forever with Dragons

平田選手に救われた試合

このエントリーをはてなブックマークに追加

 勝ちたかった。やはり敗戦濃厚から土壇場で追い付くと欲が出てしまうものだ。

 まぁでも言ってしまえば今日はそもそもが負け試合。今日の内容で勝とうと思うのが虫がよすぎるであろう内容だった。7回の無死1、3塁で勝ち越し点が奪えずに終わった段階でほぼ勝負有りだった。

 然るべくして流れはDeNAへ。勝ち越し点を献上し、パットンが締めて試合終了。正直あのまま負けていても、当然と言えば当然で内容からしてあまり悔しさの残らない敗戦だった。それを平田選手が2度もチームを救ってくれ、引き分けに持ち込めたのでよしとしましょう。

 4回の走塁。京田選手が出塁し亀澤選手が送る。大島選手が繋ぎ1死1、3塁で平田選手。当然相手バッテリーは重盗を警戒する場面でもある。

 コリジョンルールの導入でどこのチームもこのプレーに関しては神経質になりキャンプから練習時間を割いている。攻める側も守る側もさまざまなシチュエーションを想定し練習しているはずだ。

 大島選手がスタートを切った。あのケースでの単独スチールは考えにくい。作戦はおそらく重盗だろう。戸柱捕手が偽投、もしくは投手がカットすれば2、3塁。2塁に送球すれば3塁ランナーがスタートを切る思惑だったと思う。

 戸柱捕手の送球が一枚上手だった。低く矢のような送球。投手がカットするのかどうか判断が難しい送球だった。結果、京田選手はスタートを躊躇してしまう。大島選手は刺されてしまいチャンスは潰えてしまった。

 相手が上まったと言えばそれまでだが、中日のミスと言えばミスだろう。京田選手の存在意義はその軽快な守備もさることながら、こういった場面で今まで直倫選手では出来なかったことが求められる。

 その直後のタイムリーであるから平田選手の一打は大きかった。

 先制点を献上したエラーにしろ、ミスをしてしまったものは仕方がない。しかしチームとしてミスを極力減らしていく努力は日々していかなければならない。

 今日の材料を反省点としてまた今後に活かしていってほしい。    投手陣は本当によく頑張った。おかげて負け試合から救われた。みんなありがとう。

 たまには投手陣に楽な展開にしてあげて下さいね。   明日は勝とう!序盤から石田投手を攻略して若松投手に援護を!

Go!!Dragons!!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「平田選手に救われた試合」へのコメント

コメントありがとうございます。

落合前監督が『戦ってる相手が目の前にいるのに選手がベンチの顔色を伺っているようでは勝てない』みたいなコメントを残された事がありましたね。

今のドラゴンズはそれとは違いますが、仰る通り自分達の仕事を実践するのに精一杯で周りが見えてない事があるというのは感じます。

バントにしろ盗塁にしろ選手の自己判断で動く事は多くなく、ほとんどがベンチの指示です。しかし、それを実践するのは選手であり作戦を掛ける上でベンチと意志疎通が取れている必要があると思います。

ケースバッティングもそうですけど、選手が自ら考え予め心の準備を身構えておく事で結果も変わってきます。

強かった頃のドラゴンズは選手も成熟しており常に何をしたら相手が嫌がるかを考える上で選手とベンチの意志疎通が取れてました。

当時の優勝を経験しているメンバーも少なくなり、レギュラーも確約されていない選手が多いので自分の事で精一杯なのは分かりますが、殻を打ち破って一流の選手の仲間入りするのには必要な事ですよね。

ドラゴンズにはそういう大人の野球というのかな??みたいなのを目指してほしいですね。

平田選手に救われた試合

 コメント失礼します。

 平田はやっぱり気分屋という面があるので、「4番はお前に任せた」とちょっと
おだてる(?)くらいがいいんですかね。また負けが混んできて、テンションが
下がることがあると心配ですが(苦笑)。
 
 今日も盗塁失敗(大島の盗塁成功率の低さは変わらず・・・)がありましたが、
チーム全体として、作戦の仕掛けるタイミングが下手すぎですね。
 この前のタイガース戦でも、ヒットエンドランをあらさかまに見破られて、
楽々盗塁死するという、なかなかプロでは見ない光景がありました。

 もちろん仕掛けをしないことには始まりませんが、相手が警戒するところで、
仕掛けても、みすみす相手の網にかかって失敗する確率が高まってしまいます。
 どうもチーム全体が、自分たちがどうするかだけを考えるがゆえに相手のこと
を見ていないという印象があります。
 相手はどういう状態なのか、自分たちのことを相手はどう見ているのか・・・。

 作戦の成功、失敗を分けるうえで、相手との駆け引きが絶対にあるものです。
 最近のドラゴンズは「自分たちはどういう野球をする」ということばかりが
先に働いているんじゃないかと思いますね。
 「点を取られなければ負けない」というフレーズがよく言われてましたが、
「相手よりも多く点を取った方が勝ち」というのが野球の原則。
 「相手に先に点を取られてしまったら、どうするのか」
 「点を取られないようにしたのに、味方が一向に点を取ってくれない」という
精神状態で守ることの厳しさ。

 ある一面でばかり物事を考えるがゆえに、全体的な視野を失う。
 どうもそんな感じが「じれったい野球」に現れているのかな、と感じるところです。

こんな記事も読みたい

これ以上の大型連敗を回避せよ。 広島 1-3 ヤクルト【二つの歓喜をもう一度!】

レギュラーシーズン:17/04/21、対中日ドラゴンズ【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

【2017-17】石川の神宮力で連敗ストップ【ツバメの舞い上がる夢日記】

また延長戦!長いよ!【春夏秋冬ドラ応援】

* ドラゴンズの祖父江投手、プロ初勝利おめでとう。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

森監督ってそんなにバント好きでしたっけ?【ドラゴンベースボール】

エース大野で3勝1敗(本人は0勝1敗)【鹿児島より竜愛を篭めて・・・】

ビシエドはもうちょっと見てみますか【NEXTドラゴンズ】

ブロガープロフィール

profile-iconasgo8315

  • 昨日のページビュー:2155
  • 累計のページビュー:58882

(04月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ゲレーロ選手見極めの時期
  2. 新オーダーの是非
  3. 捕手登録3人体制は効果的なのか
  4. 平田選手に救われた試合
  5. おっさんバルデス奮闘記
  6. 長いシーズン、こんな試合もあるが。。。
  7. 若松投手の生きる道
  8. ナイスゲーム!!
  9. ハッピーバースデー!そして遅すぎる初勝利
  10. 正捕手争いは続く

月別アーカイブ

2017
04
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss