運動科楽からスポーツ再考!!

身体運動を考えるにあたって;1:加齢に伴う身体の変化(4)

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回言及できなかった 「フレイル」について、 その定義から概念などを詳しく述べると キリがないので、 自分なりに凝縮して概観してみようと思います。

加齢に伴って進む脆弱性を示すこの言葉も、 幾つかの側面があります。 つまり、 身体的なものを指すだけではないということです。

それらは大まかに、 身体的なもの、精神・心理的(あるいいは認知的)なもの、 そして社会的なものがあり、 それぞれが関係性を持っています。

物事は何事も幾つかの側面を持ち、 同じものを見るにしても、 どの面から観るかその観点を示して、 他の側面との関係を図りながら、 全体像を眺めるという作業が必要です。

フレイスの全体像

ここでは主に、 身体的側面から 「フレイル」を眺めてみます。

最初に述べたように詳しい話は、 他の資料などを参照ください。

さて、 以前にも書きましたが、 加齢に伴い、 様々な機能が低下傾向を示します。

中でも、 全身の持久力(心肺機能)や各部位の筋力の低下は 最もわかりやすく、実感できる身体の変化です。

以前に比べて階段の上り下りがきつい、息切れがする、膝がカクカクするなど、 身に覚えのある方も少なくないと思います。

またそれに伴い、歩行能力も低下してきます。 そうなると、徐々に活動量の低下を招くことになります。

そして、 車のエンジンにあたる筋肉の活動が低下すると、 基礎代謝の量や率が低下し、

これらが相まって 身体全体のエネルギー消費が少なくなり、 同時に食欲の低下や、 栄養摂取の低下、極端に言えば低栄養状態が起こります。

今書いたことはこの順番に起こるというよりは、 それぞれが関連しており、 結果として悪循環に入ることになります。

これがいわゆる「フレイル(の発生)サイクル」と言われています。 詳しくは厚労省の資料をご覧ください (378ページの図1参照)。

これらの身体的フレイルは、 精神あるいは認知的な面にも影響を与え、 また社会的な活動の低下にも関係してきます。

ですから、 身体的な側面だけでも、 その対策を考えることが、 先ほど述べた悪循環を断ち切るのに重要になってきます。

各要因をそれぞれ検証し、 どこにどうアプローチするか(当然一つに限らない)を 考えていくことが健康寿命を延ばすことにも繋がると考えられます。

もう一つのキー・ワードについて。 このフレイルサイクルの中で言われている筋力(筋量)低下は、 「サルコペニア」と称されています。

次回はこの サルコペニアと もう一つの話題として歩行能力の低下に関して 述べてみたいと思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
身体運動を構造化してみる 0.
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【ボストン短期AT研修・小西君】研修レポート<11日目>【ベースボールコミュニケーション スポーツトレーナー留学ブログ】

新刊今日発売!「すぐ使える体をつくる 筋肉スイッチトレーニング」【青山剛のKeep on Running!】

日常生活での基本動作再考:3−⑨(まとめ)【運動科楽からスポーツ再考!!】

にしやん松戸ラグビー教室2017-9【Dream Rider  西山淳哉】

【ボストン短期AT研修・小西君】研修レポート<10日目>【ベースボールコミュニケーション スポーツトレーナー留学ブログ】

松戸ジュニアラグビー練習会2017-6【Dream Rider  西山淳哉】

部活動のマネージャーに求められる役割とは?【半人前バスケコーチの独り言】

ラグビー体験教室@品川区立八潮わかば幼稚園【Dream Rider  西山淳哉】

ブロガープロフィール

profile-iconasa20

朝野裕一/Yuuichi ASANO
昭和33年2月6日生まれ、平成29年4月エクササイズをナビゲートする事業として「運動科楽舎」設立。スポーツは観戦・活動とも好きです。最近はかなり運動不足で、もっぱら指導するのみになっています。仕事柄、スポーツを含めたあらゆるヒトの動きに興味を持っています。〜昭和61年3月北海道大学医療技術短期大学部理学療法学科を卒業し、同年4月旭川医科大学医学部付属病院(現:国立大学法人 旭川医科大学病院)勤務。平成28年3月31日同病院退職〜
  • 昨日のページビュー:26
  • 累計のページビュー:568833

(09月18日現在)

関連サイト:運動科楽舎

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真夏の夜明けの夢2;第144回全英オープンゴルフ
  2. ロイヤルトゥルーン劇場;第145回全英プロゴルフ選手権
  3. No レスター,No ライフ
  4. ゴルフの祭典@リオ2016〜マット・クーチャーの予言〜
  5. 真夏の夜明けの夢;第144回全英オープンゴルフ
  6. テラ・ファイト3;メイウェザー分析
  7. 圧力中心について
  8. ボクシング 夢の対決 2017<スーパー・フェザー級>
  9. テラ・ファイト2;パッキャオ分析
  10. テラ・ファイト;パッキャオvs.メイウェザー

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
2016
11
10
09
08
07
05
04
2015
07
05
04
03
02
2014
10
08
06
01
2013
09
03
2012
09
2011
08
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
2009
06
04
03
02
01
2008
12
10
09
06
03
02
01
2007
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss