僕の中の大投手 諭

ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!

このエントリーをはてなブックマークに追加

各球団ともドラフト指名者との交渉&仮契約が進んでいるこの時期、どの球団のファンにとってもこれから入る新人たちの未来への活躍に胸躍らされている時期かと思います。


ですが、ちょっと待ってください。


皆さんはどんなに一軍では活躍しなかった選手であってもドラフト指名された頃は飛躍の期待を込めた目で見ていませんでしたか?
新人の頃はあんなに礼賛していたのに現役から引退まで非難し続けた選手はいませんでしたか?
熱心なファンならば誰でもそのような選手の一人や二人はいるはずです。


未来への期待・希望は、現実での誤算・絶望と表裏一体なのです。


じゃあ、将来がっかりするぐらいだったら先に絶望(いとしきのぞむ)しちまえ!今からドラフト指名者たちをネガティブに見ればこれ以上落ち込むことはないぜ!

という考え方は如何でしょうか?



私は今年のドラフト指名者達のほんの一部ですが球場で観戦していました。その中から上位指名者たちの一部ピックアップしまして、重箱の隅をつつくような話・底意地の悪い見方によってネガティブポイントを上げていき、期待をあえて消し去り先に絶望しておこう!という話でございます。

これをあらかじめ読んでおけば、この選手はどうせ活躍しないだろう、という先入観から入り期待のハードルが低くなります。
そうすると実際に彼らがプロでなかなかうまくいかなかった場合でも想定通り、で済みますし、今記事がまったくの見当はずれで実際活躍した場合、あれ?ネガティブなんてどこにもない良い選手じゃん!と喜びが倍増するのではないかと思います。



例えるなら、花の詩女観る前に、きっと昔のFSS劇場版より更に下の出来の映画に違いない(嘆)、と覚悟してから映画館に行ったら、あれ?意外と面白かったよ(喜)!ということですね。
花の詩女、先に期待を膨らませてから観ちゃうと相変わらず話し分けわからん!とか、また年表・設定変わるのかよ!とか不平不満しか出ませんからねー。

ていうか、ヱヴァ劇場版Qが上映されるこの日にゴティックメードの話題とか、そもそもわかる人にしかわからないネタとか。



それはさておき、これから4名ほど2012ドラフト指名者をピックアップし、根拠は特にないけど難癖付けたいと思います(なんだこの日本語)。




白崎浩之(駒大→横浜DeNAドラフト1位)

白崎浩之
大学野球界屈指の強打の遊撃手と評判でドラ1となった白崎浩之ですが、ちょっと待って!安定して強打を発揮したのは大学4年時だけだよ! 白崎は公式戦に多く起用されるようになった大学2~3年時の時代は粗が目立つバッターで、そのときに同じ東都リーグ所属のライバル投手、澤村拓一(現巨人)とか藤岡貴裕(現千葉ロッテ)、そして同期の東浜巨(福岡ソフトバンクドラフト1位)ら力のある投手の前では速球には詰まらされて変化球には空振りし厳しいコースでは見逃しストライクと、手も足も出ないって打席が目立ちました。 そして打撃成績がよかった今年の東都はその澤村や藤岡が卒業した後でリーグ内の強力な投手が減少したから…という考え方もなくはないです。 プロに行けば当然対戦相手は強力な投手だらけになることを考えると…一軍でも打率三割期待!とかはしないでおきましょう。 佐藤峻一(道都大→オリックスドラフト2位)
佐藤峻一
大学球界屈指の伸びのある速球と評判でドラ2となった佐藤峻一ですが、ちょっと待って!彼の球は基本どこ行くかわかんないよ! 彼の球、特にストレートは大学生打者ならばヒットにするどころか空振連発、バントすることさえ困難なほど伸びやキレに素晴らしいものがありますが、同時にキャッチャーが90°腕を上げなければ捕球できないほど投球が高めに浮いたり、逆に低すぎてワンバウンドしたりが良質な投球と同じかそれ以上によく出ます。 プロに行けば当然対戦相手は選球眼・バントやバットを止める技術に至るまで超一流の打者だらけになることを考えると…一軍でも奪三振量産期待!とかはしないでおきましょう。 則本昴大(三重中京大→楽天ドラフト2位)
則本昴大
最速150kmを超える快速球の持ち主で、個人的にも実際に見たことある投手の中で最速が150kmを超えている東浜や鍵谷陽平(北海道日本ハムドラフト3位)らよりも速い!と思えた投手で、その能力が評価されてドラ2となった則本昴大ですが、ちょっと待って!彼の制球力はすごいってほどじゃないよ! 彼の速球はまさに快速球!ストレートを見ているだけで楽しめた投手なのですが、コントロールについてはプロでは果たしてどうか?という不安がよぎります。 球がやや高めに浮いたり変化球がストライクに入らなかったりで、結果球数が多くなり四死球も多めのパターンに陥ることが彼にはあるのです。 先の佐藤峻の豪快すぎる制球力ほどあちこちに飛びまわるわけではないのですが、佐藤をシンプルに荒れ球投手とすれば則本はきちんとコーナーを突こうとするも微妙にストライクが取れない投手と申しましょうか、若干ニュアンスが違います。 プロに行けば当然対戦相手は精密にコーナーを突かないと手を出してこない難敵だらけになることを考えると…一軍でも即先発ローテ期待!とかはしないでおきましょう。 小川泰弘(創価大→ヤクルトドラフト2位)
小川泰弘
東京新大学リーグで得点を取ることすら困難との畏敬の念を込めて一昨年あたりからミスターゼロと呼ばれている絶対的なエース、打者を自在に打ち取れる制球力・球威・キレを備えた投手としてドラ2となった小川泰弘ですが、ちょっと待って!彼は全国の舞台ではそれほど圧倒的じゃないよ! 彼は早くから公式戦に出場&創価大が全国の常連であるため全国大会での経験も豊富なのですが、全国の舞台に立つとそれほど絶対的・圧倒的な投手ではなく、リーグ戦ではほとんど出さない四死球や失点もそこそこあります。 とはいえ好投手レベルではあるので普通は問題ない話なのですが、彼はプロの、それもドラフト上位指名を受けたわけですからもう少し高い実績を示してほしかったところ。 もしかして大学野球全国大会の会場、神宮球場のマウンドが苦手なだけかもしれませんが指名球団からいってその可能性はむしろまずいですよね(汗)。無いとは思うのですが…一軍でも即先発完封期待!とかはしないでおきましょう。 以上まで上げた難癖はまさにこじつけ、特に根拠のない話です。見当外れの見解になる可能性は高い(はず)。 それでもあえてこのような視点で期待をしないでおいて、プロ一軍で実際活躍するそのときまで期待を封印してみては如何?




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ドラフト会議
タグ:
白崎浩之
横浜ベイスターズ
澤村拓一
藤岡貴裕
東浜巨
佐藤峻一
オリックスバファローズ
則本昴大
東北楽天ゴールデンイーグルス
鍵谷陽平
小川泰弘
東京ヤクルトスワローズ
ドラフト会議

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!

>>yyさん

いつもどうもです!

今年は昨年より仕事が忙しくてあんましアマ野球みていないので昨年のより内容は薄めになるかと思いますが、アップする予定です♪

しかしこの記事で上げた則本と小川、このネガティブシンキングが外れるのはともかくあそこまで活躍するとは正直思わんかったとです(苦笑)。

ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!

ふむふむ様。今年もネガティブシンキングまってまーす。

ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!

>>yyさん

いつもコメントどうもです!

小川についてはヤクルトさんもそっち(マヂで触れてはいけない)ですから(笑)。


白崎については中畑監督が白崎と同じ元駒大サードってあたりも影響しているんじゃないかなぁ、と。
「キヨシが欲しいって言うから外れ1位なら、まぁいいか」辺りかもしれませんね、高田GMの心は。

筒香はファーストに移すとかいう構想でもあるんじゃないですかねぇ…

ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!

『熟成のハム』ふぁんの小生、かなりの『妄想フレーバー』が大好きで、今年のドラフトでも妄想していました。『小川に地ハム2位OR3位』での入団を。だってねえ・・・そっちだし(触れてはいけない部分ね)、身長170台だし。日ハム大好きじゃないですか。だからね、谷元、小川、久の『170トリオリレー』とかを妄想していたのですよ。ヒーローインタビューも含め・・・だけどヤクルトに持っていかれましたね。あとは『日ハム戦以外での活躍を祈る!』という偽善的な発言でお茶を濁しましょう。あと、不思議なのはあのベイスターズがなぜドラ1に『内野手白崎』を持ってきたのは少し理解に苦しみますね。あんたたちは1にも2にも投手でしょ!しかも、遊撃手として白崎はそんなによくないから、コンバートさせるとするとサード?サードはベイの星『TSUTSUGO』がいるでしょと・・・高田GMになってもかわらんのですかねえ・・・よく分かりません。あの球団は。ああすっきりした。(この2つがずっといいたかったんですよ。普通の人に言ってもわかりませんのでねえ・・・)

こんな記事も読みたい

【まほろばスポーツ】ジャイアンツ、戦力分析 ~来年の開幕オーダーは?~①【まほろばスポーツ】

初めまして。【ベイ愛from九州】

五十嵐獲得。【スポーツ好きのホークスファン!】

ブロガープロフィール

profile-iconb96077

ブログの目的は第一に自分の備忘録なのでアマ野球観戦の記録が主になりますが、一応ドラフト会議や北海道日本ハムファイターズ中心にプロの記事もあげます。

心に残ったヒロインは飯山プロ初本塁打時の「打ったら走るのが基本ですから」
ちなみに好きなヒロインはマクロスFのシェリル・ノーム(Fつながり?)

でも一番美人なのはアルト姫(笑)
  • 昨日のページビュー:1759
  • 累計のページビュー:5201238

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 島袋・一二三世代の彼らをおぼえていますか目と目が合ったときを
  2. 近田怜王も加入!JR西日本、着々と…
  3. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2015
  4. 皆イチローの凄さをわかっていないんじゃないのか?
  5. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブ&ポジティブシンキング!2016
  6. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2014
  7. ドラフト指名者たちをレッツ・ネガティブシンキング!
  8. 特にひねりのないファイターズドラフト予想2017
  9. ライアン、マリナーズやめるってよ
  10. 知られざる2013年ドラフト候補たち

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss