僕の中の大投手 諭

特にひねりのないファイターズドラフト予想2014

このエントリーをはてなブックマークに追加

気付いたらパ・リーグの全日程が終了して西川遥輝の球団史上2度目盗塁王が決まりましたね(オメデトー♪) 後もう一つ気付いたらドラフトの時期がもう10日切りましたね。 更にもう一つ気付いたらここまでのくだり、前と同じですね…(特にひねりのないファイターズドラフト予想2013]参照)
それはさておき、今年もファイターズのドラフト予想でもやってみたいなと思います。 昨年のここでの予想は1位の松井裕樹が当たり(ヒデキがくじを外したけどな)、高梨裕稔がニアピンといったところでしたか。 昨年は松井裕樹がドラフト1番人気でファイターズも割と早くから公言、とまではいきませんが匂わせてはいたので、今年も1位には盛んに報道されているような1番人気の選手で来るかと思います。 そうなると複数球団の競合は避けられませんから、くじを外した場合の外れ1位の予想もファイターズのドラフト予想では必須ですね。

このようにドラフト予想するにあたって過去の傾向を参考にしてみようと思ったので、さしあたって過去5年間におけるファイターズのドラフト指名傾向でも見てみますか。

グラフ1

2009年~2013年の5年間におけるファイターズのドラフト指名者は毎年7名前後の指名があって総勢34名。 その内訳は投手19名に対し野手をまとめても14名と、ピッチャーは例年大量に指名されるポジションであることがあらためてわかります。後、投手兼野手1名(笑)。

グラフ2

また、指名者の出自の内訳は高卒が14名、大卒が11名に社会人が8名です。その他独立リーグからの指名者1名。

荒張裕司

↑ファイターズドラフトの特異点・荒張裕司
ここ5年のドラフト指名平均7名にこの内訳の平均を大雑把に加えれば、投手だけで3~4名指名し、内野手が1~2名、捕手と外野手がそれぞれ0~1名ぐらいで、出自については高卒が3~4名、大卒2名、社会人1~2名ぐらいに分け合う感覚でしょうか。
ちなみに過去5年間の社会人指名者は全員投手で、社会人野手の指名は一度もありませんでした(ファイターズ最後の社会人野手指名は2006年大社ドラフト6巡目指名の金子洋平)。その社会人野手指名無しの傾向はもしかしてまだ続くかもしれません。 逆に社会人投手に関しては重視しているらしく、例年必ず1名以上コンスタントに指名しています。 更にドラフト5位で過去5年中4度も社会人投手が指名されており、5年中唯一ドラ5が社会人投手では無かった2010年もすぐ下の6位で齋藤勝が指名されているので、これは意図的な可能性があります。社会人投手を重視はしているが指名は下位指名で済ます、さほど人気のない候補でも戦力になり得ると判断、という考えですね。 実際、そこから戦力になっている投手も何名かいますので、今年も5位で社会人投手指名はあると予想します。
社会人投手枠としてピンポイントに5位に注目したので他の順位も見てみますか。
2位枠はここ5年のうち2011~12年の2度高校生内野手(遊撃手)を指名しており、更に2010年2位の西川遥輝ですが指名時は高卒外野手であるとはいえ彼は元々遊撃手で、そして入団してすぐ内野手として育成もされています。また、2013年1位の渡邉諒も、ドラ1をヒデキがくじ外しまくった結果彼が1位に繰り上がっただけで本来は2位と考えられていた可能性もあり、強引ではありますが2位枠は高卒内野手が多め傾向にあるともいえます。
3位枠はここ5年のうち4度は大学生が指名されている大卒傾向にあり、上位1~2位指名から漏れた大学生有力候補をここで受け止めると考えているのかもしれません。
6位枠は5年のうち4度において出自はバラバラですが投手が指名されていますね、5位社会人投手枠説と合わせて5~6位連続で投手を指名しにきそうです。

ここまでこういう指名がされるという傾向の話でしたが、今度は逆にこれが指名されない、という話
地元選手(爆)
…と、それは置いといて捕手について。 ここ5年で捕手が指名された年は2009、2011、2013年と隔年ごとで、その法則に沿うと今年は指名が無い年になります。 捕手は多すぎると、実戦経験を積む機会が他のポジション以上に極端に減り、飼い殺しにもなりかねない位置なのでそれを防ぐためでしょうか?今年は高校生捕手など有望な人材が幾らか揃っていますが、捕手指名は無いかもしれません。

傾向の分析をし続けてもキリがないのでこれくらいにしておきますか。このまま分析を続けるとファイターズは同姓の選手を好む法則まで出てきますからね、“かねこ”とか“いしかわ”だったら指名されるとか(笑)。 ここまでの話を加味して今年のファイターズドラフトを予想してみました。

2014ファイターズドラフト予想 
1位  : 有原航平 外れ1位: 横山雄哉 2位  : 宗佑磨 3位  : 江越大賀 4位  : 齋藤綱記 5位  : 井上翔夢 6位  : 宮尾陽佑 7位  : 中川圭太

1位予想 有原航平(右投右打 投手 早稲田大学) 

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
北海道日本ハムファイターズ
タグ:
中川圭太
宮尾陽佑
井上翔夢
齋藤綱記
岡大海
乾真大
江越大賀
宗佑磨
鵜久森淳志
横山雄哉
有原航平
渡邉諒
齋藤勝
金子洋平
荒張裕司
高梨裕稔
西川遥輝
北海道日本ハムファイターズ
ドラフト会議

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

特にひねりのないファイターズドラフト予想2014

TOさん

いつもコメントありがとうございます!

本当に今オフのファイターズは野手の退団が多いですね…鵜久森のクビが心配だ(そっちかい)。
TOさんのご指摘通り、野手指名の傾向が例年より強まりそうです。

ドラ1岡本予想とは、巨人にまた喧嘩売り!そして岡本は今までの選手とは違って日ハムファンの側なんですよね。
ロッテは横山雄哉の1本釣りという情報もあるみたいですし、岡本指名が来たら巨人と一騎討ちになる可能性高そうです。

内野手の上位指名ならやっぱり宗佑磨ですよね!
私も含めてこのスポナビブログではかなりの方が宗指名を予想にあげており、ある意味1位指名者よりファイターズファンに期待されている選手ですわ(笑)。

そして島袋は仰る通り白村と同じ状況であれば指名ありそうですね。
個人的には今の島袋、昨年の白村よりも更に下の状況ではありますが(暴)。

確かに振り返ってみれば昨年のドラフトはかえって良かったですね。
といいながら、やっぱり松井のくじはあてて左腕不足を解消してほしかったと私の方は未練たらたらです(爆)。

特にひねりのないファイターズドラフト予想2014

こんにちは。いよいよドラフトが明日に迫りましたが、残念ながら赤田選手の退団も発表されました。引退の稲葉と金子、シーズン中にトレードされた加藤と今浪を含めるとかなりの野手が退団しており、今年は野手と左投手の指名が多くなりそうですね。

ドラフト直前ですが、私も指名予想をしてみました。

1位 岡本 和真(智弁学園)
1位候補の投手がみんな決め手に欠けるので、いっそ野手にしてしまえ!という事で岡本になりそうな気がします。ただし、岡本に関しては巨人やロッテも候補に挙げているようなので、2008年の大野の様に一本釣りとはいかないでしょうが・・・。

外れ一位 山崎 福也(明大)
制球に不安のある横山(新日鉄住金鹿島)や変化球に不安のある福地(MHPS横浜)よりも山崎の方が外れが少ないと思います。

2位 左投手or内野手
一位が野手なら石田(法大)か福地(MHPS横浜)あたりで、投手なら大谷(上武大)か宗(横浜隼人)で。

3位 今村幸四郎(西部ガス)
プロ志望かは分かりませんが、左の中継ぎ投手としては、一番即戦力になるのでは?

4位 佐藤 雄偉知(東海大相模)
ハムの好きな長身右投手枠ということで。

5位 坂寄 晴一(JR東日本)
5位は社会人枠で左投手を。

6位多田 大輔(鳴門渦潮)
確か捕手は必ず獲るというフロントの発言があったような・・・。

7位佐藤 正尭(愛知啓成)
どうやら最終選考に残ったという噂があるようです。

8位松田 進吾(札幌日大)
外野手も足りませんし、北海道下位指名枠ということで最後に入れてみました。

あと予想には入れませんでしたが、なんとな~く島袋(中大)を指名するような予感もあるんですよね。去年の白村みたいに下位で残っていたらいただく的なスタンスで。

いずれにせよ、泣いても笑ってもあと一日。去年はまさかの抽選三連敗を喫したわけですが、振り返ってみると一位渡邊、2位浦野はかえって良かったように思えますし、今年も後々成功だったと言われるドラフトになって欲しいです。

特にひねりのないファイターズドラフト予想2014

フリッカーさん

いつもどうもです!

情報ありがとうございます!
もうあからさまっすね(笑)、ほぼまちがいなく佐藤正尭(愛知啓成)と佐田梨貴人(京都国際)を指名する気でしょう。

全くのガセかもしれないとのことですが…佐藤も佐田もピッチャー兼任の内野手&外野手。
ファイターズは二刀流好き、じゃなかった、打撃や守備よりも野手の肩を非常に重視する傾向があるので、そう考えるとその二人は適合するんですよね、言われてみれば彼らの人選は納得できます。

尾崎と村田もついに…そして鵜久森はいつまで首がつながるか(苦笑)。

特にひねりのないファイターズドラフト予想2014

尾崎匡哉と村田和哉の2人に本日、戦力外通告が出されましたね。
今回のこのタイミング、ちょっと唐突な印象を受けました。第二次戦力外通告って(うろ覚えですが)日本シリーズ終了後だと思い込んでいたもので…。ともかく2人ともお疲れ様でした。

それから別ルートで、ファイターズの入団テストに佐藤正尭(愛知啓成)と佐田梨貴人(京都国際)が合格したらしいとの情報を小耳にはさみました。
あいにくソースは不明瞭ですが、ドラフト直前の時期に出された上記戦力外通告とかなりの部分でリンクしている(=右の遊撃手+左の外野手)ような気がして今回は笑って受け流すこともできず、その分さらにドラフト当日の結果が気になるところです。信憑性のあるものなのか、それともまったくのガセネタか。仮に指名があったとしても下位の可能性が高いでしょうけども…とりあえず情報提供します。

…えっ?私の中では尾崎は報徳学園時代から一貫してショートストップなんですけど、それが何か?(笑)

こんな記事も読みたい

さよならだけどさよならじゃない【カープ中心、日本酒ちびちび観戦記】

頼むぞ・・阿部【NO NAME】

【読売主将遊戯】巨人軍ポストシーズンのキーマン!阿部慎之助「リアルなキャプテン」とは?【プロ野球死亡遊戯】

ファイターズのドラフト戦略考察その15【FF】

敬遠ののち、雨と晴れ。【ハンサム村日記】

ファイターズ、下位打線は元気なんだけど・・・【HIT! RUN! WIN!】

CSは1勝1敗のタイに【FF】

[CS・ファーストステージ] 至高のスクイズと劇的な敗戦【F×F BLOG】

ブロガープロフィール

profile-iconb96077

ブログの目的は第一に自分の備忘録なのでアマ野球観戦の記録が主になりますが、一応ドラフト会議や北海道日本ハムファイターズ中心にプロの記事もあげます。

心に残ったヒロインは飯山プロ初本塁打時の「打ったら走るのが基本ですから」
ちなみに好きなヒロインはマクロスFのシェリル・ノーム(Fつながり?)

でも一番美人なのはアルト姫(笑)
  • 昨日のページビュー:420
  • 累計のページビュー:5244481

(12月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 島袋・一二三世代の彼らをおぼえていますか目と目が合ったときを
  2. 近田怜王も加入!JR西日本、着々と…
  3. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2015
  4. 皆イチローの凄さをわかっていないんじゃないのか?
  5. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2017
  6. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブ&ポジティブシンキング!2016
  7. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2014
  8. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!
  9. ライアン、マリナーズやめるってよ
  10. 知られざる2013年ドラフト候補たち

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss