運動科楽からスポーツ再考!!

ゴルフの祭典@リオ2016〜マット・クーチャーの予言〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

<ゴルフとオリンピック>

ゴルにとってのオリンピックって? また オリンピックでのゴルフって?

それらが今ひとつイメージできない状況においては、 なんの賞金もかからないオリンピック、 出ることによる様々なリスク、 を考えると、

多くの有名選手が辞退した ことは理解できるなぁ、 と思っていました。

そうは言っても、 一体どんな感じになるのか? 興味津々で観れる時間帯は、 テレビ中継をフォローしていました。

結果は、 皆さんもうご存知の通り、 最終ホールまで 金メダル争いが続く熱戦でした。

今年の、 全英オープンに続いて、 ステンソン(スウェーデン)が再び、 マッチプレーさながらの闘いを演じていました。

今回は残念ながら、 脇役となり、 優勝は、 かつて、 全米オープンに勝ったことのある、 ジャスティン・ローズ(イギリス)でした。

<クーチャーの予言は当たった!?>

アメリカ選手のマット・クーチャーは、 多くの有名トップ・プロが、 オリンピックを辞退する中、 「今回のオリンピックは、 とてもエキサイティングな戦いになるよ。 辞退した選手はきっと後悔するよ。」 と述べていたそうです。

結果は…? 彼の予言通りになったのではないかと思います。

最後のパットを入れた後の、 ローズ選手のガッツポーズは、 どのメジャー選手権の時よりも、 嬉しさと感激、満足感を表していました。

これを見て、 クーチャーの予言は達成されたと感じました。

そして、 ご当人もしっかりと銅メダル獲得です。

<ゴルフにとってのオリンピック、 ならぬオリンピックにとってのゴルフとは?>

当初(初日)、 多くの選手が、 まだまだコースの特徴なども掴みきれておらず、 手探りで始まった感のある、 オリンピックのゴルフ競技。

しかし3日目以降ともなると、 慣れてきた選手たちは、 多くの見せ場を演出してくれました。

参加した選手たちも実は皆プロの選手たち、 しかも優勝したローズをはじめ、 結構有名選手も参加していました。

今回は必ずしも良い成績を出せなかった選手達も 4日間の中で、 日本の片山、池田良選手も含めて、 見事なバーディ/イーグル (ホールインワン;ローズ選手) を見せてくれました。

普段のトーナメントや メジャー・トーナメントと異なり、 優勝できないと意味がない?わけではなく、 (最も順位による賞金差は それはそれで大きいのですが、 それとは別の意味で) 3位まで入るとメダルが取れる、 という中での、 積極的な攻めの姿勢、 その結果としてのトラブルも含め、 勝利に向かう選手達のパフォーマスは、 まさしく世界のアスリートが集う オリンピックならではの感がありました。

願わくば、 3位争いがもっと混戦になると面白かったんですが…

始まる前は、 ゴルにとってオリンピックって どういう価値があるのだろう? また、 オリンピックにとってのゴルフの立ち位置は?

と半ば疑問に思っていましたが、 こうやって終わってみると、

ゴルフはゴルフの魅力を、 オリンピックという、 賞金もない名誉だけを争う場において、 十分に提供できるんだなぁと、 いうのが実感です。

ゴルフ目線での オリンピックという観点から、

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
スポーツ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

リオ五輪・卓球女子 団体 日本はドイツに大接戦の末に敗退 3位決定戦で2大会連続のメダルを目指す!【0 to zeroのhorizon】

[リオ五輪]男子サッカー準々決勝 ブラジル、激しく荒れた試合を制し準決勝進出を決めた!【ブラジルサッカーレポート】

錦織が96年ぶりのメダル到達! プレッシャー、ナダルの逆襲に苦しむも、大熱戦に勝利!(リオ五輪・テニス)【0 to zeroのhorizon】

東京オリンピックは森保監督で!サンフレッチェ監督兼任でオファーせよ!【spoloveブログ】

リオ五輪 競技8日目:今大会初のメダルなしの日【スポーツ えっせい】

全英オープンのステンソンとミケルソンのマッチレースに思う 〜スポーツの境界線〜【スポーツ宅急便】

ロイヤルトゥルーン劇場;第145回全英プロゴルフ選手権【運動科楽からスポーツ再考!!】

至福の36Hのマッチプレイを制したのは…(H.ステンソンとP.ミケルソン、2人だけの全英オープンゴルフ)【life is ball play 】

ブロガープロフィール

profile-iconasa20

朝野裕一/Yuuichi ASANO
昭和33年2月6日生まれ、61年3月北海道大学医療技術短期大学部理学療法学科 卒業し、同年4月旭川医科大学医学部付属病院(現:国立大学法人 旭川医科大学病院)勤務。平成28年3月31日同病院退職。現在はフリーランス。スポーツは観戦・活動とも好きです。最近はかなり運動不足で、もっぱら指導するのみになっています。仕事柄、スポーツを含めたあらゆるヒトの動きに興味を持っています。
  • 昨日のページビュー:95
  • 累計のページビュー:500443

(03月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 真夏の夜明けの夢2;第144回全英オープンゴルフ
  2. ロイヤルトゥルーン劇場;第145回全英プロゴルフ選手権
  3. No レスター,No ライフ
  4. ゴルフの祭典@リオ2016〜マット・クーチャーの予言〜
  5. 真夏の夜明けの夢;第144回全英オープンゴルフ
  6. テラ・ファイト3;メイウェザー分析
  7. 圧力中心について
  8. テラ・ファイト2;パッキャオ分析
  9. ボクシング 夢の対決 2017<スーパー・フェザー級>
  10. テラ・ファイト;パッキャオvs.メイウェザー

月別アーカイブ

2017
03
02
2016
11
10
09
08
07
05
04
2015
07
05
04
03
02
2014
10
08
06
01
2013
09
03
2012
09
2011
08
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
2009
06
04
03
02
01
2008
12
10
09
06
03
02
01
2007
11
10
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss