運動科楽からスポーツ再考!!

人の動きを再考します~その四~

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、以前お話しした基底面(base of support : BOS)重心(center of gravity : COG)の関係を説明します。

20070224-01.jpg
 図の左側をまずご覧下さい。これは立位(立っている状態)での基底面と重心の位置を示します。静止して立っている時は、この基底面内に必ず重心(正確には、重心から床面に落ちる垂線=重心線と床面との交点)が存在します。さらに両足で立ったまま、前後左右にある程度(→基底面内に重心が存在する範囲)重心を移動させることができます。立って腰を前後左右に移動してみて下さい。また、重心を上下にも移動できます。いわゆるスクワット動作やしゃがみ立ち動作などはこの典型です。  しかし、この重心移動も基底面内を越えると、転倒の危険が生じます。それを防ぐためにヒトは様々な反応をします。詳しくは後にふれますが、主に足首(足関節)と、股関節、および膝関節を使った方法で、何とか重心を基底面内に止めようとします。それでも転びそうになると、基底面自体を移動させてそこに新たに重心を落とします。それら全てが「動く」ということを表しています。右の図は、一歩右足を前に出して進んだ状態を示しています。この連続が歩行という動作になります。  すなわち、歩行とは基底面を常に移動させながら重心を移動させる動作ということになります。(これも以前申しましたが)「動く」ということは、静的安定(=止まっていること)を崩して、連続的に重心を移動させることになります。しかし、転ばずに進めるという意味では安定しているとも解釈できます。そこで、同じ安定でも、動きながらバランスを保っている状態を、動的安定(dynamic stability)と呼び、止まっている状態と区別して表現します。何だか少し専門的になりましたが、お分かりいただけますでしょうか?  ヒトの動き(=動作・運動)を重心と基底面で解釈していくと、分かりやすくなるので、もうしばらくお付き合い下さい。今後は、基本的な動作をこの重心と基底面から解釈してみましょう。その前に次回は、足圧中心(center of pressure : COP)のことにも触れなければなりませんので、なるべく分かり易くをモットーに説明を試みます。ではまたぁ。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
動作
タグ:

こんな記事も読みたい

この記事へのコメントコメント一覧

このブログの最近の記事記事一覧

ブロガープロフィール

profile-iconasa20

朝野裕一/Yuuichi ASANO
昭和33年2月6日生まれ、61年3月北海道大学医療技術短期大学部理学療法学科 卒業し、同年4月旭川医科大学医学部付属病院(現:国立大学法人 旭川医科大学病院)勤務。現在も同病院リハビリテーション部に所属。スポーツは観戦・活動とも好きです。最近はかなり運動不足で、もっぱら指導するのみになっています。仕事柄、スポーツを含めたあらゆるヒトの動きに興味を持っています。
  • 昨日のページビュー:113
  • 累計のページビュー:295759

(06月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. テラ・ファイト2;パッキャオ分析
  2. FIFAワールフドカップ;出場地域枠数を変えてみよう!
  3. テラ・ファイト:終章
  4. テラ・ファイト:補遺
  5. ALSという病気とFC岐阜
  6. テラ・ファイト:以降
  7. 素人の直観戦記2:対ウズベキスタン戦
  8. FIFAワールフドカップ2014ブラジル大会;検証の前に
  9. ブリッジ(bridge)という生き方
  10. テラ・ファイト;パッキャオvs.メイウェザー

月別アーカイブ

2015
05
04
03
02
2014
10
08
06
01
2013
09
03
2012
09
2011
08
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
2009
06
04
03
02
01
2008
12
10
09
06
03
02
01
2007
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2015年06月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ