スポーツCHINA

月別アーカイブ :2012年07月

マラドーナの交渉先は深セン?

サッカー元アルゼンチン代表監督のマラドーナが 中国スーパーリーグのチームを指揮するという話が アルゼンチンのスポーツ紙で報じられた。 マラドーナはすでにチームの代表と会談をしており、 監督就任に前向きな姿勢を示しているという。 マラドーナは現在、ドバイに滞在しており、そこで チーム関係者と交渉したと見られる。 代理人によると「すでに条件面での交渉に入っている」という。 マ......続きを読む»

中国男子体操、逆境の中の連覇で「新世代の黄金時代」へ

日本時間31日未明、ロンドン五輪の男子体操団体で中国は北京五輪に続く2連覇を果たした。 予選ではミスを連発し、6位に沈んだ中国は、本選では3組目で出場。しかし6つの種目で大きなミスなく終え、275.997点でライバルの日本を抑え、優勝した。 決勝はいわゆる5-3-3方式で、各種目3人が出場し、その採点がすべて得点になる形式。 中国最初の種目はつり輪で最初の2人は得点が伸びなかったも......続きを読む»

中国男子体操、逆境の中の連覇で「新世代の黄金時代」へ

日本時間31日未明、ロンドン五輪の男子体操団体で中国は北京五輪に続く2連覇を果たした。 予選ではミスを連発し、6位に沈んだ中国は、本選では3組目で出場。しかし6つの種目で大きなミスなく終え、275.997点でライバルの日本を抑え、優勝した。 決勝はいわゆる5-3-3方式で、各種目3人が出場し、その採点がすべて得点になる形式。 中国最初の種目はつり輪で最初の2人は得点が伸びなかったも......続きを読む»

ロンドン五輪―お粗末としかいいようない運営

同じ2位なのに、国旗が、もう一つの国の旗の下にぶら下がって、掲揚される・・・しゃれにならない事件が競泳男子200m自由形の表彰式この場で起きた。 31日未明に行われたこの種目で、中国の400m自由形金メダリスト、孫楊と韓国のパク・テファンが同タイムで2位。二人は表彰台でがっちりと握手し、国旗掲揚を待った。ところが、挙がってきた国旗を見てびっくり。1位はフランスで、フランス国旗を頂点に、本来なら......続きを読む»

中国・重量挙げ選手が衝撃の「失格」~複雑な内幕とは?

29日に行われた女子重量挙げ53キロ級で、中国の周俊が最初の重量の試技で3度失敗。「成績なし」という結果に終わった。 中国勢は、過去3度の五輪で、金メダル2個、銀メダル1個を獲得しており、周俊はその歴史を「塗り替えた」ことになる。 この敗戦について、多くのメディアは「恥辱の結果」などと報じた。 また国営通信社の新華社は「選考の仕方に問題があった」と各国の五輪選手の選抜方法を紹介しつ......続きを読む»

「失格はコーチの責任」中国重量挙げで周俊

29日、ロンドン五輪女子重量挙げ53キロ級に出場した 中国の周俊は、前半のスナッチで3回とも失敗。次のジャークに 進めず、失格となり、いきなり「成績なし」に 終わる波乱が起きた。 周俊はスナッチの1回目から95キロスタートを選択。多くの選手が 3回の試技を終えた後の登場となった。しかし、表情も固く、 基本動作も不安定で、3回の試技はいずれも完全に失敗。 B組のレベルは決して高くなく......続きを読む»

ポスト郭晶晶で「金」 中国・呉敏霞

29日、ロンドン五輪飛び込みで女子シンクロナイズド3mが 行われ、中国の呉敏霞・何姿組が346.20で優勝。 呉は2004年アテネ、2008北京に続いて この種目を3連覇。また自身5つ目の金メダルを獲得し、 「女王」郭晶晶の6個に迫った。 呉・何組は1回目でわずかにリードして首位。2回目はステップ、 空中動作、入水とも完成度の高い試技を見せて52.80。 さらに、3回目でも高得点を......続きを読む»

「メダルを取ることだけが勝利じゃない」中国選手が体制批判

29日、競泳女子100mバタフライで銀メダルを取った中国の陸瀅が試合後、記者団に語った言葉が波紋を呼んでいる。 陸瀅は「中国の体制の下で、私たちは練習しないときは休むだけ。海外選手のように水泳の楽しさを感じることはないし、本を読んだり外出して気分転換することもない」と中国の「練習漬け」の生活を批判。 陸瀅はオーストラリアで五輪に向け、トレーニングをしていたが、そのときの経験として 「毎......続きを読む»

中国・孫楊、中国男子初の競泳金 女子メドレーで葉も金

日本時間29日未明に行われたロンドン五輪の男子競泳400m自由形で 中国の孫楊が3分40秒14の五輪記録で優勝。 男子の競泳では初めての金メダルを中国にもたらした。 予選をトップで通過した孫楊が決勝は4レーン。予選で1度は「失格」と なったものの、異議申し立てが通って決勝への出場資格を得た パク・テファンが6レーンとなった。 スタート直後は、パクがやや伸び足が良く、最初の100m......続きを読む»

大会3日目は「ポスト郭晶晶」の試金石

ロンドン五輪大会3日目は女子の3mシンクロナイズド板飛び込みが行われる。 「ドリームチーム」を擁して戦う中国は、何姿・呉敏霞ペアが出場。 「磐石の金」を目指して戦う。 北京五輪は郭晶晶と組んで他を圧倒する試技を見せた呉敏霞。 今回は3連覇を目指す大会であり、実現すれば、 自身5つ目の五輪金メダル、これは歴代3位の成績だ。 しかも中国飛び込み陣としては50個目の金メダルという 記念す......続きを読む»

李娜、一回戦で姿消す

ロンドン五輪は29日、女子テニスの1回戦が行われ、 中国のエース、李娜はダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)と対戦。 2-6、6-3、3-6のセットカウント1-2で破れ、1回戦で姿を消した。 前回の北京五輪で歴史的なベスト4に入った李娜だが、ロンドン五輪では、初戦突破すらならなかった。 李娜はこのあと、張帥と組んでダブルスに出場する。 ...続きを読む»

中国、体操団体の日中対決に黄信号?

現地時間28日、男子体操の団体予選が行われ、第1組で登場した中国はあん馬でミスが出るなど軒並み、波に乗れず、団体戦に向けて不安を残した。 特に負傷したエースの勝海浜に代わって、ロンドン入りした郭偉陽は状態が悪く、随所にミスが見えた。 中国は269.985で予選通過したものの、同組のイギリスに1位を譲った。 郭偉陽の状態について、チーム関係者は郭がロンドンに入ってから練習時間が少なか......続きを読む»

ロンドン五輪 中国最初の「金」は射撃・・・

28日、10mエアライフルの決勝が行われ、中国の易思玲が 502.9点で、2位に0.7点差をつけて優勝。 今大会、中国選手団最初の金メダルをもたらした。 また若手のホープ、喻丹も501.5点で3位につけ、 銅メダルを獲得した。 易思玲は終始安定した戦いぶりで、最初の金メダルに対する 厳しいプレッシャーをはねのけた。 これで、同種目では、2004年アテネ五輪の杜麗に続いて 2人目の......続きを読む»

競泳・韓国のパクが失格? 中国審判が通報か

ロンドン五輪の400m自由形で波乱・・・ 北京に続く2連覇を狙う韓国のパク・テファンが予選に出場し、反則で失格となった。中国の孫楊との金メダル争いが注目されていた。 パクは予選3組に出場し、当初は3分43秒68で1位とされたが、その後、公式記録で失格と判断された。レース後の取材に対し「なぜ失格になったか分からない。コーチに聞かなくては」と答えていたという。 その後、失格の原因は、ス......続きを読む»

中国五輪選手「最初の金」の重圧

中国における五輪に対する関心は「金メダルをいくつ取るか」だけではない。 「最初の金メダルはいつ誰が取るのか」は毎回の大会で大きなテーマとなる。 中国語で最初の金メダルを「首金」という。この「首金」を誰が取るか・・・ 毎回、メディアや国民の最大の関心事の一つだ。 そして基本的には、この「首金」はたまたま大会初日に日程が置かれ、 加えて中国の得意種目である射撃で得られることが大きい。 ......続きを読む»

【五輪初日】中国は孫楊、易思玲が登場

大会初日のきょうは7競技で決勝が行われる。 このうち、中国勢の注目は女子10mエアライフルの易思玲と喩丹、そして男子400m自由形の孫楊だ。 10mエアライフルは現地時間8時すぎ(日本時間17時すぎ)に実施され、中国最初の金メダルはおそらくここで誕生すると見られている。易思玲と喩丹はいずれも五輪初出場だが、W杯など国際大会では実績を残しており、アテネ五輪の金メダリスト、マシュー・エモンズらと......続きを読む»

「北京」が過去になる日~ロンドン五輪開幕

日本時間7月27日午前5時、ロンドン五輪が開幕した。選手入場はギリシャを先頭に、アルファベット順で頭文字が「C」中国は40番目の行進となる。男子バスケットボールの易建聯が旗手を務める。 中国向け放送の実況を担当するCCTVの人気司会者、白岩松氏は「独特なものであってほしい。最高のものでなくてよい」と開会式への期待を文章につづった。 いろんな文脈が読み取れる言葉だが、「北京五輪が最高の開会式」......続きを読む»

直前予想!中国五輪代表の戦い⑦ 陸上

まずはなんといっても110m障害の劉翔だろう。最新の世界ランキングでは メリット(米国)にトップの座を奪われたが、この4年間は安定して タイムを作ってきた。2004年アテネのときよりも「強さ」が増した 彼の走りに期待したい。 また女子円盤投げの李艶鳳(33歳)もメダルの有力候補だ。 去年は大邨で、同種目では初の金メダルを中国にもたらした。 「大器晩成」のベテランが花咲くかに注目が集ま......続きを読む»

李娜はハンチュコバと初戦へ

日本時間26日、ロンドン五輪テニスの組み合わせ抽選会が行われた。 中国のエース、李娜はダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア・29歳)と。 また同じくシングルスの彭帥は謝淑薇(台湾・26歳)との”海峡対決”。鄭潔はナディア・ペトロワ(ロシア・30歳)との初戦となった。 ...続きを読む»

中国スポーツ 強さの秘密⑥

7  プレッシャーに強い選手 「プレッシャーに打ち勝つ方法」・・・どこかのノウハウ本の タイトルのようだが、アスリートにとって最終的に、 いかにプレッシャーに押しつぶされそうになる自分を コントロールするかが勝負になることは間違いない。 ある選手は、並外れた実力を持ちながら、「本番に弱く」満足な 成績が出せないし、ある選手は普段の力以上のものを出して、 競技場で”ミラクル”を演......続きを読む»

中国男子体操の勝海浜が五輪欠場

アテネ五輪、男子あん馬の金メダリスト、勝海浜が五輪欠場。 本人のミニブログと補欠選手の書き込みから判明。 中国中央テレビなどが伝えた。 勝海浜は26日、自らのミニブログに「励ましをありがとう。最後の最後まで 私を信じてくれてありがとう。精一杯やったので悔いはない。 私は、みんなと一緒に戦っている」と記した。 一方で、補欠として選考されていた郭偉陽が代わりに 「ロンドンにやってきた」......続きを読む»

李娜が現地で「シングルスのみ」練習、その後は笑顔で聖火ランナー

日本時間の25日未明、女子テニスの中国代表、李娜が 聖火ランナーを務めた。 李娜の担当はハリングレイ区がスタートで、市内では147番目。 多くの中国人ファンもかけつけ、見守った。 李娜は今回の聖火リレーで唯一の現役出場選手。ほかには 元陸上選手で実業家の李寧、スポーツ官僚の江和平などが 参加している。 李娜はきのうからウィンブルドンの試合会場でウォームアップを開始。 3週......続きを読む»

劉翔「悲劇の主役」からの卒業なるか

劉翔の評価がマチマチだ。 もちろん実力はいうまでもなく金メダル級なのだが、五輪直前のロンドンGPで決勝をケガで棄権。北京五輪での「悪夢の棄権劇」と一瞬、重なる。その後、ロンドンの寒さを避け、ドイツでの調整に切り替えるなど「想定外」のことが起きていることも気になる。孫コーチは「ケガはまったく問題ない」と話すが、国内外のメディアや専門家の評価は厳しい。「問題ない」という人もいれば、「金は無理」と評......続きを読む»

中国選手団の旗手は易建聯

27日に行われるロンドン五輪の開会式で、中国選手団の旗手を務めるのは 男子バスケットボール中国代表の易建聯に決まったとメディアが報じた。 中国の旗手は毎回、長身のバスケットボール選手が務めており、今回も その例に習ったことになる。これまで陸上の劉翔、バドミントンの林丹らの名前が挙がっていたが、劉翔は調整場所をドイツに変更したため欠席、林丹は ヘッドコーチが明確に拒否を表明していた。 ......続きを読む»

体操中国、主力が負傷?その真相は

ロンドン五輪に備える男子の中国体操チームで主力2人がケガ・・・。 「つり輪王」の陳一氷がひざを、また勝海浜がうでを、 それぞれ負傷したという報道をすでに紹介した。 中国体操チームは連日、非公開の練習を行っているが、 黄ヘッドコーチは、勝海浜のケガの状態について「徐々に回復してきている。 選手変更をする必要はない」と語ったそうだ。 現地時間の25日には、試合会場での公開練習が行われ......続きを読む»

直前予想!中国五輪代表の戦い⑦ 競泳

北京五輪では女子バタフライの劉子歌が金メダルをとったが、近年、 最重点種目の競泳の成績としてはやや物足りなかった中国。 だが、今回は特に女子に有望選手がそろっている。 まずは男子自由形の400mと1500mの孫楊。去年の世界選手権では 1500mで世界記録を作った。また400mは韓国の朴にトップを譲った だけに、今回は雪辱を果たしたい。両者の金メダル争いとなるだろう。 女子200......続きを読む»

井村シンクロ「北京超え狙う」

井村ヘッドコーチ率いる中国シンクロチームが23日、 北京を発って、ロンドンへ向かった。 新京報によると、井村コーチは記者団に対し、 「これだけの長い時間、つらい努力を積み重ねてきた。 わたしたちの目標は北京を完全に超えること。」と語り、 前回北京のチームで銅メダル、デュエットで4位という 成績を超えることを宣言した。 今回のデュエットは、北京で活躍した双子の蒋文文・蒋ティンティンを......続きを読む»

中国スポーツ 強さの秘密⑤

6 至れり尽くせりのアスリート生活 現在、中国シンクロナイズドスイミングのヘッドコーチを務める井村雅代さんとは、同じ日本人の気安さもあって、観光や食事をご一緒する機会もあった。その井村さんが「中国でなら私のやりたいことができる」と本音を私に言ったのを覚えている。日本の協会とはイロイロあって、中国にこられた井村さんなので、あまり批判めいたことは敢えて私の前でおっしゃらなかったが、それでも、日本の......続きを読む»

直前予想!中国五輪代表の戦い⑥ 重量挙げ

 2008年、男女それぞれ4個、計8個の金メダルを獲得した中国。 だが、今回の代表選手の10人中、北京五輪の金メダリストは陸永のみで、「世代交代」をうかがわせる。  女子は厳しい結果となりそうだが、一方で男子は力を持った選手がひしめいており、期待ももてそうだ。  まず女子を見てみよう。  48キロ級は日程上、中国にとって最初の金メダルになるかもしれない。 2002年ごろから中国のト......続きを読む»

直前予想!中国五輪代表の戦い⑤ バレーボール

女子は「死の組」に入った。  中国のいるB組には米国、ブラジル、セルビア、トルコ、韓国。この中で4位以内に入らないと準々決勝には進めない。  だが、控え中心で2012ワールドグランプリを3連覇した「底力」の米国、北京五輪に続く連覇を目指すブラジルが最有力なのは言うまでもない。 加えて、セルビア、トルコ、韓国にも2010年世界選手権では敗れており 厳しい戦いとなることが予想される。 ......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconasa8043

筆者略歴
 大学卒業後、民放テレビ局のディレクターとしてスポーツドキュメンタリーの制作・取材に関わる。2003年から中国にわたり、中国国内スポーツの取材、執筆活動を始める。日本の新聞、雑誌で中国スポーツを紹介する記事を書きつつ、ラジオ・テレビで情報を発信。日本に帰国後、現在も中国スポーツ・文化のウォッチを続けている。


筆者への意見、感想等は下記のメールへどうぞ
↓↓
yuya.misa2020@gmail.com

ご注意:当ブログへのリンクは自由ですが、写真の転用はしないでください。当ブログの写真は、報道を目的としたものであり、著作権は撮影者、または写真を提供する個人・組織・団体にあります。
  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:1773626

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 卓球・丁寧「あの審判は一生忘れない」
  2. 劉翔ロンドン入りも不調 原因は?
  3. “中国最速男”が10秒08 「10秒切りは日本人より早く」
  4. バレーWグランプリ 朱テイ欠場で中国は準V 
  5. 中国競泳、躍進の秘密は?
  6. 李娜ダブルス問題「事前に知らせたに決まってる」当局主任が反論
  7. 「やっぱり郎平」絶賛される出戻り監督
  8. 中国の新エース 朱テイとは
  9. 競泳・韓国のパクが失格? 中国審判が通報か
  10. 知られざる中国スポーツ(1)

月別アーカイブ

2016
09
2015
08
01
2014
04
03
02
2013
09
08
03
01
2012
12
10
08
07
06
2011
02
01
2010
12
11
08
07
06
05
03
02
01
2009
10
09
07
05
04
2008
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss