G&AC

ミラン補強レポート~前半編~

このエントリーをはてなブックマークに追加

フィオレンティーナからカリニッチを獲得し、ファッソーネCEOは「新たな契約の予定はない」と発言し一応の「補強終了宣言」をだしました。 尤も、ほとんどのメディアは信用しておらず、レナト・サンチェスやラフィーニャやマルキージオなんて名前がいまだに出ています。
とはいえ、今回はCEOの言葉を一旦信じて、新戦力について書いていこうかと。 今回は6月中に契約した5人です。
1.ムサッキオ~三顧の礼で迎えた技巧派DF~ シーズン終了とほぼ同時に獲得が決まったのがムサッキオでした。 と言っても、獲得を目指したのは去年の夏から。その時点で選手とは合意もあったものの、当時まだ売却完了前でお金の無いミランはクラブ間合意ができませんでした。 次に冬のマーケットでも同じく動きましたが、やはり売却手続きが上手く行かずにここでも破談に。 そして3回目、まさに「三顧の礼」で獲得に動いた今夏のニューミランが、誰よりも早く一番に獲得の名乗りを挙げました。 この間、ムサッキオにはレアルが興味を示すなどありましたが、ムサッキオ自身もミランとの合意をしっかり履行してくれたことに感謝しきりです。 のちにボヌッチの加入でCDFとしてのチーム内の序列は下がりましたが、ボヌッチの加入に対して「彼の隣だと全てが簡単になる」と賛辞を述べて加入を祝うなど大人の対応も見せられる選手です。
2.ケシエ~トゥーレ・ヤヤ2世~ 昨シーズンのセリエA最大のサプライズは4位に入ったアタランタの躍進でしょう。 その躍進を支えた2人がミランに加入しました。 その1人が20歳にしてコートジボワール代表のフランク・ケシエです。 既に17歳からアフリカの強豪であるコートジボワール代表に選ばれた逸材です。 そのプレースタイルから母国の英雄である「トゥーレ・ヤヤ2世」とも呼ばれています。 アタランタでのプレーもあってセリエAになれている事も有り、加入後は常に試合に出てすでに何度も重要な仕事をやってのけています。 ミランの今シーズンのセリエAファーストゴールも彼のPKでした。 ひょっとしたら、ボヌッチと並んで今夏の最重要補強の一つになるかもしれません。
3.リカルド・ロドリゲス~古豪を救った欧州屈指のサイドバック~ 彼もまた10代でスイス代表に選ばれた選手であり、早くから欧州屈指のサイドバックと呼ばれた選手です。 欧州のトップクラブが興味を示す中、ミランはムサッキオやケシエと共に早めに交渉を進め獲得を決めましたが、発表は上記の2人より少しおくれました。 理由は、彼の所属していたヴォルフスブルクがブンデスリーガの入れ替え戦を戦っていたため。 結果ヴォルフスブルクは1部残留を決め、その数日後に移籍が発表されました。 今夏、チームに対する反旗を翻す様な移籍が横行する中、男らしい移籍だったかと思います。
4.アンドレ・シウヴァ~ポルトガル待望の「C・ロナの後継者」~ ミランは今夏、まずモラタと個人合意したものの、ユヴェントスとのCL決勝で元チームメイト達からのプレッシャーに負けて寸でで移籍を拒否されました。 しかし、すぐに方針転換をしてポルトでブレークしたアンドレ・シウヴァと契約に漕ぎ着けました。 ポルトガルという国は上質なサイドアタッカーや中盤のファンタジスタは生まれるものの、意外にもCFはなかなか生まれない国でした。 アンドレ・シウヴァはそんなポルトガルが待ち臨んだ生粋のCFです。 彼以前は下手したらC・ロナが塗り替える前までの代表最多得点者であるパウレタまで遡るかもしれません。

そんな意味では、モラタよりも貴重な「ポルトガル人CF」を獲得したのかもしれません。 移籍金も今夏ではボヌッチに次ぐ高額です。 同郷のルイ・コスタと同様に、ミランのエースになって貰いたいものです。
5.ボリーニ~便利屋の汗かき屋はこのままミランのレギュラーへ?~ それまでの補強選手とは違い、降って湧いたような移籍決定でした。 今夏獲得した最初のイタリア人選手選手ですが、ユースの段階でチェルシーに移籍。 その後はイタリアとイギリスを行ったり来たりするジャーニーマンとなり、26歳にしてミランは7チーム目の所属になります。 補強途上での彼の役割は3トップ全てのバックアッパー。 それが、CFにはアンドレ・シウヴァの他にクトローネとカリニッチが収まり、右サイドにはスソがエースとして鎮座。左サイドはチャルハノールの予定も、彼は中盤の方が良さそうだと言う事で空いた左WGで開幕を迎えました。 果たして、このまま彼はライバル不在で左のWGに収まってしまうのでしょうか?
以上の5人が6月中に獲得した選手です。 序盤はまず守備からという補強方針の様で、最初に獲得した3人はすでに主力としてチーム収まっています。 アンドレ・シウヴァはクトローネの好調もありもう少しフィットに時間が掛かるかもしれません。 とはいえ現状でクトローネよりはスキルの幅も精度も上ですから、フィットさえしてくれれば。 ボリーニは、正直彼がスタメンで出ている内はミランもまだまだでしょうね。
次回は7月以降の補強選手をまとめたいと思います。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ACミラン
サッカー
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

vs Deportivo Alavés 2-0 ◯ 【ティトビラノバ政権のデジャブ】【no title】

リベンジどころか大惨敗……【プレミア雑記】

今週の乾/柴崎/久保/森岡/小林/堂安/奥川/関根/内田(8/28)【POOH - San の蹴球見聞録】

ブロガープロフィール

profile-iconaruga

埼玉の片田舎に住む野球・サッカーファンです。
主に巨人・ACミラン・日本代表について日記を書きたいと思っています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4881982

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 巨人プロテクト予想
  2. 12球団ドラ1予想~セ・リーグ編~
  3. 巨人・ドラフト予想2016 ~願望~
  4. 黒田復帰に思う、広島の危機
  5. 江川監督で考える新コーチ人事
  6. 「岸」と「陽」or「糸井」ではなく「山口」と「森福」の理由
  7. 狙え!ジャイアンツの大きめトレードは「オリックス伊藤⇔巨人??」
  8. 鳥谷FAに思う阪神の失敗
  9. 巨人・ジーターを考える
  10. 巨人が大きな補強をしない理由を考察(妄想)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
01
2011
12
11
10
08
07
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss