スポーツCHINA

月別アーカイブ :2011年02月

「年齢詐称」 レベルの低い報道にうんざり

フィギュアスケートの「年齢詐称疑惑」がまだ尾を引いている。 テレビ朝日は、「疑惑」の9人のうち、唯一、四大陸選手権に選手権に出場している耿氷娃選手に“直撃取材”。「本当は何歳?」などと質問を発し、無視されると「硬い表情で去っていった」などとまるで刑事事件の容疑者のように伝えていた。 そこにはスポーツ記者が忘れてはならない「選手への畏敬の念」は微塵も感じられない。 私は中国スポーツの......続きを読む»

フィギュア年齢詐称は中国スポーツの持病

  中国スポーツ界の「持病」がまたも表ざたとなった。   去年12月に北京で行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルでペア3位に入った隋文静に年齢詐称疑惑が浮上。海外メディアが伝えたものだ。   それによると、国際スケート連盟が定めた年齢基準に2歳足りなかったにもかかわらず、「水増し」して出場したという。さらにトリノ五輪でペア銀メダルの張丹、張昊組にもジュニア時代に年齢詐......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconasa8043

筆者略歴
 大学卒業後、民放テレビ局のディレクターとしてスポーツドキュメンタリーの制作・取材に関わる。2003年から中国にわたり、中国国内スポーツの取材、執筆活動を始める。日本の新聞、雑誌で中国スポーツを紹介する記事を書きつつ、ラジオ・テレビで情報を発信。日本に帰国後、現在も中国スポーツ・文化のウォッチを続けている。


筆者への意見、感想等は下記のメールへどうぞ
↓↓
yuya.misa2020@gmail.com

ご注意:当ブログへのリンクは自由ですが、写真の転用はしないでください。当ブログの写真は、報道を目的としたものであり、著作権は撮影者、または写真を提供する個人・組織・団体にあります。
  • 昨日のページビュー:38
  • 累計のページビュー:1773607

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 卓球・丁寧「あの審判は一生忘れない」
  2. 劉翔ロンドン入りも不調 原因は?
  3. “中国最速男”が10秒08 「10秒切りは日本人より早く」
  4. バレーWグランプリ 朱テイ欠場で中国は準V 
  5. 中国競泳、躍進の秘密は?
  6. 李娜ダブルス問題「事前に知らせたに決まってる」当局主任が反論
  7. 「やっぱり郎平」絶賛される出戻り監督
  8. 中国の新エース 朱テイとは
  9. 競泳・韓国のパクが失格? 中国審判が通報か
  10. 知られざる中国スポーツ(1)

月別アーカイブ

2016
09
2015
08
01
2014
04
03
02
2013
09
08
03
01
2012
12
10
08
07
06
2011
02
01
2010
12
11
08
07
06
05
03
02
01
2009
10
09
07
05
04
2008
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss