再スタートは大いに期待できそうです!

「ファイターズは北海道関係の有力選手達にどこまで関心を」へのコメント

はじめまして、いつも楽しくブログを拝見しています。
初めてコメントさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
おそらくご存じかとは思いますが、こちらの記事にも名前が出てる河村(白樺高→亜大中退)、今春から北海道に戻って道都大学野球部に所属してるんですよね。
自分も主様と同じく、河村が亜大進学と聞いたときは「“あの”亜大に進学して大丈夫なのだろうか…?」と心配したものですが、その懸念は悪い意味で的中してしまいました。
結局1年生の秋を前に亜大野球部を退部し、それっきり野球も辞めてしまったものかと思っていましたが、今年の初め頃に道都大学に移籍すると聞いてひとり喜んだものです。
河村は甲子園にも出て知名度が上がり、その中でその素材の良さが大学関係者に注目されて亜大進学となったのでしょうが、気になるのは河村本人がどこまで「亜大野球部」のことを知っていたのかということです。
今の時代、いくらでも大学の情報は自力で調べることはできると思うのですが…。
まぁそれでも1年生からの再スタートとなりましたが、河村が再び北海道野球界で活躍する日が来ることをいちファンとして期待しています。

ファイターズは北海道関係の有力選手達にどこまで関心を

samusamuさん

コメントありがとうございます、そして返信が遅れて大変申し訳ありませんでした。

私もちょっと前の記事になるとついコメントチェックを怠ってしまい、返信が遅れて大変失礼いたしました。

そして情報ありがとうございます!
岩田はジェイプロジェクトですか、いいところいきましたね~。なまじ名門社会人チームへ行ってしまうと有名大学卒の同期や強力なベテラン選手の壁に阻まれて出番なく終わっちゃうことも多いですから…
その点ジェイのような若いチームは東京六大卒選手とかベテラン選手が少ないだけにチャンスはかなりあり、チーム成績は不安定かもしれませんが勢いもあって、彼にとって良い進路だなぁ、と思いますね。

ファイターズは北海道関係の有力選手達にどこまで関心を

いつも楽しく拝見させていただいております。
唯一進路が発表されていない旭川大岩田巧の進路がわかったので報告させていただきます。
社会人激戦区の東海地区ジェイプロジェクトです。
今後も楽しい記事をお待ちしております。

こんな記事も読みたい

【現地観戦で痛快!いつも通り!!】【カープ仁義 ~富永一朗に花束を~】

CSファイナル初戦は完勝!【赤バカ日誌】

タイムリー5本!田中が菊地が丸が新井がエルドレッドが!【カープのことが好きだから】

大谷リアル二刀流でCS先勝【FF】

前進守備【愛する我がパシフィック】

ファイターズの勢いはポストシーズンも続くのか【スポーツ えっせい】

開幕前パリーグ3位予想 日本ハムファイターズ 再検【老若男虎】

【2016】Fsドラフト予想【前編】【札幌ドームが見える部屋から】

ブロガープロフィール

profile-iconb96077

ブログの目的は第一に自分の備忘録なのでアマ野球観戦の記録が主になりますが、一応ドラフト会議や北海道日本ハムファイターズ中心にプロの記事もあげます。

心に残ったヒロインは飯山プロ初本塁打時の「打ったら走るのが基本ですから」
ちなみに好きなヒロインはマクロスFのシェリル・ノーム(Fつながり?)

でも一番美人なのはアルト姫(笑)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:5244481

(12月07日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 島袋・一二三世代の彼らをおぼえていますか目と目が合ったときを
  2. 近田怜王も加入!JR西日本、着々と…
  3. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2015
  4. 皆イチローの凄さをわかっていないんじゃないのか?
  5. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2017
  6. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブ&ポジティブシンキング!2016
  7. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2014
  8. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!
  9. ライアン、マリナーズやめるってよ
  10. 知られざる2013年ドラフト候補たち

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss