スポーツCHINA

月別アーカイブ :2007年07月

サッカー代表監督選び~ドゥイコビッチ「暫定」監督か

中国代表の次期監督選びについて、中国サッカー協会は、暫定措置として、五輪代表監督を務めるドゥイコビッチに“兼務”させる意向・・・、サッカー専門紙「ゴールチャイナ」が伝えた。 そもそも監督選びは、早くて今年10月頃、遅くとも今年末までにという、のんびりした予定を組んでいた。そして来年2月に始まる2010年W杯アジア1次予選に間に合えば・・ということだった。 ところが、先週末、発表された大会......続きを読む»

北京五輪会場巡り(2)サッカー・北京工人体育場

「北京工人体育場(スタジアム)」・・・この名前を聞いて、2004年のサッカーアジア杯決勝を思い出す人も多いだろう。当時、中国の若者を中心に渦巻いていた「反日感情」がサッカーという舞台で爆発した・・・と言われているあの大会である。 2003年から2004年夏まで、勤めていたテレビ局を休職し、留学生という身分で北京にいた私は、この時、取材者という立場ではなく、あくまで一人のサッカーファンとして、工......続きを読む»

プレ五輪、チケット販売開始 詳細

8月から本格化する一連のプレ五輪シリーズ大会「グッドラック北京」のチケット予約が始まった。今回、予約を開始したのはボート、ホッケー、女子ビーチバレー、カヌー、野球など9種目。販売方法はウェブサイト、電話、窓口購入の3つの方式があり、ウェブサイトと電話は大会の2週間前から。窓口購入は試合の3日前からとなる。 また、身障者向けに競技場にはすべて車椅子席が設けられており、チケット価格は一般席と同額となる......続きを読む»

中国代表監督に「またまた」トルシエ浮上?

監督候補に“またまた”トルシエの名前が? 26日、サッカー専門紙「足球」がトルシエの「私はまずは中国を選ぶ」というコメントを大きな見出しとして、こう伝えた。 同紙によると、今週月曜日、中国サッカー協会の幹部が会議を開いた。この場では、監督選びについて直接、議題とはならなかったものの、すでに水面下で“方案”が出来上がっているという。その第一候補となっているのが、元日本代表監督、フィリップ・......続きを読む»

中国は日本戦をこう見る・・金志揚氏の言葉を交えて

日本のアジア杯3連覇への戦いは終わった。中国でもCCTV5(スポーツチャンネル)で試合が中継され、多くの中国人サッカーファンが試合を見守った。全体的なトーンとしては、同じ東アジアとして、日本に勝ってほしいという思いが強いように思う。日本と韓国両方が脱落するという結果は、中国サッカーファンにとって残念・・・テレビのスポーツニュースでも、こういったコメントが多かった。これは大方、本音だろう。サッカーが最......続きを読む»

サッカー、代表監督選びは何が基準?

今日はアジア杯3連覇をかける日本の大切な準決勝、サウジアラビア戦。こちらでも中国中央テレビCCTV5(スポーツチャンネル)が中継を予定しており、在中日本人のみならず、中国人サッカーファンも大いに注目している。 一方で早々と予選敗退した中国代表は、次期監督選びが少しずつ進んでいる。先日もお伝えしたように、監督選びのネックの一つはお金・・・。財政的に決して高額なギャラが出せないという懐事情に大きな......続きを読む»

ヤオミンを当局が批判・・・その後

中国スポーツの国民的スター、NBAヒューストンロケッツのヤオミンがケガや自身の結婚準備のため、代表合宿に遅れて参加したことについて、中国体育総局の機関紙「中国体育報」が17日付で批判記事を出した。 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/basket/other/headlines/20070718-00000090-kyodo_sp-spo.html これについて、その......続きを読む»

北京五輪会場巡り(1)野球・五カ松球場

北京市の西側、市内を東西に横切る最大の通り「長安路」の延長線沿いに位置する「五カ松」に2008年北京五輪の野球会場がある。中国要人が入院することで知られる解放軍総医院(308医院)と向かい合う場所に建設中の「五カ松文化体育中心」。球場はその敷地内だ。 プレ五輪「好運北京」シリーズ大会の一つ、8月18日から始まる野球の国際招待試合が、この会場の「こけら落とし」となる予定であり、今は、その来るべき......続きを読む»

サッカー代表新監督選び、ネックはお金?

23日、中国サッカー協会の幹部数人が北京で会議を開き、アジア杯の総括を行うとともに「最重要課題」である代表監督選びについて、話し合いが及んだという。これが、監督選びの正式スタートといえる。 今のところ、早ければ10月ごろ。遅ければ今年末まで、新監督決定はずれ込む見込み・・とサッカー協会関係者の話。 フル代表は本来ならば、8月、9月、10月とそれぞれ親善試合を予定。ただ、すでに8月の試合は......続きを読む»

サッカー中国代表元監督、中国、日本を語る

2000年から2002年の日韓W杯まで中国代表の監督を務めたミルティノビッチ氏が、自らのブログで、中国代表への思いを綴った。今日の(オーストラリア戦)日本代表についての記述もあったので、一部を翻訳し、ご紹介したい。 「今回の失敗は、中国代表の選手たちにとって、決して小さくない打撃になっただろう。だが、私は彼らに伝えたい。試合で負けたことは、この世の終わりではないと・・。君たちはまだまだ長い道の......続きを読む»

五輪代表でまた不祥事・・・選手がコーチに暴言?

中国オリンピックチームにまた頭の痛い問題が起きた。 中国中央テレビCCTVが伝えたところによると、代表の一人、FW呂征(山東省)が練習中、コーチと衝突し、「過剰な行動」をとった。 ドゥイコビッチ監督は呂征に対し、直ちにコーチに謝罪することを要求。同時に、五輪代表からの“除名”を言い渡した。五輪代表は現在イタリア遠征中で、即刻、呂征は帰国させられた。 報道によると、事件が起きたのは2......続きを読む»

水泳アテネの女王が復帰?

アテネ五輪の女子水泳100m平泳ぎの金メダリスト、羅雪娟(23歳)が現役復帰?中国水泳界で大きな話題となっている。20日、中国青年報など、各紙が伝えた。羅雪娟といえば、今年1月に心臓病を理由に現役引退を表明。その後は、北京で大学生活を送っていた。 その羅雪娟が先日、国家体育総局に現れ、国家代表チームとともに、水泳センターでトレーニングを始めたこと、そして、自らのブログで「帰ってきました!」と復......続きを読む»

中国代表監督に仏パパン氏の名前挙がる

サッカー・アジア杯で27年ぶりに予選敗退した中国代表が今朝7時過ぎの飛行機で、北京国際航空に降り立った。選手は一様に取材を拒否し、朱監督はVIP出口から「脱出」に成功して、記者団の取材を振り切った。 さて、今大会の責任をとって、退任する可能性が強い朱監督の後任に、昨日、外電が元フランス代表FWジャンピエール・パパン氏(43)の名前が挙がっていることを伝えた。 パパン氏本人が、スポーツ紙「......続きを読む»

サッカー中国代表に思う・・・

サッカーアジア杯の完敗、27年ぶりの予選リーグ敗退から一夜明けた今日、朝のスポーツ番組は「なぜ中国は敗れたのか」をメールでアンケート調査し、各新聞は様々な角度から敗因を分析し、通勤電車の中では、相当な語気で、友人と中国代表を罵る市民がいて、いや・・まさに「たかがサッカー、されどサッカー」を実感する一日となっている。 敗因はいろいろあるだろう。非常に分かりやすいのは体力的な部分だ。各メディアでも......続きを読む»

「私はサッカーをやめない」代表監督、失意の会見

ウズベキスタン戦の0-3という完敗で、27年ぶりに決勝トーナメント進出を逃した中国勢。試合後の朱広滬監督の記者会見は重々しい雰囲気に包まれていた。ポータルサイト新浪体育より、朱監督のコメントを転載する。 「まず最初に、私は謝罪したい。非常に有利な状況の中で、予選リーグを突破できなかったことは、中国のサッカーファンの皆さんに申し訳ない気持ちだ。この場を借りて、謝罪したい。中国代表の全ては私が決め......続きを読む»

<アジア杯>中国、試合終了

「これは私の見たかった中国代表ではない」 試合終了直前、CCTV-5(スポーツチャンネル)の解説者が思わず、つぶやいた一言だ。 まったく打つ手がなかった。中盤の要である鄭智を欠いての試合がここまでになるとは・・・というところだろう。 前半は両チームとも無得点。互いに決め手を欠いたまま、いつのまにか45分が過ぎていった感じだった。 ゲームが動いたのは後半。両チームのディフェンスがい......続きを読む»

<アジア杯>中国、決戦前半は・・・

サッカー・アジア杯、予選リーグ最終戦。中国ーウズベキスタンは、日本時間9時35分キックオフした。 前半は互いに様子を見合うような展開で0-0。 中国代表にも前回の試合のような高さやスピードは感じられなかった。お互いに、相手をうかがっている間に45分が過ぎたという感じ。 ...続きを読む»

<アジア杯>ウズベキスタン戦を前に・・・

中国サッカーファンが見守るウズベキスタン戦が今日21:25(日本時間)にキックオフされる。勝つか引き分けで予選リーグ通過、負ければ終わりというまさに「生死」をかけた一戦となるわけだが、既報の通り、決して「万全の陣営」で臨むことはできない。起点となる鄭智は累積イエローで欠場。またキーパーの李雷雷もケガのため、出られない。ただ同じく、出場が危ぶまれていた中盤の一人、周海浜はケガの具合が思ったよりも悪くな......続きを読む»

カーンのアジア行きが話題に

ドイツの名GKが来シーズン終了後引退し、アジアへ。元ドイツ代表のオリバー・カーンが13日付けのFIFA公式ページ上で、「来年6月、アジアでコーチ修行したい」とのコメントしたことは、中国でも大いに話題になっている。 ここ数日の新聞、ネットメディアもこの話題を取り上げ、特にウェブ新聞大手「網易」では彼の華々しい経歴を紹介した上で、カーン自身が名前を挙げた日中韓のうち、日本と韓国はすでにレベルは高く......続きを読む»

<アジア杯>GKが離脱?明日、ウズベキスタン戦

決勝トーナメント進出をかけたグループリーグ最終戦がいよいよ明日18日に迫った。対ウズベキスタン戦は勝つか引き分けるかで進出決定。一方、当然負ければ、中国勢の戦いはこれで終わりとなる。 だが、主力の鄭智の累積イエローに続いて、また大切なメンバーに異変が起きたらしい。17日付けの法制晩報が伝えるところでは、ゴールキーパーの李雷雷と中盤の周海浜がケガにより、明日の出場が微妙となった。特に李雷雷のケガ......続きを読む»

<アジア杯>ウズベキスタン戦に向けて、中国代表の憂鬱

「期待」から一転、引き分けに終わったアジア杯イラン戦から一夜明け、新聞各紙も「勝てた試合だった」という論調が目立つ紙面となった。確かに、アジアトップレベルの力を持つイランに引き分けならば上等・・という見方もできよう。だが、主将の鄭智も振り返るように「長年、ほとんど見ることのなかったナイスゲーム」だった前半から、一転して、後半は別人のように完全にゲームを支配されるというゲーム展開は、中国サッカーファン......続きを読む»

<アジア杯>中国、かろうじて引き分け

後半は「別人」のようだった。 前半とは打って変わって、消極的な試合展開。 引き気味になったのはともかくとして、 とにかく、防戦一方となった。 後半28分に相手のCKからヘッドで決められて、2-2の同点。 以降も、決定的なチャンスが2度ほどあったものの、決め手はなかった。 このまま試合終了した。 強豪イラン相手に2-2と、結果から見ればまずまずなのだろうが、理想的な展開で......続きを読む»

<アジア杯>中国、イランとの決戦でリード 前半終了

中国代表にとって、アジア杯の大きなヤマの一つがやってきた。 マレーシアを5-1で破った中国の次の相手は、C組「最強」のイランである。 15日、北京時間18:20キックオフ。前半開始6分で、卲佳一がフリーキックをゴール左隅に決めて、1点を先制。前半途中で1-0とリードしている。 中国にとっては「格上」のイランだが、一方、イランにとっては、中国は2004年アジア杯の準決勝でPK戦の末、......続きを読む»

シンクロ井村氏が「中国への思い」語る

 このブログ記事で以前、PRをさせてもらったが、先月27日、中国の対外向け放送局である中国国際放送局のインターネット放送で「日中ネット対話」という番組が放送された。詳しくは下記をご覧いただきたい。 http://www.plus-blog.sportsnavi.com/asa8043/article/90  今年から中国シンクロナイズドスイミングのナショナルチーム監督に就任した井村雅代氏が出......続きを読む»

陸上ハードルの劉翔がローザンヌで3連覇

日本時間7月11日未明、中国の「飛人」男子110mハードルの劉翔がスイスで開かれたローザンヌ国際に出場。13秒01で優勝し、今大会3連覇を果たした。ベテランのアレン・ジョンソンは13秒24で5位に沈んだ。 劉翔は第5レーン。劉翔のスタートもまずまずとなったが、スタートダッシュが持ち味のアレン・ジョンソンがややリードする「いつもの形」でレースが始まる。しかし3基目のハードルを越えたところで、劉翔......続きを読む»

<アジア杯>中国、最初の「ホスト国喰い」なるか?

東南アジアで行われているサッカーのアジアカップ3日目。中国代表の今大会を占う初戦のマレーシア戦が日本時間21:35キックオフした。 序盤、少し硬さの見られた中国だが、その後は少しずつ本来の動きが見えてきた。引いて速攻を狙う形を作るマレーシアに対して、積極的に攻めていく。 そして前半14分、右サイドから上がったボールをワントップの韓鵬が得意のヘッドで決めて先制点。続く37分には、MF鄭智......続きを読む»

<アジア杯>中国、前半2点先制

東南アジアで行われているサッカーのアジアカップ3日目。中国代表の今大会を占う初戦のマレーシア戦が日本時間21:35キックオフした。 序盤、少し硬さの見られた中国だが、その後は少しずつ本来の動きが見えてきた。引いて速攻を狙う形を作るマレーシアに対して、積極的に攻めていく。 そして前半16分、右サイドから上がったボールをワントップの韓鵬が得意のヘッドで決めて先制点。続く37分には、MF鄭智......続きを読む»

ハードル劉翔、「ローザンヌで世界記録出す」

10日、開幕するスイス・ローザンヌ国際に出場する中国の劉翔が9日、ローザンヌ入りした。当日行われた記者会見で劉翔は「今大会はもっと速く走れると思う。目標は12秒85」と自身の持つ世界記録12秒88を上回る目標を口にして、記者陣を驚かせた。新華社が伝えた。 ローザンヌは、去年劉翔が世界記録を出したゲンのいい場所。記者会見で劉翔は「この場所には特別な思い入れがある。」と語り、「最高の成績を出すには......続きを読む»

<アジア杯>初戦に弱い中国

東南アジア4カ国で行われているサッカーアジア杯で、今日(10日)、中国が初登場する。 タイがイラクと引き分けに持ち込み、ベトナムが2-0でアラブ首長国連合に勝つなど、大会主催国が軒並み好調。また日本、オーストラリアという優勝候補が初戦で格下相手に勝ち星を挙げられないなど、波乱含みのスタートとなった今大会。主催国の一つ、マレーシアを相手にする中国にとっては、今日の試合、いやーな初戦となりそうだ。......続きを読む»

<アジア杯>中国、脅威のホスト国に戦々恐々

日本は第1戦のカタール戦、勝ちを逃した。序盤から完全にゲームを支配していたにも関わらずだ。終了直前のFKからの失点はサッカーの怖さをまざまざと見せ付けられた瞬間だった。 さて、中国代表は明日(10日)いよいよ初戦のマレーシア戦を迎える。中国サッカーファンは、これまでの結果を見て、戦々恐々としている。タイがイラクに1-1で引き分け。そしてベトナムはなんとアラブ首長国連邦(UAE)に2-0と完勝し......続きを読む»

1

ブロガープロフィール

profile-iconasa8043

筆者略歴
 大学卒業後、民放テレビ局のディレクターとしてスポーツドキュメンタリーの制作・取材に関わる。2003年から中国にわたり、中国国内スポーツの取材、執筆活動を始める。日本の新聞、雑誌で中国スポーツを紹介する記事を書きつつ、ラジオ・テレビで情報を発信。日本に帰国後、現在も中国スポーツ・文化のウォッチを続けている。


筆者への意見、感想等は下記のメールへどうぞ
↓↓
yuya.misa2020@gmail.com

ご注意:当ブログへのリンクは自由ですが、写真の転用はしないでください。当ブログの写真は、報道を目的としたものであり、著作権は撮影者、または写真を提供する個人・組織・団体にあります。
  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:1773626

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 卓球・丁寧「あの審判は一生忘れない」
  2. 劉翔ロンドン入りも不調 原因は?
  3. “中国最速男”が10秒08 「10秒切りは日本人より早く」
  4. バレーWグランプリ 朱テイ欠場で中国は準V 
  5. 中国競泳、躍進の秘密は?
  6. 李娜ダブルス問題「事前に知らせたに決まってる」当局主任が反論
  7. 「やっぱり郎平」絶賛される出戻り監督
  8. 中国の新エース 朱テイとは
  9. 競泳・韓国のパクが失格? 中国審判が通報か
  10. 知られざる中国スポーツ(1)

月別アーカイブ

2016
09
2015
08
01
2014
04
03
02
2013
09
08
03
01
2012
12
10
08
07
06
2011
02
01
2010
12
11
08
07
06
05
03
02
01
2009
10
09
07
05
04
2008
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss