運動科楽からスポーツ再考!!

ボクシング 夢の対決 2017<ミドル級>

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミドル級 このクラスは文句なしに、 最強王者が存在しています。

ゲンナディ・ゴロフキン(トリプルGの愛称)。 パウンド・フォー・パウンドのベスト3に数えられる 強打者です。

このクラス、 日本の村田諒太がいることもあり 日本では特に注目のクラスの一つです。

しかし、 近々(日本時間3月19日;現地時間18日) このクラスの最強者を占う注目の一戦が控えています。

それが、 ゴロフキンvs.ダニエル・ジェイコブスです。

脊椎の骨肉腫(悪性腫瘍の一種)で1年7ヶ月のブランク後に復帰し、 見事にWBAの正規チャンピオンになった彼は、 同じWBAのスーパーチャンピオン(+WBC,IBFのチャンピオンでもある)の ゴロフキンとのチャンピオン同士の決戦を迎えます。

個人的には、 病を克服して見事にチャンピオンまでなった ジェイコブスに肩入れしたくなる気持ちが正直なところです。

現地の掛け率について詳しく知りませんが、 おそらくゴロフキン有利が大方の予想でしょう。 確かに盤石のゴロフキンがよもや破れる姿は想像しにくいのですが、 得てして頂上にいる時が最も危険というか…

しかも最近のゴロフキンは, あえてスリリングな試合を見せる意図なのか? 相手にわざと打たせることが増えた気がします。

しかし今回の相手はゴロフキンに勝るとも劣らぬ強打者、 隙を見せるとゴロフキンといえども 倒される危険性はあると思います。

ボクシングではありませんが、 UFC女子のスーパースターだった(今や過去形になってしまいました) ロンダ・ラウジーは、 その絶頂期の一昨年、得意の腕ひしぎ十字固めにこだわったのか? 防御姿勢をほとんどとらない形で強引な試合運びの末、 ホーリー・ホルムにKO負けを喫し、再起を図る昨年末、 またもや相手を無理に捕まえに行くあまり無防備となり、 アマンダ・ヌネスに48秒の秒殺KO負けを喫しました。

UFCのメインイベントに女子の試合が行われることも当たり前になった今日、 最大の貢献者はロンダ・ラウジーだったのですが、 その頂点もつかの間の王座陥落劇でした。

ゴロフキンはそこまでの油断やこだわり(世界戦連続19KOを狙って)はないかもしれませんが、 ゴロフキンが倒される絵もなかなか想像しにくい中、 彼が倒される衝撃の一瞬を期待したい気持ちも湧いてきます。 逆にいうとそのくらいゴロフキンは強いということなのですが。 彼を倒すとしたらその可能性が一番あるのはジェイコブスだと思います。

日本の村田諒太は、 ますはWBOチャンピオンの ビリー・ジョー・サン(ソーン)ダース狙いと言われています。 確実に村田が勝つことを期待しています。

そして近い将来は、 ゴロフキンあるいはジェイコブス(今回の勝者) とこのクラスの統一王者をかけたビッグ・マッチに臨む、 これがミドル級制覇への夢と言えるでしょう。

期待しましょう。 でもまずは19日のこのクラスの最強王者決定の一戦を 楽しみに!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

サーマン対ガルシアは歴史に残る名勝負になるか?③【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1276 Krush.73 60kg王座決定トーナメント 山本真弘vs安保璃紅【人生マイペンライ】

年間表彰、小國が殊勲賞で3賞入り【角海老-ボクシングコラム】

ブロガープロフィール

profile-iconasa20

朝野裕一/Yuuichi ASANO
昭和33年2月6日生まれ、61年3月北海道大学医療技術短期大学部理学療法学科 卒業し、同年4月旭川医科大学医学部付属病院(現:国立大学法人 旭川医科大学病院)勤務。平成28年3月31日同病院退職。現在はフリーランス。スポーツは観戦・活動とも好きです。最近はかなり運動不足で、もっぱら指導するのみになっています。仕事柄、スポーツを含めたあらゆるヒトの動きに興味を持っています。
  • 昨日のページビュー:1303
  • 累計のページビュー:510115

(05月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真夏の夜明けの夢2;第144回全英オープンゴルフ
  2. ロイヤルトゥルーン劇場;第145回全英プロゴルフ選手権
  3. No レスター,No ライフ
  4. ゴルフの祭典@リオ2016〜マット・クーチャーの予言〜
  5. 真夏の夜明けの夢;第144回全英オープンゴルフ
  6. テラ・ファイト3;メイウェザー分析
  7. 圧力中心について
  8. ボクシング 夢の対決 2017<スーパー・フェザー級>
  9. テラ・ファイト2;パッキャオ分析
  10. テラ・ファイト;パッキャオvs.メイウェザー

月別アーカイブ

2017
04
03
02
2016
11
10
09
08
07
05
04
2015
07
05
04
03
02
2014
10
08
06
01
2013
09
03
2012
09
2011
08
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
2009
06
04
03
02
01
2008
12
10
09
06
03
02
01
2007
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss