運動科楽からスポーツ再考!!

WBCアメリカラウンド決戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

WBCがいよいよアメリカに舞台を移しての準決勝・決勝を迎えます。

第4回目を迎えるこの大会は、 今回で終わり?という情報もありながら、 回を追うごとに各国の力の入れようが強まり、 今後も続けて欲しい大会と思える盛り上がりを見せています。

前回ドミニカ共和国が優勝したあたりからは特に、 中南米の代表選手を含めて、 現役メジャーリーガーをずらりと並べた陣容の国が ほとんどとなりました。

サッカーのW杯のような世界大会がオリンピック以外に 野球でも行われることを望んでいた者としては、 本格的なシーズン前にもう一つ楽しみができたと感じられ、 嬉しく思います。

オリンピックだと時期的にシーズン途中ということもあり、 代表選手のレベルがどうしてもベストの陣容になりづらい、 シーズン終了後では皆ひと段落をしてしまい、 やはり疲労と怪我など含めベストの陣容にはなりづらいでしょうから、 この時期の開催は望まれるベストな状況だと思います。

※サッカーのW杯ではシーズン終了後の開催であるため、 選手の疲労とベストコンディションへの期待において いささか不安を伴う状況ではあります。 4年に1回ということもあり、仕方がないのですが…※

さて、 日本の対戦相手がドミニカかアメリカか? どちらかといえば、ドミニカの強力打線のほうが手強いのではないか? と感じていたので、アメリカで良かったのかなと思いつつ、 ここまでの戦いで アメリカもチームとしてのまとまりが発揮されつつあり、 メンバーを見てもスタントンマカッチェンアレナドなどの強打者もおり (ゴールドシュミットはまだ本調子ではないようですが)、 第1回の大会に比べたら、選手のレベルとやる気は格段に上がり、 若手有望あるいは脂の乗り切った選手が集まっています。

なので、 日本も当然ながら侮ることは決してできない決戦になると思います。

一方で、 日本は初戦前の小久保監督の緊張した面持ちを見て、 大丈夫かなぁとふと不安を感じましたが (当然ながらそれだけプレッシャーが強いのだなぁと)、 試合を重ねるごとに活躍選手も次々に現れ、 チームとしての結束も強まってきており (特にオランダとの熱戦以降)、 頼もしい限りです。

まずは宿敵アメリカを倒し、 前回のリベンジとして決勝でプエルトリコを倒し3度目の優勝を 誰しも期待していると思います。 私もその一人です。

不安を指摘するとするならば、 日本の方が先に第2ラウンドを終えたので、 実践からちょっと間が空くということ、 日本からアメリカに移動したという環境面の変化、

言い換えれば、 精神・心理面と身体・体調面を再度ベストに持っていけるか? ということでしょう。

一発勝負には(高校野球で慣れ親しんでいる) 日本の方が有利に働くと思っていますが、 何よりも、 野球の醍醐味を(シーズン前に)堪能できるような 熱戦を期待しています。

※その代わり本シーズンの入りは、やや脱力感が支配するかもしれませんが…※



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

さあ準決勝!(WBC雑感)【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

WBC 準決勝で日米激突!USAダフィー好投2勝目!ドミニカ撃破のUSAに日本どう挑む!?千賀でいけ!筒香、山田にMLB釘づけ【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

???「水を差す!」【鷹党来々】

ブロガープロフィール

profile-iconasa20

朝野裕一/Yuuichi ASANO
昭和33年2月6日生まれ、平成29年4月エクササイズをナビゲートする事業として「運動科楽舎」設立。スポーツは観戦・活動とも好きです。最近はかなり運動不足で、もっぱら指導するのみになっています。仕事柄、スポーツを含めたあらゆるヒトの動きに興味を持っています。〜昭和61年3月北海道大学医療技術短期大学部理学療法学科を卒業し、同年4月旭川医科大学医学部付属病院(現:国立大学法人 旭川医科大学病院)勤務。平成28年3月31日同病院退職〜
  • 昨日のページビュー:120
  • 累計のページビュー:550919

(07月18日現在)

関連サイト:運動科楽舎

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真夏の夜明けの夢2;第144回全英オープンゴルフ
  2. ロイヤルトゥルーン劇場;第145回全英プロゴルフ選手権
  3. No レスター,No ライフ
  4. ゴルフの祭典@リオ2016〜マット・クーチャーの予言〜
  5. 真夏の夜明けの夢;第144回全英オープンゴルフ
  6. テラ・ファイト3;メイウェザー分析
  7. 圧力中心について
  8. ボクシング 夢の対決 2017<スーパー・フェザー級>
  9. テラ・ファイト2;パッキャオ分析
  10. テラ・ファイト;パッキャオvs.メイウェザー

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
2016
11
10
09
08
07
05
04
2015
07
05
04
03
02
2014
10
08
06
01
2013
09
03
2012
09
2011
08
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
2009
06
04
03
02
01
2008
12
10
09
06
03
02
01
2007
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss